40代男性の転職

40代の転職は難しい?自身の経験から学んだヒントとは

転職年齢35歳限界説というものがありますが、実際のところ35歳前なら転職案件が比較的豊富というだけで、望んだ転職ができるかどうかというのはまた別問題です。

40代になると転職が厳しいと言われていますが、ものすごいスキルとよいキャリア、人脈などを持っていれば、キャリアアップ転職は難しいことではありません。

しかし私のように、それほどのスキルを持っていない場合は、40代の転職案件は30代と比較するとかなり少なくなりますし、条件も厳しくなります。

私はこれまで7回ほど転職を経験しています。そのなかで転職に失敗したこともありますし、満足のいく転職をしたこともあります。

今回は、成功した転職体験についてお話したいと思います。その中から、転職を考える皆さんに、何かのヒントとなるものがあれば幸いです。

40代で転職をする理由とは?

自身の環境の変化

可能であれば転職なんかしないで、そのまま同じ会社に居続けた方が、社内的にも対外的にもやりやすいですし、精神的にも安定するでしょう。

ですが実際は、環境の変化によって転職を考える方も多いのです。

例えば、会社で転勤を言い渡されてしまったが、家族があるので転勤のない職場に移りたいとか、まったく別の部署に異動させられてしまって、水が合わないなどというケースがあるでしょう。

また、家庭内でも子供ができたとか、小学校に入ったなどライフサイクルの変化によって、転職を考えるケースもあります。

よりよい環境を求めての転職

たいていの人は、今の環境に不満がある時に、転職願望が芽生えるものです。

正当に評価されていないとか、もっと安定した企業に勤めたいとか、理由は人それぞれですよね。

ですが転職したい理由は、「お金か人間関係」。究極はこのどちらかだと言えるでしょう。

収入は生きていく上で一生つきまとう問題ですし、人間関係だけはお金で解決することができません。

40代でも20代でも、結局はお金と人間関係が悩みのタネだったりします。

急激なリストラ

最近は大手有名企業であっても、いつまでも会社があるとは言い切れません。

企業が破たんしたり、倒産とまではいかなくともM&Aなどでリストラにあい、転職を余儀なくされることも珍しくありません。

以前は外資系企業の方が、リストラのリスクは高かったのですが、今は終身雇用制が事実上崩壊しつつあるので、国内企業であっても安心できません。

私が今回の転職をするきっかけは、このリストラでした。

業務縮小にともなう人員削減で、年齢の高い人から徐々にリストラされていったのです。

あとで聞いたところによると、半年足らずで5人ほどがその会社を去ったそうです。

40代の転職案件はどうやって探せばいいのか

まず転職サイトで探す

40代になると転職の案件数は下がります。

これは自分の努力で、どうこうなる問題ではありません。ですから、少ない案件をいかに拾えるかが重要になってきます。

一番初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなかったとしても、転職のための情報量の多さはダントツです。

転職サイトを長いこと見ているとわかりますが、毎月のように中途採用を募集している会社があります。

これはどんどん業務を拡大して社員を募集しているのではなく、離職率が高い会社であることがほとんどですので、注意しておいたほうがいいです。

ハローワークは実際に使い物になるのか?

ハローワークというと、失業中しか使えないというイメージがあるかもしれませんが、在職中であっても転職の検索はできます。

転職サイトへの掲載はお金がかかるためか、ハローワークにだけ求人を出している企業もあり、意外に興味を引かれる企業が人材を募集していることもあります。

またハローワークでは、気になった企業の情報を聞くことができます。

面接した人もしくは転職した人が、フィードバックしている情報を聞けたりするのです。これがなかなか参考になります。

ただ、ハローワークに募集を出している案件の大半が、比較的給料が安いです。月30万以上の給料で検索をかけると、ガクンと案件が減ります。

収入アップの転職を求めている方には、それほどおすすめできる情報源ではありません。

転職エージェントではあなたは「売り物」

転職サイトの他に、転職エージェントにも登録しておくことをオススメします。

転職エージェントは転職サイトとリンクしているところもありますが、そのほかに、特定の業界に強いとか、外資系に強いなどそれぞれに特徴を持ったエージェントがあります。

自分の転職希望に沿ったエージェントを探しましょう。

転職エージェントにとって、あなたは「売り物」です。あなたがどこかの企業に転職すると、エージェントが儲かる仕組みになっています。

エージェントがあなたは売り物になると判断すれば、積極的に案件を紹介してくれますが、何件か当ってみて売り物にならないと判断されると、ほったらかしにされることがあります。

ですから、エージェントを頼りにするというよりも、エージェントに対して「いかに自分は使える人材であるか」をアピールすることが大切です。

私の場合は、自分の勤めている業界に強いエージェントに、以前から登録していました。

今回の転職では、比較的つきあいの長い担当さんが熱心な方で、いろいろと各方面をあたってくれて、いい案件を紹介してくれたことが、転職を成功させる結果につながりました。

▼転職エージェント選びはこちらから▼

鉄板は知人やツテをあたること

40代の転職で一番確実な方法は、知人やツテをあたって、いい仕事がないかどうか紹介してもらうことです。

同業他社に転職しようと思っている方には、とくにこの方法が当てはまります。

業界の知り合いがいれば、どこの誰が辞めたから募集しているはずだ、とか、あの会社が新しい事業部を作ろうとしているなど、情報を集めやすいのです。

ですので、在職中の情報収集や人脈づくりも、転職のためには大切になってきます。

転職前と転職後の変化

今回の転職では、私は同業他社に転職しました。職種も営業職で同じ仕事です。

転職前と転職後で、どのように変わったのかをお話しします。

給与面は上がるのか下がるのか

給料面は前職と比較して200万近く上がりました。40代の転職で200万もアップできるとは、自分でも正直思っていませんでした。

これはエージェントに、「希望年収は低めに設定したほうがいいでしょうか」と相談した時に、「安売りする必要はないと思います」と助言してもらったことが、大いに役に立ちました。

肩書の変化

以前にはマネージメントの経験もあったのですが、前職では平社員でした。

転職後は営業部マネージャー(課長級)の職責をもらいました。私の上には社長と事業部長しかいないので、事実上の営業部の責任者でした。

ですから、責任はかなり重くのしかかりました。

会社によって労働時間はまったく違う

前職の会社は「21時にはオフィスを閉める」という会社だったので、よほどのことがない限り、21時には退社できました。

しかし転職した先は、業界では「不夜城」と呼ばれる会社で、全社会議の時には、貫徹で会議をするということもしばしばでした。

ただ前の会社には、残業手当というものがまったく無かったのですが、転職後の会社は残業手当をバッチリつけてくれる会社でした。

営業職の場合、営業手当を月にいくらかもらって、残業なしというのが当たり前だと思っていたので、残業すればするだけ残業手当がもらえるというシステムには驚きました。

会社の雰囲気は入社しないとつかめない

会社をいくらリサーチしても、会社の雰囲気だけは入社してみないとわかりません。

中途採用者に冷たいビジネスライクな会社かなと思っても、仕事とプライベートをきちんと分けている実は仕事のしやすい会社だったということもあります。

逆にアットホームな会社だと思っていたら、ただの同族経営の会社で、なかなか溶け込ませてもらえない、ムラ社会の会社だったということもあります。

転職する際には、ここが一番重要だったりするのですが、これだけは事前にはわかりにくい部分です。

今はそういう情報がつかめるクチコミサイトがありますので、転職案件だけでなく社内情報もチェックしておきましょう。

後から痛い目をみるリスクが減ります。

おわりに

今回は、私の成功した転職のお話をさせて頂きましたが、実は失敗したこともあるのです。

40代になると転職案件も少なくなり、「定年」という二文字が頭をよぎるため、なかなか転職に踏み切れないという方も多いでしょう。

私は40代での転職を勧めているわけではありません。今の会社で働き続けられるのなら、それに越したことはないと思います。

ですが、何かの事情で転職したい方もいらっしゃると思います。

40代の転職は簡単ではありませんが、これから先に、まだ20年以上働くことを考えれば、転職は自分の生活をよりよい環境に変えていく、ひとつの選択肢であると言えるのではないでしょうか。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

関連コンテンツ