転職前の悩み

仕事をやめるという選択肢。いまの仕事を辞めても次の道はあります

仕事やめると決断することは、実際にはかなり勇気のいることです。

仕事を辞めたいけど、この仕事を辞めたら次があるかどうかわからない
転職のリスクを取るくらいなら、今の仕事で我慢しよう…

このように思うのは自然なことでしょう。

転職した経験がなかったり、40代になって仕事を辞めようと思った方であれば、なおさらかもしれませんね。

ですが、今の仕事を辞めても次の道はあります。

仕事を辞めることを考えると、誰もが不安に思うものですが、身体や心を壊してしまうくらいなら、仕事を辞めるという選択肢は「あり」なのです。

仕事を辞めたいと迷っているときに陥りがちな罠

仕事を辞めたいと思っても、すぐに辞められる人はそんなにいないでしょう。

誰もが不安で悩み、時には堂々巡りの思考回路に陥ってしまうものです。

かくいう筆者も、

仕事を辞めたいと思っているのに辞められない

このような泥沼に落ち込んだことがあります。

周りが見えなくて、聞く耳が持てなくなる

仕事を辞めたいのに辞められない時は、周りの状況が冷静に見られなくなり、友人や周りの人のアドバイスも聞こえなくなってしまいます。

何を言われても素直に聞けなくなって、自分で身動きを取れなくしていることに気が付きません。

筆者の場合は、いま歩いている道が真っ暗で、両脇が崖の一本道に見えていました。

そしてその道は、絶望へ向かう道にしか思えませんでした…。

実際には両脇は崖ではなく、脇道もあるのでしょうが、その一本道しか見えなくなっていたのです。

いま振り返ると、かなり心に不調をきたしていたとわかりますが、その時にはわかりませんでした。

こんな状態の時は、周りが見えなくなっているのです。

藁が落ちていたら、藁にもすがってでも別の思考に切り替えましょう。

ただし、藁にすがって今の仕事を続けるという意味ではありません。

「この仕事を辞めたら次はない」という呪縛

多くの人が落ち込むのがこの呪縛です。
繰り返しになりますが、いまの仕事を辞めても仕事はあります。

いまと同じ仕事や今と同じ給料をもらえる保証はありませんが、

もう自分にはこの仕事しかない…

こんなふうに自分で自分を縛ることはやめましょう。

筆者は40代で数回転職しています。
失敗だったこともありますし、成功したこともあります。

でも、どんなに失敗した転職でも、自分から辞めた会社に対して、

やっぱり辞めなきゃよかった。前の会社に戻りたい…

このように思ったことは一度もありません。

会社を辞めたいと思うのには、十分な理由があるのです。

辞めたい気持ちは他人にはわからない

仕事を辞めたいことを相談すると、

辞めなくてもいいんじゃない?
もっとしんどい人もいるよ

このようなアドバイスや、叱咤激励をくれる人がいるかもしれません。

でも、「仕事を辞めたい」という気持ちがわかるのは、自分だけなのです。

あなたが歯を食いしばって、それでもがんばって笑顔で仕事をしていても、

あの人は楽しそうに仕事をしている

周りの人はこのように思っているかもしれません。

人がなんて言おうと、自分が無理だと感じたらそれはもう無理なんです

たとえ他人の声が聞こえたとしても、あまり他人の意見に左右される必要はありませんし、他人に追い込まれる筋合いもありません。

転職に対して壮大な覚悟を決めようとしたり、深刻になりすぎる必要はないのです。

無理なものは無理と、スパッと割り切ってしまった方が精神衛生上もいいでしょう。

強烈なストレスは、自分でも気がつかないうちに、あなた自身を壊してしまうこともあるのです。

次の仕事は探せば見つかります

いまの仕事を辞めるために、気持ちを軽くする方法は、ほかの仕事やほかの道を見つけることです。

他に道が見えてくれば、文字通り道は開けてきますし、視野が元通りに広がってきます。

まずは仕事を探してみよう

転職サイトでも転職エージェントでも、ハローワークでも何でもいいので、とりあえず仕事を探してみましょう。

望むような条件の転職案件は、すぐにはヒットしないかもしれませんが、

いまの仕事でなくても仕事はあるもんだな

このように認識することで、視野が広がりますし選択肢が増えてきます。

いまの仕事を続けて潰れてしまうほうが次がない

無理して仕事を続けていると、身体やメンタルを壊してしまうこともあります。

とくにメンタルが弱くなると、その後も打たれ弱くなってしまい、元のメンタルに復活するのがなかなか厳しくなることがあるのです。

転職することは逃げではありません。
自分が潰れてしまう前に抜け出した方が、選択肢も可能性も広がります。

うつ状態になってしまうと、転職活動をする気力すらも無くなってしまうのです。

まずは暗闇から抜け出すことを優先しましょう。

先の見えない未来に向かった方が、暗闇に留まるよりはるかにマシなのです。

転職なんか海外では当たり前のこと

日本の企業はジェネラリスト志向なので、大企業であれば部署異動があったり、地方へ転勤させて長期でキャリアを形成させていきます。

しかし欧米では、スペシャリスト志向が強く、

自分はこの仕事でプロフェッショナルだ

このような意識が強いので、よりよい仕事を求めて転職していくことが一般的です。

つまり日本では「会社に勤める」という意識が強いですが、欧米では、

自分はこういう仕事をしている

という働き方だといえるでしょう。

最近は日本でも、「できる人」ほど転職していきます。

できる人は「終身雇用で安泰」などという考え方を持っていないのです。

もはや終身雇用は、”希望”とか”期待”というレベルでしかないでしょう。

あなたの一生を、その会社が面倒見てくれるという保証があるのならともかく、無理をしてまで、その会社にしがみ付く必要はありません。

現実的にはどんな大企業であっても、明日リストラでクビになるかもしれないのです。

もはや転職は当たり前という時代になっています。

仕事を辞めるうえで備えておくべきこと

とにかく仕事を辞めることが最優先だ

このような状況の時もありますが、丸腰よりは、なにかしらの準備があったほうがいいでしょう。

しばらく暮らせる生活費は貯めておこう

仕事を辞めると、当たり前ですが定期収入がなくなります。

給料日の〆日によっては、やめた翌月から給料がないかもしれません。

たとえ雇用保険に入っていても、失業保険が支給されるのは数ヶ月先になります。

ですから仕事を辞めても、しばらくは生活できるだけのお金が必要です。

お金がなくて、借金しながらの無職生活では、生活がすさんでしまいます。これはどうしても避けたいところです。

お金のゆとりは心のゆとり」ですから、ある程度の生活費は貯めておきましょう。

もし生活費の余裕がないのであれば、次の転職先が決まってから辞めることをオススメします。

次にしたい仕事は決めておくべき

辞めることを最優先に考えて、次の仕事が決まる前に辞めてしまう場合もあるでしょう。

でもその場合でも、「次にどんな仕事がしたいか?」だけは決めておいた方がいいです

今のスキルを活かしたい
実はやりたかった仕事にチャレンジしてみたい

このようなことでもいいので決めておけば、次の仕事を探す際にスムーズに転職活動できます。

何も決めずに辞めてしまうと、

当面はアルバイトでもいいや

このように、あまり先がない仕事にハマってしまうかもしれません。

勇気とか考えずに淡々とやめる

仕事を辞めるときに、「勇気」というようなことを考えないようにしましょう。

勇気とか決意などと大げさに考えてしまうと、余計な心配ごとまでいろいろと考えてしまいますし、そもそも勇気を出すのって大変ですよね。

それよりも、余計なことを考えずに「辞める」「次の仕事を探す」と、淡々と具体的な行動に移していく方が先につながります。

いろいろなことを考えているうちに、変な迷路に迷い込んでしまうことがありますので、余計なことに心を砕かずに、さっさと動いてしまいましょう。

どうしようもないときは「退職代行」もひとつの方法

仕事を辞めようと考えたときに、

  • 上司や会社がブラックで、まともなやり取りができない
  • 心身がまずいので、どうしてもすぐに辞めたい

上記のようにトラブルや本当に辛くて、どうしようもないというケースであれば、「退職代行」サービスを利用する方法もあります。

会社への連絡などを代行してくれるので、直接話をする必要もなく、会社へ行くことなく退職を完了させることができるのです。

最近では、弁護士事務所で退職代行を請け負ってくれるところもあり、

  • 残業代の未払いがある
  • 有休消化を拒まれる

上記のような労働問題に対しても、責任をもって対応してもらえるのです。

代行を依頼すると費用が発生しますが、相談には無料で乗ってもらえますから、会社に行かずに退職手続きを進めたいという場合はいちど相談してみましょう。

まとめ:いまの仕事を辞めても次の道はあります

仕事を辞めたいと考えたとき、

この仕事を辞めたら、次はないかもしれない…

誰でもこのような不安を持つものです。

頭では「転職すればいい」とわかっていても、周りが見えなくなってしまい、行き詰ってしまうこともあります。

ですが、いまの仕事を辞めても別の仕事はあります。

「次はないかも」という恐怖におびえる必要はありません。

身体やメンタルがまいってしまう前に、見切りをつけて次のステップへ進みましょう。

その方が明るい未来が見えてくるはずです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ