40代男性の転職

40代転職の成功例を振り返ってみて。その経験から学んだヒントとは?

転職するなら35歳がギリギリかな…

このように言われることがありますが、実際には35歳前なら転職案件が多いというだけです。

若いから転職に成功しやすいかというと、必ずしもそうとはいえません。

たとえ40代の転職であっても、あなたにスキルとキャリアがあれば、高収入のキャリアップ転職案件はゴロゴロしています。

しかし筆者のように、大したスキルもキャリアもない場合であれば、40代の転職案件はかなり減ってきますし、条件もシビアになってくるでしょう。

筆者はこれまでに数回、40代の転職を経験しておりますが、成功例も失敗例もあります。

また、なにをもって成功とするかは、本人が持っている優先順位によっても変わってくるでしょう。

今回の記事では、筆者の成功例といえる40代の転職経験と、転職した時に心に留めておきたい、ちょっとしたコツについてお話しします。

これから転職を考える皆さんにとって、何かのヒントになるものがあれば幸いです。

40代で転職をする理由とは?

40代で転職を考えるということは、それなりの理由があります。

他人から見ればたいした理由に見えなくても、自分にとってはかなり大きな理由だったりするのです。

自身の環境の変化

可能であれば、転職しないでそのまま同じ会社に居続けた方が、社内的にも対外的にもやりやすいですし、精神的にも安定するでしょう。

ですが実際は、環境の変化によって転職を考える方も多いのです。

たとえば、

  • 会社で転勤を言い渡されてしまったが、家族がいるので転勤のない職場に移りたい
  • まったく別の部署に異動させられてしまって、どうにも水に合わない

こういったケースもあるでしょう。

また、家庭内でも子供ができたとか、小学校に入ったなど、ライフサイクルの変化によって、転職を考えるケースもあります。

よりよい環境を求めての転職

たいていの人は、今の環境に不満がある時に、転職願望が芽生えるものです。

正当に評価されていないとか、もっと安定した企業に勤めたいとか、理由は人それぞれですよね。

ですが転職したい理由は「お金か人間関係」、究極はこのどちらかだといえるでしょう。

収入は生きていく上で一生つきまとう問題ですし、人間関係だけはお金で解決することができません。

40代でも20代でも、結局はお金と人間関係が悩みのタネだったりします。

急激なリストラ

最近は大手有名企業であっても、いつまでも会社があるとは言い切れません。

企業が経営破たんしたり、倒産とまではいかなくとも、M&Aなどでリストラにあって、転職を余儀なくされることも珍しくないのです。

以前は外資系企業の方が、リストラのリスクは高かったのですが、いまは終身雇用制が事実上崩壊しつつあるので、国内企業であっても安心できません。

筆者もリストラをきっかけに、転職をせざるを得なくなったことがあります。

業務縮小にともなう人員削減で、年齢の高い人から、徐々にリストラされていったのです…

あとで聞いたところによると、半年足らずで5人ほどがその会社を去っていました。

40代で転職に成功するための求人の探し方

転職案件が少なくなってくる40代にとって、転職先を探すのは死活問題です。

転職に成功するために、無駄なく効率よく求人を探すためのポイントをお話しします。

まずは転職サイトに登録しよう

40代になると、転職の案件数は減ってくるでしょう。

これは自分の努力で、どうこうできる問題ではありませんので、

少ない案件をいかに拾えるか

上記がとても重要になってきます。

いちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、タダで使えますから、ぜひ登録しておきましょう。

転職サイトを長いこと見ているとわかりますが、毎月のように中途採用を募集している会社があります。

これはどんどん業務を拡大して社員を募集しているのではなく、離職率が高い会社であることがほとんどですので、注意しておいたほうがいいです。

転職エージェントでは、あなたは「売り物」です

転職サイトの他に、転職エージェントにも登録しておきましょう。

転職エージェントのなかには、転職サイトとリンクしているところもあります。

そのほかにも、特定の業界に強いとか、外資系に強いなど、それぞれに特徴を持ったエージェントがあります。

自分の転職希望に沿った、転職エージェントを探しましょう。

転職エージェントにとって、あなたは「売り物」です。

あなたがどこかの企業に転職すると、転職エージェントが儲かる仕組みになっています。

エージェントがあなたは売り物になると判断すれば、積極的に案件を紹介してくれるでしょう。

しかし、何件か当ってみて売り物にならないと判断されると、ほったらかしにされることがあります。

ですから、エージェントを頼りにするというよりも、

いかに自分は使える人材であるか

上記をエージェントにアピールすることが大切です。

希望条件などを、エージェントに本音で話すこともありでしょう。

しかし、話しやすいからといってあまり弱みを見せすぎると、使いモノにならないと思われてしまうこともあります。

筆者の場合は、自分の勤めている業界に強いエージェントに、以前から登録していました。

比較的つきあいの長い担当さんが熱心な方で、いろいろと各方面をあたってくれて、いい案件を紹介してくれたことが、転職を成功させる結果につながったのです。

  • 公募されていないクローズドの案件
  • ある程度の条件をクリアしている人材を探している案件

上記のように、転職エージェントにしか出まわらない案件もありますので、ぜひ登録しておきましょう。

転職エージェントは「どこに登録するか」も大切ですが、「どんな担当に当たるか」でかなり変わってきます。

このエージェントはあまり使えないな…

こんなふうに思ったら、あまり頼りにしすぎずに、別のエージェントを当たりましょう。

▼転職エージェント選びはこちらから▼

ハローワークは実際に使い物になるのか?

ハローワークというと、失業中しか使えないというイメージがあるかもしれませんが、在職中であっても求人の検索はできます。

転職サイトへの掲載はお金がかかるためか、ハローワークにだけ求人を出している企業も多いです。

意外に興味を引かれる企業が、人材を募集していることもあります。

またハローワークでは、気になった企業の情報を聞くことも可能です。

面接した人や転職した人からの、フィードバック情報を聞けたりするので、なかなか参考になります。

現在の募集人数や、過去にハローワークに寄せられた、クレームなどを教えてくれることも。

ただし、ハローワークに募集を出している案件の大半が、比較的給料が安いので、月30万以上の給料で検索をかけると、ガクンと案件が減ってしまいます。

収入アップの転職を求めている方には、あまりおすすめできる情報源ではありません。

マネージャー経験があれば有利になる

40代の転職では、マネージャー経験が問われることが多くなります。

現場だけの案件はかなり減ってきますし、あったとしても、20代並みの給料であることが多いです。

部長や課長の肩書でなくても、部下や後輩をマネージメントした経験があれば、大いにアピールしていきましょう。

鉄板は知り合いのツテで転職すること

40代の転職でもっとも確実な方法は、知人や友人などに、いい仕事がないかどうか紹介してもらうことです。

転職の相談なんて、ちょっと恥ずかしい…

このように思う人もいるかもしれませんが、できるだけ多くの知り合いを当たったほうが、紹介してもらえる確率は高くなります。

とくに同業他社に転職しようと思っている方であれば、この方法はかなり有効です。

知り合いのツテで転職するメリットがたくさんあります。

会社の詳しい内情を聞ける

転職したい業界に知り合いがいれば、

あの会社は人が辞めたらしいから、募集しているはずだ
A社が新しい事業部を作るらしいよ

こういった情報を集めやすいのです。

また、転職先に知り合いがいれば、会社の詳しい内情を入社する前に聞くことができます。

普通に転職活動をしていれば、せいぜい転職エージェントからある程度の情報を聞けるくらいで、現場の声を聴くことはできません。

  • 会社の雰囲気
  • 人間関係はどうか
  • 残業時間の多さ など

上記のような、募集要項では読めないリアルな情報を聞くことができるのは、ツテがある転職のときだけでしょう。

おかしな会社は紹介されない

知り合いが紹介してくれる会社であれば、ブラック企業である可能性は低くなります。

基本的に、自分が入社したくないような会社を、知り合いに紹介する人はいないでしょう。

もしネガティブなことがあるとしても、それは事前に教えてくれるはずです。

見ず知らずの会社に転職するよりは、心理的にかなり安心できます。

知り合いがその会社にいれば、中途採用でも馴染みやすい

転職した後に、

転職先の会社に、すぐに馴染めるかどうか?

上記については、心配になるところでしょう。

とくに生え抜き社員が多い会社だと、中途採用者はいつまでも外様扱いされることもあります。

もし知り合いがその会社にいれば、知り合いを介して話題も作りやすいですし、人間関係がスムーズにいきやすいです。

筆者も、知り合いが部長をやっている会社に転職したことがあります。

その際は、あっという間に馴染むことができて、気持ちよく受け入れてもらえました。

デメリットもあります

知り合いのツテで転職するメリットは多いですが、デメリットも存在しています。

この会社は合わないな…

上記のように思っても、知り合いに紹介してもらった手前、辞めづらくなってしまうのです。

また、転職した会社で結果を出せないと、かなりやりにくいことになります。

あなただけの問題ではなく、紹介してくれた人の顔に泥を塗ることになってしまうからです。

紹介してくれた人は、会社に自分のことを推してくれているわけですから、入社後いつまでも結果が出ないと、

聞いた話と違うだろう

このような責任問題になりかねません。

上記のようなデメリットもありますが、それを差し置いても、知り合いのツテで転職することは、メリットは大きいです。

転職を成功させるうえでは、在職中の情報収集や人脈づくりも大切になってくるでしょう。

転職に成功して何が変わったのか?

筆者が40代の転職に成功した事例では、同業他社に転職をしました。

職種も営業職で同じ仕事です。

転職前と転職後で、具体的にどのように変わったのかをお話しします。

成功したポイント①:年収が上がった

年収は前職と比較して200万円近くアップしたのですが、まさか40代の転職でこれほどアップできるとは、自分でも思っていませんでした。

これは転職エージェントに、

希望年収は低めに設定したほうがいいですか?

上記のように相談したときに、

安売りする必要はありませんよ

このように助言してもらったことが、大いに役に立ちました。

成功したポイント②:役職が上がった

以前にマネージメントの経験はあったのですが、直近の仕事では平社員でした。

しかし転職後は、営業部マネージャー(課長級)の職責をもらっています。

筆者の上には社長と事業部長しかいないので、事実上の営業部責任者でした。

ですから、責任はかなり重くのしかかることになったのですが…

労働時間は会社によってまったく違う

前職の会社は、「21時にはオフィスを閉める」という方針だったので、よほどのことがない限り、21時には退社できました。

しかし転職した会社は、業界では「不夜城」と呼ばれる会社で、全社会議の時には、完徹で会議をするということもあったのです。

ただ前の会社には、残業手当というものがまったく無かったのですが、転職後の会社は残業手当をバッチリつけてくれる会社でした。

これまでも営業職でしたが、営業手当を月にいくらかもらって、残業なしというのが当たり前だと思っていたのです。

ですから、残業すればするだけ残業手当がもらえるというシステムには、とても驚きました。

会社の雰囲気は入社しないとつかめない

会社をいくらリサーチしても、会社の雰囲気だけは入社してみないとわかりません。

中途採用者に冷たい、ビジネスライクな会社なのかな…

このように思っていたのに、仕事とプライベートをきちんと分けている、実は仕事のしやすい会社だったということもあります。

逆にアットホームな会社だと思っていたら、なかなか溶け込ませてもらえずに、ただの同族経営のムラ社会だったことも…

転職する際には、ここがいちばん重要だったりするのですが、事前にはわかりにくいのが困りますよね。

今はそういう情報がつかめるクチコミサイトがありますので、転職案件だけでなく社内情報もチェックしておきましょう。

ネット上で得られる情報をできるだけチェックしておくことで、転職後に痛い目をみるリスクを減らせます。

前述しましたが、知人の紹介による転職ですと、こういったリスクを減らせるのがいいところですね。

転職して成功するコツとは

これは転職前でも転職後でも一緒なのですが、「心構え」とまでいうと大げさですが、

考え方をすこし変えてみる

このようにすることで、うまくいくことが多いです。

過去の武器にこだわり過ぎない

転職する際には、今までのキャリアやスキルが武器のひとつになります。

しかし、あまりに武器にこだわりすぎると、転職の障害になることもあるのです。

前職が大手だったから、次も大手で通用するはず
今まで営業畑だったから、営業なら次も即戦力になるはず
年収800万もらってたから、自分にはその価値があるはず

こういったことは武器でもありますが、同時に足枷になってしまうこともあります。

今までのことにこだわりすぎていると、

じゃあなんで転職したいの?

こんなふうに思われてしまって、転職先の間口を自分で狭めてしまうことになるんです。

確かに転職先の環境が似ていたほうが、即戦力として採用される確率も高いので、あえて絞り込んで案件を探す人も多いでしょう。

しかし「営業」であっても、

営業関係の事務処理もできる
企画に携わったこともある

上記のように広げて探すことで、転職先を広げることができます。

経験値は活かすが、自慢は捨てる

同じ職種で転職したとしても、前職と同じような仕事ができなかったり、評価されないこともあります。

今まで実績を残してきたのだから、このやり方でいいはずだ
前はこのやり方で成功していましたよ

こんなふうに過去の栄光を自慢しても、新しい場所では通用しません。

過去の経験値は、すぐ活かせるスキルではなく、ただの叩き台だと考えましょう。

新しいやり方に馴染んで、そこから模索していった方が、これから進む道が見えやすくなるはずです。

何でもやりますと言っても、できないこともある

転職活動のときに、

何でもやります!
(未経験だけど)やればできます!

こんなふうに大見えを切ったことはありませんか?

筆者も見栄を張った経験はあるのですが、ある転職エージェントから案件を紹介されたときに、

できないことは、あらかじめ「できない」と言っておいた方がいいですよ
後で責任を追及されても苦しくなりますから

このように言われて、目から鱗が落ちたことがあります。

その案件では、

損益計算書(PL表)が読めて作れるか?

このようなものが求められていたのですが、当時の筆者には経験がありませんでした。

それはやったことがないですね…

筆者はこのようにエージェントに伝えましたが、その応募先では重要なファクターになる部分だったのです。

もし、見栄を張ってできると言い張っていたら、転職してもまったく使い物にならずに、大変なことになっていました。

自分のスキルやキャリアを最大級に表現することは、転職活動において大切なことですが、無理をしないこともまた重要です

薬剤師でなければ薬の処方はできないように、頑張るだけではできないことだってあります。

おわりに

今回は、筆者の転職の成功例をお話させていただきましたが、実は40代で転職に失敗したこともあるのです。

40代になると転職案件も少なくなり、「定年」という二文字が頭をよぎるため、なかなか転職に踏み切れないという方も多いでしょう。

筆者は40代での転職を、積極的におすすめしたいわけではないのです。

いまの会社で働き続けられるのなら、それに越したことはありませんが、何かの事情で転職したいという方もいらっしゃるでしょう。

40代の転職は簡単ではありませんが、これから先にまだ20年以上働くことを考えれば、

転職をして、自分の生活をよりよい環境に変えていく

上記もひとつの選択肢として考えるべきです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ