転職前の悩み

40代無職の転職に絶望なし!企業が求める3つの条件をクリアしよう

40代で無職だけど、転職を希望している皆さまへ

40代で無職となると、

次の仕事を探すのに苦労するのでは…

このように思っている方も多いかもしれませんね。

しかし、たとえ今は無職であっても、企業に転職することはもちろん可能です

いまの日本は人手不足ですから、絶望に打ちひしがれる必要はありません。

ただし、40代で無職という状態であれば、何も考えずに転職活動をすることはNGです。

よほどのスキルでもなければ、簡単に採用が決まる可能性は低いでしょう。

たとえ無職であっても、企業が転職者に求めていることを、自身がクリアしていると証明しなければなりません。

そこで今回の記事では、40代で無職の方が転職を果たせるように、

  • 企業が40代の転職者に求めている3つの条件
  • 転職活動をするうえで注意したい3つのポイント
  • 転職に絶望しないためにするべきこと

上記について詳しく解説していきます。

特別なスキルが要求される内容ではないので、誰でも実践することが可能です。

ぜひ参考にしてみてください。

40代無職はどのくらいの割合でいるのか?

総務省統計局によると、40代付近の無職者の数は、2019年5月時点で以下のとおりです。

  • 35~44歳:33万人
  • 45~54歳:34万人

15~64歳までの失業者数は153万人ですから、35~54歳の割合は全体の約44%を占めており、働き盛りの年代にも関わらず、かなりの失業者がいる状況です。

40代で無職になる理由はさまざまでしょう。

しかし、無職であることが原因で、生活の幅を狭めてしまうことが起こりうるので、できれば早く再就職を成し遂げたいところです。

40代で無職であることの4つのリスクとは

40代で無職になることには、リスクが付きものです。

ここでは、40代で無職であることの4つのリスクについてお話しします。

周囲に理解されにくい

40代で無職になったことに対して、周囲からは理解が得られにくいものです。

世間では、40代は働き盛りの年代として認識されていますので、管理職に就いている方もたくさんいるでしょう。

そういったイメージがありますから、働いていないというだけで、

この人は怠けているのでは?

このように思われてしまう可能性があるのです。

金銭的な問題であったり、配偶者の理解を得られずに、離婚などに発展する場合もあるかもしれません。

仕事を辞める前のキャリアが素晴らしい人ほど、プライドが邪魔をして周囲に相談できなくなり、引きこもってしまうケースも多いのです。

応募できる求人が限られてしまう

40代無職であることの問題点として、応募できる求人が限られてしまうことがあります。

20~30代であれば、キャリアよりも将来性を判断して、採用してもらえる場合もあります。

しかし40代となると、将来性よりも即戦力性が重視されるのです。

これまでの仕事で、なんらかのスキルやキャリアを積んでいれば、それを活かして転職を有利に進めることができるかもしれません。

しかし、次の職場に活かせる十分な能力がなければ、人手不足で未経験を歓迎している求人(運転手や介護職など)に、応募先が限られてしまうでしょう。

子どもの養育や親の介護に影響してしまう

所帯を持って子どもがいる家庭であれば、40代は養育費がかさむ時期に入りますし、親の介護も気になってくるでしょう。

無職で収入がない状態であれば、子どもの養育費に不安が出てきます。

また、親の介護に手間がかかる状態であれば、アルバイトなどで働くのが困難になるかもしれません。

独身者であれば、婚活に大きな影響がでる

40代で独身の方であれば、無職だと婚活に大きな影響を与えてしまいます。

とくに男性の場合なら、年収や役職は男性のステータスとして見られるものです。

いくら人柄がよくても、無職というハンデはかなり大きいので、婚活を思ったように進めることが難しくなるでしょう。

企業が40代の転職者に求める3つの条件とは

40代転職者に対して、企業はどのようなことを求めているのでしょうか?

無職から脱却するためには、企業が40代の転職者に求めていることを理解して、自分がそれを満たしていることを、アピールしなければなりません。

ここでは、企業が40代転職者に対して求めている、3つの条件についてお話しします。

経験や実績を活かして即戦力になってほしい

企業は人手不足により、即戦力を必要としているところが多いです。

40代転職者を採用するのは、これまでの経験や実績を活かして、入社後にすぐ活躍してもらうことを目的にしています。

したがって、過去の経験にもとづいて活躍できるビジョンを示した人なら、採用される可能性が高くなるでしょう。

経験や実績に乏しい場合は、「正確性」「調整力」といったふうに、自分のやってきたことを言語化して、即戦力となれるスキルを持っていることを示す必要があります。

プライドを捨てて、柔軟性を持ってほしい

40代の転職者に必要なのは、年下社員の指示でも、柔軟に耳を傾けることができる姿勢です。

あなたが一般社員として入社する場合は、年下の上司がいる可能性があります。

そのときにプライドが邪魔をして、職場の空気を悪くするような態度は、避けなければなりません。

また、いくら業務に自信があるからといっても、

自己流のやり方で仕事を進めないで欲しい…

このような声もあります。

自分のやり方や前職のルールを持ち込んで、社内の雰囲気を乱す行為も、毛嫌いされる行為のひとつです。

確かに「職場に新しい風は必要」という声もありますが、それは周囲の信頼を得てからにしましょう。

新しい会社に馴染むまではプライドを捨てて、新人として周囲の力になれるように努力する姿勢が必要です。

コミュニケーションをしっかり取ってほしい

コミュニケーション能力は、年齢に関わらず重要なものですが、40代ではとくに必要となります。

40代であれば、中間管理職に就くことも多いので、20~30代の若い世代や50代以上の大ベテランなど、さまざまな年代の間に立って仕事を進めなければなりません。

また、新しい会社に所属するということは、その会社のルールや仕事を、いち早く覚えていく必要があります。

コミュニケーションを円滑に取れないようであれば、即戦力として活動することが困難となり、周囲の足を引っ張ってしまうでしょう。

したがって、さまざまな年代の人とこまめにコミュニケーションを取れる人は、採用されやすいといえます。

40代無職が就活で注意しておきたい3つのポイント

40代で無職の人が再就職を果たすうえで、注意しておきたい3つのポイントをご紹介します。

応募先を選り好みしすぎないこと

40代で無職の場合は、応募できる就職先は多くはありません。

ですので、応募先を選り好みしすぎて、自分から選択肢を狭くことは避けるべきです。

また、応募先には未経験分野も視野に入れておくことをおすすめします。

人手不足ですから、無職でも選り好みしなければ、応募できる求人は十分にあるのです。

最初は待遇面で不満があるかもしれませんが、入社後にキャリアアップをして、収入増を目指すのがもっとも無難な方法です。

企業が求める人物像をしっかりリサーチする

応募する企業がどういった人材を望んでいるのか、しっかりリサーチしておきましょう。

再就職を果たすためには、応募する企業が求める人物像と、自身の持っている強みがマッチしていることを示さなければなりません。

自己分析もしっかり行ったうえで、

御社が求めている人材は私です

このように面接官に言いきれるくらいに、応募企業が求めているものを、徹底的に調査をしましょう。

家庭の事情もしっかり考慮しておく

40代であれば、子育てや介護など心配もありますので、就職先は勝手に選ばずに、家族とよく相談しながら活動をすすめましょう。

子育てや介護について、パートナーの負担が増えることで、家庭内のトラブルに発展する可能性もあります。

40代無職が転職で絶望しないためにすべきこと

40代転職に失敗した人

40代で無職の人が、再就職することのハードルが高いのは事実です。

しかし、だからといって転職をあきらめる必要はありません。

ここでは、転職活動で絶望しないために、するべきことをご紹介します。

資格取得などできる努力はしておく

もし、実績がないまま会社を辞めてしまった場合は、資格を取得するなど、客観的に示せるスキルを身につけておくのがオススメです。

40代の転職希望者に対しては、実績やスキルが重要視されますので、資格を取得しておくと、即戦力の対象に選ばれやすくなるでしょう。

実績はもちろん重要ですが、企業はやる気があるかどうかも見ています。

無職の期間中でも、資格取得に向けて勉強して結果を残せば、しっかり評価してくれるものです。

40代に対する企業からの期待値は高いですから、少しでもアピールできるように、できる努力はしておきましょう。

セカンドゴングでは、40代転職者が押さえておくべき資格について、数多くの記事を書いています。

興味が持てる資格があるか、ぜひチェックしてみてください。

就活のアドバイザーに相談する

自分ひとりで活動できる範囲には限界があります。

たとえば、知人などに企業を紹介してもらうのも有効な方法です。

また、就活のアドバイザーに相談して、履歴書の書き方や面接対策など、アドバイスをもらうこともおすすめです。

セカンドゴングでは、さまざまな転職サービスについても、たくさん記事を書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ:40代無職でも本気になれば再就職できる!

今回は、40代で無職の人が転職を果たせるように、企業が40代転職者に求めている条件や、転職活動で注意したいポイントなどについてお話ししました。

40代で無職であっても、企業が求めている人材だと判断すれば、再就職することは十分に可能です。

40代は即戦力として期待されることが多いので、応募企業の求める人物像をしっかりリサーチして、自身がマッチする人材であることをアピールしましょう。

もし自分に自信が持てない場合は、資格を取得することによって、目に見える形で自分のスキルを証明することができます。

入社する心構えとして、変なプライドを捨てることや、コミュニケーションを意識することも大切な要素です。

たしかに、再就職できる選択肢は狭いかもしれませんが、40代無職だからといって、すべてを諦めて絶望する必要はありません。

あなた自身や家族が、最低限は納得できる環境で働けるように、努力を積み重ねて転職活動を行いましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ