47歳で転職するのは厳しい?正しい準備をすれば転職は可能です

どうすれば、うまく転職活動ができるのだろうか?

このような、不安な気持ちでいる40代の方も多いでしょう。

ただ、就労期間は以前よりも長くなっていますから、40代といえども、キャリアパスを修正することは可能です

たとえ47歳であっても、

自分だって、まだ輝くことはできるはずだ!

このように考えて転職することは、不可能なことではありません。

筆者の場合は、転職エージェントとうまく付き合うことで、47歳の転職に成功しました。

転職エージェントを活用すると、自分一人では収集できない各企業のニーズを収集して、整理された情報を提供してもらえます。

時間の節約につながりますし、情報ソースとしても、非常に有益な価値がありました。

この記事では、筆者が47歳で転職したときの体験談をお話しします。

あなたと意中の企業とのご縁ができますように、何かのご参考になれば幸いです。

目次

47歳が転職するために準備したこと

40代になって、自分のキャリアもある程度はでき上がってきたものの、

まだまだチャレンジできるのではないか?

このように思うことや、いまの状況に少なからず不満もあったりするでしょう。

筆者にも、

残りのサラリーマン生活を充実させたい!

という思いがあり、転職を決意したのです。

思い立ってからまず始めたこと

筆者が転職を決断したのは、47歳とかなり遅めのタイミングでした。

若いころに単独で海外に渡って、現地でスキーインストラクターや建築設計などを経験。

帰国してからは、外資系企業でセールスエンジニアとして、幾つかの会社で勤務してきましたが、一般的にはあまり綺麗な経歴とはいえません。

そもそも私のような経歴で、転職できる需要があるのだろうか?

こういった不安な気持ちが湧いてきます。

やみくもに活動するよりも、自分の経験が活かせそうな企業に絞って、しっかりアピールしていくことを考えました。

まずは転職エージェントに登録してみる

採用する側としても、多忙な中で選考作業に手を取られることを避けるため、転職エージェントを活用する企業が増えています。

以前と異なって、転職エージェントなどのサイトを見ていると、今は40代でも需要は十分にあるようです。

ですので、意中の企業に会うために、まずは転職エージェントに登録してみました。

ただし、転職エージェントに任せきりにするだけでは、転職を成功させることは不可能です。

キチンと経歴を振り返って、自身の強みを活かせる方向性を、客観的な視点をもって定めなければなりません。

40代におすすめの転職エージェントはこちら

転職が決まるまでは、苦難の連続で心が折れそうに…

筆者は転職活動をするにあたって、

次の職場が決まるまでは、仕事を辞めないようにしよう

このように決めていました。

もし、筆者が採用する側の立場であれば、応募者が無職の状態であったのなら、

なぜ仕事を続けれなかったのだろう?

なにか問題があるのでは?

といったネガティブな印象を持ってしまうでしょう。

無職であることで、不必要に評価を下げてしまいかねないのです

企業側にマイナスイメージを与えてしまっては、せっかく長所をアピールする機会に、悪影響を及ぼしてしまいます。

避けられるマイナスポイントは、できるだけ取り除くように気を使いました。

働きながら転職活動するのは大変すぎる?成功させる7つの秘訣とは

転職エージェントを活用して、自身のキャリアを客観的に棚卸しする

筆者は転職活動を始めて、すぐに転職エージェントにコンタクトを取りました。

40代の転職活動は、とにかく孤独になりがちなもの

とくに筆者の場合は、自身の意思で単独でカナダに渡航して、現地で就労していたという変わった経歴です。

書類選考を通過するのも、簡単なことではありませんでした。

年齢的にも経歴的にも、選考で不利になることは認識していましたが、やはり実際に体験してみると、気が滅入ることが多かったです。

そんなときに相談に乗ってもらえるが、転職エージェントのコンサルタントであり、

  • 応募書類の書き方
  • 面接の対策

上記のようなサポートをしてもらいながら、二人三脚で転職活動を進めることができます。

ただ一方で、コンサルタントとの相性が、いまいち合わなかった転職エージェントもありました。

やはりコンサルタントにも、業界の得手不得手があります

同時にいくつかの転職エージェントに登録をしながら、見極めていく必要があるでしょう。

コンサルタントの方も、いろいろな業種にアンテナを張ってはいますが、実務を通じての経験値という点では、こちらの方に一日の長があるのは当然です。

転職エージェントに頼るだけではなく、自分なりに企業研究をして意中の企業を探し、募集が無いか探していく必要があります。

転職の企業研究って何をすればいいの?2つの目的と攻略方法を解説

また、転職活動をするなかで、

  • これまでの自分が、どんな実績を積んできたのか?
  • どんな能力を発揮してきたのか?

上記について改めて考えて、コンサルタントの意見をもらいながら、「キャリアの棚卸し」をしていきました。

気が滅入ったときに、信頼する人たちから得られたもの

転職活動中にうまく行かないことが続くと、どうしても気が滅入ってしまうものです。

そこで、落ち込んでしまったときは、海外の元同僚などの信頼のおける人に、

転職活動中で仕事を探しています

このような話をしてみました。

そうすると、企業への推薦状を書いてもらったり、すでに転職をした元同僚からは、

ウチの上司が面接をしたいと言っているよ

というような話をもらえたり、徐々に色々な情報が入ってくるようになったのです。

転職活動中は、誰にも話せずに孤独を感じてしまい、気ばかりが焦ってしまうかもしれません。

しかし、いろいろな人に、

自分は、仕事を探しています!

と知ってもらうことで、コンサルタントでは気がつけない、業界の生きた情報が得られます。

積極的に誰かと話をすることで、気分的にもずいぶんと楽になりました。

転職活動のなかで学んだこと

40代の転職は、楽なものではないとは認識していましたが、実際は思った以上の難しさを感じました。

転職エージェントのコンサルタントから紹介された案件で、希望業界とは異なるものの、とりあえず受けてみたことも…

しかし業界に精通していないので、ぎこちない面接になってしまい、面接後にはコンサルタントから返答が来なくなったケースもありました。

転職エージェントからすれば、企業が望む人材を入社させて幾らの商売ですから、決まりやすい人に時間を割くのは、やむを得ないことでしょう。

また、選考する側の意向としても、できれば長く雇用できる人の方がよいものです。

ですので、40代で転職するにしても、やはり40代後半よりも前半である方が、期待値が高くなるのは間違いありません

ネガティブな理由では、40代の転職は厳しいものになる

もしあなたに、

専門性 / 管理能力 / 語学力など

上記のような、グローバルに働くためのスキルがあるのなら、40代でも十分に転職はできるでしょう。

また、たとえ異業種だとしても、今まで経験してきたスキルを活かせる関連性があるのなら、転職することは可能です。

しかしながら、

  • 現職の不満を解消したい
  • 給与や肩書にこだわりがある

こういった理由で転職を考えているのであれば、転職するのは厳しいかもしれません。

人間関係や仕事内容に不満があったとして、もし転職先で同じ状況に直面した場合、また転職を考えるのでしょうか?

面接官は、前向きで積極的な人材を採用して、企業を活性化させることを望んでいます。

何百人もの人と接してきた面接官からすれば、あなたがネガティブな理由で転職をしようとしているのなら、言動や表情からわかってしまうでしょう。

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

働きながら、あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこで40代の転職活動では、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用してみましょう。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|193人の口コミ評価でランキング

おわりに:47歳で転職するために必要なこと

転職活動は困難なものでしたが、さまざまな試行錯誤や行動をすることで、徐々に話が進むようになりました。

いくつかの企業からお誘いを受けるようになり、最終的には自身で応募した企業に、お世話になることを決めています。

振り返ってみると、自分の経験を具体的に話して、やはり伝わりやすいのは同業か近い業界の会社です

採用する側の意向をくんで、

自分を採用するとしたら、どんな効果を企業に与えることができるのか?

ということを考えると、より良いアピールができるでしょう。

また、転職活動には膨大なエネルギーと神経を使います

重要な場面で全エネルギーを費やせるように、体調管理に気を付けて、心身ともに健康状態を保つようにしてください。

あなたの転職活動が成功することを願っています。

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

40代男性の転職体験談について、以下の記事でご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代男性の転職体験談はこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

40代男性、千葉県在住。大学を卒業後、一度はサラリーマンになるも、退職し当てもなくカナダへ渡る。カナダでスキーインストラクターや建築設計に従事し、8年ほど滞在の後に帰国して、現在はメーカーでセールスエンジニアをしています。

目次
閉じる