40代の転職でブランクがあると望み薄?採用側の目線で対策を解説します

40代で転職を考える人のなかには、事情があって、

前職を辞めてからブランクがあるんだけど…

こういった状況のなかで、転職活動を進めなければならないケースもあるかもしれません。

しかし、ブランクの理由が面接官を納得させられるものでなければ、

なかなか就職が決まらないかもしれない…

このように悩んでいる人も多いはずです。

そこでこの記事では、40代でブランクのある転職活動をおこなう方に向けて、

上記の内容について、人事歴20年以上の筆者の目線で解説していきます。

この記事を読んでいただければ、ブランクのある転職が、ネガティブにとらえられるだけではないということが、きっとお分かりいただけるはずです。

ぜひ参考にしてください。

目次

40代のブランクあり転職は本当に厳しいのか?

40代でブランクのある転職活動は、どんな理由であれ、多少厳しくなることは仕方がありません。

なぜなら人事担当者は、ブランクができた原因よりも、

人事担当者

ブランクによって仕事の勘が鈍っているのではないか?

このような懸念を持っているからです。

では応募者のブランクについて、採用担当者がどのように考えているのか、詳しく掘り下げて見ていきましょう。

どれくらいの期間からブランクと見られるのか

ブランクの期間が2~3ヶ月という人もいれば、1年以上という人もいるかもしれませんね。

ただ、企業側がブランクをネガティブに捉えてしまうボーダーは、おおよそ8ヶ月程度といわれています

これには理由があって、前職を自己都合で退職した場合に、失業給付を受給できる最長期間が、待機期間3ヶ月を含めて8ヶ月となるからです。

ブランク期間がそれ以上にあると、

採用担当

仕事の勘が鈍っているのではないか?

このように懸念されて、ブランク期間のことを深く突っ込まれる可能性が出てきます。

もし、あなたのブランクが8ヶ月以上ある場合は、

すぐに仕事の勘を取り戻して、一線で活躍できます!

ということを、しっかりアピールしていく必要があるでしょう。

ブランクの理由によっては不利にならないことも

ブランクの理由として、以下のような場合はやむを得ないと判断されますので、ブランクが不利になることはありません。

選考の不利にならないブランク理由
  • 家族の看病をしていた
  • 自身が病気を患っていた
  • 難関資格の取得に向けて勉強していた

家族の看病をしていた場合

家族の看病については、必要に迫られれば逃れることができませんので、ブランクがあっても、ネガティブにとらえられることはありません。

自身が病気を患っていた場合

自身の病気については、ブランクをネガティブ視はされませんが、

採用担当

これから仕事をしていくうえで、体調は問題ないのかな?

という懸念を持たれる可能性はあります。

難関資格の取得に向けて勉強していた場合

資格取得については、資格が取得できていれば、ブランクがあっても逆に評価が高まるでしょう。

しかし、資格取得に至らなかった場合は、ネガティブにとらえられる可能性があります。

具体的なブランクの対策方法

特別な理由がないかぎりは、やはりブランクはネガティブにとらえられることが多いです。

ここでは、少しでもうまく転職活動を進めるための、ブランク対策をご紹介します。

ただしそうはいっても、不採用という結果を人より多くもらう可能性は高いので、結果は真摯に受け止めて、一喜一憂することなく、心を切り替えて転職活動にのぞみましょう。

転職エージェントの活用が不可欠

ブランクがある場合は、自分だけで転職活動を進めようとすると厳しい部分もあります。

ですので、転職エージェントの活用を視野に入れましょう。

転職エージェントは、さまざまな事情を持った、幅広い年齢層の転職をサポートしてきた経験がありますから、ブランクがある人の転職サポート実績も十分にあるはずです。

さまざまなサポート実績にもとづいたノウハウを用いて、

  • 自分ではうまく伝えづらいブランクの理由
  • アピールするべき点

上記についてうまく説明してくれるでしょう。

たとえブランクがあったとしても、これまでに求人企業と築いてきたパイプを武器に、人事担当者に切り込んでくれるのが、転職エージェントを利用する最大のメリットです

転職エージェントを利用して、ブランクによるハンデをできるだけ取り除いてもらいましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|179人の口コミ評価でランキング

行きたい企業より働ける会社を優先する

転職する際は、年収などの労働条件や休日など労働環境など、いろいろと希望条件を検討するはずです。

もちろん、希望条件に近い企業へ転職することが最良ですが、なかなか就職が決まらない状況となった場合は、

行きたい企業よりも、働ける企業への転職をまずは目指してみる

ということも一つの方法です。

妥協するなんて納得がいかない…

このように感じるかもしれませんが、いったん就職することでブランクを解消できますし、その仕事がマッチするかもしれません。

もし転職先でうまくいかなくても、次の転職活動では、ブランクを気にすることなくのぞめます。

もちろん、妥協せずに頑張ることも一つの方法ですが、

  1. 働ける会社にいったん就職する
  2. 再度の転職を視野に入れて、経験やキャリアを積むことに徹する

このようなステップを踏んで再転職するのも、選択肢の一つとなるでしょう。

▼あわせて読みたい記事▼

まとめ:諦めずにブランクの壁を乗り越えよう!

今回は、40代でブランクのある転職活動をすることについて、人事担当者の目線でお話ししてきました。

ブランクが長くなるほど、転職を目指す40代にとっては、厳しい状況に置かれることは間違いありません。

しかし、今ではどの企業も人材が不足していて、採用のハードルが下がっていることも事実なのです。

たとえブランクがあったとしても、これまで築いてきたキャリアを地道にアピールしていけば、そこに目をつけてくれる企業が必ず現れるはずです。

不採用という結果をもらい続けると、心も沈みがちになるかもしれませんが、多くの企業にチャレンジし続けることで、現状を打開することができるでしょう。

最後まで諦めずに頑張ってください。

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる