転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

40代の転職を成功させる完全ガイド|転職活動の流れと攻略するコツを解説

各ステップを攻略するコツはこちら

40代で転職することを検討していると、

40代で転職するなんてやめておいたほうがいいよ…

こういった声を聞くことも多いので、不安な気持ちになってしまいますよね。

たしかに現実は甘くないのですが、たくさんの40代が転職に成功していることも事実です。

40代には「40代なりの攻略法」が存在しており、そのポイントを押さえて転職活動を進めれば、転職することはけっして不可能ではありません。

この記事では、これから転職活動を始めようと考えている40代の方に向けて、

40代の転職活動を成功させるうえで、知っておきたい全てのこと

上記について、わかりやすく解説しています。

必要な参照先をチェックしていけば、中高年が抱えやすい転職の悩みについて、解決するためのヒントが得られるはずです。

目次を参考にして、ご自身に関連する部分からお読みください。

目次

▼この記事の執筆者▼

40代女性、北海道在住。大手転職エージェントに8年半勤務し、現在はフリーで30~40代の方の転職支援業務に従事しております。3000名以上の転職相談(カウンセリング)した経験をもとに、役立つ情報を提供致します。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント

転職市場における40代を取り巻く状況とは

かつては「転職は35歳まで」と言われていましたが、今では状況が大きく変わっています。

現在の転職市場の状況がどういったものなのか、そして40代が置かれている環境についても確認しておきましょう。

人手不足は今後さらに顕著になる

2030年には、日本の労働人口は644万人が足りなくなると言われており、既に多くの企業が人手不足の状況におちいっています。

2030年、人手は644万人不足する

推計の結果、2030年には、7,073万人の労働需要に対し、6,429万人の労働供給しか見込めず、「644万人の人手不足」となることが分かりました。

産業別において、特に大きな不足が予測されるのは、サービス業、医療・福祉業など、現在も人手不足に苦しむ業種であることが分かりました。

これらの業種は、少子高齢化やサービス産業化の進展により今後も大きな需要の伸びが予測され、労働供給の伸びがそれに追いつかないと考えられます。

出典:パーソル総合研究所「労働市場の未来推計 2030

これから転職を考えるのであれば、転職市場の動向を踏まえて、

40代を積極採用している業界に照準を合わせる

というのもひとつの手法でしょう。

就職氷河期世代に対する支援について

2019年後半あたりから、「氷河期世代に対する支援」が盛んに報道されるようになり、転職市場における大きなトピックになりました。

各都道府県や自治体で、次々と氷河期世代への支援策が発表されています。

首相、3年計画策定指示 就職氷河期世代を集中支援

安倍晋三首相は10日の経済財政諮問会議で、バブル崩壊後の「就職氷河期」に社会人となって非正規社員として働く30代半ば~40代半ばの人を対象に、就職支援を強化するよう関係閣僚に指示した。

今後3年間の「集中プログラム」を夏までにまとめ、数値目標も掲げる。中途採用を増やす企業への助成拡充などを民間議員が提言したのを受け「氷河期世代への対応は国の将来に関わる重要な課題だ」と応じた。

出典:産経新聞(2019.4.12)

政府にはさまざまな思惑があって、単なる救済措置という背景だけではないようです。

しかし、大きなトレンドとして形成されるのであれば、40代転職者はこの流れを利用しない手はないでしょう。

業界・職種は今後の需要を考えて選ぼう

求人を探すうえで、

これから需要が伸びる業界・職種はどこなのか?

このような考察をしておくことは非常に重要です。

筆者は先日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)に関する勉強会に参加しました。

RPA (Robotic Process Automation)とは、コンピューター上で行われる業務プロセスや作業を人に代わり自動化する技術です。

人間が繰り返し行うクリックやキーボード入力など定常的な業務が自動化できることから、仮想知的労働者(デジタルレイバー)とも呼ばれています。

出典:UiPath「働き方改革を実現するRPAとは

ここ数年でロボットの識字率は各段に上がり、マニュアル化できるような仕事は、PC内のロボットが数分で実行できるレベルになっています。

つまり近い将来、

オフィスワークの自動化が劇的に進む可能性がある

ということです。

ロボットで代用できる仕事のスキルしか持っていなければ、食べていけない時代が来てしまうかもしれません。

このような観点からみると、今これから事務職に転職する人は、この先5年~10年後に、別の職種への再転職をせまられる可能性があり得ます。

今回の転職を最後にしたい…

このように考えるのであれば、中長期的な視野で、希望する業界・職種の展望を分析してみましょう。

40代でも未経験の職種へ転職できるのか?

今の仕事に飽きてしまった…

新しいことに挑戦してみたい!

このような思いを抱えている方も、意外に多いのではないでしょうか。

「就職氷河期世代」と呼ばれて、新卒時の就職活動で非常に苦労したのが、いまの40代です。

思うようなキャリア形成ができずに、40代になってしまった方もいるでしょう。

未経験職へ転職するための心構えとは

未経験職種への転職は、どの年代にとっても簡単なことではありませんが、

  • 年収ダウンの覚悟がある
  • 年下の上司でも問題ない

こういった心構えがあるのであれば、可能性はゼロではありません。

資格が必要となる職種もありますが、定年が伸びている今、40代でも決して遅くはないのです。

未経験職への応募に対する解説や実際の体験談は、当サイトでも数多くご紹介していますので、ぜひ参考にしてみましょう。

未経験の仕事に関する記事はこちら

職業訓練など公的機関のバックアップを活用しよう

未経験職種への転職を果たすために、

職業訓練などの公的機関のバックアップを利用する

ということもひとつの方法です。

受講するためには、いくつかの制約・条件がありますが、上手に活用して夢を叶えた人もいます。

職業訓練に関する解説や実際の体験談は、以下の記事がありますので、ぜひ参考にしてみましょう。

職業訓練についての記事はこちら

コロナ禍による転職活動への影響は?

多くの人が今後の動向として気にしているのは、

コロナ禍によって、転職活動にどのような影響が出ているのか?

ということでしょう。

大手人材会社の発表資料にもとづくと、以下のような変化が見られます。

コロナ禍による転職市場への影響
  • 求職者の約6割が「求人が減った」と感じている
  • 売り手市場が弱まる一方で、依然として採用意欲の高い企業も存在している
  • Web面接を導入する企業が増え、採用手法としての定着が予想される

全体として求人が減っている傾向はあるものの、ネガティブな影響ばかりではありません。

業態をシフトチェンジする企業も増えており、

コンサルタント

これからミドル年代の求人が増えていくでしょう

と考えている転職コンサルタントも多いのです。

コロナ禍の状況であるからこそ、転職活動をするうえでも、

  • 業績が好調な伸びている会社を見極めやすい
  • 働き方の変革に柔軟な会社かどうかを知ることができる
  • 転職に消極的になる人も増えるので、ライバルが少なくなる

上記のようなメリットが得られます。

臆することなく、転職活動を進めていきましょう

2020年は求職者の6割が転職活動への影響を体感

エン・ジャパンが2020年12月に発表した調査によると、

コロナ禍で転職活動に影響が出てしまった…

上記のように感じている人は、40代以上の転職者の65%にのぼります

コロナ禍による転職活動への影響は?
出典:1万人が回答!「コロナ禍での転職活動について」

とくに深刻な影響を受けているのが、

  • 流通・小売業界
  • 飲食業界
  • 旅行業界

といった業界でしょう。

これらの業界では、中途採用自体にストップをかけて、再開の見通しが全くたっていない企業もあります。

一方で、巣ごもり需要から、

  • Eコマース関連企業
  • IT系企業(ビジネスチャットシステムなどを開発)

上記などの業界では好況となっており、継続して高い採用意欲を持っている企業も多いです。

希望する業界によって採用動向が大きく異なるので、事前の情報収集をしっかりおこなって、応募する企業を見極める必要があります。

2021年は企業の中途採用意欲が積極的に

マイナビが2021年10月に発表した資料によると、企業の中途採用に対する姿勢が、

前年に比べて積極的になっている

ということが顕著に見てとれます。

◆今後の採用意向について

人事担当者の採用意欲2020年の割合2021年の割合
積極的になる8.3%14.8%
やや積極的15.0%31.3%
以前と変わらない39.1%42.7%
やや消極的19.7%7.3%
消極的になる14.3%2.6%
採用活動をしない3.6%1.4%
出典:マイナビ「中途採用実態調査(2021年)」

企業の採用意向が「積極的になる」と回答した企業は、23.3%⇒46.1%と大幅に増えており、逆に消極的な姿勢を示した企業は37.6%⇒11.3%と激減しました。

同じ調査によると、「社員が不足している」と感じている企業も38.9%となっており、人手不足を背景に、コロナ禍以前の「売り手市場」に戻りつつあるといえそうです。

業態のシフトチェンジで、ミドルの求人は今後さらに増えていく

2021年12月に『ミドルの転職』が発表した資料によると、

2022年はミドル世代を対象とした求人がさらに増える

という動向を予想しています。

★ 8割のコンサルタントが「2022年は35歳以上のミドルを対象とした求人が増加する」と回答。

★ 2022年にミドル求人が増加する理由、トップは「景気回復の兆しが見えてきたため」。2020年に実施した前回調査(2021年の予測)と比較し、15ポイント増加。

★ 増加が予想されるミドルの求人トレンド、企業タイプは「中堅・中小企業」、業種は 「IT・インターネット」、ポジションは 「課長クラス」、職種は「技術系(IT・Web・通信系)」。

★ 86%のコンサルタントが「2022年はミドル人材にとって、転職に適した年だと思う」と回答。

出典:エン・ジャパン『2022年「ミドルの求人動向」調査』

コロナ禍の影響によって、企業におけるビジネスモデルや働き方は変革しつつあります。

そのなかで、これまでの豊富な経験を活かして変革の中心に立てる、ミドル世代の活躍が求められているのです。

アフターコロナの転職市場の動向をふまえて、

  • Web選考などを積極的に取り入れる
  • これまでの経験を分析して、自身の強みを見い出す
  • 業界や職種の視野を広げて、求人に応募する

上記などをしっかり押さえて、転職活動を進めることが重要です。

40代の転職活動における現実を知っておこう

40代の転職を成功させるための第一ステップとして、まずは40代の転職における現実をよく知っておく必要があります。

実際に40代が転職活動をはじめると、どんな日々が待っているのでしょうか?

40代の転職が厳しいといわれる理由を知り、実際に40代で転職を経験した人の体験談などを参考にして、40代転職のリアルを学んでおきましょう。

40代の転職が厳しい理由とは?

40代の転職活動は、20代~30代と比べてハードルが高いことは事実です。

厳しいと言われるのには、大きく分けると以下の2つの理由があります。

40代の転職が厳しい理由

【スキルに関する理由】

  • 即戦力性が求められるから
    ⇒業界や職種の親和性がないと合格しない
  • メンバーとしてではなく、マネジメント能力を問われるから
    ⇒将来の幹部候補として活躍イメージがなければ合格しない
  • 適応力や柔軟性がないと想定されるから
    ⇒これまでの慣習や価値観で凝り固まっているのではと思われている

【組織上の理由】

  • 育成が必要ならば、40代よりも若年層を採りたいから
  • 組織構成上の観点から、現場責任者より年下を採用したいから

上記のような理由から、応募できる求人数が減ってしまいますし、選考においても若手より不利になりがちです。

管理職をはじめ、「即戦力」としての募集が多くなるので、

今までと異なる業種(職種)にチャレンジしたい!

このような思いで転職を希望している人は、なおさら厳しい状況でしょう。

さらに、既婚者であれば経済的な問題も足かせになります。

転職できそうな求人を見つけたとしても、

このお給料だと家計が厳しいよ…

と家族に言われてしまえば、応募先を見送らざるをえません。

よほどのスキルや経験を持っていないかぎり、40代の転職においては、理想と現実のギャップに悩むことが多いでしょう。

40代男性の転職事情は?

企業の採用担当者は、40代男性の転職者に対して、

採用担当者

適応力や柔軟性が低下して、新しい組織に馴染むのは難しいのでは…

採用担当者

世帯主だし、年収などの条件へのこだわりが強いのでは…

上記のようなイメージを持っていることが多いです。

40代男性が転職活動を進める際は、以下のポイントを押さえておきましょう。

40代男性が企業に採用されるためのポイント
  • 面接では経験をアピールしつつ、謙虚さや柔軟な姿勢を忘れない
  • 新しい職場では「新人」として入社することを忘れない
  • 転職先に求める希望条件を整理しておく

40代男性の転職体験談や転職を成功に導くコツは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代女性の転職事情は?

事務職や販売職など、多くの女性が就いている職種に関しては、企業は20~30代の女性をターゲットとしています

ある程度の時間をかけることで、誰でも習得できる業務なのであれば、

採用担当者

できれば若い人にチャンスを与えたい

という考えをもつ企業が多く、どうしても若年層の女性が優遇されがちです。

40代女性が転職活動を進める際は、以下のポイントを押さえておきましょう。

40代女性が企業に採用されるためのポイント
  • 応募する求人を増やし、ある程度の長期戦を覚悟する
  • ブランク期間の経験を自己PRとして言語化する
  • 子育て中でワーママとして働く場合は、雇用形態や働き方を工夫する

40代女性の転職体験談や転職を成功に導くコツは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

みんなの体験談から40代転職のリアルを学ぼう

40代の転職が厳しいのだとしても、転職活動を始める前の段階では、

どんなことがどう厳しいのだろう?

こんな感じでよくわかりませんよね。

何となく転職サイトのノウハウ記事などを確認したところで、40代が自身の境遇にピッタリな情報を見つけることは、そう簡単なことではありません。

転職サイトなどでは、若年層に向けた情報が多いので、

40代の転職に活用できるノウハウが少ない

という現状があるのです。

ですから、当サイトのような同じ年代の人たちが語る情報から、自身の転職に必要な情報を得ていきましょう。

40代の転職体験として参考になるブログを、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はぜひご確認ください。

転職活動の流れと40代が押さえておくべきこと

転職活動は、大きく分けて以下の6つのステップがあり、選考の状況に合わせて進んでいきます。

転職をするときの流れ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    8つの手段を駆使して求人情報を集めて応募する
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

40代が転職を成功させるためには、それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策しておくことが重要です。

ここでは、各ステップごとに押さえておくべきポイントをご紹介しますので、じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

【転職の準備】希望条件の整理、キャリアを棚卸しして経験や強みを整理する

40代の転職では、20~30代の転職活動とは事情が違っています。

ですから、転職活動で良い成果を得るためには、

応募する前に、事前準備の質を高めておく

ということが重要です。

40代での転職を検討する場合は、転職活動の準備として、以下のポイントを押さえておきましょう。

40代が転職活動で準備するべきこと
  • 40代の転職は若いころと勝手が違うことを認識する
  • 転職先に求める希望条件を整理する
  • 転職時期のタイミングとスケジュール計画を立てる
  • これまでのキャリアを棚卸しして、「自身の強み」を自己分析する
  • 事情のある転職活動は、攻略ポイントをしっかり押さえる

転職の準備については、以下の記事でわかりやすく解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

【応募書類の作成】選考の通過率を高めるために必要なこと

40代が転職するうえで、最初の関門となるのが「書類審査に合格すること」でしょう。

特別なスキルや人脈をアピールできる人は別として、40代の平均的な書類通過率は2割ほどしかありません。

応募書類の通過率を高めるためにも、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

応募書類作成のポイント
  • 履歴書の記載事項は、虚偽なく正確に記載する
  • 選考要素をクリアした証明写真を添付する
  • 職務経歴書には、企業が求める人物像とマッチする自身の強みを記載する
  • 自身の経歴に合った、最適なレイアウトで職務経歴書を仕上げる
  • 志望動機には、オリジナリティのある「自分にしか言えない内容」を盛り込む

人事担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません

その時間のなかで、

私は貴社が求める人物です!

ということを証明する必要があります。

効果的な応募書類を作成するコツについては、以下の記事でわかりやすく解説していますので、しっかり読み込んで仕上げましょう。

【求人探し・応募】8つの方法を組み合わせて、求人情報を集めよう

40代が転職サイトを活用する方法

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数よりも少ないので、応募する求人を見つけるのにも時間を要します。

ですから、やみくもに求人探しを始めることはおすすめできません。

40代が効率よく求人情報を集めるのなら、以下の8つの手段を上手に活用することが重要です。

求人情報を集める8つの方法
  1. 転職サイト
  2. 転職エージェント
  3. ハローワーク
  4. 紹介予定派遣
  5. 転職フェア・イベント
  6. 地域の求人広告
  7. 企業のWebサイト
  8. 知人や友人からの紹介

どれかひとつだけを集中して利用するのではなく、複数の方法を組み合わせて求人情報を集めましょう

効率よく求人探しをするコツについては、以下の記事でわかりやすく解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

【面接対策】必ず質問される「5つの質問」とは?

面接でうまく話せない…

転職の面接では、職歴に関する質問が中心であり、

新卒のときのような、奇をてらった質問は少ない

というのが特徴です。

そのなかで、応募企業から必ず聞かれる質問は以下の5つとなります。

応募企業が面接で必ず聞いてくる質問
  • 自己紹介・自己PR
  • 転職理由についての質問
  • 志望動機についての質問
  • 経験・ 実績・スキルなど、あなたの強みについての質問
  • 応募者から面接官への逆質問

面接の流れと基本マナーを押さえたうえで、上記の5つの質問についてしっかり対策しておきましょう。

面接で必ず聞かれる5つの質問の対策については、以下の記事でわかりやすく解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

【内定・入社準備】年収条件などの確認・交渉、入社に向けての準備

内定の条件を書面で確認しよう

選考を無事に通過して、企業から内定をもらえたら、

  • 内定を承諾して入社する
  • 内定を辞退する

上記のどちらを選択するのか決断します。

以下のようなポイントを押さえて、入社までの確認・準備の手続きを進めましょう。

内定から入社までの流れ
  1. 内定通知の書面を発行してもらい、条件を確認する
  2. 条件に合意できない点を、調整・交渉する
  3. 内定を承諾するか、辞退するかを決める
  4. 企業側に内定受諾・辞退の連絡をする
  5. 入社に向けての準備をする

内定後に確認・準備しておくべきことは、以下の記事でわかりやすく解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

【退職手続き】いまの会社を円滑に辞めるためのコツ

退職願・退職届の書き方

転職することを決断したら、在職中の方は入社準備と並行して、いまの会社を退職する手続きを進めましょう。

円満に会社を辞めるためには、

  • 退職時期をいつにするのか?
  • 引き継ぎをどうするのか?
  • 有給休暇の消化をどうするか?

上記などについて、会社側の意向と合意する必要があります。

しかし、企業側が人手不足の状況に陥っていたりすると、

退職を申し出たのに、受け入れてもらえない…

このようなケースになることもあるのです。

企業側に社員の退職を拒む権利はありません

退職の意向を無視されたり、嫌がらせを受けたりする場合は、振り回されることなく、淡々と退職手続きを進めましょう。

会社を辞めるときの手続きについては、以下の記事でわかりやすく解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

40代の転職に成功するためのポイント

40代の転職における実情については、ここまでお話ししてきたとおりですが、

ではどうすれば成功を勝ち取れるのだろうか…

という疑問が残りますよね。

若いころと同じ感覚で転職活動に挑んでしまっては、厳しい戦いは避けられません。

40代の転職を成功させるためには、

40代の転職には「40代なりの攻略法」がある

ということを、しっかり理解しておくことが重要です。

ここでは、40代の転職を成功に導くために、押さえておきたいポイントをご紹介します。

転職を成功させている40代もたくさんいる

40代の転職者は、若い世代には求められないことを要求され、厳しい転職活動を強いられることが多くなります。

しかし、苦しい転職活動のなかでも、自分なりに成功の法則を見いだして、

40代でも転職を果たすことができました!

こういった声がたくさん挙がっていることも事実。

彼らに特別なスキルがあったわけではなく、フツーの人たちが40代の転職を成し遂げているのです。

安易な気持ちで転職を決断できる年代ではありませんが、40代での転職はけっして不可能ではありません

ひとつひとつの失敗経験を糧にして、転職成功をつかんだ事例を以下の記事でご紹介してますので、ぜひ参考にしてみましょう。

40代の転職成功率を高めるコツは「思いやり」にあり

40代の転職における成功率を高めるためには、

応募先の企業に対して、思いやりの心をもって選考にのぞむ

ということが重要です。

選考に通りやすい応募者というのは、応募書類や面接の機会を人事担当者や会社へのプレゼントと捉えて、思いやりの心をもって対応しています。

思いやりをもって接している姿勢が採用担当者に伝われば、

採用担当者

すぐに会社に馴染んでくれそうだ

採用担当者

入社後の人間関係も心配なさそうね…

このような印象を与えることができ、選考を通過できる可能性が高まるはずです。

具体的な方法については、以下の記事でわかりやすく解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

40代は転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておこう

転職エージェントは40代に必須のサービス

転職活動を進めるには、かなりの労力を要しますし、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、かなり大変です…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

転職前のよくある悩みと対処法

転職をしたいという気持ちがあっても、何かしらの悩みがあるために、

  • 転職活動に踏み切れない

という方もいるのではないでしょうか?

ここでは、転職前にありがちな悩みと具体的な対処法をご紹介します。

転職に対する不安がある

転職とは、今いる環境をガラッと変えてしまうもの

ですから、新しい環境に足を踏み入れることに、

不安な気持ちで一歩が踏み出せない…

このように感じてしまうのは、ある意味で当たり前のことかもしれません。

40代が転職に対して不安を感じてしまうのは、おもに以下のような原因によるものです。

40代が転職に不安を感じる原因
  • 「40代での転職は難しい」という思い込み
  • 転職活動が長引くことへの不安
  • 年収ダウンや待遇悪化に対する心配
  • 転職先の人間関係に馴染めるのか不安
  • 新しい仕事に適応できるか不安

しかし、転職に不安があるからといって、転職から逃げていては今の状況は変わりません

先延ばしにするほど、転職することは難しくなってしまうのです。

転職に不安を感じる原因は、入念な準備をすることで解消できます

具体的な対処法は、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらを参照してください。

転職するべきか迷ってしまう

転職したいという気持ちはあっても、

本当に転職したほうがいいのかな…

このような迷いがあって、前に踏み出せない方もいるでしょう。

転職に迷いを感じてしまうのは、

  • 転職に対する不安がある
  • 転職する目的がはっきりしていない

こういった要因があるのかもしれません。

ですから、本当に転職したいのかどうか、自分自身をよく見極めることが重要です。

転職に迷いがあるうちは、まだ現職に留まっておいて、

  • 何に迷っているのかを明確にする
  • 自分がどうしたいのかをしっかり考える
  • 転職することのメリット・デメリットを整理する

上記について、まずはじっくり検討してみましょう。

転職に迷いがあるときの対処法については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

どんな仕事がしたいのかよくわからない

いまの仕事を辞めたいと思っているものの、

自分がどんな仕事をしたいのかよくわからない…

このような悩みを抱えている方もいるでしょう。

もし、あなたがこのような状況にあるのなら、いちど自分の価値観を整理したうえで、じっくり仕事選びを考えるべきです。

転職にはリスクも伴いますから、40代という立場を考慮するのなら、場当たり的な転職は避けましょう。

以下の6つの方法を用いて、自分らしい仕事を探してみることをおすすめします。

自分らしい仕事を見つける6つの方法
  1. やりたいではなく、やれる仕事から探す
  2. 好きな分野、興味のある職種から探す
  3. 身につく資格やスキルで探す
  4. 社会貢献度の高い職種から探す
  5. 副業で経験を積みながら、やりたい仕事を見つける
  6. やりたくない仕事を除外して、それ以外の仕事で絞り込む

自分らしい適職を見つける方法については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代の転職活動でよくある悩みと対処法

40代の転職活動では、書類審査の通過率は2割前後なので、内定をもらうまでにはまとまった応募数が必要です。

もちろん例外もありますが、たいていの方が、転職活動に数ヶ月以上を要するでしょう。

長期化する転職活動のなかで、悩みを抱えることも多いはずです。

壁にぶちあたって停滞感を感じるときに、どのようなリカバリー策を取るべきなのか、確認をしておきましょう。

転職先がなかなか決まらない

書類選考や面接での不合格が続けば、誰だって落ち込むもの。

やはり40代だから決まらないのかな…

こんな気持ちにもなってしまうでしょう。

しかも、選考で不採用となった理由については、詳細に教えてくれる企業はほとんどありません

大多数の企業では、

採用担当

○○様の応募書類をもとに社内で慎重に検討しました結果、誠に残念ながら今回はご期待に添えない結果となりました

採用担当

せっかく面接にお越しいただきましたが、他の候補者様との相対比較により、今回は採用を見送らせていただくことになりました

上記のように、あいまいな表現で不採用の通知が届きます。

応募者は、「自分がなぜ見送られたのか?」がわからないのです。

なんだか全否定されたような気になって、絶望感を味わう人もいるでしょう。

しかし、ネガティブな気持ちを引きずっていても、客観的な視点で原因を追究できません。

不採用続きの悪循環とならないように、

早期に気持ちを切り替える

ということが重要です。

40代の転職がなかなか決まらない理由は、大きく分けると以下の5つに分類されます。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

不採用の通知を受けたら、

今回決まらなかったのは、どこに問題があったのだろうか?

上記のように、客観的な視点で敗因を振り返って、きちんと対策をたててから、次の応募に備えましょう。

より具体的なアドバイスは、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

転職活動に疲れてしまった

40代の仕事探しは甘くないので、転職活動は長引く傾向にあります。

思った以上に苦戦してしまって、

もう疲れてしまったよ…

このように感じてしまうこともあるでしょう。

厳しい状況でムリして活動を続けても、デメリットしかありません。

負のスパイラルから脱出して、転職を成功に導くためにも、勇気を持って一時的な休息を取りましょう

一時的に休息することで、

  • リフレッシュして、ストレスや疲れを解消できる
  • うまくいかない原因を振り返り、やるべきことを再確認できる

上記のようなメリットを得られます。

転職活動に疲れたときの対処法は、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代で無職だと、再就職は絶望的なのか?

40代で無職となると、

次の仕事を探すのに、かなり苦労するのでは…

このように感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、いまの日本は人手不足ですから、絶望に打ちひしがれる必要はありません。

企業が40代の転職者に求める条件を満たすことで、無職であっても転職することは可能です。

企業が40代転職者に求める3つの条件
  • 経験や実績を活かして、即戦力として活躍してほしい
  • プライドを捨てて、柔軟性を持ってほしい
  • コミュニケーションをしっかり取ってほしい

無職から脱却するためには、何も考えずに転職活動をするのではなく、

私は貴社が求める要素を満たした人材です

ということを、上手にアピールしなければなりません。

再就職を果たすためのヒントは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はぜひこちらをご覧ください。

まとめ:40代の転職を成功させる秘訣は事前準備にあり!

ここまで、40代の転職活動における実情と、成功させるためのコツについてお話ししてきました。

たしかに現実は厳しいのですが、たくさんの40代が転職に成功していることも事実です。

40代の転職活動がうまくいかない一番の理由は、

転職に対して、認識の甘さがあること

上記に原因があると筆者は考えています。

いちど不合格になった企業に、再び応募することはできません。

40代の転職に存在するリスクを知ってから、転職活動を開始しましょう。

ひとつひとつのチャンスを最大限に活かせるよう、しっかりと準備をすすめてくださいね!

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

「転職ノウハウ」の記事一覧

123...6
目次
トップへ
目次
閉じる