40代男性の転職

【46歳男性の転職】ブランクが5年あっても再就職はできるのか?

5年もブランクがあるが、はたして転職できるのだろうか…

このように悩んでいる方はいませんか?

たとえブランク5年あったとしても、応募条件さえ満たせれば採用される可能性はあります。

なぜなら、選考する企業はお金も時間もかかるからです。

ただし可能性があるというだけで、企業側の心配ごとを解決できなければ、もちろん不採用になります。

5年のブランクがある40代転職者に対して、企業側が心配することは以下の3つです。

  • ブランクの理由が正当なものか?現在は解決しているのか?
  • 5年のブランクによる衰えはないのか?
  • 40代という年齢からくる劣化はないか?

本記事では、上記3つの企業側の心配ごとを解決する方法をご紹介します。

これさえ解決できれば、40代でブランクが5年あっても、希望の企業へ再就職することができるはずです。

この記事を書いている筆者は、2017年夏に当時46歳で再就職に挑戦しています。

病気でブランク5年」という経歴であったのですが、誰もが知る有名企業4社の求人に応募して、3社の書類選考を通過しました。

そのうち2社の面接に行って、2社から「採用したい」と連絡をいただけたのです。

これほどの結果が出たのは、どうしてだと思いますか?

すべてお話しします。

転職を果たすために、最大限の準備をしよう

転職を果たすための最善は何かと考え、リサーチをして実践していきましょう。

ブランク5年から一流企業の正社員になるのは、当然ながら容易ではなく、それ相応の準備が必要となります。

コピペした応募書類を送って通過するような甘いものではなく、最低でも企業のホームページを熟読しておくべきです。

大手企業のホームページは相当なボリュームですが、その程度の努力を惜しむのなら、合格するのは不可能といえるでしょう。

またホームページだけではなく、本社や営業所へ見学に行くのもいいかもしれません。

筆者は第一志望の会社については、仕事現場を何度も見に行きましたし、営業所にも本社にも足を運びました。

そのなかで気づいたことを、面接で伝えることができたので、採用される要因になったと思っています。

5年のブランクには正当な理由が必要です

病気、ケガ、出産、育児、介護、就活の長期化など…

上記のように、ブランクの理由はさまざまでしょう。

誰もが何かしらの理由で働けなくなる可能性はありますし、それがちょっと長くなっただけのことです。

これは企業側も理解していますから、正当な理由があれば、「即不採用」ということにはなりません。

しかし、マイナス評価の要因であることは間違いないのです。

筆者の場合は病気だったので、完治してしまえば問題ないといえますが、それでもやはり、大きなマイナス評価を背負って戦うことになりました。

企業が「正当な理由ではない」と判断するのは、例えばニートです。

だるいのでニートをしてました

さすがに、こんなふうに履歴書に書く”お馬鹿さん”はいないでしょう。

しかし、留学、資格やスキルの勉強、自分探しの旅などは、「だるいからニートでした」と同じ扱いになる可能性があります。

成果をわかりやすく示す必要があると心得ましょう。

「うつ病」は口に出してはいけない

どの企業もうつ病には神経質になっていますので、仮にそうであっても、うつ病を正直に言うことはNGです。

筆者はうつ病ではなかったのですが、企業から念を入れて確認されました。

ただ、ブランクの理由が病気であっても、診断書の提出を求められたりはしませんので安心してください。(入社前に健康診断はあります)

大きな病気にかかってしまうと、それに伴って「うつ症状」が出ることはよくあることです。

でもそれで精神科に通ったという話も、絶対にしてはいけません。

うつの話が出たら笑い飛ばしましょう。

企業が求めているのは「長く働ける人材」

長く働いてくれる人材がほしい

企業が求めているのは、まさにこれだといえます。

求人 → 採用 → 研修 → 配属

上記の過程で、企業側にはたくさんの経費が掛かりますので、すぐ辞めてもらっては困るのです。

採用決定後に、人事部の人と会話する機会があったので、筆者に求められていることについて尋ねてみました。

とにかく長く働いてほしい

人事部の方はこのように強調されていました。

成果はボチボチでも、長期に安定して成果を出す人材が好まれるようです。

筆記試験であきらめてはいけない

筆記試験が全然できなくても、受かる可能性はあります。

筆者が受けた第一志望企業の筆記試験はとても難しく、30点とれたかどうかという出来でした。

あまりの出来の悪さに、試験の途中で逃げ出したい気持ちになったくらいです。

なんとかやり遂げて、そのまま一次面接に入ったのですが、採点された出来の悪い答案がテーブルに置かれた状態で、面接官からの質問に答えます。

とてつもなく居心地の悪い面接でした…

筆者は不採用になると感じたので、笑顔は引きつって、疲労感が顔に出ていたと思います。

しかし、精神的に追い込まれた状態のなかでも、最善をつくして面接にのぞみました。

ただそうはいっても、

さすがに不採用だろう…

このように観念して、翌日からは気持ちを切り替えて、他社の面接に備えて準備をしていたのです。

そんななかで一次面接通過の連絡が来たので、さすがにこれは予想外で驚きました。

いま思うと、あれは圧迫面接の一種だったのかもしれません。

何がどうなるかわかりませんから、結果が出るまでは、あきらめずに最善を尽くしましょう。

面接では普段のコミュニケーション力は関係ない

面接時に必要となるコミュニケーション力は、会社や学校で周囲と仲良くできる能力とはまったく違います。

なぜなら面接とは、想定される質問に対して、相手が求める回答をする場所だからです。

実際のコミュ力が高いか低いかは関係なく、どれだけ面接の準備をしたかで決まります。

筆者は鏡の前で5日間、毎日5時間ほど面接の訓練しました。

想定される質問に対して、10秒・60秒・180秒の3パターンで回答ができる準備をしておきましょう。

とくにブランクについての質問は、最重要な項目で必ず質問されますから、最大限の準備をしてください。

5年のブランクから再就職を果たす方法とは

企業にとって、応募者の経歴にブランクがあるのは、明らかなマイナス評価となります。

無職の社会的評価はゼロであり、クレジットカードも作れませんし、アパートも借りられないのです。

まずはこの評価を変えていかないことには、再就職することは叶いません。

ブランクのマイナスをプラスに変える

ブランクのマイナスを、小さくしようという発想はやめましょう。

それではいくら頑張ってもゼロにしかなりませんし、ゼロでは採用されるのは難しいです。

まず最初に、

ブランクをプラスに変える

このような発想を持ちましょう。

ブランクは人生経験を豊富にする期間であるともいえるし、挫折を経験して成長できたともいえる。

困難を乗り越えるプロセスを学んだともいえるし、働くことの素晴らしさを知ったともいえます。

筆者の場合はブランクに対して、

挫折から多くのことを学び、ブランクがあったからこそ成長した

このようなアピールをしました。

成長のストーリーを作る

ブランク中のできごとを、わかりやすいストーリーとしてまとめましょう。

ブランクについては、職務経歴書にも書かなければならないですし、面接でも必ず質問されます。

ブランクの期間を、どのようにしてプラスのストーリーに変えられるか?

上記が最重要の事項であることを認識してください。

筆者の場合は、「挫折→努力→成長」というストーリーを作りました。

さらに今も成長途中で、この先の成長を予感させる話になれば、間違いなくブランクをプラスにできると考えたのです。

40代ともなれば、成長どころか劣化していく可能性の方が高いでしょう。

そんななかで成長しているというストーリーは、多少なりとも面接官の心を揺さぶることができるはずです。

実際に、筆者が面接で語った成長のストーリーは以下のようなものでした。

わたしは病気療養中も、現場に復帰するために出来ることはないかと、常に考えて行動してきました。

発病初期は落ち込みましたので、メンタルトレーニングや瞑想をして、心のケアに全力を注ぎました。

体が動かせるようになるとアルバイトをしました。

この時も現場に復帰することを常に意識していたので、体力の要求されるアルバイトを選び、1年間継続して勤務しました。

さらに筋トレとランニングも1年間毎日行ってきました。

これらは現在も継続中で、今朝も走ってから来ました。

この5年のブランク中に、折れない心と継続する力を得ました。

これらが今後の人生で必ず役立つと確信しています。

話に真実味を持たせる

面接は「嘘つき大会」とも言われていますから、

口だけでは信用できない

これが面接官の本音でしょう。

ブランク中に勉強していたことや、スキルを磨いていたことをいくら強調しても、本当かどうかわかりません。

そして、それを証明する場は面接では与えられないのです。

しかし、毎日ランニングと筋トレしていたのが本当か嘘かは、身体つきを見れば一目でわかります。

ひとつの真実を見せることによって、全体に真実味が増すのです

職務経歴書のなかで、盛大に盛った成果や実績なども本物に見えてくるでしょう。

もちろん成長のストーリーも、輝きが増すことは間違いありません。

まとめ:5年のブランクをプラスに変えれば、転職することはできる

今回は、筆者の実体験をもとに、5年のブランクでも転職する方法についてお話ししました。

40代でブランクが5年あっても、再就職することは可能です。

ブランクのマイナス評価を、プラス評価に変えていきましょう。

5年のブランクを、プラス評価に変える方法は以下のとおりです。

  • ブランク中の成長ストーリーを作る
  • ストーリーの真実味を出す

長期ブランクから再就職しようという方は、最高のストーリーを作って、就活に挑んでください。

真実味を出すためには、もちろん努力が必要ですし時間もかかります。

しかし現在ブランク中の方なら、無職またはフリーターで、たくさんの時間があるのではないでしょうか。

転職の準備や対策で、ブランク期間が多少伸びたとしても、プラスに変えてしまえば再就職には影響ありません。

最高の転職を果たされることを願っています。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
nakanaka
40代男性、神奈川県在住。病気療養5年から再就職を果たすもわずか1年で退職。現在はフリーランスの建築士。散歩が趣味で気づくと数十キロ歩いてしまうこともあります。

関連コンテンツ