転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

40代が転職活動で準備するべき5つのポイント

転職準備の記事一覧へ

40代の転職は、20~30代の人が転職活動するときとは、まったく状況が異なります。

各企業が中途採用でターゲットにしているのは、おもに35歳までの若年層です。

ですから、40代はまず「中高年向けの求人」を見つけ出して、選考に通過せねばなりません。

ようやく面接に進めたとしても、マネジメント経験高い実績・専門性などを問われて、あえなく撃沈…

なかなか内定がもらえない…

こういった状況におちいる40代転職者が多いのです。

40代が転職活動で良い結果を得るためには、書類選考や面接の通過率を上げるための準備はもちろん、応募する前に事前準備の質を高めておくことが重要となります。

ここでは、40代の転職で準備するべき5つのポイントについてご説明していますので、ぜひ参考にしてください。

目次
この記事の執筆者
Rika

Rika

40代女性、北海道在住。大手転職エージェントに8年半勤務し、現在はフリーで30~40代の方の転職支援業務に従事しております。3000名以上の転職相談(カウンセリング)した経験をもとに、役立つ情報を提供致します。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント

40代からの転職でまず押さえておきたいこと

40代の転職では、20~30代の転職活動とは事情が違っています。

ですから、転職に失敗しないためにも、

若いころと同じやり方で転職活動をしてはダメだ!

ということをよく認識しておくことが重要です。

転職活動を始める準備として、まずは以下の点を押さえておきましょう。

40代の転職が厳しいのは事実。だけど無謀なわけではない

40代の転職活動が、若いころと比べて厳しいのは間違いありません

理由としては、大きく分けると以下の2つの要因が挙げられます。

40代の転職が厳しい理由

【スキルに関する理由】

  • 即戦力性が求められるから
    ⇒業界や職種の親和性がないと合格しない
  • メンバーとしてではなく、マネジメント能力を問われるから
    ⇒将来の幹部候補として活躍イメージがなければ合格しない
  • 適応力や柔軟性がないと想定されるから
    ⇒これまでの慣習や価値観で凝り固まっているのではと思われている

【組織上の理由】

  • 育成が必要ならば、40代よりも若年層を採りたいから
  • 組織構成上の観点から、現場責任者より年下を採用したいから

ただし、40代でも転職に成功している人がたくさんいるのも事実です。

別に特別なスキルを持っているからではなく、フツーの人たちが40代からの転職を果たしています。

40代の転職におけるノウハウをしっかり学べば、転職することはけっして不可能ではありません。

ぜったい転職してやるぞ!

このような決意をもって、転職活動にのぞみましょう。

40代転職のリアルをみんなの体験談から学ぼう

40代の転職が厳しいのだとしても、転職活動を始める前の段階では、

どういうことに注意していけばいいのだろう…

こんな感じでよくわかりませんよね。

何となく転職サイトのノウハウ記事などを確認したところで、40代が自身の境遇にピッタリな情報を見つけることは、そう簡単なことではありません。

転職サイトなどでは、若年層に向けた情報が多いので、

40代の転職に活用できるノウハウが少ない

という現状があるのです。

ですから、当サイトのような同じ年代の人たちが語る情報から、自身の転職に必要なノウハウを学びましょう。

40代の転職体験として参考になるブログを、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はぜひご確認ください。

これからのキャリアプランについて考えておこう

40代の転職というのは、これから先の20年、30年を見据えるうえでも、とても大切なタイミングです。

これからの人生をより豊かに過ごしていくためにも、

自身の人生設計に合わせて、最適なキャリアプランを構築する

ということに意識を置いてみましょう。

これまでの人生と経験について振り返り、自身のキャリアプランを考えるうえで、「軸」となるポイントを明確にしておくことが重要です。

キャリアプランを考えるうえでのヒントは、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

転職先に求める条件を整理する

転職先に求める条件を整理する

40代であれば、「今回の転職を最後にしたい」と考えている人も多いでしょう。

ミスマッチの会社に入ってしまって、

入社してみたら想像と違っていた…

この会社では自分のやりたいことが出来そうにない…

こういった事態になることは避けたいところです。

大切なことは、具体的に条件を設定すること

以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

希望条件の優先順位の付け方は?

応募する企業を選ぶ際は、年収や働きやすさなどの表面的な条件だけで選ばずに、

  • 仕事を通して、誰にどんな価値提供をしていくか?
  • 自分のどの部分を成長させていくか?

上記のような、仕事内容に重点を置いた選び方をすることが重要です。

給与や福利厚生といった面だけを重視しすぎると、モチベーションを長期的に維持するのは難しいでしょう。

希望条件は、いくつもあって当然のものです。

ただ、すべての希望条件にあてはまる企業はまずありませんので、

どんな環境であれば、満足度をもって仕事ができるのかな?

ということを考えて、自分の希望条件をきちんと言語化しておきましょう

希望条件の整理に関しては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

年収が下がる場合の判断基準とは

転職を考えているほとんどの人が、年収アップか現状維持を狙っているはずです。

とはいえ、40代で転職する場合は、

転職すると年収が下がってしまう…

こういったケースになる可能性もあります。

年収が下がる転職が、必ずしも失敗であるとはいえません

年収を犠牲にしてでも転職したい状況はありますし、

辛い状況から脱却できたので、いまは幸せです

このように感じられるのなら、転職は成功したといえるでしょう。

大切なのは、なにを優先順位の上位に置いて、転職をするのかということです。

年収ダウンの転職をする場合に押さえておきたいことは、以下の記事で解説していますので、詳しくはこちらを参照してください。

転職時期のタイミングとスケジュール計画を考える

転職時期のタイミングとスケジュールを考える

転職を考えたときは、転職活動のスケジュール感を掴むために、以下の3つについて確認をしましょう。

転職活動時に確認するべきこと
  1. 転職活動の流れを把握する
  2. 転職するタイミングを考える
  3. 転職活動のスケジュール計画を立てる

40代の転職は長期化しがちですから、転職するタイミングや活動のスケジュールについて、最初にしっかり考えておくことが重要です。

転職活動の流れを把握しよう

はじめて転職活動する方であれば、

どのような順番で何をしていけばよいのかな?

わからないことばかりで、なかなか見当がつかないでしょう。

しかし、最初に流れをつかんでおくことはとても重要です。

料理を効率的かつ美味しく仕上げるために、調理の順番やコツがあるように、転職にも通過率を高めるためのノウハウが存在しています。

このようなポイントを認識せずに、やみくもに転職活動を開始してしまうと、ときには大きな回り道をしてしまうことがあるのです。

転職活動の大まかな流れとしては、以下の6つのステップに分かれます。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    8つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

転職のタイミングはどうする?

転職を果たすまでに要する期間は人それぞれ。

うまくいけば、活動開始から3ヶ月以内に転職できるケースもありますが、希望職種やエリアによっては、半年~1年以上かかる場合もあります。

転職をいつ実現させるかについては、以下の3つのポイントを押さえて、ベストな転職時期絶対に避けたい時期を明確にしましょう。

転職タイミングを決める3つのポイント
  • 転職理由や家族の事情などの個人的理由を勘案すると、ベストな転職時期はいつか?
  • 求人が多い時期、少ない時期はいつか?
  • 現職企業にあまり負担をかけない時期はいつか?

個人的な事情を勘案したベストな時期はいつか?

まずいちばん重視されるのは、なんといっても個人的事情です。

自身のモチベーションや家族の状況を踏まえて、転職の希望時期を決めましょう。

求人が多い時期、少ない時期はいつか?

次に、転職市場全体の動きについても考慮しておきましょう。

中途採用は通年で行っている企業も多いので、月別の求人数にそれほど大きな差はありません。

しいていうならば、月別では4月入社、10月入社の順で求人が多い状況です。

現職企業に負担がかからない時期はいつか?

在職中であれば、職場の状況をよく見極める必要があります

繁忙期に退職することは、のちに禍根を残すことになりかねません。

緊急性が高い転職理由でない限りは、配慮をしたほうがよいでしょう。

できるだけ、3つのタイミングがうまく重なる時期が理想的です。

とくに40代の場合は、すぐに決まらないことを想定したうえで、在職中に転職活動することを心掛けましょう

退職をしてからの転職は、離職期間が長引くと転職の難易度がさらに高まるため、あまりおすすめできません。

転職活動のスケジュール計画を立てよう

次の会社に入社する時期について、大まかな目安・目標を立てたら、その目標から逆算して、転職活動のスケジュール計画を立てましょう。

たとえば、4月1日入社を目指すのなら、

  • 退職日:3月31日
  • 最終出勤日:3月20日(その後は有給消化)
  • 退職交渉開始日:2月15日ごろ
  • 内定受諾日:2月14日
  • 最終面接合格通知:2月10日
  • 一次面接~2次面接:12月~2月上旬
  • 書類準備、応募:11月後半

上記のように、3~4ヶ月のスケジュールで組むことが一般的です。

ただ3~4ヶ月で決まるのは、比較的うまくいっているパターンであり、

  • 書類応募の通過率や面接通過率があまり良くない
  • U・Iターン転職など

こういった事情にも左右されるため、半年~1年近くかかる場合もあります。

いくつかのシナリオを想定して、スケジュールを考えておきましょう。

また、面接が複数設定されるようになると、かなり忙しくなってくるはずです。

面接を実施する時期が繁忙期に重ならないように、日程を調整する必要が出てきます。

面接のために休暇を申請することも見越して、有給休暇を残しておくなどの計画性が重要です。

無理な転職スケジュールは転職失敗のもとです。自分に合ったスケジュールを組んでいきましょう。

経歴・スキル・価値観を棚卸しして、自身の強みを自己分析する

自己分析をしよう

転職を考えるきっかけが、現職への不満・不安というケースも多いでしょう。

しかし、このような逃げの転職では、自分を客観的に見ることができていないため、次の転職先選びに失敗する可能性が高くなります。

自分の強みを把握できていないので、面接などの選考過程で効果的な自己PRができません。

これまでの経歴やスキル、価値観などを棚卸ししたうえで、

自身の強みや弱みについて自己分析をする

という時間を設けましょう。

自己分析をすることで、企業とのマッチング度合いが向上し、書類選考や面接の通過率を上げることにつながります。

アピールできる「自身の強み」を自己分析で明確にしよう

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

選考をするなかで、

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

即戦力であると企業側に思ってもらうためには、

私が持っている強みは○○です!

ということをしっかりアピールしなければなりません。

まずは社会人になってからこれまでの、職歴や実績について棚卸しをしてみましょう。

強みと弱みを自己分析
自分の強みと弱みを分析しよう

そのうえで、自身の強みを自己分析して、言語化しておく必要があります

自己分析は面接対策の一環として行うものではなく、転職を考えたら初期の段階でおこなってください。

最初にしっかり自己分析をしておくことで、求人を選ぶ際の手がかりや、応募書類作成時にも役立ちます。

自身の強みと弱みを自己分析する方法は、以下の記事で解説していますので、詳しくはこちらを参照してください。

言語化できるスキルは誰にでもある

企業側に即戦力であると思ってもらうためには、

自身が持っている強み(スキル)

上記について、しっかりアピールしなければなりません。

そんなこと言われても、特別なスキルなんてないのだけど…

このように思われる方もいるかもしれませんが、これまでやってきた経験を的確に表現することで、スキルと認識されるものは誰にでもあります

以下の記事を参考にして、これまで自分がやってきたことを、スキルとして言語化してみましょう。

事情のある転職活動の場合は、それぞれの攻略ポイントを押さえよう

ワーママ転職を成功させるためには

40代ともなれば、20代のころとは違って、家族の事情を考慮した仕事選びが求められます。

そういった状況別のノウハウも、当サイトで確認しておきましょう。

U・Iターン転職を成功させるためには

いずれ故郷へ戻って、残りの仕事人生を歩みたい

このように考える人にとって、U・Iターンを実現できるタイミングは、そんなに数多くはやってこないでしょう。

  • 自分の仕事上の都合
  • 配偶者の仕事の状況
  • 子どもの学校の問題
  • 住宅の売却 など

上記のような、調整すべき課題がいくつもあるからです。

さまざまな転職活動のなかでも、U・Iターン転職は難易度の高い転職活動といえます。

  • 地方の求人情報をどのように集めるのか?
  • 面接は現地でないと受けられないのか?
  • 辞めてから活動をした方がいいのか?
  • 内定から入社まで、どれくらい待ってもらえるのか?

ざっと思いつくだけでも、上記のようにさまざまな質問が浮かび上がるはずです。

U・Iターン転職の具体的ノウハウについては、以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ワーママ転職を成功させるためには

40代女性が子育てをしながら仕事をこなすためには、

勤務時間 / 休日 / 勤務場所 など

上記のような様々な制約があるなかで、求人を探す必要があります。

正社員で時短勤務ができる求人は、東京のような大都会でもないかぎり、とても少ないのが実情です。

ただ、じつは求人化されていないだけで、探し方によっては、ワーママ歓迎のポジションをたくさん見つけることができます。

ワーママが転職を成功させるために知っておきたい、5つの求人探しの方法について、以下の記事でご紹介していますので、確認しておきましょう。

まとめ:40代の転職を万全の準備で攻略しよう

40代の転職を成功させるためには、しっかりと準備をおこなって、転職活動にのぞむことが重要です。

40代が転職活動で準備するべきこと
  • 40代の転職は若いころと勝手が違うことを認識する
  • 転職先に求める希望条件を整理する
  • 転職時期のタイミングとスケジュール計画を立てる
  • これまでのキャリアを棚卸しして、「自身の強み」を自己分析する
  • 事情のある転職活動は、攻略ポイントをしっかり押さえる

40代の転職が若いころより厳しいことは間違いありませんが、決して不可能というわけではありません。

準備するべきポイントを押さえて、新しい挑戦を成就させましょう。

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

「転職の準備」の記事一覧

12
目次
閉じる
目次
閉じる