転職エージェント

マイナビエージェントを利用するメリットは?40代の評判を解説します

マイナビエージェントの利用者の評判とは?

マイナビエージェントとは、マイナビグループが運営しているエージェント主導型の転職サービスです。

職種や業界に精通する専任のキャリアアドバイザーが、面談(キャリアカウンセリング)をして、あなたの強みや経歴にフィットする求人を紹介してくれます。

ただ、エージェントが仕事を紹介してくれる転職サービスはいくつもあるので、その違いが分かりにくいですよね。

そこで今回の記事では、マイナビエージェントならではのサービスを詳しく解説し、メリットやデメリット、実際の利用者の評判などをご紹介します。

マイナビエージェントとは?

マイナビエージェント トップページ

公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントでは、仕事を紹介してくれる仲介役のエージェントのことを、「キャリアアドバイザー」と呼んでいます。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、さまざまな業界ごとに専任の担当者が在籍。

幅広く対応するというより、各業界に精通している専門家が詳しくアドバイスしてくれます。

例えば、ITエンジニア専任、営業職専任、販売専任、ものづくりメーカー専任など。

自分が希望する業界や職種のことに、精通しているアドバイザーが対応してくれるので、上辺だけではない、内容の濃い相談ができる点が人気です。

マイナビ転職とはどう違うの?

マイナビグループが運営する転職サイトである、「マイナビ転職」はとても有名ですが、マイナビエージェントとどう違うのか気になりますよね。

どのような違いがあるのか確認してみましょう。

転職活動のスタイルの違い

転職活動を能動的に行うのか、受動的なスタイルなのかによって、それぞれ使い分けできる違いとなっています。

マイナビエージェントでは、キャリアアドバイザーが仕事を紹介してくれますし、応募企業との交渉や手続きなどもすべて代行してくれます。

しかし、マイナビ転職では自身で行動を起こさない限りは、まったく進展しません。

仕事を探すのも、応募するのも、交渉するのもすべて自分で行います。

マイナビ転職の方が、自分のペースで転職活動しやすいので、その方がよいと考える人もいるでしょう。

しかし、在職中でなかなか時間が取れないという場合は、マイナビ転職よりマイナビエージェントのほうが、スムーズに転職活動できます。

約80%が非公開求人

ほかの大きな違いとして、掲載されている求人が公開されているか、非公開かの違いもあります。

マイナビ転職の求人は、100%公開求人として掲載されています。

それに対して、マイナビエージェントは約8割が非公開求人です。

非公開求人は限定された人しか応募しませんので、それだけ競争率も下がります。

また、キャリアアドバイザーがあなたの経歴を見て、フィットする仕事を紹介してくれるので、ミスマッチを防ぎやすいという利点もあるのです。

マイナビエージェントを利用するメリット

ここでは、マイナビエージェントを利用するメリットをご紹介します。

他の転職エージェントにはない、マイナビエージェントならではのメリットを確認していきましょう。

専門分野のエージェントが在籍している

スタッフが多いマイナビエージェントだからこそ実現しているのが、専任のキャリアアドバイザーを配属していること。

たとえば金融業界に転職したいのに、仕事をしてくれる人が関係ない分野の経験しかないと、なんだか頼りないですよね。

マイナビエージェントでは、担当する専門分野を、実際に経験しているキャリアアドバイザーがほとんどです。

金融業界のキャリアアドバイザーであれば、

前職では銀行員をしていました
会計士をやっていました

このような人たちが担当してくれるのです。

ITエンジニアの求人がとくに充実している

マイナビエージェントは幅広い業種、職種の案内を行っていますが、その中でもとくに得意としている分野がITエンジニアです。

ITエンジニアを希望している人に、1人あたりなんと平均58件もの仕事を紹介しています。

これまでに1万人以上のITエンジニアへの転職実績があるのです。

大手メーカーのインフラ構築やシステム基盤運用、社内SEなど、さまざまな仕事紹介を行っています。

年収でいうと、400万円後半から600万円くらいの求人が多いです。

ただ、なかには年収700万円を超える仕事もあり、経験に応じて高年収が期待できる求人も揃っています。

地方でも利用できる

マイナビエージェントは登録する際に、オフィスに訪問して詳細な面談を行ったうえで、仕事紹介を受けるのが基本的な流れです。

面談場所として指定可能な登録オフィスは、

東京(中央区)、東京(新宿区)、横浜、札幌、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡

全国で10ヶ所設定されています。※2020年1月現在

しかしなかには、地方に住んでいてオフィスまで行くのが難しいという方もいるでしょう。

オフィスまで行けない方は、メールや電話での相談を行って、仕事紹介してもらうことも可能です。

ただし、求人の傾向としては都市部のものが多くなってしまいます。

公開求人、非公開求人数ともに求人数が多い

転職エージェントの求人はほとんどが非公開で、公開されている求人が少ない印象がありますよね。

公開されている求人で興味のあるものがないと、

登録する意味はあるのだろうか?

こんなふうに疑問に思う方もいるでしょう。

しかしマイナビエージェントでは、公開求人も1万6,539件と充実しています。※2019年10月時点

これだけたくさん求人があると、まずは公開求人からチェックして、気に入ったものがあれば登録しようという気になりますよね。

そして非公開求人はさらに多く、2万1,290件。※2019年10月時点

マイナビエージェントは公開求人、非公開求人ともに、数が充実しているという強みがあります。

求人情報以外の詳しい情報を入手できる

勤務地や職種、年収などをデータとして入手することができても、なかなかそれだけでは読み取れない職場環境もあります。

  • 同僚は男女比がどれぐらいなのか?
  • 年齢層はどれぐらいなのか?
  • どんな就業環境なのか?

例えば、上記のようなことは気になりますよね。

このような伝わりにくい情報も詳しく教えてくれるのが、マイナビエージェントのメリットです。

また、それぞれの業界に精通した専任のキャリアアドバイザーがいますから、

この会社はこんな雰囲気ですよ
こちらの会社はこんな雰囲気です

このように、同業種でもそれぞれの特徴をわかりやすく教えてくれる点も魅力です。

応募時のわずらわしい手続きを代行してくれる

マイナビエージェントでは、自分で応募書類を揃えて提出する必要がありません。

キャリアアドバイザーから紹介してもらった仕事に興味があり、応募したくなったらその旨を伝えるだけでOKです。

応募書類はキャリアアドバイザーが用意して、推薦状まで書いてくれて、応募企業に提出してくれます。

わずらわしい下準備が不要な点が、在職中で忙しい方には大きなメリットです。

応募書類となる職務経歴書や履歴書は、最初に提出したものをベースに用意してくれるので、改めて作成する必要はありません。

複数の求人へ同時に応募できる

マイナビエージェントでは、求職者に対して5件以上の仕事を紹介することもよくあります。

そして気に入った求人があれば、複数同時に応募することも可能です。

実際に、3件~6件程度を同時に応募する人が多くなっており、企業側の選考期間なども考えて、効率よく求人応募ができます。

また、内定を得ても多少の時間なら保留することができますので、志望順位や保留期間などを事前に伝えておけば、担当者がうまく調整してくれます。

マイナビエージェントの登録はこちら

マイナビエージェントで転職する

マイナビエージェントのデメリット

続いては、マイナビエージェントを利用するデメリットも確認しておきましょう。

良い部分だけでなく、悪い部分も把握してこそ、マイナビエージェントを快適に使用することができます。

正社員経験が無いと厳しい

マイナビエージェントで仕事を紹介してもらう場合は、

  • 正社員経験がない
  • 在職期間が非常に短い

このようなケースでは、なかなか仕事を紹介してもらうのは難しいです。

キャリアアドバイザーは求職者の強みを把握したうえで、企業側に推薦しています。

実務経験がない方ではアピールできる部分が少なくなり、紹介できる求人は少なくなってしまうでしょう。

企業に直接応募はできない

マイナビエージェントでは、公開求人を自分でチェックすることはできますが、企業に直接応募することはできません。

応募したい求人があれば、マイナビエージェントを通して応募する形となっています。

40代の登録者は少なめ

マイナビエージェントを利用する傾向として、20代後半から30代の登録者が多くなっています。

マイナビエージェントの会員比率

マイナビエージェント公式サイトより
(調査期間:2012年10月~2013年3月)

少し古いデータではありますが、36~45歳が18%、46~55歳が5%と少なめの割合です。

サイトの作りも20~30代をメインに置いているように見受けられます。

40代でマイナビエージェントを利用しようと思っている方は、ライバルはほとんど年下と思っていた方がよいでしょう。

40代で利用した人のクチコミ

セカンドゴングでは、40代でマイナビエージェントを利用して転職をした方々に、アンケートのご協力をいただきました。

実際に利用されたリアルな感想をご紹介します。

希望の職種で応募できる会社が豊富にありました。登録して即会社を紹介して頂き、即決まりました。

ニーズに合った仕事先を見つける事が、非常に上手い転職エージェントだと思います。

スタッフの方からの連絡も早くて、なかなか連絡がこないと不安になる事もありませんでした。

登録者ファーストで進めていただける親切なサイトです。

(福岡県在住 48歳 男性)

担当の方ととても馬が合い、痒いところに手が届く対応をしていただけました。

最初にあてがわれた担当者はあまり良くなく、変更を申し出たところ快く変更してくださいました。

次に担当になった方は年が近かったこともあり、私の家庭環境やスキルのヒアリングを細かくしてくださり、的外れな案件を紹介されることもなかったので信頼感がありました。

内定をいただいた企業は、まさに理想の詰まった環境で今も快適に過ごしています。

(東京都在住 41歳 女性)

エージェントサービスなので、まずホームページに掲載されていない非公開の情報です。

全掲載数(エージェントも含める)のうち6~7割は掲載されていないので、全体数も多いですし、仔細にお話をしていただけます。

また自分の年が40歳だったため、キャリアアップでなおかつ待遇が良い企業を希望していたところ、迅速にかつ親切に応対していただいて無事転職を終えました。

(愛知県在住 43歳 男性)

私はマイナビエージェント以外にも、併用して他社のサイトを利用していたのですが、その中でもマイナビエージェントは求人数も多かったので、選択肢が広がり自分の求める条件に当てはまる会社を探す事が出来ました。

そして何よりスタッフの方のサポートもしっかりしていて、とても心強くスムーズに転職を行う事が出来ました。

利用して本当に良かったです。

(東京都在住 42歳 男性)

私は、デジタル回路設計者という経歴を持っていましたが、それを証明できる資格などがないため、自分の能力を企業に対してアピールすることが困難でした。

そんなときに、転職エージェントの力を借りようと思ったのです。

マイナビエージェントのエージェントの方々は技術についても熟知していて、私の価値を見出してくれました。

エージェントのサポートで、企業に対して私の魅力をアピールしてもらうことができました。

(神奈川県在住 49歳 男性)

求人情報がとても多く、あらゆる職種と年齢構成の案件が豊富だったところです。

年齢が高くなって専門的なスキルがなかったり、別の業種に転職する場合に自分が求める条件に適合した求人情報がなければ、選択肢の幅が狭くなって早期に退職してしまう可能性が高くなりますが、求人数が多ければそのような不安も軽減されます。

(大阪府在住 45歳 男性)

主婦でも仕事と子育てと両立できる、残業がなく自宅から通勤時間30分以内の職場を、キャリアアドバイザーの方が紹介して下さったので、安心して転職することができました。

カウンセリングが充実しているし、具体的なアドバイスも下さるので、自分にあった転職ができました。

(神奈川県在住 45歳 女性)

私の経歴はそれほど自慢できるようなものではなく、突つかれれば後ろめたいようなこともある経歴だったのですが、エージェントが私を支えてくれ、面談の時に突っ込まれたとしても非常に良いサポートをしてくれました。

詰め寄られてタジタジとしている時も助言をしてもらえて、ゆっくりとしたペースで面談することができました。

(大阪府在住 40歳 男性)

私は昔から工場での勤務が多かったので、転職する際にマイナビエージェントを利用しました。

工場に特化しているというのもあり、非常に探しやすかったです。

おかげさまで無事に転職することができ感謝しています。

(大阪府在住 41歳 男性)

自分で希望にマッチした仕事がなかなか見つからなかったので、マイナビエージェントに依頼しました。

エージェントの方には、自分が働きたい職種、職務内容を事細かく伝えていたので、マッチした案件を探すのが大変だったと思いますが、希望にぴったりの案件を複数紹介していただき、結果として転職に成功できたのは非常によかったです。

(福岡県在住 41歳 男性)

※転職エージェントの利用アンケートを募集中です!詳細は「アンケートのお願い」をご確認ください。

マイナビエージェント利用の流れ

マイナビエージェントを実際に利用する流れを確認していきましょう。

1.Webページより申し込み

まずはマイナビエージェントの公式ページにアクセスして、「無料|マイナビエージェントに登録」より、必要情報を入力して申し込みをします。

マイナビエージェントの登録はこちら

マイナビエージェントで転職する

登録する内容は以下のとおりです。

  • 住所、氏名、年齢などの個人情報
  • 最終学歴
  • 職務経歴
  • 希望業種、職種(任意)
  • 連絡手段(メール又は電話希望など)
  • 面談日希望(曜日や時間帯など)

希望業種、職種は任意ですが、記入しておくとキャリアアドバイザーが、事前に求人を調べておいてくれます。

2.担当者と面談日の調整

5営業日以内に、担当者から希望の連絡方法で連絡がきます。

面談希望日の最終調整を行って、面談を実施する日時を決定します。

3.個別面談(キャリアカウンセリング)

マイナビエージェントでは、以下の地域に面談(キャリアカウンセリング)を行う施設がありますので、そちらで面談します。

東京(中央区)、東京(新宿区)、横浜、札幌、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡

また、地方にお住まいの場合で来社が難しいケースは、電話での面談対応も可能です。

面談では、約1時間半ほどキャリアについて相談します。

これまでの職歴や経験について話したり、転職する際の希望条件などを確認します。

4.求人の紹介

希望条件に一致しているものがあれば、その場で仕事を紹介してもらうことも可能です。

キャリアアドバイザーから紹介してもらった求人を、断っても問題ないですし、保留にしても構いません。

ただし保留した場合は、他の応募者との兼ね合いで、募集が終了してしまうこともあるので注意しましょう。

面談が終了した後も、希望条件に合う求人情報が入り次第、キャリアアドバイザーから紹介してもらえます。

5.求人に応募

希望に合う仕事が見つかったら、キャリアアドバイザーに応募の相談をしましょう。

履歴書や職務経歴書の添削もしてもらえるので、最適な状態で書類を提出することができます。

6.企業の採用面接

実際に企業へ訪問して、面接を行います。

面接時に、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは同行しませんが、事前に面接練習の相談をすることは可能です。

7.合否連絡

合否は企業から応募者への直接連絡ではなく、キャリアアドバイザーを通じて連絡が入ります。

内定の保留やお断り、条件交渉なども、キャリアアドバイザーに相談すれば代行してくれます。

まとめ:ITエンジニアや専門分野の転職におすすめ

今回は、マイナビエージェントのサービス詳細や、メリット・デメリット、実際の利用者の評判などをご紹介しました。

今まで転職エージェントを利用していて、

なんだか話を理解してもらえない…
理想の職場環境がわかってもらえない…

このように感じる方は、ぜひマイナビエージェントのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

マイナビエージェントには、様々な職種別のキャリアアドバイザーが在籍しています。

現場で働いたことがある人にしかわからないような悩みにも、相談に乗ってくれるはずです。

最初の登録するステップは、詳しいデータを入力する必要がありますが、その後の転職活動が非常に効率的に進むでしょう。

スムーズな転職活動をしたい人にオススメです。

マイナビエージェントの登録はこちら

マイナビエージェントで転職する

この記事を書いた人
2010start
40代男性、埼玉県在住。Webコンテンツ制作業務を経験し、IT業界での転職回数は3回。時には年下の上司と働いたことも。現在はフリーで活動し、30代、40代向け転職コラムも執筆しています。

関連コンテンツ