転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

【注意】転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと5選

転職エージェントと面談することが決まって、

担当の人とどんな話をするんだろうか?

希望する仕事をちゃんと紹介してもらえるのかな…

こんな不安を感じていませんか?

とくに初めてであれば、あれこれ考えて緊張してしまいますよね……

転職エージェントの担当者は、数多くの求職者と面談してきた、人を見抜く力に長けたプロです。

面談をするなかで、さまざまな要素をチェックしています。

転職活動における優先的なサポートを得るためにも、「絶対にやってはいけないこと」を押さえたうえで、面談に臨むことが重要です。

この記事では、転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことや、優先的なサポートを得るためのポイントをご紹介しています。

転職エージェントのキャリアアドバイザーとして、多くの面談を経験してきた筆者が、わかりやすくご説明していますのでぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、転職エージェントとの面談に成功して、あなたの転職活動を有利に進めることができるはずです。

中高年が支持しているおすすめのエージェント、登録時の注意点や活用するコツについては、「40代におすすめの転職エージェント7選」にてご紹介しています。あわせてご確認ください。

目次

▼この記事の執筆者▼

40代女性、北海道在住。大手転職エージェントの勤務から、ベンチャー企業へ転職。マイナス思考の悪循環から抜け出した経緯も含め、私の転職経験をお伝えします。現在は転職先で、やりがいを感じながら楽しく奮闘中です!

転職エージェントとの面談は、転職成功への重要なステップ

転職エージェントとの面談では、あなたという求職者を知るために、さまざまな話をすることになります。

面談を通して、自身の強みや転職する目的を、キャリアアドバイザーと共有しましょう。

そうすれば、転職成功の可能性はグッと高まるはずです。

転職エージェントが面談をする目的は?

転職エージェントが面談を実施するのは、支援をする求職者について、

  • なぜ転職をするのか?
  • どんな人柄なのか?
  • どんなキャリアプランを持っているか?
  • 転職先での希望条件は?

上記などの情報を、面談を通して把握するためです。

転職エージェントは、直接話をするなかで、

エージェント

転職活動の方針はどのようなものですか?

エージェント

どんな希望条件がありますか?

こういった質問を求職者に投げかけてきます。

そして、求職者の考えを聞くことで、

思い描いているキャリアプランや転職活動の方向性は適切なのか?

ということを、客観的に判断しているのです。

面談のなかで、自分を理解してもらうことが重要

転職エージェントは、求職者の転職に対する熱意や潜在的ニーズ、強みを知ることで、

エージェント

どんなサポートをするのが最適なのかな?

エージェント

どんな求人を紹介するべきだろうか?

このようなことを探りながら、必要な支援の準備を進めます。

求職者にとっては、

転職エージェントとの面談で自分を理解してもらうことが、転職成功のために欠かせない一歩である

といっても過言ではないでしょう。

転職エージェントに見捨てられることもある

転職エージェントは、登録した求職者に対してさまざまなサポートをしてくれますが、

皆が平等なサポートを受けられるわけではない

という点に注意が必要です。

あくまでもビジネスとして支援していますので、場合によっては求職者を見捨てることもあります。

とくに中高年の場合は、職務経歴や実務スキルなどの表面的な要素だけではなく、

転職に対して真剣に向き合っています!

という想いが伝えることが、優先度を上げて対応してもらうために必要となるでしょう。

転職エージェントと面談をする際の流れ

転職エージェントによって、順序が前後することはあるものの、面談の流れや質問される内容に大きな差はありません。

おおよその流れを押さえておくことで、事前準備もしやすくなるでしょう。

ここでは、転職エージェントの面談で躊躇することなく対応するために、面談の流れと具体的な内容を紹介します。

STEP

挨拶と自己紹介

どこの転職エージェントも、まずは自己紹介から始まります。

自己紹介をする際は、準備しておいた履歴書・職務経歴書を使用するのがオススメです。

スムーズかつ簡潔に自己紹介ができますよ!

キャリアアドバイザーからは、自己紹介とともに、

  • 自社サービスの特徴や強み
  • 転職支援の流れ

上記についての説明があります。

転職エージェントのサービスで気になることがあれば、担当のキャリアアドバイザーに質問して、まずはお互いの理解を深めましょう。

STEP

転職理由、活動の状況についてヒアリング

自己紹介のあとは、あなたが転職したい理由や現在の転職活動の状況について、キャリアアドバイザーから質問されます。

転職エージェントは、成果報酬で利益を得るビジネスモデルのため、

すぐに転職できる人を優先的にサポートする

という傾向があります。

ですから、転職する時期について質問を受けた際は、

良い求人があれば、すぐにでも転職したいです!

このように伝えておきましょう。

そうすることで、優先度を高めて対応してもらえる可能性が高まります。

また、転職エージェントを複数社利用している場合は、キャリアアドバイザーに「複数の利用先がある」と伝えておきましょう。

他社からも求人紹介を受けていると話しておくことで、同じ企業へ重複して応募するリスクを減らせます。

STEP

職務経歴やスキルの確認

次に、職務経歴やスキルの確認をされます。

これまで経験してきた仕事内容や業界、役職などを伝えて、

そのなかで○○のスキルを身につけてきました!

というアピールをしましょう。

転職エージェントが保有する求人のなかには、

  • △△の実務経験が〇年以上
  • 〇人以上のマネジメント経験必須

上記のような、具体的な基準を設けて募集をしているケースも多いです。

ですから、転職エージェントが企業に推薦しやすくなるように、

できるだけ細かく数字で実績を伝える

ということを意識してください。

自分にはアピールできる実績とかスキルなんて無いのだけど…

という方でも心配ありません!

キャリアアドバイザーは質問への具体的な回答から、「あなたの強み」を探ってくれますので、自分の得意分野に気づくことができるはずです。

STEP

希望条件や業界・職種の希望、今後のキャリアについて確認

転職エージェントは、できるだけ希望に添った求人を紹介するために、

  • 転職先に求める希望条件
  • 業界や職種に対する希望
  • 今後のキャリアビジョン

上記についても具体的に聞き取っていきます。

キャリアアドバイザーとの認識にズレが生じないように、

求める条件や優先順位をはっきりと伝える

ということが重要です。

ただし、「自分の希望を好き勝手に伝えればよい」というわけではありません。

転職の成功率を高めるためにも、

年収500万以上あるなら、多少残業があっても構いません

希望休がとれるなら、週休二日制でなくてもOKです

といった感じで、希望条件に幅をもたせましょう

今後のキャリアについて具体的な考えがない場合は、無理に答えを出そうとせず、

  • 残業が少ないところを希望
  • 通勤距離〇分以内ならOK

上記のように、今後も優先したい希望の条件を伝えるだけでも構いません。

STEP

求人情報の提案、転職市場に関する情報共有

具体的な求人案件については、

  • 面談後に少し待たされて、当日中に求人を提案される
  • 後日に改めて求人を紹介される

転職エージェントによって、上記のように対応が分かれます。

ここで重要なことは、

紹介先の企業について気になることは、できるだけ具体的に質問しておく

ということです。

たとえば、「有休制度」や「社内の雰囲気」について質問したいのであれば、

有給休暇の消化実績を教えてください

離職率はどのくらいでしょうか?

といった感じで、実態について具体的に確認しておくことで、入社後のミスマッチを防ぎやすくなります。

自分だけでは情報取集できない、リアルな情報まで確認できることが、転職エージェントを利用するメリットです。

気になることは、遠慮せずにどんどん質問しましょう。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと5選

転職エージェントとの面談では、絶対にやってはいけないことが存在します。

こういったNG行為を理解せずに面談に臨んでしまうと、転職エージェントにマイナスの印象を与えかねません。

面談を成功させるためにも、必ず押さえておきましょう。

経歴を偽る

転職エージェントとの面談で、経歴を偽ることは、絶対にやってはいけないことの一つです。

転職エージェントでは、

  • メールや電話で伝えた内容
  • 登録した経歴、プロフィール、スキルなど

こういった情報は、基本的にすべて保存されています

ですから、偽った話をしたところで、

エージェント

あれ? 以前聞いていた話と違うんだけど…

とすぐに気付かれてしまうでしょう。

その結果、「嘘の話をする利用者」として、転職エージェントのサービスを受けられなくなる可能性もあるのです。

また、詐称の経歴で内定をもらったとしても、入社後にバレた場合に、

内定取り消しや解雇、損害賠償に発展する

という危険性もゼロではありません。

リスクが高すぎる行為ですので、面談では経歴を偽ることなく、誠実に事実を伝えましょう。

面談に遅刻する

転職エージェントとの面談に、遅刻することも避けましょう。

とくに無断での遅刻は絶対にNGです。

面談に無断で遅刻してしまうようなことになると、

エージェント

当たり前の一般常識すら備わっていないのか…

このように思われてしまって、好感度は一気に下がってしまいます。

最低限の常識すらないビジネスパーソンに、企業から託された求人を紹介してくれるほど、転職エージェントは甘くありません。

約束した時間の5分前に面談場所に到着するのがベストですが、万が一遅れてしまいそうな場合は、必ず時間前に連絡を入れましょう

会社の名刺を渡す

転職エージェントからは、初対面で挨拶する際に名刺を渡されますが、そのときに仕事中と同じ感覚で、会社の名刺を渡してはいけません

会社の名刺というのは、あくまでも業務のために、会社から支給されているもの。

ついうっかり渡してしまうと、

エージェント

業務外なのに使用するなんて、モラルが低いな…

このように、「常識がない」と判断されてしまう恐れがあります。

名刺交換に備えるのであれば、

転職活動用の個人名刺を用意しておく

というのもひとつの方法です。

個人名刺であれば、名刺交換しても問題ありません。

キャリアアドバイザーにインパクトを与えて、話題づくりにもなるでしょう。

ネガティブな情報ばかり伝える

転職エージェントには、

前向きな気持ちで転職する人材である

という姿勢を示すことが重要です。

担当のキャリアアドバイザーと面談をする際に、ネガティブな情報ばかり伝えないように注意しましょう。

転職エージェントは、紹介した求職者が早期退職してしまうと、ビジネス的に大きなマイナスになってしまいます。

ですので、面談をするなかで、

エージェント

またすぐに辞めてしまうかもしれない…

このように感じた場合は、その求職者への求人紹介の優先度が下がってしまう場合も……

転職理由については、もちろん「正直に伝える」というのが大前提です。

ただし、いくら本音がそうだからといって、

とにかく残業がイヤだったので…

人間関係が悪いのでうんざりしてました…

こういったネガティブな理由ばかりを前面に出してしまうと、転職エージェント側の印象はよくありません。

転職理由にネガティブ要因がある場合は、

良い例
  • メリハリのある働き方をして、仕事への集中力を上げたいです
  • チームワークを活かした仕事がしたいです

上記のように、「できるだけポジティブに言い換えて伝える」ということを意識しましょう。

「とりあえず登録しただけ」という態度を見せる

転職エージェントとの面談をする際は、

とりあえず登録しただけなので…

という態度を見せるのは避けましょう。

転職エージェントのサイトには、

エージェント

登録するだけでもOKですよ!

このような記載がされている場合もあります。

しかし、転職成功率を上げるためには、

良い求人があれば、すぐにでも転職したいです!

という積極的な姿勢をアピールすることが重要です。

とくに中高年の転職であれば、紹介できる求人数も少ないので、優先順位が低くなりがちなもの。

少しでも優先的に対応してもらうためにも、できるだけ意欲的な姿勢を示しましょう。

年齢を不利にせず、面談で好印象を与えるポイント

中高年向けの求人数は、若い年代と比べると、数が少なくなることは否めません。

転職エージェントの対応も、どうしても後回しにされがちでしょう。

しかし、転職先で活躍する人材になりうる可能性を感じてもらい、

エージェント

すぐに転職先が見つかりそうだ!

となれば、キャリアアドバイザーの手厚いサポートを受けることは可能です。

年齢を不利な条件にしないために、面談で好印象を与えるポイントを押さえておきましょう。

素直さと謙虚さをもって、コミュニケーションをとる

中高年の方が転職する場合は、

  • わからないことは「わからない」と素直に認める
  • 謙虚に教えを乞う姿勢

こういった要素は必要不可欠です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、数多くの求職者と面談をしてきており、人を見抜く力に長けています。

そのため、面談で過去の自慢話ばかりしたり、横柄な態度をとったりすると、

エージェント

この人は素直さや謙虚さが足りないな…

こんなふうに、すぐに本質を見抜かれてしまうのです。

転職先では、イチから学ぶことが多いわけですから、

「新入社員」として、素直さと謙虚さをもって挑みます!

とコミュニケーション力や柔軟な姿勢をアピールしましょう。

短期戦を念頭にサポートを依頼する

転職エージェントは、

すぐにでも転職できます!

という人を、優先的にサポートする傾向があります。

求職者が企業への転職を果たさないと、転職エージェントは利益を得られません

つまり、転職時期が先であればあるほど、サポートする期間は長くなり、得られる利益も先送りになってしまうのです。

転職エージェントのビジネスモデルを理解し、

エージェント

すぐに転職できる人だ!

と思ってもらうことで、手厚いサポートが得られて、積極的に求人紹介してくれるようになります。

担当キャリアアドバイザーには、短期戦を念頭にサポートを頼みましょう

面談での評価を上げるために、事前に準備しておきたいこと

転職エージェントに高く評価してもらうためには、面談前の抜かりない準備が重要です。

ここでは、キャリアアドバイザーに「優先度が高い求職者」と思ってもらうために、どのような事前準備が必要なのかご紹介します。

「転職理由」や「転職先での目的」を明確にしておく

「転職理由」や「転職先での目的」は、転職エージェントが転職活動を側面から支援するうえで、もっとも重要な指針です。

これらが転職エージェントにきちんと伝わなければ、

希望や条件に合わない求人を紹介されてしまう

という可能性が高まります。

かりに転職できたとしても、前職で不満だった点が解消されず、同じ理由で早期退職することになりかねません。

転職エージェントとの面談は、企業面接とは異なります。

  • あなたが退職を考えるに至った経緯
  • 転職先で叶えたいこと

上記について本音の部分を伝えることが、最適なキャリア実現の第一歩です。

転職を希望する業界や希望条件をまとめておく

自分が望んでいる働き方を転職先で実現するためには、

希望の業界や希望条件を、転職エージェントにしっかり伝える

ということが重要です。

キャリアアドバイザーがあなたの希望を理解することで、

エージェント

この仕事が向いてそうだな…

エージェント

この会社が合いそうだ!

上記のような判断がしやすくなり、スムーズに求人紹介を受けることができます。

なお、すべての希望条件を満たすような求人は、なかなか見つかりませんので、

  • 譲れない条件はなにか?
  • どこまでなら妥協できるのか?

という優先順位を決めておきましょう。

希望条件に優先順位をつける際のポイントは、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

得意分野や強みをアピールできるよう、キャリアの棚卸しをしておく

中高年の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

即戦力として、入社してすぐに結果を出すことを求められます

転職エージェントとの面談で、自分の強みや職務上の経験を伝えたうえで、

転職先でどんな活躍ができるのか?

という点を、しっかりアピールすることが重要です。

ですから、転職エージェントとの面談前に、キャリアの棚卸し自己分析をしておきましょう。

たんに強みを語るだけでなく、仕事への意欲や姿勢なども伝わるように、事前にまとめておく必要があります。

キャリアアドバイザーによい印象を与えることができれば、あなたを応募先企業へ紹介する際に、よい推薦文を書いてくれるはずです。

これまでのキャリアから強みを洗い出す方法については、以下の記事で解説をしています。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

履歴書・職務経歴書を作成しておく

転職エージェントから、

エージェント

面談時の持ち物は、手ぶらでもOKです!

と言われていても、履歴書と職務経歴書は持参しましょう

持参した書類で企業に応募するわけではないので、完璧なものでなくてもかまいません

自分なりに作成したものを持参することで、

エージェント

転職に対してかなり本気だな…

と真剣さが伝わり、あなたの好感度も上がるはずです。

キャリアアドバイザーが添削して、改善すべき点を教えてくれるので、持参するメリットは大きいですよ!

面談の場所や所要時間、服装・持ち物などを確認しておく

面談場所や所要時間、服装・持ち物などは、事前にしっかりチェックしておきましょう。

場違いな服装とならぬよう、カジュアルすぎるものは避けてください。

スーツやオフィスカジュアルなどのスタイルがおすすめです。

当日の持ち物として用意しておくのは、

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 筆記用具

上記くらいですが、書類を渡される場合を考えて、A4サイズの書類が入るカバンをもって行くとよいでしょう。

中高年の転職であれば、

エージェント

TPOをわきまえるのは当然ですよね…

という見られ方をされますので、最初から好感度を下げることがないように、十分に注意してください。

まとめ:面談でのNG行動を避けて、優先的なサポートを勝ち取ろう!

今回は、転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことをご紹介するとともに、優先的なサポートを得るために押さえておきたいポイントをお話ししました。

面談で絶対にやってはいけないこと5選
  • 経歴を偽る
  • 面談に遅刻する
  • 会社の名刺を渡す
  • ネガティブな情報ばかり伝える
  • 「とりあえず登録しただけ」という態度を見せる

転職成功のための第一歩は、転職エージェントとの面談を成功させることです。

ですから、面談でやってはいけないことを押さえて、手厚くサポートをしてもらうためのコツを理解しておくことが重要となります。

求人数も少なくなりますし、企業が求めるレベルも高くなりますので、中高年の転職は容易ではありません。

しかし、

  • 企業に貢献できる「即戦力候補」であること
  • コミュニケーション力の高さ
  • 転職に対する意欲

上記をしっかり伝えることができれば、転職エージェントから優先的なサポートを受けることは十分に可能です。

まずは面談で絶対やってはいけないことを押さえましょう。

そのうえで、転職に対する意欲やあなたの強みをアピールしていけば、転職エージェントはあなたの味方となって、転職成功率をグッと高められるはずです。

この記事を書いた人

40代女性、北海道在住。大手転職エージェントの勤務から、ベンチャー企業へ転職。マイナス思考の悪循環から抜け出した経緯も含め、私の転職経験をお伝えします。現在は転職先で、やりがいを感じながら楽しく奮闘中です!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

転職エージェントはどれがいい?

40代の転職者が支持している転職エージェントは?

40代の転職者270人が回答した、「実際に使ってよかった」転職エージェントをご紹介します。

  • おすすめの転職エージェントと利用者の口コミ評価
  • 失敗しない転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントを120%活用する方法

上記についてわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント|圧倒的な求人数と支援実績。総合力はNo.1

リクルートエージェント
40代に支持される理由
  • 国内最大規模の求人数を保有
    大手企業から地方の中小企業まで、くまなく開拓できる高い営業力で業界1位を独走。もちろん40代向け求人の保有数もNo.1
  • 日本全国を網羅した求人とサービス拠点
    全国に16ヶ所の拠点を有し地方の転職にも強い。現地企業との調整も代行してもらえる。
  • 圧倒的な転職実績に裏付けされる充実のサポート
    これまでの転職支援実績は40万人以上。アドバイザーの提案力はもちろん、転職活動をトータルにサポートしてくれるサービスが充実。

ビズリーチ|企業やヘッドハンターからのスカウトが期待できる

ビズリーチ
40代に支持される理由
  • 年収600万以上の優良案件が豊富
    ハイクラス求人が豊富で、年収600万円以上の転職者における満足度は第1位
  • 自分のキャリアを直接アピールできる
    同社には約4,600名のヘッドハンターが在籍。まるでプロ野球のフリーエージェントのように、企業の採用担当者やヘッドハンターにあなたの経歴をアピールできます。
  • 内定確度の高いスカウトメールが届く
    企業の採用担当者やヘッドハンターから本気度の高いオファーが届くので、待遇の交渉がしやすく内定確度も高い

doda|親身で手厚いサポートが得られる。地方の求人は大手No.1

dodaエージェント
40代に支持される理由
  • 求人数は業界最大級。幅広い業種・職種を網羅
    全国各地の幅広い求人を網羅しており、地域を熟知した専任担当が求人紹介をしてくれるので、地方の転職にも強い。
  • 丁寧なヒアリングと親身なアドバイスに定評がある
    サービス品質へのこだわりが強く、利用者の声にもとづいた、親身できめ細かいサービスを受けられる。
  • ひとつのアカウントで、転職サイトとエージェントを利用できる
    転職サイトでの求人検索とキャリアアドバイザーの求人紹介を、ひとつのサイト上で確認できるので、煩わしさがなく便利。
目次
トップへ
目次
閉じる