仕事の悩み

仕事が理不尽すぎて辞めるのはあり?よくあるケースと対処法を解説します

  • コロコロと態度を変える上司
  • 理不尽な要求ばかりしてくる取引先

組織で仕事をしていると、上記のような“理不尽な状況”に出くわすこともありますよね。

こんな理不尽なことがまかり通るのなら、辞めたほうがマシだわ…

思わずこんなふうに感じてしまうこともあるでしょう。

一次的な感情で会社を辞めることはおすすめできませんが、心身が病んでしまってからでは遅いです。

今回の記事では、会社員が遭遇しやすい“理不尽極まりないシーン”をまとめてみました。

また、すぐにできるストレス対処法や、転職をするべきかどうかの判断基準についても解説します。

ぜひ、ご自身の状況と照らし合わせて読んでみてください。

仕事のなかで遭遇する、理不尽なシーン10選

組織で仕事をしていると、理不尽極まりない状況によく巻き込まれます。

退職を考えてしまうほどの局面は、会社という構造上、やはり下層部の一般職の人ほど多いです。

ここでは、会社員が遭遇しやすい“理不尽なシーン”を10個とり上げてみました。

実績あげても知らんぷり、成績不振のときだけ口出しされる

成果主義である営業職などの現場で、よくみられる傾向です。

調子の良いときは”当然”のように扱われるのに、成績不振になったときは、上司からメチャクチャ文句をいわれます。

実績をあげるまで帰るなよ!

このような雰囲気が職場をおおい、ひたすらアポ取り電話など、無言の圧力に屈することになるのです。

態度をコロコロ変える上司にストレスMAX!

  • 上層部にはペコペコとした態度をとる
  • 部下にはパワハラまがいの言動をしてくる

このような上司に悩まされるパターンです。

現場で決めた内容も、鶴の一声でコロコロと方針が変わるので、イチイチ振り回される部下たちはストレス必至でしょう。

こうした背景には、いまだに根づく年功序列と上司の自己保身があるのです。

先輩や上司が成果を横取り。とにかく悔しい…

  • うまくいかないときは、責任をなすりつける
  • 成果が上がったときは、あたかも自身の指示が優れていたかのように振る舞う

先輩や上司にこのような対応をされるパターンです。

結果を出しても横取りされてしまうので、信頼関係はおろか、仕事へのモチベーションも著しく低下してしまうでしょう。

会社方針と仕事内容にギャップがありすぎる

企業として“誠実な方針”を掲げる一方で、実際の労働環境が“過酷”すぎてブラックなケースもあります。

  • 会社の問題点を指摘しても無反応
  • 上司のミスはもみ消される

このような、コンプライアンスとは程遠い理不尽な環境です。

正しい行動を取ったにもかかわらず、窓際族追い出し部屋に追い込まれるケースもあります。

取引先にいつも振り回されてばかり

  • アポの時間を守らない
  • 見積りばかりで結局オーダーしない

上記のように、取引先から奴隷のように扱われるケースです。

会社側も契約解消を恐れて完全に言いなり。

結局は間に立つ現場の人間が、理不尽な思いをガマンするしかありません。

モンスタークレーマーの理不尽な言いがかり

社会の一般常識が通用しない存在が、モンスタークレーマーたちです。

お客様は神さま」といった考え方を持ち、

  • 無理無茶な要求
  • 理不尽な値引き交渉

常に「上から目線」で、このような要求してきます。

モンスター客の対応でメンタルが病んでしまい、現場からの離脱を余儀なくされる人も少なくありません。

面倒な新人教育係ばかりでイライラする

普段の仕事では、

早く一人前になれ!

このようにくち酸っぱく言われるのに、新人が入社すれば、いつも教育係を押し付けられてイライラするケースです。

新人教育の進捗がよくないときや新人がミスをしてしまった際は、教育係への責任追求が激しく、精神的ダメージを受けてしまいます。

通常業務への配慮もない場合が多く、ひとりで2〜3人分の仕事をこなさなければいけません。

部下と上司の両方から愚痴や不満。中間管理職は爆発寸前

部長や課長、係長といった中間管理職にも、理不尽で会社を辞めたくなるシーンは存在します。

たとえば、現場と会社上層部、両方からの愚痴や不満を聞き入れなくてはならないときです。

  • リアルな課題を突きつけてくる現場側
  • 理想論ばかりの会社側

上記のように、自分ではどうしようも状況に挟まれてしまうと、日々イライラが募って爆発寸前でしょう。

どれだけ苦労しても、評価で報われない

口が上手な人要領がよい人ばかりが評価されてしまう。

地道にコツコツやっている人ほど、

自分はまったく報われない…

このように感じてしまうでしょう。

出世しているのは、上司にうまく立ち回った人間ばかりで、自分は役職にも就けず昇給すらありません。

努力に見返りを求めてはいけない

このように思ってはいても、仕事へのやる気はますます低下してしまいます。

給料が低すぎて家庭での立ち位置が危うい

給料日は家族の反応が怖い…

こんなふうに悩んでいる会社員の方もいるでしょう。

残業時間が減らされて手取りが下がってしまい、

副業とかアルバイトでもしてみたら?

家族からこのような理不尽なことをいわれるケースもあります。

本業でクタクタなうえ、プライベートでもゆっくりリラックスできず、ストレスは溜まる一方です。

仕事の理不尽な思いを乗り切るための対処法

理不尽な思いにただ耐えるだけでは解決になりません。

今すぐ始められるストレス対策を3つご紹介しましょう。

同僚や上司など、相談相手を作っておく

理不尽な思いはひとりで抱え込むほど辛くなりますので、相談相手は絶対に必要です。

信頼できる上司や同僚など、身近な人間に状況を打ち明けてみましょう。

話を聞いてもらえるだけでもストレス発散になりますし、解決の糸口が見えるかもしれません。

また、会社に相談できる相手がいない場合は、「総合労働相談センター」に相談してみましょう。

総合労働相談コーナーは、公的機関である厚生労働省の専門窓口です。

ことを荒立てたくない…

このように社内での相談をためらっている方も、総合労働相談センターなら匿名で相談に乗ってくれます。

仕事のストレス発散方法を確立する

イライラは周囲に伝わります。

もしかすると、あなたが理不尽な思いをさせる側になってしまうかもしれません。

イライラを周囲にまき散らしてしまう前に、日ごろから趣味やスポーツなど、定番となる「ストレス発散メニュー」を確立しておきましょう。

親しい人との外食も気分転換になりますし、帰宅して家事に没頭するのも、意外と気分転換になりますよ。

就業中のストレス対策としては、

  • 軽いストレッチ
  • 休憩時間を活かして、散歩や読書をする

このようなことが効果的です。

そもそも会社に高望みしない

会社ってお金を稼ぎに行くところだし、仕方ないよ

このように、ある種の“割り切り感”を持てるようになると、気持ちが楽になります。

過剰な期待はせずに淡々と働き、人付き合いを最小限にして、あらゆることに干渉しないよう心がけましょう。

会社からの評価に対しても、

しょせんは第三者がつけるものだから…

こんなふうに割り切ってしまえば、一喜一憂することもなくなります。

ものごとを割り切るばかりでは、健全な状態とはいえないかもしれません。

しかし、小さなストレスを溜め込むことで、大きな障害につながることもあります。

会社に過度な期待をしないことは、無難な選択ともいえるでしょう。

仕事で理不尽な思いをするくらいなら、辞める方が正解?

組織で働く人材は、それぞれ立場や価値観が異なります。

したがって、仕事には一定のストレスや、理不尽な体験がつきものです。

誰かの主張や目的のために、他の誰かが理不尽な思いをする

このようなことは、日常茶飯事なのかもしれません。

日本企業に多く見られるピラミッド型組織(階層型組織)では、上位職から下位職に向けて、指示や命令が出されます。

業務が細分化されて効率的であるピラミッド型組織ですが、上にいくほど強い権力を持つため、ときには不条理な形で社員が押さえつけられることもあるのです。

そして、こうしたポジションパワーは、上司が評価や自己保身のために使われるケースが多いもの。

指令を受けた社員が、

こんなの納得できない!

このように反発の感情を持つことは、よくあることなのです。

理不尽だからといって、安易に辞めるべきではない理由

理不尽な思いをしたからといって、安易に会社を辞めることはおすすめできません。

その理由は以下の2つです。

辞めて転職しても構図は変わらない

安易に辞めるべきではない一つ目の理由は、多くの企業では、いまだにピラミッド型組織を構えているからです。

たとえ今の会社を辞めて転職したとしても、「上から押さえつけられる構図」に変わりはありません。

ノンキャリアという立場ゆえに、また同じ悩みに直面する可能性は高いでしょう。

転職にはリスクが伴う

転職にはリスクが伴うことが二つ目の理由です。

転職リスクにはさまざまな要素がありますが、代表的なものを挙げると以下の4つとなります。

転職に伴う4つのリスク
  • 新しい仕事がすぐに見つかるかはわからない
  • 収入(年収)が下がる可能性もある
  • 家族から理解が得られないかもしれない
  • 転職先でうまく馴染めるかわからない

とくに中高年の転職は、慎重に判断する必要があります。

ただしストレス過多から、働くモチベーションが維持できなくなっては意味がありません。

ガマンが限界を超えて、適応障害うつ症状になってしまってからでは、家族を養っていくこともできなくなります。

いずれにしても、理不尽な思いにただ耐えるだけではなく、

  • ストレスを解消するか
  • 会社を辞めるべきか

このような判断は、早めにするべきでしょう。

仕事を辞めるかどうかの判断基準とは

自分が置かれている状況は、果たして許容範囲なのか、そうでないのか?

上記を見極めるポイントは2つあります。

  • 心身に異常をきたしている
  • モチベーションを完全に喪失している

仕事のストレスが引き金となり、過食や摂食障害といった心身の異常を訴える人がいます。

また、仕事に対するモチベーションを完全に喪失しており、社会で生きていく意義を見失う人もいるのです。

最悪の場合は、出勤困難性(社会人の引きこもり)に陥るかもしれません。

上記2つに該当する場合は、早めに転職を検討すべきでしょう。

転職には計画性と準備が必要です

前述したとおり、転職にはリスクがあるため、ある程度の準備をしておく必要があります。

計画性を持ち、できるだけ在職中に転職活動を行いましょう

職場での理不尽な体験でメンタルが脆弱になっている状況で、仕事探しのプレッシャーや不安は、“弱り目に祟り目”となりがちなもの。

そんなときに頼りになるのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーからの助言です。

相談者が置かれている状況や、希望業種への適性などを客観的に見極めて、転職を成功させるためのサポートをしてくれます。

リクルートエージェントdodaなど、「転職エージェント」のサービスを利用してみると、思いのほか転職活動がスムーズに進みます。

転職エージェントは登録や利用も無料なので、毎日イライラモヤモヤしているのなら、いちど相談してみる価値はありますよ。

まとめ:仕事で理不尽なときは、3つの対処法で自分を守ろう

今回は、会社員が遭遇しやすい“理不尽極まりないシーン”をまとめてみました。

ご自身の状況に当てはまるケースはありましたか?

会社員にとって、日頃のこうした理不尽な思いを完全に断ち切ることは難しいでしょう。

ただ、もしも心身に異常が出たりモチベーションが喪失しているなら、それは辞めるべきタイミングなのかもしれません。

  • 上司や同僚など身近な人に相談する
  • ストレス対処法を持つ
  • 会社に過度な期待を抱かない

この3つの対策をしても耐え難い状態であれば、転職エージェントなどを活用しながら、ぜひ新たな道を見つけてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ