転職回数が多い40代が対策すべきことは?採用に近づく考え方をしよう

転職回数が多い40代が対策すべきことは?

(執筆:KTOYスペイン商事

40代で転職回数が多いと、

転職はかなり厳しいのでは…

このように考えてしまう人も多いでしょう。

転職回数が多いだけでなく、

  • キャリアに一貫性がない
  • 各企業の勤務期間が短い
  • 途中のブランクが長い

といったことも重なる場合は、確かに相当厳しい転職活動になるかもしれません。

しかし、転職回数が多いからといって必ず不利になるわけではなく、むしろ強みになることだってあります。

多くの会社を渡り歩いた「自身の経験」を、弱みにするのか強みと捉えるのかで、今後のキャリアも大きく変わってくるはずです。

この記事では、

  • 企業の人事担当者
  • 現場を担う営業責任者

上記の役割を担う二人の筆者の観点から、企業における転職回数に対する考え方や、転職回数が多い場合の対策についてご紹介していきます。

転職回数が多く、転職活動に不安を感じている40代の方は、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてください。

目次

転職回数が多いことに対する企業の考え方とは

今の日本は終身雇用制度が崩れて、人々の働き方も多様化し、転職が一般的な世の中になってきました。

そうはいっても、やはり転職回数が多い人に対しては、

人事担当者

すぐに退職してしまうのでは?

人事担当者

キャリアの方向性が定まっていないな…

上記のような先入観が根底から抜け切らず、どうしてもネガティブに捉えてしまう人事担当者がいるのも事実です。

ここでは、企業の転職全般に対する考え方や、転職回数の目安などについてお話ししていきます。

転職に対する考え方に変化

以前は人事担当者も、転職回数が多いだけで不採用とするケースが多かったのですが、今ではその考え方や対応に変化が生じています。

なぜなら日本でも、欧米と同じように転職が一般的になってきているからです。

リクナビNEXTが実施した2017年の調査によると、50代の約66%が転職を経験しているという結果が出ています。

転職未経験者が徐々に少数派となっていくなか、人事担当者もこの流れを無視することができなくなっているのです。

さらに、今の日本社会は人手不足であり、実際に求人を実施しても、なかなか人材を確保できない企業が増えています。

直近ではコロナ禍の影響で、新規採用を見合わせる企業などが増えておりますが、日本の少子高齢化の流れは変わっていません。

転職回数が多いという理由だけでは、足切りできない差し迫った現状があるのです

以上の理由から、企業は転職回数が多いというだけでNGとは見ておらず、人事担当者は耳を傾ける姿勢を持っています。

企業は経験豊富な人材を求めている

転職が一般的になり、幅広い年齢層を求人できる今の時代に、40代の人材を求めている企業は、即戦力を求めている場合がほとんどです

企業側の視点で見れば、さまざまな職場で職務経験を積んでいることで、

職場や仕事に適応する能力がある人材である

と見られる場合もあります。

また、企業は転職者に対して、他社で培ったノウハウを、自社で活かしてくれることを期待していることも多いです

ノウハウを活かすための経験を蓄積していることは、転職回数が多い方の強みでしょう。

「転職回数が多いこと」を欠点として考えがちですが、ポジティブに考えれば自分の強みにできるはずです。

企業が「経験を前向きに活かせる人材」を求めているのは、紛れもない事実なのですから。

いまの時代はマルチな経験を持つ人が役に立つ

スポーツに目を向けると、メジャーリーグでは大谷翔平選手が投手とバッターをこなし、サッカー選手でも、複数のポジションを任されるのがいまの時代です。

複数の役割をこなせる「マルチプレイヤー」が重宝されるのは、ビジネスシーンでも同じでしょう。

企業によっては、経理担当が広報もこなしたり、営業がマーケティングや企画を兼任しています。

人材不足で採用が困難な時代ですから、ビジネスの早い展開に対応するために、複数の役割を任せられる人材を求める企業が多いのが現実です

転職回数が多いからといって、これまで経験した仕事を過小評価せずに、自身のできることを客観視すれば、

複数の役割をこなす能力が、すでに備わっている

このように言えるのではないでしょうか。

転職回数は何回くらいを目安にしているのか

転職回数は、はたして何回くらいからが多いといえるのでしょうか?

おそらく人事担当者のなかでも、何回までと明確な基準を持っている人は少ないと思います。

ひとつの例として、転職経験が3回で4社の勤務経験があり、通算勤続年数が20年である人の2つのパターンを考えてみましょう。

転職経験3回、4社に勤務、通算20年の人
  1. 4社の勤続年数が全て5年前後
  2. 1社目は20年近く勤務し、残り3社は1年足らずの勤続年数

この2つの例を、人事担当者の目線で分析してみましょう。

人事担当者

1番目の人は、すぐに退職はしないけど、慣れた頃に転職を考え始めるタイプだな

人事担当者

2番目の人は、自分にマッチすれば長く勤務できるけど、ダメならすぐ辞める人だな

上記のように、同じ転職3回でもその内容は大きく異なります。

つまり人事担当者からすれば、「転職回数そのものにはあまり意味がない」と考えているのです。

前述したリクナビNEXTのアンケートのなかで、採用基準で見た転職回数の質問がありますので、その結果を確認しておきましょう。

◆採用した中で一番多かった転職回数は?

2回まで9%
3回28%
4回22%
5回22%
6回以上19%
転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態|リクナビNEXT

履歴書や職務経歴書の見た目だけで考えると、筆者なら転職が4回以上となると、「多いな」という印象を持つかもしれません。

しかし、アンケートの結果から見れば、

採用される人は、転職回数に関係なく採用されている

ということがわかります。

不採用になる本当の原因は「転職回数の多さ」ではない

転職を成功させるためには、自己分析や面接対策はもちろん重要ですが、まずは現状をよく認識する必要があります。

転職がうまくいかないときに陥りがちなのが、

自分は転職回数が多いから、転職がうまくいかない…

という思い込みをしてしまうことです。

もちろん、企業側が転職回数を重視しており、転職回数が多いことで選考が不利になる場合もあります。

しかし、過去の転職について聞かれただけで、

転職回数の多さを嫌がられてるのでは…

このように気にしすぎるのはよくありません。

冷静に振り返ってみると、

転職回数の多さだけで採用を見送られているわけではない

という事実に気がつくはずです。

現状を客観的に認識するためにも、なぜ不採用になってしまうのかを分析してみましょう。

「転職回数が多い」ことに卑屈になっていませんか?

転職回数が多い=ダメ」と勝手に決めつけていませんか?

それは例えるなら、優しくてたくましい好青年が、少しだけ背が低いからといって、

自分は背が低いから、全然モテないんだ…

と決めつけているようなものです。

企業が新しい業種へ取り組むことは、「新規事業」と呼ばれて期待されるもの。

個人の新しいチャレンジだって、いつも欠点扱いされるわけではありません

「転職回数が多い」と卑屈になっていると、過去の転職について面接官に少し聞かれただけで、責められているような気持ちになってしまいます。

しかし、面接官が転職の意図や経緯を詳しく聞いてくるのは、

あなたのことをもっと知りたいので、教えてください

上記のように、「企業があなたに興味を持っている証拠」ではないでしょうか。

卑屈になることなくフラットな気持ちでのぞめば、たとえうまくいかなかったとしても、敗因をしっかり分析できるはずです。

問題なのは回数ではなく、転職した経緯や意図が伝わっていないこと

面接がうまくいかなかった場合、転職回数が多いことが原因なわけではなく、

転職をした経緯をしっかり説明できていない

ということが問題になっているのかもしれません。

転職した経緯や意図をくみ取れない場合は、企業側はその転職に対して不信感を持ちます。

しかし、転職した経緯について誠実に説明して、

  • 転職経験を活かす意思
  • 入社への意欲

といったものを丁寧に伝えれば、転職回数は逆に強みにもなり得るものなのです。

企業側も時間を割いて選考しているわけですから、はじめからあなたを批判的な目で見ているわけではありません。

転職回数の多いことやその経緯を伝えることは、自身の人柄や魅力を伝えることと同じです

きちんと説明できていたのか、しっかり振り返ってみましょう。

あなたが採用に至らなかったのは、

「転職回数の多さ」だけの理由ではなかったな…

このように気がつく場合もあるはずです。

人事担当者が重視するポイントとは?

転職に対する考え方が変化してきたことにより、人事担当者は「転職回数が多い=不採用」という判断はしなくなっています。

ですので、転職を重ねた理由やこれまでの転職で得たものに対して、しっかり耳を傾けてくれる環境にあるはずです。

ただし、耳を傾けてくれるからといって、キレイごとばかり並べているようでは、

面接官

なんだか言い訳がましいな

面接官

うさん臭さを感じる…

このような印象を面接官に与えてしまいます。

事実を客観的に捉えて、「反省すべき点は反省する」という素直さも大切です

ここでは、転職回数について人事担当者が重視する2つのポイントをご紹介します。

回数が多いことよりも、その理由や反省点、意欲が知りたい

転職回数が多い理由として、以下のようなものであれば、回数が多くてもとくに問題視はされません。

  • 同じ職種でキャリアアップを重ねてきた
  • 倒産や人員整理など会社都合
  • 家族の看病や介護

もちろん、上記の理由以外で転職回数が多くなった人もいるでしょう。

そういう場合は、理由を話すことをためらうかもしれません。

しかし、企業の採用担当者は、転職回数という過去の部分よりも、以下の点について知りたがっているのです。

  • これから長く働いてくれるのか?
  • やる気や熱意はあるのか?

今までのことは正直に話をして、これまでの反省を今後に活かす気持ちと、応募企業で働く意欲や熱意をしっかり伝えましょう。

それで受け入れてもらえないのなら仕方がない

これくらいの割り切った気持ちでのぞめばよいのです。

転職回数を重ねるなかで得たものは何か

転職回数が多いことは、決して悪いことばかりではありません。

転職を通じて多くの人と出会い、多くの経験をして、スキルや知識も身につけてきたはずです。

転職回数が多い場合は、面接ではこういったプラス面をアピールすることに、とにかく神経を集中させるようにしましょう。

たとえ転職回数が多くても、その度にしっかりスキルアップを実現してきたのであれば、逆に評価される場合もあります。

これまでのことよりも、「これから」について熱く語れる面接にできるように、意識して取り組んでみてください。

転職回数の多さを活かそう!採用に近づく3つの対策

転職回数の多さを気にすることに意味はありません。

どのようにすればマイナスではなく、強みにすることができるのか、対策を練っていきましょう。

ここでは、転職回数の多い人が取るべき3つの対策についてお話しします。

応募企業で経験をどう活かせるのか、具体的に整理する

まずはこれまでの転職から得た経験を、応募している企業でどのように活かすことができるのか、具体的に整理していきましょう。

大きなことばかりではなく、小さいものでも思い浮かぶことを拾っていくのがポイント

拾い出したものから具体的に考えていくと、何かしら貢献できることが出てくるはずです。

たとえば営業職を経験してきたのなら、

〇〇業界と△△業界の経験があるので、商談のきっかけは掴みやすいかも…

といった内容で問題ありません。

小さい貢献から考えはじめて、応募企業の事業や方針とマッチするものが、最終的に見つかれば最高です。

応募企業が進めたい事業の課題が、あなたの経験やノウハウで解決できるとすれば、面接官のあなたを見る目が変わるでしょう。

もちろん大きな貢献でなくても大丈夫。

自身ができることを考えるだけでも、転職回数に対する思いも、ポジティブなものに変わっているはずです。

自身の弱みを把握して、応募企業の信頼を得るための方法を考える

自身の強みを考えるだけではなく、弱みを把握しておくことも大切です。

弱みも丁寧に説明することで、相手の信頼を得ることができます。

「転職回数が多いこと」に対する、企業側の不安点を想像してみましょう。

たとえ目的を持って転職を重ねていたとしても、

面接官

すぐ辞めてしまうことはないだろうか?

といった不安を、面接官は思い浮かべるかもしれません。

こういった不安感を払拭する説明が丁寧にされていれば、不安は一転して信頼に変わるものなのです

  • なぜエントリーしたのか?
  • 働き続けられる理由
  • 長く働いていく覚悟

上記のようなことを、丁寧に誠実に伝えることを心がけましょう。

転職経験のストーリーを整理する

自身の面接経験を振り返ると、

転職経験にストーリーがある

というほうが、面接官に効果的だったと感じています。

  • 転職した意図とそこで得た経験、残した実績
  • 退社の意図とエピソード

上記のようなことを交えて伝えると、ひとつなぎのストーリーになって、人間性も伝わりやすくなります。

例えでいうと、以下のような形式です。

良い例

将来□□の職務につくことを目標にして、まず〇〇の経験を積むためにA社に転職し、次のB社は△△の経験を積むため入社しました

もちろん、転職にいつもストーリーがあるわけではなく、職場の人間関係が合わずに転職したという人もいるでしょう。

その場合も退社するきっかけや、退社して得たものや学んだことを、丁寧に伝えれば問題ありません。

面接官だって、職場でイヤな経験をしたことはあるはずです。

何よりも誠実に伝えることを心がけましょう。

40代の転職活動で押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

応募書類をしっかりと作り込む

再就職するために最初の関門となるのが、書類審査に合格することです。

転職活動の際に求められる一般的な応募書類は、以下の2点です。

人事担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません。

その時間のなかで、あなたが企業が求める人物であることを証明する必要があります。

応募書類の作成に関しては、以下で詳しく解説していますので、しっかり読み込んで仕上げましょう。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

応募先の企業研究を徹底的におこなう

転職活動における企業研究は、「研究」という言葉がついていますが、実際にはリサーチに近いものです。

インターネット上でたいていの情報を収集できますので、労を惜しまずにおこなっていきましょう。

企業研究のコツは、応募企業を1から10までつぶさに調べあげるのではなく、優先順位をつけて情報収集をしていくことです。

企業研究する目的と収集する項目
  1. 面接に合格するための企業研究
    沿革、経営者情報、商材の特性、売上高、取引先情報、競合情報、中期経営計画(企業理念含む)、業務内容など
  2. 入社するか判断するための企業研究
    年収や評価制度、産休・育休取得状況、ワークライフバランス(残業や有給)など

待遇や働き方に関する項目は、内定が近づいた段階の調査でも構いません。

書類選考・面接対策としては、できるだけに関する項目を集めて、履歴書や面接の志望動機作成に活用していきましょう。

企業研究で集めた情報は、

上記のように、活用する場面は多岐に渡ります。

たくさんの企業情報を集めれば集めるほど、他社比較などもできて知識に厚みが出ますので、早めに取り掛かりましょう。

40代は転職エージェントの活用が成功への近道

転職エージェントは40代に必須のサービス

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|205人の口コミ評価でランキング

まとめ:転職回数が多いことを気にしすぎる必要はない!

今回は、40代で転職回数が多いと不安を持つ方へ向けて、

  • 転職回数に対する企業の考え方
  • 転職回数が多いことに対する向き合い方
  • 転職回数が多くても、採用に近づく3つの対策

といったことについてお話ししてきました。

転職回数が多い方はどうしても、

職歴をつっこまれて、面接がうまくいかない…

と弱気になってしまうことがあるかもしれません。

もちろん、転職回数が多いことで選考が不利になるケースもあります。

しかし、企業側も転職することにマイナスイメージを持っていない人が増えており、採用担当自身が「転職回数が多い」ケースだってあるのです。

海外であれば転職回数が多い人ほど、それだけ企業に求められる「有能な人物の証」。

こんな考え方を持つ企業だって少なくありません。

ですので、転職回数が多いことを心配して、慎重に応募するのではなく、

転職回数が多くて不採用なら、それは仕方ない!

このように割り切って、多くの企業に応募していくことが大切です。

これまでの転職経験でつちかった、知識やキャリアを応募企業でどう活かせるのか、しっかりとアピールすることに集中しましょう。

そうすれば、希望に近い企業に転職できるチャンスが、必ず到来するはずです。

転職回数の多さを活かせる、採用に近づく3つの対策をしっかり練って、新しい道に堂々とチャレンジしてくださいね。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

転職回数が多い40代が対策すべきことは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、大阪府在住。某メーカーの総務部に勤務しています。総務・人事・労務の仕事を20年程経験しておりますので、実務的で分かりやすい記事作成を心掛けます。

目次
閉じる