応募書類作成

転職先で使えるあなたの「強み」とは?|見つけ出す方法を徹底解説します

兵庫県神戸市にて、「しごと改革コンサルタント」として活動している山本 顕一です。

今回の記事では、自身の「強み」を活用して、転職の荒波を乗り越える方策についてお話ししていきます。

40代ともなれば、社会人経験も20年に達して、いろいろな意味で、人としての「厚み」が出てくる年代です。

ですから、自身の「強み(得意としていること)」について、しっかりと語ることができるという方もいらっしゃるでしょう。

そこで伺います。その「強み」は、転職先に通用する「強み」になっていますか?

自分の「長所」を、「強み」として語ってしまうようでは、転職先に通じるものであるとは言い難いのです。

転職先に通用する「強み」とはどのようなものなのか、詳しく解説していきます。

転職先にも通じる、「強み」の要素とは?

「強み」と似たようなもので「長所」があります。

このふたつは同じ意味に捉えられがちですが、実は明確に違うのです。

例えば、履歴書に書くことも多い「責任感がある」という特長。この「責任感がある」というのは、「強み」でしょうか。「長所」でしょうか。

答えを導くには、置かれる立場に立って考えるとわかります。

転職先で仕事を任される際に、「責任感がある」から仕事を任されるのでしょうか。

違いますよね。

仕事を依頼する側からすれば、その仕事を「時間内に正しく完了」できるからこそ、その仕事を任せるのです。

事例をかえて、定食屋で考えてみましょう。

ランチを食べに来た人が、定食屋で焼肉定食を頼みました。それほど混雑していないにもかかわらず、一向に料理が出てきません。

30分ほど時間が経って、ようやく出てきました焼肉定食。でも肉は火を入れすぎて固くなっており、ごはんはボソボソ。

昼休みの残り時間を気にしながら、慌てて食べて職場に戻りました。

……この定食屋に、また昼食を食べに来ようと思いますか?

「責任感をもって仕事を完了させる」(=料理を提供する)ことは当たり前のことであり、求められてるのは「時間と品質」(=提供時間と味)です。

すなわち、「責任感がある」ことで仕事が任せられる(=採用される)わけではないことがわかります。

「強み」と「長所」の違い、それは「他者との差別化が可能であるか」ということなのです。

「責任感がある」ことは「長所」にはなるものの、仕事を行う上では当たり前のものなので、「強み」にはなりません。

定食屋の例でいえば、「安い」「早い」「旨い」などという「強み」があるからこそ、次も利用しようと思えるのです。

転職先で使える「強み」を見つけ出すためにやるべきこと

転職先で使える自身の「強み」は何なのか。

その答えを見つけ出すためには、自分が積み重ねた「キャリア(=経験)の洗い出し」をする必要があります。

職務経歴書でいうところの、「○○で○年間、営業として勤務」というレベルのものではなく、少なくとも1年単位くらいで洗い出しをしていきましょう。

「キャリア(=経験)」の洗い出しについては、このサイトでも他の記事で解説されていますので、ここではそれにプラスして実施すべきポイントを挙げます。

社会に出てから現時点までの「職務経験」を1年単位で洗い出す

まずExcelに、社会に出てから現時点の順で「配属」「職務内容」「実績」を、1年単位で書き込んでいきます。

  • 配属」には、部署や規模など、所属企業に関係する内容を記入
  • 職務内容」は仕事内容や個人目標など、与えられた仕事に関する内容を記入
  • 実績」には、目標達成率や月あたりの作業本数など、仕事を行って実現した内容を記入

現時点までの流れを1年単位で書き込んでいくことで、どのような仕事を行ってきたのかを振り返ることができます。

現時点からさかのぼって「得たもの」を洗い出す

次は、現時点からさかのぼる形で「年収」と「取得スキル」を書き込んでいきます。

  • 年収」には、これまでの給与明細や通帳内容などを確認し、賞与を含めた正確な数値を記入
  • 取得スキル」は、資格や資料作成スキルなど、その時点で身につけたもの(仕事の内外を問わず)を記入

現時点からさかのぼって書き込んでいくことで、各時点で得たものを、客観的な視点で確認することができます。

「特別な出来事」を洗い出す

最後に備考として、社会に出てから現時点までの順で、「特別な出来事」を書き込んでいきます。

特別な出来事」には、昇進や結婚などのプラスになる出来事や、離婚や事故などのマイナスになる出来事のほか、リーマンショックやアベノミクスなどの、社会的な出来事についても記入しましょう。

この「特別な出来事」を書き込んでいくことで、「職務経験」や「得たもの」の関連性(つながり)を裏付けすることができます。

Excel表から「強み」を抽出する

ここまでの作業により、「昇進」や「昇給」は何を評価された結果なのか、それによって「年収」の上昇はどの程度あったのかなどを、理由付けすることができるはずです。

「強みの発揮」と「環境の変化」、どちらに起因して得たものなのか切り分けすることで、本当の「強み」を分別することができるでしょう。

「洗い出し」作業を行ったら、記入したExcel表をじっくり見て、「強み」といえそうなものを5つ(少なくとも3つ)抽出します。

そして抽出した「強み」について、「他者との差別化が可能であるか」を検討していきます。

「他者との差別化」とは?

自分が持っている「強み」について、他者と比較することは重要な視点ですが、ここでいう「他者」については、留意すべきポイントがあります。

最近は、なにかとニュースでもクローズアップされている、年金を例にして考えてみましょう。

60~65歳、65歳以降の年金受給者で、働いていて給与収入がある場合に、年金額が調整される在職老齢年金。

これは社会保険労務士(社労士)であれば、知っていて当たり前の知識でしょう。

したがって、「他者」を「社労士業界」と置いた場合は、この知識は「強み」とはならないのです。

しかし「他者」を、「年金に疎い人」に置いたらどうでしょうか。

「年金に疎い人」に対して、年金額の調整について説明できるとすると、この知識は「強み」になりえるのです。

実際に私がお受けするシニアの起業相談においては、法人設立時の役員報酬額と年金支給額の関係について説明する際に、在職老齢年金の知識を活用しています。

このあたりの詳細について、他の者では説明しきれないため、必然的に私にお鉢が回ってくるわけです。

すなわち、「他者」を何に置くのかによって、「強み」の有効性は変化するものなのです。

「強み」となるスキルを同業界で活かすのか、そのスキルを欲している異業界に置くのか。40代の転職においては、その判断も重要となるでしょう。

同業界に身を置いた場合は仕事の滑り出しは良いでしょうが、有効性は確実に減退していきます。

突き抜けた「強み」や、組み合わせできる別の「強み」がないと、将来的に苦労することになるかもしれません。

異業界に挑む場合は、業界の学習から始まるので、仕事への順応には苦労するでしょう。

しかし、自身の「強み」を活かすことによって、企業に求められる人材として活躍することができれば、以前の年収を上回る日も近いかもしれません。

使える「強み」の洗い出しと「業界と対象企業」の分析が、40代の転職を成功へと導く

40代の転職でやるべきことは、使える「強み」の洗い出しと、「業界と対象企業」の分析による差別化です。

「業界と対象企業」という「他者」を選択するためには、入念な分析(業界の市場規模、将来性、企業がもつ問題点や課題)は避けて通れません。

なお分析については、インターネット上の情報や現地調査等によって得られる、以下の情報を俯瞰すれば、ある程度の推測を立てることは可能です。

  • 企業の取扱商材
  • 車両の台数
  • 売上高と従業員数
  • 敷地面積と最寄り駅
  • 企業沿革の変遷など

この分析をもとに、自身の「強み」が活かせる業界と企業を選定しましょう。

そして、その企業が持つ問題点や課題に対して、自身の「強み」を活用することで、課題解決につながることが理解できるように、履歴書や職務経歴書に落とし込んでください。

面接においても、自身の「強み」の有用性をしっかりと自己PRをすることで、転職の成功に結び付けることができるでしょう。

まずは、あなたのキャリアを通じて得た、自身の「強み」を見つけ出すことです。

あなたがこれまでの社会人経験で得た経験は、他の人では同じものを得ることはできません。

自身の「強み」を必要としている企業を見つけ出し、自信を持って自分を「営業」するができれば、40代の転職を成功に導くことができるでしょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
山本 顕一
30代男性、兵庫県在住。「しごと改革コンサルタント」として、経営と労務に関する伴走型支援と公的機関での起業・開業支援を主に活動中。専門的知見をもとに、40代の転職に役立つ情報をご提供します。中小企業診断士、社会保険労務士。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ