転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら
4.0 ( 1 )

40代でブランクありの再就職は厳しい?採用担当が語る解決策とは

40代で転職を考える人のなかには、事情があって、

前職を辞めてからブランクがあるんだけど…

こういった状況のなかで、転職活動を進めなければならないケースもあるかもしれません。

しかし、ブランクの理由が面接官を納得させられるものでなければ、

なかなか就職が決まらないかもしれない…

このように悩んでいる人も多いはずです。

この記事では、40代でブランクのある転職活動をおこなう方に向けて、ブランクの具体的な対策方法などを採用担当者の目線で解説しています。

最後までお読みいただければ、ブランクのある再就職が、ネガティブにとらえられるだけではないということが、きっとお分かりいただけるはずです。

ぜひ参考にしてください。

目次
この記事の執筆者
KTOY

KTOY

40代男性、大阪府在住。某メーカーの総務部に勤務しています。総務・人事・労務の仕事を20年程経験しており、実務的でわかりやすい情報発信を心掛けます。

40代でブランクあり。再就職は本当に厳しいのか?

40代でブランクのある転職活動は、どんな理由であれ、多少厳しくなることは仕方がありません。

なぜなら人事担当者は、ブランクができた原因よりも、

人事担当者

ブランクによって仕事の勘が鈍っているのではないか?

このような懸念を持っているからです。

では応募者のブランクについて、採用担当者がどのように考えているのか、詳しく掘り下げて見ていきましょう。

どれくらいの期間からブランクと見られるのか

ブランクの期間が2~3ヶ月という人もいれば、1年以上という人もいるかもしれませんね。

ただ、企業側がブランクをネガティブに捉えてしまうボーダーは、おおよそ8ヶ月程度といわれています

これには理由があって、前職を自己都合で退職した場合に、失業給付を受給できる最長期間が、待機期間3ヶ月を含めて8ヶ月となるからです。

ブランク期間がそれ以上にあると、

採用担当

仕事の勘が鈍っているのではないか?

このように懸念されて、ブランク期間のことを深く突っ込まれる可能性が出てきます。

もし、あなたのブランクが8ヶ月以上ある場合は、

すぐに仕事の勘を取り戻して、一線で活躍できます!

ということを、しっかりアピールしていく必要があるでしょう。

ブランクの理由によっては、不利にならないことも

ブランクの理由として、以下のような場合はやむを得ないと判断されますので、ブランクで不利になることはありません。

選考の不利にならないブランク理由
  • 家族の看病をしていた
  • 自身が病気を患っていた
  • 難関資格の取得に向けて勉強していた

家族の看病をしていた場合

家族の看病については、必要に迫られれば逃れることができません。

ですから、ブランクがあっても、ネガティブにとらえられる可能性は低いでしょう。

自身が病気を患っていた場合

自身の病気については、ブランクをネガティブ視はされませんが、

採用担当

これから仕事をしていくうえで、体調は問題ないのかな?

という懸念を持たれる可能性はあります。

難関資格の取得に向けて勉強していた場合

資格取得については、資格が取得できていれば、ブランクがあっても逆に評価が高まるでしょう。

しかし、資格取得に至らなかった場合は、ネガティブにとらえられる可能性があります。

具体的なブランクの対策方法

特別な理由がないかぎりは、やはりブランクはネガティブにとらえられることが多いです。

ここでは、少しでもうまく転職活動を進めるための、ブランク対策をご紹介します。

ただし、不採用という結果を人より多くもらう可能性は高いので、結果は真摯に受け止めて、一喜一憂することなく、心を切り替えて転職活動にのぞみましょう。

転職エージェントを活用する

ブランクがある場合は、自分だけで転職活動を進めようとすると厳しい部分もあります。

ですので、転職エージェントの活用を視野に入れましょう。

転職エージェントは、さまざまな事情を持った、幅広い年齢層の転職をサポートしてきた経験がありますから、ブランクがある人の転職サポート実績も十分にあります。

さまざまなサポート実績にもとづいたノウハウを用いて、

  • 自分ではうまく伝えづらいブランクの理由
  • アピールするべき点

上記についてうまく説明してくれるでしょう。

たとえブランクがあったとしても、これまでに求人企業と築いてきたパイプを武器に、人事担当者に切り込んでくれるのが、転職エージェントを利用する最大のメリットです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントを利用して、ブランクによるハンデをできるだけ取り除いてもらいましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

行きたい企業より働ける会社を優先する

転職する際は、年収などの労働条件や休日など労働環境など、いろいろと希望条件を検討するはずです。

もちろん、希望条件に近い企業へ転職することが最良ですが、なかなか就職が決まらない状況となった場合は、

行きたい企業よりも、働ける企業への転職をまずは目指してみる

ということも一つの方法です。

妥協するなんて納得がいかない…

このように感じるかもしれませんが、いったん就職することでブランクを解消できますし、その仕事がマッチするかもしれません。

もし転職先でうまくいかなくても、次の転職活動では、ブランクを気にすることなくのぞめます。

もちろん、妥協せずに頑張ることも一つの方法ですが、

  1. 働ける会社にいったん再就職する
  2. 再度の転職を視野に入れて、経験やキャリアを積むことに徹する

このようなステップを踏んで再転職するのも、有効な選択肢の一つです。

人手不足で採用されやすい仕事を狙ってみましょう。

まとめ:諦めずにブランクの壁を乗り越えよう!

今回は、40代でブランクのある方が転職活動をすることについて、人事担当者の目線でお話ししてきました。

ブランクが長くなるほど、再就職を目指す40代にとっては、厳しい状況に置かれることは間違いありません。

しかし、今ではどの企業も人材が不足していて、

採用のハードルが下がっている

ということも事実です。

たとえブランクがあったとしても、これまで築いてきたキャリアを地道にアピールしていけば、そこに目をつけてくれる企業が必ず現れるでしょう。

不採用という結果をもらい続けると、心も沈みがちになるかもしれません。

しかし、多くの企業にチャレンジし続けることで、現状を打開することができるはず。

最後まで諦めずに頑張ってください。

▼この記事の満足度をお聞かせください▼

4.0 ( 1 )

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

40代男性、大阪府在住。某メーカーの総務部に勤務しています。総務・人事・労務の仕事を20年程経験しており、実務的でわかりやすい情報発信を心掛けます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から3~4社ほどに登録しておきましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣を利用するメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣を利用するメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

紹介予定派遣の詳細、おすすめの派遣会社はこちら

目次