転職前の悩み

転職回数が多い40代でも諦めないで!採用担当が重視するポイントとは?

40代で転職回数が多いと、

転職はかなり厳しいのでは…

このように考えている人も多いのではないでしょうか。

転職回数が多いだけでなく、以下のようなことも重なる場合は、確かに相当厳しい転職活動になるといわざるを得ないでしょう。

  • キャリアに一貫性がない
  • 各企業の勤務期間が短い
  • 途中のブランクが長い

しかし今は、有効求人倍率が高く人手不足が続いているため、このすべてに該当するということでなければ、転職回数が多くても十分にチャンスはあります。

この記事では、企業の人事担当者を務める筆者が、転職回数に対する考え方や転職回数が多い場合の対策をご紹介していきます。

40代で転職回数が多く、転職活動に不安を感じている人は、読むことで不安は解消されるはずですので、最後までお付き合いください。

転職回数に対する企業の考え方とは

今の日本は終身雇用制度が崩れ、人々の働き方も多様化し、転職が一般的な世の中になってきました。

そうはいっても、やはり転職回数が多い人に対しては、

すぐに退職してしまうのでは?
キャリアの方向性が定まっていない

上記のような先入観が根底から抜け切らず、どうしてもネガティブに捉えてしまう。そういった人事担当者が少なくないのも事実です。

ここからは、人事担当者の転職全般に対する考え方や、転職回数の目安などについてお話ししていきます。

転職に対する考え方に変化

以前は人事担当者も、転職回数が多いだけで不採用とするケースが多かったのですが、今ではその考え方や対応に変化が生じています。

なぜなら日本でも、欧米と同じように転職が一般的になってきているからです。

リクナビNEXTが実施した2017年の調査によると、50代の約66%が転職を経験しているという結果が出ており、人事担当者もこの流れを無視することができなくなっています。

さらに、今の転職市場が応募者にとって有利となる、売り手市場であることも変化の要因となっています。

実際に求人を実施しても、なかなか人材を確保できない企業が増えており、転職回数が多いという理由だけで、足切りできない差し迫った現状があるのです。

以上の理由から、人事担当者は転職回数が多いというだけでNGとは見ておらず、耳を傾ける姿勢を持っています。

転職回数は何回を目安にしているか

転職回数は、果たして何回からが多いといえるのでしょうか?

おそらく人事担当者の中でも、何回までと明確な基準を持っている人は少ないと思います。

ひとつの例として、転職経験が3回で4社の勤務経験があり、通算勤続年数が20年である人の2つのパターンを考えてみましょう。

転職経験3回、4社に勤務、通算20年の人
  1. 4社の勤続年数が全て5年前後
  2. 1社目は20年近く勤務し、残り3社は1年足らずの勤続年数

この2つの例を、人事担当者の目線で分析してみましょう。

1番目の人は、すぐに退職はしないけど、慣れた頃に転職を考え始めるタイプだな
2番目の人は、自分にマッチすれば長く勤務できるけど、ダメならすぐ辞める人だな

上記のように、同じ転職3回でもその内容は大きく異なりますので、回数そのものにはあまり意味がないと、人事担当者は考えています。

しかしながら、履歴書や職務経歴書の見た目だけで考えると、4回以上となると「多いな」という印象は与えるかもしれません。

人事担当者が重視するポイントとは?

「転職回数が多い=不採用」と人事担当者が判断しなくなったのは、前述のとおり、転職に対する考え方が変化してきたことが理由です。

ですので、回数を重ねた理由やこれまでの転職で得たものに対して、しっかり耳を傾けてくれるような環境にあるでしょう。

しかし、耳を傾けてくれるからといって、キレイごとばかり並べていては、言い訳がましい人材だと捉えられてしまいます。

しっかりと自己反省の要素を含めることも大切です。

ここからは、転職回数について人事担当者が重視する、2つのポイントをご紹介していきます。

転職回数が多くなった理由

転職回数が多い理由として、以下のようなものであれば、回数が多くても問題視はされません。

  • 同じ職種でキャリアアップを重ねてきた
  • 倒産や人員整理など会社都合
  • 家族の看病や介護

しかし、上記の理由以外で転職回数が多くなった人もいるはずです。

そういう場合は、理由を話すことをためらうかもしれませんが、企業の採用担当者は、転職回数という過去の部分よりも、以下のような点を知りたがっています。

  • これから長く働いてくれるのか?
  • やる気や熱意はあるのか?

今までのことは正直に話をして、これまでの反省を今後に活かす気持ちと、当社で働く意欲や熱意をしっかり伝えましょう。

それで受け入れてくれなければ仕方がない、これくらいの割り切った気持ちでのぞめばよいのです。

転職回数を重ねる中で得たもの

転職回数が多いことは、決して悪いことばかりではありません。

転職を通じて多くの人と出会い、多くの経験をして、スキルや知識も身につけてきたはずです。

転職回数が多い場合の面接では、この点をアピールすることに、とにかく神経を集中させるようにしましょう。

転職回数が多くても、その度にしっかりスキルアップを実現してきたのであれば、逆に評価されることもあります。

これまでのことよりも、「これから」について熱く語れる面接にできるように、意識して取り組んでみてください。

まとめ:転職回数の多さは気にしなくてよい

今回は、40代で転職回数が多いと不安を持つ方へ向けて、人事担当者の転職回数に対する考え方や、転職活動の対策などについてお話ししてきました。

転職回数が多いと選考が不利になることもありますが、売り手市場が続く現在では、転職回数の多さだけで不採用になることは少ないでしょう。

ですので、不採用を心配して慎重に応募するのではなく、不採用なら仕方ないと割り切って、多くの企業に応募していくことが大切です。

各企業の人事担当者によって、転職回数に対する考え方はさまざまですので、数多く応募することでしか、転職回数の多さを受け入れてくれる企業を見極めることはできません。

これまでの転職の中でつちかった、知識やキャリアをしっかりとアピールすることに集中すれば、必ずや希望に近い企業に転職することができるでしょう。

時代背景という「後押し」も味方につけて、チャンスを逃さないように頑張ってください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
KTOY
40代男性、大阪府在住。某メーカーの総務部に勤務しています。総務・人事・労務の仕事を20年程経験しておりますので、実務的で分かりやすい記事作成を心掛けます。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ