地方移住で失敗しない転職の進め方とは?青森の暮らし・仕事情報もご紹介

地方移住で失敗しない転職の進め方とは?青森の暮らし・仕事情報もご紹介

2021年現在、世界的なパンデミックでリモートワークも広がり、移住について考える人も増えてきました。

とはいえ、移住のための情報収集がよくわからずに、転職への不安を抱えている方はいないでしょうか?

地方では仕事の種類が都会ほど多くないですから、やりたい仕事を見つけるのは難しいかもしれません。

ですから、転職による年収減を最小限に抑えつつ、やりたい仕事をオンライン副業で取り組み、収入源を増やすことが重要です

この記事では、地方移住の転職で失敗しないための進め方についてご紹介します。

お話しする内容を参考にして情報を集めていけば、住みよい場所の情報や経済支援について知ることができ、不安が減少するはずです。

青森で大手IT企業に勤めながら、オンライン副業にも取り組んでいる筆者のノウハウにもとづいていますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

地方移住の転職は「副業ありき」で考えよう

地方への移住を考えるときには、転職先も探すことになります。

その際は、今までの延長線上で仕事を探すだけではなく、副業(複業)が可能かどうかを考慮しましょう

地方では選べる仕事の幅も少ないですし、都市圏に比べると最低賃金が下がりますから、今よりも年収が下がる可能性が高くなります。

ひとつの職業だけを選ぶのではなく、別な収入源とセットで考えるべきです。

副業が必要な理由とは?

新型コロナウイルスの発生で、オフラインの仕事は世界中で大打撃を受けました。

オフラインとは、実店舗を構える「場所を固定したビジネス」のことです。

  • 観光業は壊滅的な状況
  • 宅配に順応できなかった飲食業は、破綻に追い込まれる…

場所に人を集めるビジネスは、地方に限らず、軒並み厳しい状況に追い込まれています。

場所に縛られる働き方は、

大きな不自由が発生したときに、融通が利かない

ということが露呈してしまいました。

オフラインの仕事の問題点をカバーし、融通をきかせる手段となるのが、副業(複業)となるのです。

副業のメリットとデメリット

副業をするメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

副業に取り組むメリット
  • 収入が増える
  • 本業がピンチになっても、あせらずに済む
  • 自分の好きなことを仕事にしやすい

一方で、副業に取り組むデメリットは以下のとおりです。

副業に取り組むデメリット
  • 労働時間が増える
  • 簡単には稼げない
  • 就業規則で禁止されている場合は取り組めない

実際に取り組んでいる筆者の観点で言わせてもらうと、

  • 自分のスキルが社会に通用するかを試せるので自信になる
  • 副業で身につけた知識やスキルを本業に活かせる
  • お金の生み出し方や経済の流れに敏感になる

こういったこともメリットだと感じています。

ビジネスに対する視野が広がり、視座も高くなるので、人生をトータルで豊かにすることができるのです。

やりたいことは副業でできる時代

本業を選ぶうえでは、仕事にある程度の制約はあるものですが、副業ではやりたいことをやっていきましょう。

オンラインで副業ができるサイトはたくさんあります。

オンライン副業に取り組めるサイト

上記のようなクラウドソーシングサイトを利用する以外でも、ブログやYoutuberなども、副業として取り組めるでしょう。

ただ、そうはいっても、

自分はネットが苦手だしなぁ…

このように感じた方もいるかもしれませんね。

しかし、これからますますネットが普及していくなかで、はたしてずっと苦手なままでいいのでしょうか?

もはやネットで情報を集められるかどうかで、世の中の生きやすさが違ってきます

買い物で得するか損するか、経済的な差も変わるのです。

べつに苦手なままでいたいわけじゃない

もしこのように思っているのなら、この機会にネットの活用を始めてみましょう。

まずは簡単なところからで構いません。

何かあればすぐにネット検索する

という検索グセさえつけばOK。苦手意識は自動的に解消されるはずです。

40代からでも取り組める副業については、以下の記事でご紹介していますので、詳しくはこちらをどうぞ。

地方移住の転職活動で押さえておきたいポイント

ここでは、地方移住の転職活動を進めるうえで、押さえておきたいポイントについてお話しします。

まずは基本的な流れを確認したうえで、求人探しのコツや転職先で重視するべきことなどを、押さえておきましょう。

転職活動の6つのステップを押さえよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

求人探しは「地方名 副業 Wワーク」で検索してみよう

本業の転職先を選ぶうえで重要なポイントは、副業が可能な職場を選ぶことです。

地方の求人は、大手転職サイトでもそれほど数はありませんから、地方に強い転職サイトを選んで検索してみましょう。

地方移住におすすめの転職サイト
  • indeed
    地域のあらゆる求人を検索できる
  • はたらいく
    ”ひとがら”重視の転職活動ができる

「地方名 副業 Wワーク」のキーワードで検索してみると、副業が可能そうな求人が検索結果に表示されるはずです。

自身の希望条件を満たせそうな求人がありそうか、探ってみましょう。

転職先で重視したいのは「良質な人間関係」

転職先を決める前に、知っておきたい情報があります。

それは、「仕事は何をするかよりも誰とするか」が大事だということです

幸せな人生を送るために必要なことは、良い仕事をすることでもなく、富や地位を得ることでもありません。

本当に必要なことは「良質な人間関係」だというのが、米ハーバード大学「成人発達研究」の75年間もの研究で明らかになりました。

75年間に渡る“幸福の研究”から得た教訓「いい人生をつくる主要素」研究責任者の報告

転職先には、良質な人間関係のある職場を選びましょう

良質な人間関係のある職場は、企業クチコミサイトが荒れていません。

場合によっては、不満をもって辞める人がいないから、1つも書き込みがないこともありえます。

気になる職場を見つけたら、口コミサイトで企業名を検索してみましょう。

荒れていないか、もしくはほとんど書き込みがないことを、チェックしてみることをおすすめします。

転職エージェントの活用が成功への近道

転職エージェントは40代に必須のサービス

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|193人の口コミ評価でランキング

スキルに不安があるのなら、公共の転職支援サービスを活用しよう

ハローワークは心強い味方

スキルに自信がない方は、公共機関が提供している転職サービスを利用するのがおすすめです。

エリアによっても内容は異なりますが、人材紹介会社に委託している場合もあり、転職エージェントのような充実したサポートを受けられます。

各地のジョブカフェを利用しよう

公共の就職支援サービスは、各地のジョブカフェしごとセンターで実施されています。

ジョブカフェは都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設です。

厚生労働省でも、都道府県の要望に応じてジョブカフェにハローワークを併設し、職業紹介等を行うなど、都道府県と連携しながら支援に取り組んでいます。

参照:厚生労働省「ジョブカフェにおける支援」

「若者の就職支援」とありますが、政府の就職氷河期世代に対する支援策と相まって、40代の転職相談をカバーしている場合がほとんどです

各都道府県のリンク先を以下にご用意していますので、最寄りのセンターにおいて、どのような支援サービスが用意されているかを確認してみましょう。

▼各都道府県の情報をネットで調べる▼

青森県内に移住する場合のエリア情報

ここからは、筆者が暮らしている青森県への移住を考えている方に向けての情報ですが、

移住する際にどういった情報を確認しておくべきか?

という参考になるはずなので、ぜひ内容をチェックしてみてください。

◆青森県の地図

筆者は青森市に22年、八戸市に20年の在住経験があるのですが、同じ青森県内でも、エリアによって住み心地が大きく違います。

まずは、青森県の東西地方で文化が違っているということを知り、そのうえで移住先を検討していきましょう。

津軽地方と南部地方の違い

青森県は、日本海側の津軽地方と太平洋側の南部地方とで、気候や文化に違いがあります。

津軽地方と南部地方
青森の津軽地方と南部地方
緑:津軽地方 白:南部地方

Wikipediaより

津軽と南部を分けるのは、青森市の南側にそびえる日本百名山のひとつ「八甲田山」です。

筆者は社会人になると同時に、津軽地方から南部地方へと引っ越したのですが、

まるで他県に来たみたいだな…

と文化の違いに驚きました。

それぞれの違いを簡単にまとめると、以下のとおりです。

◆津軽地方と南部地方の違い

津軽地方南部地方
方言津軽弁:濁音であまり口を開かずモゴモゴと話す感じ南部弁:女性のような柔らかさをもつ
気候冬に雪が多い雪が少ないけど凍てつく寒さ
産業りんごや長芋など農業で栄える工業や漁業で栄える

文化の違いは、仕事や生活の違いに影響しますので、移住する前にそれぞれの違いについて知っておきましょう。

筆者は、雪かきを毎日しなくていい南部地方に来て、南部に住み続ける決意をしてマイホームを建てました。

朝晩2回の雪かきは、やはりすごく苦痛でしたので、「雪かきがほとんど不要」というのは魅力的な条件だったのです。

青森県の「街の住み心地」ランキングTOP3

津軽と南部の違いがある程度わかったところで、

どこに住むと住み心地がよいのか?

という客観的な情報をご紹介しましょう。

いい部屋ネットの「街の住みここちランキング」によると、青森県のトップ3は以下のとおりです。

◆街の住みここち「自治体」ランキング2020

順位自治体名偏差値
1位上北郡おいらせ町64.8
2位南津軽郡藤崎町64.7
3位弘前市60.8

住み心地のよい街1位は、南部地方にある「おいらせ町」です。

おいらせ町は、新幹線の通っている八戸市や空港のある三沢市など、交通インフラの整っている都市に近いベッドタウン。

青森県最大のショッピングモール「イオンモール下田」もあり、

  • 仕事と生活のバランスがよい

ということが、住み心地のよさにつながっているのでしょう。

青森の「住みたい街」ランキングTOP3

一方で、青森県に住んでいる人たちは、どこの街に住みたいと感じているのでしょうか?

いい部屋ネットの「住みたい街ランキング」によると、青森県のトップ3は以下のとおりでした。

◆住みたい街「自治体」ランキング2020

順位自治体名得票率
1位弘前市2.4%
2位青森市1.7%
3位八戸市1.6%

住みたい街としてはベッドタウンよりも、弘前市、青森市、八戸市といった大きな街が人気です。

  • 大きな企業があり通勤時間が短い
  • 保育園や学校の選択肢が充実している

上記のような利点があるからかもしれませんね。

筆者も5人家族で八戸市に住んでいますが、通勤・通学のしやすさはかなりの利点です。

お子さんがいるなら、大きな街のほうがいいでしょう。

大東建託のニュースリリース資料では、住み心地の因子別のランキングなども確認できます。

ご自身に合った「住みよい街」を見つけるために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

青森県が実施している移住者支援

ここでは、「移住者がどんな支援を受けられるのか?」についてご紹介します。

多くの地方自治体では、都市圏から地方への移住を推奨する施策を行っていますので、利用できる支援制度は活用していきましょう。

青森県公式の移住支援サイト

まずは、青森県企画政策部地域活力振興課が運営しているサイトをご紹介します。

情報量の多いサイトなので、「どこから見たらいいのか?」と悩むかもしれませんが、そんなときは、以下のHow-toページから確認してみましょう。

移住するには?|青森暮らしへの4STEP

ステップにそって情報を集めながら家族とも対話し、「情報の準備と心の準備」を整えていってください。

青森の仕事は「Aomori Job」で情報収集

続いては「職」の情報ですが、転職サイトでいきなり具体的な求人を探すのではなく、まずは自治体のホームページで情報収集してみましょう。

青森県商工労働部が運営する「Aomori Job」では、万人向けに広く浅くで情報発信されているので、広く全体的な視点で情報収集がしやすいです。

移住支援金と交通費助成について

2020年10月時点の情報ですが、東京圏から青森への移住・就業者に対して、支援金を支給する事業をおこなっています。

東京圏から青森への移住・就業で、最大100万円を支給します!~あおもり移住支援事業~

青森県が運営するマッチングサイト、「Aomori Job」に掲載している対象求人に就業した方を対象に、

  • 世帯での移住の場合:100万円
  • 単身での移住の場合:60万円

上記を移住支援金として支給するというものです。

“予算がなくなり次第”で受付終了とのことなので、いつまで実施されているかはわかりませんが、東京圏からの移住を検討している方は留意しておきましょう。

また、青森県内の企業への採用試験や面接を受けるにあたって、交通費や宿泊費を要した場合は、交通費の助成を受けることができます。

まとめ:地方移住の転職で失敗しないために

今回は、地方への移住を考えている方に向けて、

  • 地方移住の転職は「副業ありき」で考えるべき
  • 地方移住の転職活動で押さえておきたいポイント
  • 青森県への移住を考える方に向けて、移住のためのお役立ち情報

上記についてご説明しました。

地方移住での転職は年収減の可能性が高いので、オンライン副業でカバーできるようにすることが、移住に失敗しないための秘訣です。

転職先には、副業OKの人間関係が良い職場を探しましょう。

多くの地方自治体では、都市圏から地方への移住を推奨する施策を行っています。

自治体が運営するサイトで、移住に必要な情報や支援制度をチェックしてくださいね。

筆者はココナラというサイトで、転職のサポートもおこなっています。

転職に悩まれている方は、最長で3ヶ月、就職が決まるまでサポートしますので、お気軽にダイレクトメッセージでお声がけくださいね。

もしご縁があって、青森に移住されるようなら、コロナの落ち着いたときにお会いできたりしたら嬉しいですね。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

地方移住で失敗しない転職の進め方とは?青森の暮らし・仕事情報もご紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、青森県在住。大手ポータルサイトを運営する企業に10年以上勤めています。マネジメントのためにストレングスファインダーや心理学を独学で勉強しているうちに、占い師的な扱いをされるようになった3児のパパです。

目次
閉じる