dodaは40代でも活用できる?利用者の評判や特徴を解説します

dodaは40代でも活用できる?利用者の評判や特徴を解説します

(執筆:Rika2010start

  • 40代の転職でdodaって活用できるのかな?
  • dodaのエージェントサービスは、転職サイトとどう違うの?
  • リクルートと比較して、dodaって何が違うの?
  • 実際の利用者の評判ってどうなんだろう…

本記事では、こういった疑問にお答えしていきます。

doda(デューダ)はパーソルキャリアが運営する大手転職サイト。

ひとつのサイトで、転職サイトとエージェントサービスの両方を利用できるのが特徴です。

この両方のサービスを併用できるのが、40代には大きなメリットになるので、ぜひ登録しておきましょう。

\ 登録は無料。電話での面談もOK /

無料登録後もお金は一切かかりません

この記事では、大手転職エージェントに長年勤めてきた筆者が、dodaの特徴と活用方法について詳しく解説しています。

dodaを利用した40代転職者のリアルな声もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

40代におすすめの転職エージェントは「おすすめの転職エージェント6選」にてご紹介していますので、あわせてご確認ください。おすすめの転職サイトは「おすすめの転職サイト11選」の記事でご紹介しています。

目次

dodaとは、どんな転職サービスなのか?

doda公式ページはこちら

【コロナ禍での取り組み】

現在、キャリアカウンセリングは原則「お電話」で実施させていただいております(一部、オンラインカウンセリングも含む)。

doda公式サイトより

dodaは求人数が常に10万件ちかくある転職サイトです。(2021年2月調べ)

この数はリクナビNEXTマイナビ転職などと並んで、トップクラスの件数となっています。

dodaを運営するパーソルキャリアとは

dodaを運営するパーソルキャリアという会社で、グループの母体であるパーソルホールディングスは、人材業界国内第2位の売上を誇る大手企業です。

現在、dodaの登録者数は約587万人(※)であり、求人数は非公開求人を含めると10万件以上と、幅広い業種・職種かつ全国の求人を取り扱っています。

※2020年12月末時点。参照:求人広告代理店ONE

業界1位のリクルートホールディングスには及ばないものの、トップクラスのシェアを誇る、日本を代表する人材会社のひとつといっても過言ではありません。

サービス規模はもちろんのこと、情報セキュリティの確保にもきちんと取り組んでいるので、安心して利用することができる転職サービスです。

転職サイトとエージェントサービスの両方を利用できる

dodaには、転職サイトとエージェント機能の2種類のサービスが存在しており、

  • 自分で求人をチェックして応募する
  • エージェントから紹介してもらって、求人に応募する

ひとつのサイトで上記の両方の使い方が可能です。

転職サイト機能
  • 掲載されている求人のなかで、気に入ったものがあればWeb上で直接応募できる
  • 面談~内定までは、自分が直接企業とやりとりをする必要がある
転職エージェント機能
  • キャリアアドバイザーなどの担当者が、応募者(登録者)と企業の間に入ってくれる
  • 書類作成や面接対策、入社までのフォローを受けられる
  • サイト機能では見られない非公開求人の閲覧が可能

例えばリクルートの転職サービスであれば、

こんなふうに別名でサービス提供しており、Webサイトも別々に構築されています。

これはマイナビでも同様です。

しかし、dodaの場合はひとつのサイトに統合されており、同じアカウントで両方のサービスにアクセスすることができます。

転職サイトとしてのdodaの特徴

ここでは、dodaを転職サイトとして利用する場合に、どのような特徴やメリットがあるのかご紹介します。

独自案件が多い

dodaは他の転職サービスで取り扱っていない求人も多く扱っており、3~4万件ある非公開求人のほとんどは、dodaの独自案件となっています。

doda独自案件を狙うメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 応募数が限定されるので、競争率が低くなる
  • dodaと長年提携している企業のため採用率が高い
  • 他サイトにはない好条件求人が見つかる可能性がある

やはり40代の場合は、若い人との競争になるとちょっと分が悪いですよね…

もちろん「経験」という武器があるのですが、企業側ニーズとよほどのマッチングがないと、

採用担当

20~30代の人を採用したい

このように考える企業がやはり多いのです。

しかしdoda独自案件なら、応募数が限られたなかでの選考となるので、必然的に競争率も下がります。

IT系、ものづくり系求人が充実している

dodaの強みとして挙げられるのが、IT系やモノ作り系の求人が充実していること。

公開求人だけでも、求人数は1万件を超えています。

※SE・インフラエンジニア・Webエンジニア+ Web・モバイル(制作・開発)で検索した場合

ライバルとなるリクナビNEXTマイナビ転職でも、IT系でここまでの求人数はありません。

しかし、新規登録者の経験職種を割合でみると、販売や営業職の割合の方が多く、IT系やモノ作り系の登録者はそれほど多くないのです。

◆doda新規会員の職種

販売サービス職21.7%
営業職18.6%
技術職(SE・インフラ・Webエンジニア)5.7%
クリエイター・クリエイティブ職3.9%
doda中途採用法人向けサイトより

つまり、dodaが得意としているIT系やモノ作り系の求人に対しては、比較的競争が少なく応募できるチャンスがあるといえます。

もちろん営業系や事務、販売の求人も十分にあるのですが、

デスクワークでとくに強みを発揮する転職サイト

というのがdodaの特徴といえるでしょう。

Webデザイナー・SE・アプリ開発などのIT系や、モノづくり系の職種を考えている方なら、ぜひdodaに登録しておくことをおすすめします。

働く人のイメージがしやすいサイト作り

dodaのコンセプトとして、”わかりやすさ”を追求しており、その方向性がサイトの作りや求人情報欄にも表れています。

  • 実際に働く社員のインタビュー
  • 職場の写真を数多く掲載
  • 職場の雰囲気が伝わる取材レポート

こういった情報を通じて、求人へ応募する前に働くイメージが掴みやすいことも、おすすめポイントのひとつです。

とくに40代で転職をした場合は、

実際に働いてみたら、年下ばかりで居心地が悪い…

このようなことも少なくありません。

しかしdodaを利用すれば、あらかじめその会社の社員平均年齢を調べることができます

検索機能のなかに含まれているので、40代にチェックを入れれば、40代の人が多く働いている企業だけを探すことが可能です。

平均年齢は、「20代」「30代」「40代」「50代以上」の、4つの項目から選択できます。

また、従業員数の規模も指定して選べますから、

40代が多く、従業員は100名ぐらいのところがいいな

上記のような絞り込みで企業探しができるのです。

40代でもスカウトメールが届く

dodaには「企業からのオファー」という項目があり、オファー条件を設定すると、企業からのスカウトメールが届きます。

スカウトの条件設定では、

  • 転職希望時期
  • 希望の業種や職種
  • 希望勤務地
  • 希望年収

上記について希望を設定することが可能です。

スカウトメールを送ってくる企業は、あなたの年齢も見て判断しています。(年齢は非公開にできません)

つまりスカウトメールとは、

採用担当

40代のあなたにも、ぜひ応募してほしいです

このように考えている企業からのオファーなんです。

登録している内容にもよりますが、40代でも数十件~数百件くらい、スカウトメールが届くことも珍しくはありません。

不特定多数の人に送っている企業もあるので、すべてが有効な求人とはいえませんが、40代でも魅力的な案件が、その中に含まれている場合もあるのです。

スカウトサービスを利用したい場合は、dodaの利用登録をする際に、スカウトサービスの項目にチェックをつけて申込みしましょう。

doda登録画面|スカウトサービスの利用

dodaのエージェントサービスとは?

dodaの場合は、エージェントサービスに申し込むことで、

  • エージェントから求人紹介が受けられる

ということもおすすめポイントのひとつです。

40代を積極的に採用している企業を、担当者がマッチングしてくれるので、求人探しの幅が広がります。

2つの求人紹介サービスがある

dodaには、以下の2つの求人紹介サービスがあります。

  1. キャリアアドバイザー紹介求人
  2. 採用プロジェクト担当紹介求人

キャリアアドバイザー紹介求人とは?

キャリアアドバイザー紹介求人とは、転職にまつわることを、全てアドバイスしてくれる存在です。

  • 現職中なので2ヶ月後ぐらいから就職活動したい
  • 仕事終わりに面接日を調整してもらいたい
  • 自分に向いてそうな仕事、企業を紹介して欲しい

上記のようなニーズに対して、トータルにサポートしてくれます。

採用プロジェクト担当紹介求人とは?

採用プロジェクト担当紹介求人とは、仕事内容に特化したアドバイザーで、求人にまつわる悩みや相談に乗ってくれます。

  • この求人は何人ぐらいの部署で、どんな方が仕事しているんですか?
  • 私はフォークリフトの免許を持っていないのですが、その現場では必要ですか?
  • PhotoshopとIllustratorしか使えないのですが、それ以外に必要な使用ソフトはありますか?

上記のような細かい質問にも答えてくれるでしょう。

採用プロジェクト担当紹介求人には、企業ごとに担当者がいるので、個別の案件について、より詳しくヒアリングすることが可能です

40代で転職を考える場合は、

次の転職には絶対に失敗したくない…

このような気持ちが強いですから、求人に対して細かく聞けるアドバイザーがいるのは、とてもありがたいことですね。

会員登録しただけでは、エージェントサービスは使えない

dodaのエージェントサービスを受けるためには、doda会員登録のほかに、エージェントサービスへの申し込みが別途で必要です

紹介サービスを利用したい場合は、dodaの利用登録をする際に、エージェントサービスの項目にチェックをつけて申込みしましょう。

doda登録画面|エージェントサービスの利用

その後は、dodaからの連絡を待つだけでOK。

早ければ当日に、遅くとも2営業日以内には、キャリアカウンセリングの日程相談などの連絡が、dodaからメールされてくるはずです。(電話の場合も有り)

\ 登録は無料。電話での面談もOK /

無料登録後もお金は一切かかりません

エージェントサービスをおすすめする理由とは

転職サイトのdodaとしてだけではなく、エージェントサービスの利用を筆者がおすすめする理由は、以下のようなことが挙げられます。

40代は転職エージェントの活用が成功の近道

転職活動は、新卒時の就職活動とは何もかも異なります。

したがって、スケジュールの組み方や面接対策、退職交渉といったノウハウが必要となるのです。

40代ともなれば、年齢にあった応募書類やアピールも求められますし、

どういったスキルが評価されやすいのか?

といった、転職市場の動向も掴んでおく必要があります。

転職サイトのコンテンツを読み漁ったり、転職経験のある友人に聞いただけで、自分あったアドバイスを得られるとは限りません。

転職活動で必要となるノウハウを、無料で提供してくれるのが、dodaのエージェントサービスなのです。

キャリアアドバイザーは、あなただけのパーソナルトレーナー

dodaエージェントサービスに登録をすると、専属のキャリアアドバイザーが担当してくれるようになります。

最初に実施されるキャリアカウンセリングでは、仕事上の悩みや希望条件などについて、キャリアアドバイザーが詳細にヒアリングしてくれるのです。

その際に得られるアドバイスは、あなただけに向けたものであり、非常に個別性の高いサービスといえるでしょう。

キャリアアドバイザーとは、一緒に内定を勝ち取るための、いわば「パーソナルトレーナー」のような存在なのです。

転職エージェントで受けられる7つのサービスとは

転職エージェントでは、以下のようなサービスを受けることができます。

転職エージェントの7つのサービス
  1. キャリアの棚卸
    自分の強みやPRポイントがわかるようになる
  2. 求人の紹介
    非公開求人の紹介や、仕事内容を詳細に説明してくれる
  3. 転職計画の立案
    希望入社時期から逆算したスケジュールを提案してもらえる
  4. 応募書類(職務経歴書)
    作成アドバイス: 通過率を高めるための指導が受けられる
  5. 面接対策
    過去の面接情報を元に、事前準備のポイントを解説してくれる
  6. 条件・入社日交渉
    年収など直接自分で交渉しにくい項目を代理で行ってくれる
  7. 退職交渉に関するアドバイス
    円満退社できる方法を教えてくれる

これだけのメリットがあることを考えると、40代の方がdodaに登録していて、エージェントサービスを利用しない理由はありません

利用のデメリットは「転職活動することを勧められる」こと

あえてデメリットをあげるとするならば、

転職活動をすることを、強力に勧められること

このようなことでしょうか?

転職エージェントでは、現職に残る」という選択肢を提示されることは、ほとんどありません。

まだ転職すると決めたわけではないんだけど…

上記のような迷いがあるなかで、エージェントサービスの利用を開始すると、戸惑うことがあるかもしれませんね。

ですが、「転職活動とすること」と「実際に転職すること」は、同じようでまったく異なるものです。

実際に転職をしなくても、転職活動をするだけでも、自分のキャリアについてさまざまな気づきが得られます。

実際に転職するとなると、いろいろとリスクも考える必要がありますが、転職活動をするだけならリスクはありません

内定が出たからといって、必ずしも受諾しなければならないわけではないですし、

まずは転職活動をしてみて、色々な可能性を検討したい

このようなスタンスでエージェント登録しても、まったく問題ないので安心してください。

\ 登録は無料。電話での面談もOK /

無料登録後もお金は一切かかりません

40代がdodaエージェントを利用する5つのメリット

前項では、転職サイトでは受けられない、エージェントサービスの中身についてご説明しました。

では40代の方の転職活動において、dodaエージェントサービスは他の転職エージェントと何が異なるのか、メリットについて詳しく解説します。

1.40代が応募できる正社員求人が豊富である

全国に数千~数万社あるといわれる転職エージェントのうち、実際に自社で求人を獲得している会社はごく少数にとどまります。

ほとんどの企業は、求人のデータベースを他所から購入して、求人紹介しているのが実態です。

求人を開拓する専門の部隊(法人営業)を、独立した組織として抱えている転職エージェントは限られています。

全国に数百名という規模で営業担当を配置して、幅広い年齢層の求人を精力的に獲得できるのは、dodaを含めてそれほど多くありません。

2.幅広い業界の企業の求人を保有している

dodaでは、以下のような幅広い業界の求人を提供しています。

IT・Web・クリエイティブ / エンジニアモノづくり / エネルギー / メディカル / 金融 / コンサルティング / 流通・小売 / サービス系など

現在の仕事内容にこだわらず、

未経験職種なども含めて、自分の可能性を色々な方向から考えたい

上記のようなニーズを持つ方であれば、特定分野専門の転職エージェントよりも、dodaのような総合型エージェントを利用するのがおすすめです。

星の数ほどあるといわれる転職エージェントのなかでも、1番と2番のメリットを両方満たしているのは、筆者の感覚ではごくわずかしかありません。

dodaのエージェントサービスは、貴重な存在といえるでしょう。

3.親身なサービスが受けられる

dodaを運営するパーソルキャリアでは、「顧客満足度」をひとつの大きな経営指標としており、複数の施策(サービス)を実施しています。

その効果測定として使われるのが、サービス利用者に依頼している「利用満足度アンケート」です。

dodaに携わる社員は、常に顧客の声と真摯に向き合って、

  • 顧客のニーズを的確に把握できているか?
  • そのニーズに応えられているか?

上記のような自問自答を繰り返して、サービス向上に努めています。

40代の転職者であっても、親身かつきめ細かいサービスを受けられることが、dodaエージェントを利用するメリットです。

面接対策などのサポートも、基本的に1人のアドバイザーが一貫して行うので、信頼関係を構築しやすい転職エージェントといえるでしょう。

4.全国に拠点(オフィス)がある

dodaでは、北海道/東北/東海/関西/中国・四国/九州にオフィスを構えています。

近年では、地方拠点の営業力を強化しており、人員も増加傾向です。

大手エージェントのなかには、東京や大阪などの大都市圏から、キャリアアドバイザーを異動させて地方拠点に配置しているところがあります。

しかし、dodaではエリア限定勤務制度を導入しており、基本的にその土地に地縁のある社員がアドバイザーを務めることが多いのです。

地域の経済状況や転職市場について、熟知しているアドバイザーが多い

これもdodaの魅力のひとつといえるでしょう。

5.入社後も継続的な支援サービスが受けられる

doda経由で転職をすると、「CAREER POCKET」というサービスの案内が届きます。

「CAREER POCKET」では、入社後のキャリア相談や悩みを、選任担当者(キャリアライフサーポーター)に相談することができます。

このようなサービスを利用することで、転職したあとも長期的なキャリア支援を受け続けることができるのです。

エージェントサービスの利用が向いている40代とは?

ここまでの内容をまとめると、以下のような志向・経験を持つ40代の方であれば、dodaエージェントサービスの利用が向いているといえるでしょう。

dodaエージェントサービスが向いている人
  • 職種、業界に強いこだわりがなく、合格する可能性のある案件を幅広く検討したい人
  • 複数の勤務エリアを検討している人
  • 地方での転職、U・Iターンの転職を検討している人
  • 自分のキャリアにイマイチ自信を持てない人
  • キャリアアドバイザーとこまめに連絡を取りたい人
  • 転職に成功した後も、相談窓口を持っておきたい人

dodaは求人に直接応募もできますが、それは誰にでもチャンスがある反面で、20代や30代の応募も集まりやすいといえます。

40代の場合は、そういった直接応募で競争するよりも、

キャリアアドバイザーに、40代の採用を考えている企業を紹介してもらう

という戦略で転職活動をしたほうが、採用される可能性が高まるでしょう。

まずはキャリアアドバイザーに自分の希望や現状を説明して、どんな仕事を紹介してもらえるかを聞いてみましょう。

採用プロジェクト担当が、あなたに合った求人案件を紹介してくれるはずです。

キャリアアドバイザーは、求人に載っていないことまで詳しく教えてくれますから、

この会社は有休も取りやすい会社ですよ。消化率も良いです

この会社は7対3で女性が多いので、女性が働くには良い環境だと思います

上記のようなアドバイスをしてもらえて、応募のミスマッチを少なくすることができます。

dodaに登録する際は、エージェントサービスも合わせて申し込んでおきましょう。

\ 登録は無料。電話での面談もOK /

無料登録後もお金は一切かかりません

リクルートエージェントとの違いは?

転職エージェントとして、必ず名前が挙がるのがリクルートエージェントです。

必ず登録すべきエージェントのひとつといえますが、リクルートエージェントとdodaでは、どのような違いがあるのでしょうか?

その違いを見ていきましょう。

dodaの魅力は、アドバイザーが親身なこと

転職活動では、大小さまざまな悩みや疑問が出てきますから、アドバイザーとこまめに連絡をとって、問題を解消していくことが大切です。

たしかに保有する求人数や登録者の多さでは、リクルートエージェントに軍配が上がります。

そうなると必然的に、リクルートエージェントではアドバイザー1人あたりの担当顧客(登録者)数が、他のエージェントと比べて多い状況となるのです。

リクルートエージェントでは、担当顧客があまりに多いため、

  • 求人票に記載されている、この部分について詳しく知りたい
  • 面接時の持ち物に○○と書いてあるが、△△で代用してもいいの?
  • 面接で、こんなこと聞いても大丈夫?

このような一つ一つの問い合わせに、テンポよく回答できていないという声をよく聞きます。

しかしdodaでは、

リクルート社には求人量で負けてもサービス品質で勝つ

という方針があり、顧客満足度に徹底したこだわりを持っているのです。

  • レスポンスのスピード
  • 求人票に記載のないプラスαの情報
  • 面接日程の効率的な組み方など

上記のような、かなりキメ細かいサービスを実施しているアドバイザーが多数います。

また、コミュニケーションツールとしてLINEが使えますので、相談やリクエストがあれば、気軽に連絡することができるでしょう。

ただ、このような「親身さ」よりも、

求人の種類や量の方が重要だろう

このように考える転職者もいるはずです。

そういう方の場合は、リクルートエージェントと希望業界専門の転職エージェントを、組み合わせて利用していくことをおすすめします。

リクルートエージェントの詳細はこちら

dodaエージェントのマイナスポイントとは?

リクルートエージェントとの比較で、dodaのマイナスポイントとしてよく言われるのは、

応募条件に多少合致していなくとも、自分が受けたいといえばリクルートでは推薦してもらえるが、dodaでは「NO」と言われた

このように、応募の基準が他社よりも厳しいというものです。

リクルートエージェントのスタンスは、仮に企業側の求める人物像とかけ離れていても、

応募者の強い興味があれば推薦する

というものです。

たとえ企業側が若年層を希望していても、

採用担当

エージェントさんの強い推薦があったので、40代のあなたに内定を出しました

このようなケースは、dodaよりもリクルートエージェントの方が多いかもしれません。

ではdodaを利用していて、このようなケースがあった場合はどうするべきなのか?

その場合の対処法については、以下で詳しくお話しします。

 書類審査になかなか通らないとき、起こすべきアクション

40代は複数の転職エージェントに登録するのが基本です

40代向けの求人となれば、大手の転職エージェントでも求人数が減ってしまうので、複数の転職エージェントを利用するのが基本です。

とくに短期間で集中して転職活動を行いたい方は、dodaエージェントとリクルートエージェントを含めて、最初から3~4社程度の転職エージェントに同時申し込みをしましょう

複数社で利用を開始して、求人紹介やアドバイスをひと通り受けたのちに、継続利用するエージェントを2社ほど決定していきます。

40代におすすめの転職エージェント選びと、登録するときの注意点については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

dodaを利用した40代の評判は?

セカンドゴングでは、40代でdodaエージェントサービスを利用して転職をした方々に、アンケートのご協力をいただきました。

実際に利用されたリアルな感想の一部をご紹介します。

40代男性の口コミ(25件)

満足度:
ハローワークでの求人がダメダメで、わらをも掴む思いで、最後の手段としてdodaに登録しました。
面談の機会を下さり、しっかりと自分の経歴、自分の適性をエージェントの方に伝えたところ、非公開求人を含めて、いくつかの求人をご紹介いただきました。
その中から、どうしても早く来てほしいという会社があり、面接を受けたところ、1発で採用が決まりました。良い環境の会社で、今でもその会社に勤めております。
(神奈川県在住 48歳 男性)

満足度:
面接を受ける前の段階から、非常に丁寧に対応をしていただきました。また、面接後にもすぐ連絡をいただき、手応えはどうだったか、面接の内容はどうだったかと聞かれ、その後の先方への後押しもやっていただいくことができました。
いくつかの転職サイトを利用しましたが、直接、担当の方と話をしたのはここが初めてでした。
面接から採用までの期間も早く、こちらとしては安心して過ごすことができました。
(兵庫県在住 45歳 男性)

満足度:
いくつかの転職エージェントに登録していましたが、そのなかでdodaはさすが大手と感じさせるべく、求人の量および質が充実していました。大企業から中小企業まで幅広くて求人情報を得ることができた点も良かったです。
また、企業担当者と面談担当者によるサポート体制も満足。レスポンスが早く、職務経歴書の書き方ほか、何か分からないことあれば、すぐにアドバイスをくれるという点も安心感があったと感じます。
(大阪府在住 40歳 男性)

満足度:
当時は飲食業界でのスキルアップを期待してdodaを使っていました。転職サイト大手であり企業件数がたいへん多く、こちらの選択の幅が広かったです。
企業説明会に参加し企業と直接会話ができたことも良かったです。 また、doda主催のセミナーに参加できたことも魅力的でした。
(東京都在住 40歳 男性)

満足度:
地方の職探しですと、この様な大手サイトだとなかなか案件数が少なくて、仕事選びに苦労しがちです。しかし想像以上に案件が多く、また、私の希望する業界の仕事もあり、応募しやすかったです。
年齢的な問題はあるものの、経験者ということで、採用まで結びつける事が出来ました。
(長野県在住 41歳 男性)

満足度:
私が転職活動の際に利用したdodaという転職サイトの最もいい点は、自分の経歴を入力すると人気企業の合格可能性を診断してくれる点です。
ほかの転職サイトでは、自分の経歴や希望条件を入力するとその条件に合った求人が見られるのですが、合格可能性までは診断できません。
この合格可能性診断を利用することで、よりリスクの少ない転職活動ができます。
(大阪府在住 43歳 男性)

満足度:
エンジニアから、同職種への転職希望でした。
通過しやすい職務経歴書の作り方やその添削、面接日程の調整など行って頂きました。
転職先が決まるまで毎週メールや電話を下さり、最後まで丁寧にサポートしていただきました。
(北海道在住 42歳 男性)

満足度:
この年齢での転職なので年収の著しいダウンは覚悟をしていたのですが、親身になって探してくれて、前職とほとんど変わらない収入の職場を探してくれることができました。
それ以外でも相談に乗ってくれる態度など、とても親切で頼りがいがありました。
(京都府在住 43歳 男性)

満足度:
家族ありの40代での転職ということもあり、何より優先したのが年収。
専属エージェントが、自分の希望にあう求人をこれでもかというくらい紹介してくれて、なかなか面接にもたどり着かない状況の中、ほんとうに心の支えになりました。
(大阪府在住 40歳 男性)

満足度:
自分で探していた時には見つけることが出来なかった案件を紹介してくれ、企業との面談もスムーズに進めてくれました。
また待遇面もこちらが納得いく金額まで交渉して頂き、満足のいく転職を果たせました。
入社後もフォローしてくれており、ここまでしてくれるとは思いませんでした。
(神奈川県在住 48歳 男性)

満足度:
最終面接までマメに相手方との調整や、連絡をしていただきました。
また、直接電話にてお話も何度かさせていただいたり、相談にのって頂いたこともありました。
最初の転職でしたので大変助かりました。
(神奈川県在住 52歳 男性)

満足度:
これまでのスキルを活かせそうな会社を複数紹介してくれ、応募時には面接や試験の日程調整や面接のアドバイス(過去の受験者からの情報等)、気をつける点について教えてもらえた。
別の転職サイトから応募した企業から内定をもらった時には、辞退するのではなく、選考の日程を早めてもらえるよう先方と調整してくれて、結果的に2社の内定条件を比較することができ、納得して転職先を決めることが出来た。
(愛知県在住 40歳 男性)

満足度:
他の転職サイトやエージェントに比較して持っている案件数も多く、内定までのフォローもしっかりしている印象です。
またシークレット求人などと銘打っているものの、全くそうではない案件が巷に溢れている中でも、実際に外に出ない貴重な案件もあります。
(北海道在住 40歳 男性)

満足度:
私の知り合いがこのサイトを通じて転職したのを聞いていて、とても感じが良く求人数も多いと聞いて、一度お話を聞いてもらいました。
その評判通り色々と相談に乗っていただき、ゼロからの就職にも関わらず、すんなり転職する事ができて感謝しています。
(大阪府在住 45歳 男性)

満足度:
良かった点は、エージェントとの面接で、これまでの自分の経験とスキルを、再度整理できたことです。その話し合いでじっくり付き合ってくれたエージェントには感謝しています。
また、それまでは、事務職が多かった私ですが、営業職や販売職など、自分ではまず選ばないであろう求人も紹介してくれました。自分ができる仕事の幅が広いことを教えてくれた点がよかったです。
(大阪府在住 43歳 男性)

満足度:
求人の量が豊富で、自分に合いそうな仕事が多数あったので良かったです。
面接を受けることに対していろいろなアドバイスをしてもらい、本当に助かりました。自分ではわかっていなかったことを分析をしてもらえたので、対策がとてもしやすかったです。
(広島県在住 40歳 男性)

満足度:
サポート体制がしっかりしているのと、求人数が多くて選択がたくさんできるところを重視してdodaに決めました。
サポート体制は2名で対応してくれて、とても丁寧に且つ非常にスピード感を持って対応してくれました。
(愛知県在住 40歳 男性)

満足度:
私がdodaに注目した点は、転職のプロであるキャリアアドバイザーが付いてくださる点です。
前職の嫌だった所から、適職としてどの方向性の異業種に適性があるかなど、こと細かい部分から徹底してサポートして頂くことができ、転職がスムーズに運ぶ形となりました。
(香川県在住 41歳 男性)

満足度:
地方在住でしたが、思っていた以上に案件があり、迅速な対応もしていただけました。
また、面接時における具体的なアドバイスや、目に留まりやすい履歴書の書き方など、知っているつもりでいたことの知らなかった知識を得られる機会にも恵まれました。
年齢的なハンディに不安を持っていましたが、それも結果的に杞憂に終わり、無事に転職できました。
(岐阜県在住 40歳 男性)

満足度:
登録しておくとメールで、求人先がどんどん送られてくるので助かります。応募するかは別として、40代でも求人先がたくさんあるとわかるだけでも、転職へのモチベーションが上がります。
30年以上の歴史がある会社なのも、安心できる要素の一つでした。
(福島県在住 44歳 男性)

満足度:
求人件数がすごい多いところがよいです。ひと昔前はリクナビ一択でしたが、最近ではdodaが勢いがあって求人数が多いので、自分の好みにあった会社を選ぶことができます。
また、きちんと残業時間や給料等待遇が書かれてて、読みやすいこともポイントです。
(埼玉県在住 40歳 男性)

満足度:
担当者にもよるが、求職者に対しておすすめの会社を提出する際に細部にわたって調査してくれました。
また、落ちてもすぐに数件の求人を提示してくれます。先方の会社も人材をしっかり探していると感じるところが多かったのが特徴でした。
他社と比べて連絡の数が多く、こちらの条件を蹴ることはありませんでした。年齢から「それは無理」と簡単に断るエージェントが多かった中、いちばん丁寧な応対をしていただきました。
(東京都在住 44歳 男性)

満足度:
ウェブには記載されていない未公開求人が多く、自分に適した求人を探してくれてかなりいい額の給料で転職することができました。
担当者がとてもよく、職務経歴書を受かりやすいように書き換えてくれたのが好印象でした。
(神奈川県在住 41歳 男性)

満足度:
良かった点は、他社には出ていない案件を多数持っていたことです。
特にある程度のスキルを求めて、待遇を用意している企業案件があるので合致するかは別としても転職市場を把握することができます。その点については、具体的に要求するレベルと最低年収等が記載されていました。
応募後の流れは他社とそれほど変わりありません。
(東京都在住 40歳 男性)

満足度:
選考対策は実践的で、且つ徹底的に対策をしてもらえましたが、相談したときの返答に関しては、結構淡泊で素っ気なさを感じることもありました。
「年齢的に厳しいですね」とはっきり言われ、冷たさを感じることもありました。結果的に転職できたものの、そこだけは懸念点として残りました。
(東京都在住 42歳 男性)

40代女性の口コミ(5件)

満足度:
仕事をたくさん紹介してくれるところです。職安や求人情報誌での転職活動は上手くいかず、相当参っていました。
担当者の方も親身になって話を聞いてくれて、安心して転職活動が出来ました。
もっと早くエージェントを利用すれば良かったと思うほど大満足です。
(東京都在住 41歳 女性)

満足度:
いろんな求人サイトを見たことがあるんですが、こちらのサイトが1番検索がしやすくて、分かりやすかったように思います。
求人も多かったですし、たくさんの業種から選ぶことができて満足してます。その中からの通信会社で派遣として長く働くことができました。
中心部の仕事もたくさんあるような気がしました。派遣の時給もかなり高い所も載っていました。
仕事の内容もしっかり書いてあったので安心して応募することができました。
(愛知県在住 43歳 女性)

満足度:
他の転職サイト(リクナビ、マイナビ)は、書類通過が良くなかったが、dodaだけは通過したことが多かった。エージェントの力の差なのかもしれません。
あと面接対策もdodaはきちんと分析することで、自己分析と企業とのマッチングを図ってくれたことが良かったです。
(広島県在住 41歳 女性)

満足度:
無料の就職雑誌やハローワーク等と違って企業情報がわかりやすく、丁寧に記載されている。多くの写真等でとても見やすく、気になる福祉厚生等も公開されていたため利用しやすかったです。
(福岡県在住 46歳 女性)

満足度:
とにかく求人件数の多い転職サイトが私は希望だったので、友人から勧められたdodaにしました。
確かに多くの求人があって選びがいがあったように思います。しかし件数が多い分、自分に合わない職種もたくさんありました。
(大阪府在住 44歳 女性)

※dodaの利用アンケートを募集中です!詳細は「アンケートのお願い」をご確認ください。

dodaエージェントサービスを利用する流れ

ここでは、dodaエージェントサービスを実際に利用する際の、登録手順と入社までの利用手順についてご紹介します。

dodaの登録方法

まずはdoda公式サイトへアクセスして、必要情報を入力して「会員登録する(次へ)」に進みます。

なお、会員登録と同時にエージェントサービスへの利用申し込みができます。

\ 登録は無料。電話での面談もOK /

無料登録後もお金は一切かかりません

必須の入力項目は24箇所ありますが、プルダウンで選択する項目もありますので、5~10分程度で登録を完了できます。

スマートフォンからの登録も、もちろん可能です。

なお、複数のエージェントに登録される方は、事前に転職活動専用のメールアドレスを作っておくことをおすすめします。

登録した各社から、毎日大量の求人案内メールが届くため、日常的な用途で使用しているアドレスと区別したほうが、転職関連のメールを管理しやすいでしょう。

面談~入社までの流れ

登録したあとは、入社までの流れは以下のとおりです。

エージェントサービス 入社までの流れ
  1. 登録
  2. キャリアカウンセリング
  3. 応募企業選定、応募書類準備
  4. 応募(キャリアアドバイザーによる推薦)
  5. 一次・二次面接
  6. 内定
  7. 退職交渉
  8. 入社
  9. 入社後フォロー

Web登録が完了すると、早ければその日のうちに、キャリアカウンセリングの案内が届きます。

キャリアカウンセリングは、近くのdodaオフィスまで訪問するか、訪問が難しい方は電話での面談実施です。

◆dodaの拠点所在地

北海道:札幌市
東北:仙台市
関東:東京都千代田区、横浜市
中部:名古屋市、静岡市
関西:大阪市、京都市、神戸市
中国:広島市、岡山市
九州:福岡市

カウンセリングは面接ではありませんから、緊張することなく本音で語っても問題ありません。

基本的には、キャリアカウンセリングのなかでいくつかの求人が紹介されます。

数日以内に応募したい企業を決めて、職務経歴書や証明写真など、応募資料の準備をすすめましょう。

同じタイミングで、キャリアアドバイザーが推薦状を準備します。

応募書類と推薦状が揃った段階で、応募手続きが開始です。

書類審査に合格となれば、一次面接に備えて面接対策をすすめます。

1社につき1~3回の面接を受けていく流れです。

アドバイザーからの助言は面接だけでなく、内定になった場合の条件交渉や退職交渉の進め方など、入社まで二人三脚で進めていく形になります。

dodaエージェントに関する、お悩み別の解決法

ここでは、

dodaに登録したけど、思ったようなサービスがまだ受けられていない…

このような方に向けて、お悩みを解決する対処方法をご紹介します。

登録したのに、断られてしまったときの裏ワザ

せっかく登録したのに、

現時点でご支援が難しいです

このようなメールが届いて、担当アドバイザーがつかないことを告げられるケースがあります。

この場合の対応策としては、以下の2点です。

1.最初の登録時に注意:登録情報に抜け漏れがないようにしよう

担当アドバイザーがつくかどうかは、登録時に入力する情報の内容と量で決まります

  • 勤務先名が一部しか入力されていない
  • 住所が県名しか分からない

上記のように内容が薄いと、「現時点でご支援が難しい」というメールが来てしまうのです。

少々面倒でも、丁寧に経歴情報を入力していきましょう。

また、希望条件を入力するフリーコメント欄の内容にも注意が必要です。

  • 希望年収欄に極端に高い値を入れていないか?
  • 希望職種が現職職種とあまりにかけ離れていないか?
  • 勤務場所や仕事内容の希望条件が狭すぎないか?

このようなことに該当していないかチェックしてください。

2.断られてしまった場合の再チャレンジ:友人紹介制度を使う

あなたの周りに、dodaのエージェントサービスを利用した友人や知人の方はいないでしょうか?

dodaを使って実際に転職した人ではなくて、利用しただけの人でもOKです。

dodaでは担当顧客(登録者)から、転職を考える知人を紹介してもらって、サービス認知度を高めていくという施策を行っています。

すこし裏ワザになりますが、その施策を逆手にとりましょう。

やり方は簡単です。dodaエージェントを使ったことのある知人の方から、担当アドバイザーに連絡してもらうだけです。

知人

友人で転職活動をしている人がいるのですが、○○さん(アドバイザー)に担当してもらえたらと思いまして

知人

既にdodaの登録は済んでいるのですが、決まった担当者はいないみたいなんです

このような感じで伝えてもらえればOK。その後、アドバイザーから知人に案内が入ります。

この方法は、もちろん登録前に実施することも可能です。

dodaからの連絡がしつこいときの対処法

dodaを利用した感想のなかには、登録したあとに何回も電話がかかってきて、「しつこいと感じた」という声が少なからずあります。

登録するときに在職中であると書いているのに、昼間に「カウセリングにいらっしゃいませんか?」という電話が、何度もかかってきて迷惑です

仕事で忙しいときに、電話がかかってくると困りますよね…。

でもこのように忙しいときは、電話に出なくてもまったく問題ありません。

電話に出ないことで、印象が悪くなったりすることもないでしょう。

電話して不在の時は、電話の内容がメールで送られてきますから、夜にそのメールに返信するだけでOKです。

平日の○時~○時は電話しないでください

とひと言書き添えておきましょう。

メールを受け取ったスタッフが、管理画面にその旨を入力して、doda側で共有されていくはずです。

また、担当アドバイザーが決まったあとは、アドバイザー専用のLINEで直接やりとりできるようになります。

簡易的なコミュニケーションは、すべてそちらで完結しますので、

電話がかかってくるのは最初の登録時だけ

と思ってもらって大丈夫です。

書類審査になかなか通らないとき、起こすべきアクション

dodaのデメリットは、企業のリクエストに忠実すぎるところです。

dodaでは、応募書類を送付するのはキャリアアドバイザーではなく、企業担当者と呼ばれるスタッフが行います。

企業によっては、dodaの企業担当者に書類審査を一任していることがあり、企業側の人事の代わりにスクリーニングをしている場合があるのです。

担当アドバイザーは、できるだけ応募者の可能性を拡げたいので、少しくらい応募条件から外れていても、どんどん推薦しようします。

しかし、dodaの企業担当者は別です。

企業との信頼関係を維持することを優先していますから、企業の求める人物像にピタリと合致した人だけを選別しようとします。

応募した企業の書類通過率が、ほかのエージェントに比べて低いなと感じたら、

これはdoda内の審査によるものですか?

企業側が直接判断した結果なのでしょうか?

このように、担当アドバイザーへ問い合わせをしてみてください。

もし、doda内の審査で落とされている場合は、他のエージェントから受けなおすか、企業の採用ページから直接応募してみましょう。

dodaと交渉する方法もありますが、そこに時間をかけるよりも、他社から受けた方が手っ取り早いのでおすすめです。

アドバイザーと合わないと思ったら、担当変更しよう

キャリアアドバイザーといっても、性格や経験量はさまざまです。

どうもウマが合わないな…

このように感じてしまうときは、Webでキャリアアドバイザーの変更を依頼してみましょう。

キャリアアドバイザーを変更したからといって、とくに要注意人物として扱われるわけではありません。

キャリアアドバイザー変更の申込みページも用意されているぐらいですから、安心して気軽に相談してみましょう。

異なるキャリアアドバイザーから、また新たな視点で提案してもらえる可能性も出てきます。

まとめ:dodaはエージェントサービスも使わないともったいない!

今回は、dodaの転職サイトとエージェントサービスの違い、その特徴や実際の利用者の評判、活用するためのノウハウについてお話ししました。

dodaといえば、転職サイトや転職フェアのイメージが強いかもしれません。

しかし、そのためだけにdoda会員になって、エージェントサービスを使わないでいるのは、もったいないことなのです。

40代の転職で求められるのは、パッケージになった定型のサービスではなく、あなたの状況や志向にあった転職サービスを選ぶこと

dodaエージェントサービスのように、個別性の高い転職サービスを利用することで、停滞していた転職活動に変化がもたらされるかもしれません。

親身なサポートを期待している方は、ぜひ利用してみてくださいね。

◆dodaエージェントの登録はこちらから

\ 登録は無料。電話での面談もOK /

無料登録後もお金は一切かかりません

dodaは40代でも活用できる?利用者の評判や特徴を解説します

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる