転職の準備

「40代でスキルなし」でも転職は可能!言語化できる強みを見つけよう

「40代でスキルなし」でも転職は可能!言語化できる強みを見つけよう

キャリアコンサルタントのRikaです。
30~40代の方の転職支援業務を行っており、これまで3000名以上の転職相談にのってきました。

そのなかでも、40代の方から以下のような相談を受けることが多かったです。

正社員で働いたのは、新卒で入社した1年間だけ。そこからずっと派遣で転々としてきたのですが…私でも転職できますか?
今は製造業で働いているのですが、景気に左右されない安定した業種・職種に転職したいです。人手不足と聞くので、わたしにも転職できるチャンスありますか?
小さな会社でずっと働いてきて、色々と雑務はやってきましたが、これといった資格やスキルはもってないんです。転職は可能ですか?

皆さんの表現こそ違うものの、

自分のスキルに自信がない。でもまだあと数十年働くとするなら、今のうちに環境を変えておきたい。どうしたらよいのだろうか…

こういった趣旨の相談内容です。

上記のような方でも、これまでやってきたことを的確に表現することで、スキルと認識されるものは必ずあります!

スキルがないのではなく、転職市場において「自分を表現するボキャブラリーが少ないだけ」なのです。

自分のやってきたことを、「〇〇力」「〇〇性」などと的確に言語化してみましょう。

それをスキルとして転職市場でアピールすれば、「40代スキルなし」と思っているあなたでも、転職できる可能性は十分にあるのです。

それでは早速、具体的なノウハウを確認していきましょう。

「スキルなし」でも転職したい40代は意外に多い

40代の転職相談といえば、「ハイクラス」「エグゼクティブ」と呼ばれる層がメインかというと、決してそうではありません。

筆者は地方で転職支援をしてきたので、ハイクラス層からの相談よりも、「スキルに自信がない」という40代の方の転職相談がメインでした。

職務経歴書や面接でアピールできるような資格やスキルはありません。でもいまの環境を変えたいので、転職を考えています

このような40代の方は意外に多いのです。

40代だからといって、みなが管理職経験や専門知識を武器に、ステップアップする転職をしているわけではありません。

今の40代は新卒時に就職氷河期だった

氷河期世代とは、ちょうど今の40代に該当します。

学校を卒業する1993~2004年頃、日本は超がつくほどの就職難の時代でした。

筆者も思い出すだけでも苦しくなる、厳しい就職活動を経験してきたひとりです。

原因はバブル経済の崩壊。

企業は新卒採用数を大幅に抑えざるをえなくなり、新卒者の受け皿が極端に減りました。

卒業者の55%しか就職できない年もあったほどです。

したがって、当時に就職活動をしていた者は、希望の業界・職種に就くどころか、まずは仕事を得ることで精一杯でした。

結果的に、希望と異なる仕事や非正規雇用に就かざるを得なかった人が、とてもたくさん出てしまったのです。

この時代に就職した誰しもが、職業選択や仕事への価値観について、多少は時代的背景の影響を受けているでしょう。

氷河期世代の40代が転職を考える背景とは?

就職氷河期を経験した人からすれば、現在の環境は真逆の状態といえます。

  • 新卒は売り手市場で複数内定があたりまえ
  • 有効求人倍率は過去最高値を更新中

上記のようなニュースを聞くたびに、氷河期世代の40代は恨めしい気持ちになりますよね…

もちろん氷河期世代だからといって、全員をひと括りにできるわけではありません。

しかし、「思うようなキャリアを積めなかった」と感じている40代のひとが、

もう一度チャンスを得てチャレンジしたい!

こんなふうに考えて、転職活動をするケースが実際増えているように感じます。

事実として、筆者が受ける転職相談のなかでも、

いまの市況感のうちに最後の転職をしたい。望んでいた人生を手に入れたい

このように思われて、相談にくる方があとを絶たないのです。

不本意にも転職を繰り返したが、まだ天職にめぐり合っていない
あと20~30年働くのかと考えたら、今のうちに職場を変えておきたい
ずっとやりたいと思っていたことに、チャレンジしてみたい

具体的には上記のような相談が目立ちます。

女性の場合であれば、

結婚や出産を機に退職したけど、やっぱりもう一度働いてみようかな

このような内容がプラスされるのです。

「スキルなし」の40代でも転職は可能です

自分の環境を不遇だと思う気持ちが強く、なんとか環境を変えたいと思っていたとしても、面接では「氷河期時代」などなんの言い訳にもなりません。

これまでの経験のなかから、アピールできる内容を探して、面接官に自分を採用するメリットを説明していく必要があります。

スキルとは、専門知識や資格のことだけではない

氷河期世代の3割が「新卒で入った会社を3年続けられなかった」というデータが存在するほど、雇用環境が不安定な時代でした。

とくに1990年後半に就職した方は、転職活動でも相当苦労されたのではないでしょうか。

20代のうちに仕切り直して転職しようにも、当時は景気がまだ回復していなかったのです。

この年代の人たちは、思うように職業選択をできなかったために、前向きな自己啓発や学びの機会から遠ざかってしまいました。

したがって、「確かな経験を積んできた」という実感が乏しい傾向にあります。

さらにありがちなのは、「スキルとは高度かつ専門的なもの」と捉えていて、

人に誇れるものじゃないとダメだ…

このように思い込んでいるパターン。

スキルのハードルを、自分で必要以上にあげてしまっているのです。

しかし、転職相談のなかで詳細に過去の業務経験をヒアリングしてみると、雇用形態や業種に関係なく、皆さんじつに様々なエピソードを持っておられます。

「スキルがない」のではなく、「自分を表現するボキャブラリーが乏しい」といった方が的確でしょう。

  • 正社員で働いてこなかった
  • 大手企業で働いた経験がない
  • 管理職をやったことがない
  • ずっとママ業をしていた

このような境遇だからといって、「スキルがゼロ」ということは決してないのです。

転職活動をする際には、「スキルなし」という思い込み・呪縛から、自分を開放することからまず始めてみましょう。

名前が付けられるものは、それは立派なスキルです

スキルとは、専門的な知識やノウハウ、華々しい職務経歴だけのことを指しているわけではありません。

「〇〇力」「〇〇性」というような言葉で表現できるものも、確かなスキルといえるのです。

例えば、接客業で培われる高い「顧客志向性」や「ホスピタリ性」は十分にスキルですし、製造業で重要となる「正確性」や「改善力」といったものもスキルとなります。

事務職なら、「先読みする力」や「仕組化力」といったスキルが、得られているのではないでしょうか。

日ごろ何気なく行っている業務であっても、じつは過去の経験から体得した様々なスキルを、無意識に動員して実行されているものなのです。

転職活動における自己分析においては、

自分を表現するキーワードと、それに付随するエピソードをどれだけ集められたか?

上記が最終的に成果となります。

キーワードの数が多ければ多いほど、「それが転職市場で戦える武器になる」といっても過言ではありません。

「〇〇力」というものは、これまでの職場でやってきたことを、見える化するために命名したもので、「ポータブルスキル」と呼ばれています。

ポータブルスキルについては、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

誰にだって何かしらのスキルはある

個人的な話で恐縮ですが、筆者も新卒の就職活動はうまくいきませんでした。

学生時代は帰宅部でしたし、熱中したことといえばファッションと合コンくらい。

アルバイトも転々としており、自己アピールできるようなものは何もありませんでした。

仲間だと思っていた友人たちは、知らぬ間にボランティアやインターンシップ、留学をちゃっかり経験していて、就職活動をそれなりに進めている様子だったのです。

いったい自分はどうしたらよいのだろう…

こんなふうに思っているうちに、卒業の時期を迎えてしまい、希望していた業界を諦めざるを得ませんでした。

しかし数年後に転職をして、キャリアコンサルタントになったときに、自分にも面接でアピールできるスキルがあったことに、はじめて気が付いたのです。

筆者は父の転勤で、4回の転校を経験していました。

その都度新しい環境に慣れるのに必死で、当時は気が付く余裕などなかったのですが、数々の転校を経て様々なスキルを身につけていたようなのです。

  • 瞬時に自分と合いそうな友人や先生を見分けられる力
  • クラスのキーマンは誰かを見抜く力

たとえば、このような対人関係スキルなども該当します。

また、学校ごとに異なる学習進度やカリキュラム内容に、自分の習熟度を合わせていく自己管理力、他にも適応力や柔軟性など複数の力を得ていました。

もしこれらを的確に自己PRできていれば、

新卒の就職活動も、違った結果になっていたかもしれない…

このような口惜しい気持ちが沸いてきます。

どんな経験も言語化次第、見方次第でスキルになると、筆者は考えるようになったのです。

自分の強みとなるスキルを言語化しよう

40代の転職だからといって、資格や高度な専門知識が必ずしも必要になるわけではありません。

しかし、自分の経験をスキルになるような表現に変換・言語化できていることは、必須要件だといえるでしょう。

転職活動において、スキルはキャッチーな言葉で表現しないと、相手にはなかなか伝わらないのです。

ここでは、具体例をご紹介していきます。

全職種共通で使えるスキル表現の例(〇〇力・〇〇性)

スピード力 / 正確性 /調整力 / 巻き込み力 / 傾聴力(ヒアリング力) / 情報収集力 / 情報発信力 / 情報の活用と共有スキル / 忍耐力 / 集中力 /ヒューマンスキル(素直さ、謙虚さ、度胸) / バイタリティ

職種別のスキル表現の例(〇〇力・〇〇性)

  • 営業経験者:新規開拓力 / 顧客開拓力 / 顧客維持力 / 顧客管理力 / クロージング力 / 交渉力 / プレゼンテーション力(資料作成力) / 提案力 / 質問力
  • クリエイティブ系経験者:企画力(アイデア力) / 発想力 / 訴求力 / 表現力 / 文章力
  • ものづくり系経験者:改善力 / 洞察力 / 察知力 / 分析力
  • 接客経験者:顧客思考力 / ホスピタリティ性 / 関係構築力 / 仮説検証力 / 数値分析力 / 説明力
  • 事務経験者:仕組化力 / マルチタスク力 / 先読みする力
  • マネジメント経験者:育成力 / 指導力 / 課題把握力
    ※管理職でなくとも、後輩を指導した経験があれば使えます
  • 子育て経験者:段取り力 / リスク管理力 / 対応力 / 共感力 / 気配り力

履歴書・職務経歴書には、言語化したスキルを散りばめよう

面接官
面接官
転職したら生かせそうな経験やスキルはありますか?

面接でこのように聞かれても、沈黙してしまったり、

コミュニケーション力があります
信頼関係を築けます

上記のような、抽象的な回答をされる方がとても多いです。

しかし、多くの「〇〇力」といった言語化したスキル表現と、それに付随するエピソードを持っておけば、立派なスキルとして転職市場で戦える武器となります。

履歴書の長所欄や職務経歴書の自己PR欄に、この「〇〇力」を散りばめてアピールしていきましょう。

「〇〇力」と記載したあとに、そのスキルを裏付ける具体的なエピソードや、補足事項を記載していきます。

記載するエピソードには、具体的な状況や過程や結果の数字(〇%アップ、〇時間短縮など)を入れると、より説得力が増すでしょう。

また、志望動機を考える際にも、「〇〇力」のスキル表現は大いに役立ちます。

志望動機では、応募企業の魅力を盛り込むだけでなく、その企業にどのように貢献したいかも語る必要があるのです。

その際に「〇〇力」のスキル表現を、材料として使うことができるでしょう。

まとめ:あなたにも言語化できるスキルは必ずある!

今回は、「転職でアピールできる材料がない」と思いがちな40代の方に向けて、「スキルは言語化次第である」というお話をしました。

あなたにはスキルがないのではなく、自分を表現するボキャブラリーが少ないだけです。

成功体験だけでなく失敗体験も含めて、これまでの20数年間のできごとを、事細かに拾ってみましょう。

必ず何か、「〇〇力」とスキル表現できるものが出てくるはずです。

ニュースなどで盛んに報道されている通り、労働人口が大幅に不足する時代に、いよいよ突入しようとしています。

この瞬間も企業は人材不足に困っており、40代が転職しやすくなっていることは確かなのです。

本命である若手転職者が、応募してくれるのを待つべきか?
目の前にいる、意欲溢れる40代応募者を採用するべきか…

採用担当者はこのような葛藤のなかで、つねに揺れ動いています。

そのなかで、ググッと流れを自分に引き寄せることができるかどうかは、応募書類や面接におけるあなたのアピール次第です。

資格や雇用形態、在籍企業の知名度といったブランドの有無で、自分の実力を判断する必要はありません。

細かい自己分析と棚卸によって、自分の魅力を言語化していくことこそが、40代の転職活動における突破口になっていくでしょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Rika
40代女性、北海道在住。8年半の大手人材紹介会社勤務を経て、現在はフリーで30~40代の方の転職支援業務に従事しております。3000名以上の転職相談(カウンセリング)した経験をもとに、役立つ情報を提供致します。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント】
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

  • アップルミント

1人が
読んで良かった!

関連コンテンツ