転職サービス

ビズリーチで転職市場にFA宣言!その特徴と40代の評判を解説します

スキルアップや職場環境の改善など、転職活動の動機は人によりさまざまです。

しかし転職を考える40代の方であれば、「年収アップのため」という方も多いのではないでしょうか。

あるいは培ってきた経験を活かして、より規模の大きなフィールドで活躍してみたい、このような想いをお持ちの方もいるかもしれません。

その思いを果たすためには、“自分に合った転職サイト選び”がとても重要です。

今回の記事では、CMなどでもお馴染みとなっている転職サイト、「ビズリーチ」についてお話しします。

他社の転職サービスにはない特長や、利用するメリット・デメリット、実際の利用者からの評判など、年間800社以上の求人広告を取り扱ってきた筆者が詳しくご紹介します!

ビズリーチの登録はこちら

ビズリーチで転職する

ビズリーチとは?

公式サイトhttps://www.bizreach.jp

「ビズリーチ」は、いまや他の転職メディアに引けを取らない、バツグンの知名度を誇る転職サイトです。

サービスを開始したのは2009年4月と、転職サイトとしては比較的新しいサービスとなっています。

しかし、2016年より放映されたテレビCMも話題となって、わずか数年で急成長を遂げました。

即戦力採用ならビズリーチ〜ビズリーチからきた男編〜

プロ野球のFA制度にヒントを得た転職サービス

ビズリーチの南社長は、過去にプロ野球の楽天イーグルスの球団創立に関わっており、プロ野球のフリーエージェント制度にヒントを得て、ビスリーチを創業した経緯があります。

企業やヘッドハンターとビジネスプロフェッショナルが直接交われる場があれば、双方に有益ではないか。これがビズリーチの事業構想の始まりです。

当時、野球界ではフリーエージェント制度が盛り上がりを見せていました。

野球選手が自分の希望球団を選ぶように、キャリアの可能性を知りたいビジネスのプロが、企業に意思表示する。

そして、その人材を必要とする企業が直接声をかける仕組みを構築できれば、効率的に仕事探しができると考えました。

参照:「これからが勝負」ビズリーチ南社長 創業10年目の決意

このような発想で生まれた「ダイレクトリクルーティング」という手法は、他社の転職エージェントサービスにはない、大きな特色となっています。

基本はスカウトを待つスタイル

ダイレクトリクルーティングの利点は、いわゆるヘッドハンティング機能により、転職活動を進められる点にあります。

  1. 企業側やヘッドハンターが、求職者の履歴書や職務経歴書などを見てスカウトメールを送る
  2. ヘッドハンターと直接やりとりをしながら、面接対策などを行う
  3. 面接
  4. 採用

上記のように、求職者が自分からすすんで応募するのではなく、基本的には「待ち」の姿勢で、転職活動ができるのがビズリーチ最大の特徴となります。

もちろん他社のサービスと同じように、求職者が公募求人などに、直接応募することも可能です。

ひとりひとりが自分に合ったスタイルで、転職活動を進められるのも大きなメリットといえるでしょう。

ビズリーチの登録はこちら

ビズリーチが持つ5つの特徴

ビズリーチは、一般的な転職サイトとは異なった特徴を持っており、取り扱っている求人にも特色があります。

具体的にはどのような転職サービスなのか、ビズリーチの5つの特徴を確認していきましょう。

ハイクラス転職に特化した会員制サイト

公式サイトでうたわれているとおり、ビズリーチは「ハイクラス転職」に特化した転職サイトです。

ちまたには、新卒や第二新卒向けの転職サイトが多く存在していますが、ビズリーチはそれらの転職サイトとは、一線を画する造りとなっています。

ビズリーチでは、若手を無条件に歓迎するわけではありません。

専属のヘッドハンターが、人材のスキルや経歴を考慮したスカウトを行っています。

確かな経験や実績を持つ、優秀な人材を募集している

このような好条件の求人をメインに扱うのが、ビズリーチの特徴です。

これまでに社会人として、確かな実績を積み上げてきた40代や50代のミドル世代、シニア世代の転職希望者にも、チャンスの多い転職サービスといえるでしょう。

また、ビズリーチでは、「完全会員登録型サービス」の形をとっています。

リクナビNEXTやマイナビ転職、dodaなどのように、会員登録しなくても求人が閲覧できる転職サイトではありません。

ビズリーチでは、あらかじめ会員登録をしなければ、求人情報を探すことはできないのです。

ビズリーチ会員登録の流れ
  1. 会員登録時に職務経歴を記入する
  2. 登録内容をビズリーチ社の「審査部」がチェック
  3. 審査OKの場合のみ会員登録完了
    ※審査NGの場合はお断りメール

このようなチェックが通ることで、正式に会員登録が完了するという、かなり本格的な転職サービスとなっています。

さまざまな業界に特化したヘッドハンターが所属

ビズリーチに登録したユーザーは、有料・無料会員に関係なく、企業の人事担当やヘッドハンターに情報が公開されます。

そのなかで、あなたの経験やスキルに興味を持った人が、直接あなたにスカウトを出す仕組みです。

ビズリーチに登録したユーザーは、まさに転職市場にFA宣言した状態だといえるでしょう。

ちなみに登録しているヘッドハンターは、ビズリーチに所属しているスタッフではありません。

文字通りヘッドハンティングの専門会社や、人材紹介会社に在籍している担当が、ビズリーチの登録ヘッドハンターとして在籍しているのです。

ヘッドハンターの数は、およそ3,700名にのぼります。(2019年11月時点)

ヘッドハンター検索の表示

ビズリーチ公式サイトより

また、サイト内の検索画面から登録ヘッドハンターの情報を参照して、自分に合ったヘッドハンターを探すこともできます。

※ヘッドハンターへ問合せすることは、有料会員のみの機能です

各ヘッドハンターには、登録ユーザーが選ぶ際の基準となるように、ビズリーチスコアというランク付けがされています。

活動量や内定率など、ビズリーチ独自で算出した指標をもとに、そのヘッドハンターのスコアを算出し、S〜Dの5段階評価で公開しているのです。

それぞれのヘッドハンターが得意とする業界も検索できますので、より自分の希望に合ったヘッドハンターを選ぶことができるのも、大きなメリットといえるでしょう。

年収600万円~1000万円以上のミドル・ハイキャリアが中心

ビズリーチを利用する転職希望者は、以下のようなクラスの方が中心です。

  • 年収600万円以上のミドルキャリア
  • 年収1000万円以上のハイキャリア

2019年8月に、「年収600万円以上の約600名」を対象に行った調査によると、ビズリーチは以下の項目に関して、主要転職サービスのなかで第1位を獲得しています。

ビズリーチが満足度1位を獲得した項目
  • 自分の役職と同等以上の求人が多い
  • 自分の個人年収と同等以上の求人が多い
  • 優秀なヘッドハンターに出会える

参照:転職サービスの利用動向と市場規模予測

また、調査結果ではハイキャリア層になるほど、ビズリーチを支持する声は顕著であり、ハイキャリア層の圧倒的支持を得ている転職サービスといえるでしょう。

実際に、掲載求人の1/3が年収1000万円以上の求人であり、上級管理職や専門性の高いスキルを求める求人が多くなっています。

経営幹部や管理職などの募集に強い

大手企業の特別求人や、ベンチャー企業の幹部求人など、質の高い求人を多く扱っているのも、ビズリーチの特長です。

とくに有名企業や株式上場を果たしている企業では、経営幹部などのポジションの募集では、慎重な対応を求められます。

経営陣の交代と捉えられて、株価などに影響を及ぼす可能性もあるため、開かれた場所での募集が難しいという問題があるのです。

このような悩みを抱える企業においても、ビズリーチであれば、

職務経歴などから直接ニーズに合う人材を見つけ出し、内々に打診することができる

上記のような対応を取ることができるので、それゆえに一般的な転職サイトやエージェントにはない、希少な求人が多くなっているのです。

管理職や経営幹部といった、ハイキャリアのマッチングにノウハウを持つ、優秀なヘッドハンターも多いため、サポートの質にも期待できるでしょう。

有料会員サービスがある

ビズリーチには、以下の2種類の有料会員コースが用意されています。

  • タレント会員(30日税込3,278円) ※年収750万円未満
  • ハイクラス会員(30日税込5,478円) ※年収750万円以上

有料会員のコースと金額は、利用ユーザーの年収に紐づいており、年収750万円未満だとタレント会員、750万円以上だとハイクラス会員に割り当てられます。

無料会員と有料会員の違いとは?

無料会員と有料会員の違いをまとめると、以下の通りです。

無料会員ができること
  • 企業やヘッドハンターからのプレミアムスカウトのみ、閲覧と返信ができる
  • 公募求人や特集求人にのみ応募ができる
有料会員ができること
  • ビズリーチに登録されている、すべての求人の閲覧と応募ができる
  • すべてのスカウトの閲覧と応募ができる
  • ヘッドハンターを検索して相談することができる

無料会員と有料会員の違いをひと言でいってしまうと、

  • 待ちの利用か?(無料会員)
  • 攻めの利用か?(有料会員)

このような違いとなります。

自身の転職活動スタイルに合わせて、有料・無料を使い分けよう

例えば、現職に在職したままで、

良い企業からのスカウトがあれば話を聞きたい

上記のような待ちのスタンスであれば、ビズリーチに無料会員登録だけしておいて、企業やヘッドハンターからのスカウトを待つのがオススメです。

しかし、ビズリーチをフルに活用して、

積極的に企業への応募もしていきたい

このように考えている場合は、無料会員ではほとんどの求人に応募ができないため、有料会員に登録して利用する必要があります。

ご自身の転職活動のスタンスに応じて、有料会員と無料会員のサービスを使い分けて、ビズリーチを活用しましょう。

ビズリーチの登録はこちら

ビズリーチで転職する

ビズリーチを使うメリットとデメリット

ここまでご紹介してきたとおり、ビズリーチは万人向けの転職サイトではなく、利用者に向き・不向きがあります。

ここでは、ビズリーチを利用するメリットと、デメリットについて確認しておきましょう。

ビズリーチのメリット

ビズリーチを利用するメリットは以下の通りです。

  • 年収1000万円レベルの、良質な求人を見つけやすい
  • スカウト待ちの姿勢で探すことができる
  • 優秀なヘッドハンターを選び、サポートを受けることができる

ビズリーチのいちばんのメリットは、扱っている求人情報の質が高いこと。

一般的な転職サイトでは求人掲載の件数が多くても、たくさんの求人から自分に合うものを、探し当てて見つける必要があります。

しかし、専門的な経験や高いスキルをお持ちの方であれば、企業やヘッドハンターが向こうからスカウトを出してくれるので、満足度の高い求人案件に出会えるかもしれません。

ビズリーチのデメリット

ビズリーチを利用するデメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 急ぎの転職には向いていない
  • 経験のない業種への転職は難しい
  • 有料登録をしないと、すべてのサービスが受けられない

基本的に企業やヘッドハンターから、スカウトを待つというスタイルですので、

明日にでも転職したい

上記のように、スピーディーに転職を進めたい場合は、あまり向いていないサービスといえるでしょう。

※有料会員サービスを活用すれば、急ぎの転職も可能です

一方で、ヘッドハンターとやり取りしながら、

急ぎではないが、これまでの経験を活かして、良い条件で転職できるところがあれば検討したい

このように考えている人であれば、スカウトメールにじっくりと向き合いながら、転職を進めていくことができます。

また、年収条件の高いキャリア採用がメインですので、

未経験だが新たな職種にチャレンジしたい

上記のような方は、ビズリーチを使った転職は向いていないでしょう。

ビズリーチを実際に使った40代のクチコミは?

セカンドゴングでは、40代でビズリーチを利用して転職をした方々に、アンケートのご協力をいただきました。

実際に利用されたリアルな感想をご紹介します。

同じ電機業界で、先に転職していた知人の紹介で、その転職サイト(ビズリーチ)に登録して、サービスを享受しました。

結果として、知人の言う通り、他の転職サイトに比べて、転職先の質も高く、フォローも的確で、条件の良い転職が出来ました。

知人やその人脈も含めて、感謝しています。

技術者は、会社に埋もれず常に向上心を抱くべきです。

(静岡県在住 47歳 男性)

自分はハードウェアーの設計開発者で、前職の大手企業より給与面で待遇の良い条件を探していました。

なかなか給与面の条件が見合う転職サイトがなかったのですが、こちらのサイトは年収800万以上の案件が豊富で、その中から自分に見合う職探しができたのではないか?と思いました。

転職活動のスタートから、自分の納得の行く待遇で希望の職選びが出来たため、最終的には前職より100万近く年収をあげることが出来ました。

(神奈川県在住 47歳 男性)

高年収の求人が多かったので、管理職の経験があったり国家資格を持っている私には、前向きに転職をサポートして下さりました。

40代の転職は最初はとても不安でしたが、第一志望の会社から内定を頂けて嬉しかったです。

(東京都在住 42歳 女性)

質の高い転職情報が多かった点が挙げられます。

特に年収の高い案件の情報については、他のメジャーなサイトではない案件が数多くありました。

また、それを紹介するエージェントも紹介実績等の経験が豊富でした。

例えば、企業との面接前のアドバイスや面接後のフォローなどは、きめ細かい対応をして頂きました。

(東京都在住 44歳 男性)

希望の職種が多数あり、40代からの転職でハードルが高いと思っていましたが、納得いくまで探すことができ、大変満足しております。

前職の技術を生かせて働ける、自分にピッタリの仕事をみつけることができました。

(京都府在住 42歳 男性)

当初は、会員制でエリートが選択する求人サイトというイメージがありました。

しかし高年収成約はなかなか厳しいという内情を知りました。

40代という年齢で高望みをしてなかった私にとっては、逆にブルーオーシャンであり、身の丈にあった転職ができるサイトだったと感じています。

(熊本在住 47歳 男性)

最初に自分の経験や希望をお伝え登録することにより、自分に合った業界や職種を中心に、ハイグレードな収入やタイトルを含めて、案件数多く紹介して頂けます。

情報が流れてくる頻度も多いので、選択には困らなかったです。

(長野県在住 49歳 男性)

さまざまな転職先をご紹介していただき本当に良かったです。

ヘッドハンター数が同業種のキャリアカバーより、紹介していただける企業様が多かったように思います。

案件企業の幅が他社と比べて広かったように思います。

(三重県在住 42歳 男性)

他のサイトに比べて高収入の案件が多いです。

ハイキャリアの転職が多いので、他のサイトにはない案件もあります。しかも無料で転職することもできるのがとても良いです。

今までの経験を活用できる仕事に就くなら良いと思います。

(愛知県在住 45歳 男性)

登録に年齢制限がなく、誰でも登録できる点が良かったです。

高収入の求人情報が多く、年収500万円を切る求人がほとんどなく、よもや年収1000万円を超える求人さえも見つかりました。

もちろん年収が高いほど、その分応募条件や求められるスキル、経験のハードルが上がりますが、決してマネジメント力や英語力を求める求人ばかりではなかったのがとても良かったです。

(大阪府在住 41歳 男性)

※ビズリーチの利用アンケートを募集中です!詳細は「アンケートのお願い」をご確認ください。

まとめ:スキル人材ならヘッドハンターから声が掛かる

今回は、比較的新しい転職サービスである「ビズリーチ」について、その特徴や評判などを詳しくお話ししました。

ビズリーチの最大の特徴は、何と言っても「スカウト」の機能にあります。

  • マネジメントの経験
  • 事業を推進した経験
  • 専門的な資格やスキルなど

上記のようなものをお持ちの方であれば、ビズリーチに無料登録して職務経歴書に書いておくことで、企業の採用担当やヘッドハンターから声が掛かりやすくなるはずです。

自分では当たり前だと思っていたスキルや経験が、思わぬところで評価されて、企業との出会いに繋がるフックになるかもしれません。

ビズリーチで会員登録すること自体は、完全無料となっています。

転職を今すぐには考えていない場合でも、送られてくるスカウトメールから、自分の市場価値を知ることだけでも意味があるでしょう。

  • キャリアアップをしたいという上昇志向をお持ちの方
  • これまでのキャリアを活かしたいという方

このような方にとっては、ビズリーチはとっておきの転職サービスといえます。

これからの10年、20年先に向けて、さらに価値あるキャリアを築いていくために、まずは無料登録から始めてみてはいかがでしょうか。

ビズリーチの登録はこちら

ビズリーチで転職する

この記事を書いた人
セキグチ
30代女性、千葉県在住。求人広告代理店にて年間800社以上の求人広告を制作。大手~中小企業まで幅広い業種・職種を取材し、採用を支援した経験を持つ。すべての方が「転職してよかった」と思えるよう応援します!