会社を辞めたい40代。仕事を退職する前に知っておきたい全知識

会社を辞めたいと思っていても、実際に決断して行動することは、かなり勇気のいることです。

会社を辞めたいけど、次の仕事が見つからなかったらどうしよう…

転職にはリスクもあるし、今の仕事で我慢したほうがいいのかな…

こんなふうに思ってしまうのは、自然なことかもしれませんね。

これまで転職した経験がなかったり、40代で転職を考えている方であれば、不安は尽きないことでしょう。

筆者はこれまで7回ほど転職しており、無職になってからの仕事探しと在職中の転職活動について、40代になってから両方を体験しています。

その経験から言わせていただくと、今の仕事を辞めても次の道はあります

仕事を辞めることを考えると、誰もが不安を感じるものですが、我慢をして身体や心を壊してしまうくらいなら、仕事を辞めるという選択肢は「あり」なのです。

この記事では、会社を辞めたいと考えている40代の方へ向けて、退職する前に押さえておきたい全知識をまとめています。

筆者のリアルな体験にもとづいて、わかりやすくお話ししていますので、ぜひ最後までご覧いただいて、あなたの悩みを解決するヒントにしてください。

仕事を辞めたい オススメ記事
目次

会社を辞めたいと迷っているときに陥りがちなこと

会社を辞めたいと思っても、すぐに辞められる人はそんなにいないでしょう。

誰もが不安で悩み、時には堂々巡りの思考回路に陥ってしまうものです。

かくいう筆者も、

会社を辞めたいと思ってるのに辞められない…

このような泥沼に落ち込んだことがあります。

周りが見えなくて、聞く耳が持てなくなる

会社を辞めたいのに辞められないときは、周りの状況が冷静に見られなくなります。

友人や周りの人のアドバイスでさえ、聞こえなくなってしまうのです。

何を言われても素直に聞けなくなって、

  • 自分で身動きを取れなくしている

ということに気が付きません。

筆者の場合は、いま歩いている道が真っ暗で、両脇が崖の一本道に見えていました。

そしてその道は、絶望へ向かう道にしか思えなかったのです…

実際には両脇は崖ではなく、脇道もあるのでしょう。

しかし当時の筆者には、脇道は視界に入らず、一本道にしか見えなくなっていたのです。

いま振り返ると、心身にかなりの不調をきたしていたとわかりますが、その時にはわかりませんでした。

こんな状態の時は、周りが見えなくなっているのです。

「この仕事を辞めたら次はない」という思い込み

多くの人が落ち込むのが、

この仕事を辞めたら次はない

という呪縛です。

繰り返しになりますが、いまの会社を辞めても仕事はあります

いまと同じ仕事や同じ給料をもらえる保証はありませんが、

もう自分にはこの仕事しかない…

こんなふうに、自分で自分を縛ることはやめましょう。

筆者は40代で、何回か転職を経験していますが、失敗だったこともありますし、成功したこともあります。

でも、どんなに失敗した転職でも、自分から辞めた会社に対して、

やっぱり辞めなきゃよかった。前の会社に戻りたい…

このように思ったことは一度もありません。

会社を辞めたいと思うのには、十分な理由があるのです

辞めたい気持ちを周りにわかってもらえない

会社を辞めたいことを誰かに相談すると、

辞めなくてもいいんじゃない?

もっとしんどい人もいるよ

このようなアドバイスや、叱咤激励をくれる人がいるかもしれません。

でも、「会社を辞めたい」という気持ちがわかるのは、自分だけなのです。

あなたが歯を食いしばって、それでもがんばって笑顔で仕事をしていても、

あの人は楽しそうに仕事をしていますよね

周りの人はこのように思っているかもしれません。

人がなんて言おうと、自分が無理だと感じたらそれはもう無理なんです。

たとえ他人の声が聞こえたとしても、あまり他人の意見に左右される必要はありませんし、他人に追い込まれる筋合いもありません。

転職に対して、壮大な覚悟を決めようとしたり、深刻になりすぎる必要はないのです。

無理なものは無理なんだよ

こんなふうに、スパッと割り切ってしまった方が、精神衛生上もいいでしょう。

強烈なストレスは、自分でも気がつかないうちに、あなた自身を壊してしまうこともあるのです。

辞めるべきか残るべきか、よくわからなくなる

転職を考えたときに陥りがちなのが、辞めるべきか残るべきか迷ってしまって、堂々巡りになってしまうことです。

この会社にいても先はない。もう辞めたい…

とはいえ、もう40代だしいい転職先があるかわからないよな。やっぱり残った方がいいのかな…

いや、でもやっぱりこの会社にはいたくない…

このようなことを繰り返してしまうことがよくあります。

ですが、たとえ今の会社に残ったとしても、本当に先があるかどうかはわかりません。

業績が安定している会社や大手企業であったとしても、これから先でどうなるかわかりませんし、定年までいられる保証はないのです。

ですから、まず最初に、

この会社になら転職してもいいかも…

このように思える会社があるかどうかを探ってみましょう。

いまの会社に残ったとしても、誰かが未来を保証してくれるわけではないのですから、暗闇から抜け出すことを優先するべきです。

次の仕事は探せば見つかります

いまの会社を辞めるために、気持ちを軽くする方法は、

ほかの仕事やほかの道を見つける

ということです。

他に道が見えてくれば、文字通り道は開けてきますし、視野が元通りに広がってきます。

転職なんて海外では当たり前。国内でも一般的なものになりつつある

日本の企業はジェネラリスト志向なので、大企業であれば部署異動があったり、地方へ転勤させて長期でキャリアを形成させていきます。

しかし欧米では、スペシャリスト志向が強く、

自分はこの仕事でプロフェッショナルだ!

このような意識をもって、よりよい仕事を求めて転職していくことが一般的です。

つまり、日本では「会社に勤める」という意識が強いですが、欧米では、

自分はこういう仕事をしています

という働き方だといえるでしょう。

最近は日本でも、「できる人」ほど転職していきます。

仕事ができる人は、

自分は終身雇用だから安泰だな…

などという考え方を、もはや持っていないのです。

もはや終身雇用は、”希望”とか”期待”というレベルでしかないでしょう。

あなたの一生を、「いまの会社がずっと面倒見てくれる」という保証があるわけでもなく、無理をしてまで、会社にしがみ付く必要はありません

現実的には、どんな大企業であっても、明日リストラでクビになるかもしれないのです。

もはや「転職は当たり前」という時代になっています。

40代は転職難民ではない

確かに、40代の転職は簡単なことではありません。若い人に比べると求人案件が減るのは事実です。

ですが、「まったく仕事がない」というわけではありません。

これが50代になってくると、求人案件は激減してしまって、転職で年収を維持することが難しくなってきます。

特別なスキルやキャリアを持っている方は別ですが、多くの人は50代になってから転職エージェントに登録しても、

エージェント

現在ご紹介できる案件はありません

と冷たく言い放たれて、それっきりで終わってしまうでしょう。

40代、とくに40代前半であれば、案件はまだたくさんありますし、じっくり選べる余裕があります。

いつまでも悩んでいるよりも、少しでも早く行動に移した方が得策です。

仕事を無理に続けて、潰れてしまうほうが次がない

無理して仕事を続けていると、身体やメンタルを壊してしまうこともあります。

とくにメンタルが弱くなると、その後も打たれ弱くなってしまって、元のメンタルに復活するのが、なかなか難しくなることがあるのです。

転職することは逃げではありません。

自分が潰れてしまう前に抜け出した方が、選択肢も可能性も広がります

うつ状態になってしまうと、転職活動をする気力すらも無くなってしまうので、まずは暗闇から抜け出すことを優先しましょう。

たとえ先が見えなくても、未来に向かって歩みを進める方が、暗闇に留まり続けるよりもはるかにマシなのです。

まずは気軽に仕事を探してみよう

転職サイトでも転職エージェントでも、ハローワークでも何でもいいので、とりあえず仕事を探してみましょう。

望むような条件の転職案件は、すぐにはヒットしないかもしれませんが、

いまの仕事でなくても、いろいろ仕事はあるもんだな…

このように認識することで、視野が広がりますし選択肢が増えてきます。

40代で会社を辞めた人はその後どうなる?

40代で会社を辞めて、転職をしている人はたくさんいます。

当サイトには、数多くの「40代の転職体験談」が寄せられておりますので、

  • どんな事情で会社を辞めることを決意したのか
  • 実際のところ、転職活動はどうだったのか
  • その後はどんな生活を送っているのか?

こういったことが知りたい方は、実際に転職した人たちのリアルな声を、いちど確認してみましょう。

40代の転職体験談はこちら

筆者自身も転職を7回ほど経験しておりますが、30代までに転職したのは一回だけ。

あとはすべて40歳を過ぎてからの転職です。

希望した転職もありますし、いろいろな理由によって、転職せざるを得なかったケースもあるのですが、結局はすべてなんとかなってきました。

具体的な事例として、いくつかのエピソードをご紹介します。

知人の紹介による転職は有力な手段

40代で最初の転職は、知人の紹介によるものでした。

知人の紹介で転職することは、

デメリットも大きいんじゃないの?

と思われる方もいるかもしれませんが、このときはコネクションというか、人脈の大切さを痛感したものです。

転職した会社に知人がいたので、すぐに社内の雰囲気になじむことができました。

役職もマネージャークラスにしてもらい、年収もほぼ横ばいだったので、この転職は今でもよかったと思っています。

無職の期間が長引くと、焦って転職して失敗する

その後、事情により知人の紹介で入社した会社を退職し、転職せざるを得なくなりました。

次の転職先が決まらないまま退社したため、社会人になってから初めて「無職」の状態を経験したのです。

辞めた当初の筆者は、知人の仕事を手伝いしつつ、

いっそ起業しようかな?

じっくり探して、いいところがあれば転職しよう

といったことを考えながら、のんびりと転職活動をしていました。

しかし、1年経っても転職先が決まらず、ついには貯金も底をついてしまいます…

筆者は焦ってしまい、転職サイトで見つけた会社に、慌てて転職することにしたのです。

このときに転職した会社は、筆者のなかで一番の失敗でした。

年収は激減してしまい、「幹部候補」で入ったはずなのに、

管理職にさせる気なんてさらさらないよ

という待遇だったのです。

結局は1年ほどで退職してしまったのですが、途中からは見切りをつけて、転職活動を再開していました。

決していい転職とはいえませんでしたが、この転職で定期収入をもらって食いつなぐことができたので、なんとかなった感じです。

転職エージェントなら年収アップの転職に成功しやすい

在職中から転職活動を進めていて、

条件面や面接で不安要素を感じた会社には、転職はしないでおこう

と方向性をはっきりさせたのがよかったのか、次の転職先は比較的早い段階で決まりました。

この転職の成功要因は、いい転職エージェントに恵まれたことです。

以前から、ちょっとお付き合いのある方だったのですが、このときはいい仕事をしてもらいました。

実質100万円以上の年収アップを果たし、前職で激減した年収を、前々職と同じレベルにまで戻すことができたのです。

転職活動中は前回の転職で失敗したことと、当時の年収が低かったことで弱気になっており、

希望年収は前職と同じくらいにしないと、採用は難しいのかな…

このように考えていたのですが、

エージェント

これまでのキャリアを考えたら、安売りしなくても大丈夫ですよ!

ときっぱり言ってくれたので、自信をもって面接にのぞむことができました。

面接をする前に、エージェントが希望年収を伝えてくれるので、自分で年俸交渉する必要もありません。

話はスムーズに通って、年収アップとマネージャークラスでの採用となったのです。

また、親会社が比較的大きかったこともあって、福利厚生もしっかりしていましたね。

営業職なのに、残業手当をもらったのは初めての体験でした。

40代におすすめの転職エージェントはこちら

視点を変えてみよう。視野を広げれば別の道が見えてくる

無職になった時期もありましたが、

  • 知人の紹介
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

こういったものを活用しながら、50代となった今でも、なんとか会社員として働いています。

いま振り返ってみると、転職を「失敗だった」と思ったり、仕事で落ち込んでいるときは、

この会社くらいしか、もう雇ってくれるところはないのでは…

年も年だし、この会社でガマンするしかないかな…

上記のような考えになってしまい、どうしても視野が狭くなりがちです。

そんなときに筆者の目を覚ましてくれたのは、会社の同僚のある”つぶやき”でした。

オレ、定年までこの会社にいるのかなぁ…

このような切ない言葉を聞いたときに、

そんなこと考えているくらいなら転職すればいいのでは?

そうだ、オレは死ぬまでこの会社になんかいたくない!

と切実に思ってしまったのです。

もし同僚の言葉を聞いていなかったら、同じ会社でクヨクヨしながら、今でも働いていたかもしれません。

視野が狭くなっているときは、自分では「視野の狭さ」になかなか気づけません。

ですから、できるだけ俯瞰して、自分や周りの景色を見てみることが重要です。

自分のスタンスや視点を変えることは、簡単なことではありませんが、

  • 友人や知人
  • 会社の同僚
  • 別の会社の人

いろんな人たちと話をすることで、新しい視点に気づける場合もあります。

ぜひいろんな視点を持ってみましょう。

転職には、もちろん成功も失敗もありますが、

定年までここにいるしかないのか…

こんなふうに悩んでいるよりは、どこか別のところへ飛び出してみたほうが、幸せに近づけるはずです。

40代は、「そろそろ定年を考える年齢」ではありません。

次のステップへチャレンジできる、まだまだ「働き盛り」の年代です。

望んでいない現状維持に我慢するよりも、

まぁなんとかなるよ

なんとかしてみせる!

と前向きに考えてみましょう。

会社を辞めるなら押さえておきたいポイント

仕事を辞めたいと考えるとき、

とにかく会社を辞めることが最優先だ!

このような状況のときもあるでしょう、

しかし、丸腰よりは「なにかしらの準備」をしておいたほうが得策です。

しばらく暮らせる生活費は貯めておこう

当たり前ですが、仕事を辞めると定期収入がなくなります

給料日の〆日によっては、会社を辞めた翌月から、給料が入ってこないかもしれません。

たとえ雇用保険に入っていても、失業保険が支給されるのは、自己都合退職なら3ヶ月くらい先になります。

ですから仕事を辞めても、しばらく生活できるだけのお金が必要です。

お金がなくて、借金しながらの無職生活では、生活がすさんでしまいます。

お金のゆとりは心のゆとり

といいますから、ある程度の生活費は貯めておきましょう。

もし生活費の余裕がないのであれば、在職中に転職活動をして、次の転職先が決まってから会社を辞めることをオススメします。

在職中に転職活動をするメリット

次にしたい仕事は決めておくべき

会社を辞めることを最優先に考えて、次の仕事が決まる前に、退職してしまう場合もあるでしょう。

ただ、たとえ先に会社を辞めるとしても、

次にどんな仕事がしたいのか?

ということだけは決めておいた方がいいです。

今のスキルを活かしたい

実はやりたかった仕事にチャレンジしてみたい

このようなことでもいいので、あらかじめ決めておけば、次の仕事を探す際にスムーズに転職活動できます。

何も決めずに辞めてしまうと、

当面はアルバイトでもいいや…

このように、あまり先がない仕事にハマってしまうかもしれません。

勇気とか決断などと考えずに、淡々と辞めていい

会社を辞めるときに、

辞めるには勇気が必要だ…

このようなことを、あまり考えないようにしましょう。

「勇気」とか「決断」などと大げさに考えてしまうと、余計な心配ごとまで、いろいろと考えてしまいがちです。

その結果、変な迷路に迷い込んでしまうかもしれません。

あまり余計なことを考えずに、

もう会社を辞めるか…

よし、次の仕事を探そう…

こんなふうに、淡々と具体的な行動に移していくほうが、先につながっていくはずです。

どうしようもないときは「退職代行」もひとつの方法

仕事を辞めようと考えたときに、

  • 上司や会社がブラックで、まともなやり取りができない
  • 心身がまずいので、どうしてもすぐに辞めたい

上記のように、本当に辛くてどうしようもないというケースであれば、退職代行サービスを利用するというのも、ひとつの方法です。

会社への連絡などを代行してくれるので、直接話をする必要もなく、いちども会社へ行くことなく退職を完了させることができます。

でも退職代行なんて、若い人しか使わないのでは…

このような思いがあるかもしれませんが、じつは退職代行を利用する人の28%が40代以上というデータもあるくらい、利用者の幅は広がっているのです。

最近では、弁護士が退職代行サービスに乗り出すケースも増えており、

  • 残業代の未払いがある
  • 有休消化を拒まれる

上記のような労働問題に対しても、代理人として責任をもって対応してもらえます。

退職代行を依頼すると費用が発生しますが、初回相談は無料です

会社へ行かずに退職手続きを進めたい場合は、いちど相談してみることをおすすめします。

退職後のお金の不安は公的な制度でカバーできる

心身が不調で限界を感じていて、本当は退職してしばらく療養したいのに、

退職後の生活費が不安だから続けるしかない…

このような思いで、無理を続けている方もいるかもしれませんね。

でも退職後のお金の心配は、傷病手当金失業保険を利用することで、ある程度の期間はカバーできます。

傷病手当金は一定の条件をクリアすれば、退職後でも受給することが可能です。

また、失業保険は延長申請することで、傷病手当金のあとにもらうことができます。

もし無理をしているのなら、

社会保険給付金をもらいながら、しばらくゆっくり休む

という方法も検討してみましょう。

傷病手当金を退職後も受給するときの要件

健康保険制度の傷病手当金とは?

退職後も傷病手当金を受給するため要件は、以下のとおりです。

退職後も傷病手当金を受給するための要件
  1. 退職日までに、継続して1年以上健康保険に加入していること
  2. 退職日(資格喪失日)に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること
  3. 退職日以降も支給期間が残っていること(最長1年6ヶ月

注意しなければならないのは、「退職日に出勤してはいけない」ということです。

退職の挨拶や引継ぎなどで、会社に出たい気持ちがあるかもしれませんが、出勤してしまうと「仕事ができる状態」とみなされて、傷病手当金が受給できなくなります。

退職日は、有給休暇か欠勤となるようにしてください

失業保険は傷病手当金のあとにもらえる(手続きが必要)

雇用保険の基本手当(失業給付)とは?

退職すると、ハローワークへ失業保険の申請に行くことが一般的です。(※正確には雇用保険の基本手当といいます)

しかし、傷病手当金を受給している間は、失業保険の申請することができません

失業保険をもらうということは、職探しをしているということ。

傷病手当金をもらって治療している状態であれば、

職探しはできないはずだろう…

というのが基本的な考え方にあるためです。

でも安心してください。

失業保険の受給期限を延長申請しておくことで、傷病手当金の受給期間後に、失業保険をもらうことができます。

傷病手当金の受給期間(18ヶ月)が終了した後に、失業保険の給付を受けられますから、じっくり療養できる期間を、さらに延ばすことが可能です。

自分で手続きするのが不安なら、申請サポートに相談しよう

ここまでお話ししてきたように、傷病手当金の申請手続きには、少しわかりにくい面もあります。

とくに退職の話が出ているような状況では、会社側の積極的なサポートも期待できないかもしれません。

心身が辛くて、自分であれこれ手続きできるような状態じゃない…

ちゃんと手続きができるのかな…

もしこのような不安があるのなら、社会保険給付金の申請サポートの利用を検討してみましょう。

社会保険給付金サポートを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

サポートを受けるメリット
  • 自身の状況や退職後の予定などを聞き取りしたうえで、適切な対応方法を調査してもらえる
  • ヒアリング内容にもとづいて、細かな申請条件やスケジュール、手順などをわかりやすくアドバイスしてもらえる
  • 音声通話やチャット、対面相談で心配ごとに無制限で相談に乗ってもらえる

専任のコンシェルジュによる万全のサポートが受けられるので、不安な気持ちを解消できるのはもちろん、より確実に受給手続きを進められるはずです。

サポートを利用するには費用がかかりますが、受給できない場合の全額返金保証もついていますので、

ゆっくり休みたいけど、退職後の生活費が不安だ…

という方は、以下の記事で詳しい内容を確認して、いちど検討してみましょう。

目次
閉じる