40代が転職面接の自己紹介で好印象を与えるコツとは?【例文あり】

40代が転職面接の自己紹介で好印象を与えるコツとは?【例文あり】

キャリアコンサルタントのRikaです。
30~40代の方の転職支援業務を行っており、とくに面接指導を得意としています。

面接官

それでは、まず簡単に自己紹介をお願いします

上記のような質問から一次面接をスタートさせる企業は、筆者の感覚値にはなりますが、半数くらいはあります。

複数の面接を受けていれば、必ず一度は「自己紹介」で始まる面接に遭遇するでしょう。

つまり、自己紹介はかなり頻出する質問なので、面接対策として必ず回答準備をしておきたいところです。

一方で、準備をすすめる転職者側からすると、

  • 自己紹介って何を話したらいいの?
  • 何分くらい話すべき?
  • 転職回数が多い場合はどうすればいいのか…

こういった悩みを抱える人が少なくありません。

とくに40代ともなると、経験社数や職歴も増えるので、

どの部分に焦点を当てて、自己紹介をするべきだろうか?

このような点で迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、転職面接の自己紹介で40代が押さえるべきコツとして、

上記について解説します。

すぐに具体的なイメージが沸くように、回答例をふんだんに用いて説明していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

転職面接で自己紹介を求められる理由とは?

筆者も自社の中途採用で面接官を務めたときは、自己紹介の質問から面接をスタートさせていました。

なぜ面接官は、応募者に自己紹介を求めるのでしょうか?

まずは、面接官が自己紹介を求める意図について確認しておきましょう。

面接官が聞きたいのは「あなたの歴史」ではない

わたしは○○県で生まれ、○○大学卒業後、○○会社に勤めましたが、その後転職して○○に入り、そしてリーマンショックということがあり、会社が倒産しまして現職の○○社に入ったのですが…

このような流れで、

  • 自分の生い立ち、時系列で思いつくままに話す
  • 一度も文が切れることなく、数分間ダラダラと話す

上記のような自己紹介をしてしまう人が結構います。

この傾向は性格的に真面目な人に多く、相手に自分のことを伝えたい一心なのでしょう。

詳細に説明しようとする姿勢は伝わるかもしれませんが、残念ながらこのような話し方では、採用面接で評価されずに終わってしまう可能性が高いです。

面接官は、応募者の歴史を延々と聞きたいわけでありません。

知りたいのは「職歴のなかで、我が社でも使えるもの」

面接官が、応募者に自己紹介を求めるのは、

面接官

たくさん書いてある職務経歴書を要約すると、どんな内容ですか?

という意図があるからです。

さらにいえば、

あなたの職歴のなかで、我が社で使えるのはどの部分なのか?

上記について知りたいというのが真意でしょう。

したがって、複数ある職歴や経歴のなかで、応募した会社に関係ない部分をいくら話しても、ほとんど意味がありません。

たとえば、総務と人事の経験を持つ人が、人事職の採用面接を受けたとしましょう。

総務部のときの詳細な仕事内容や実績を話しても、面接官はそこまで興味を持たないというのが実態です。

経験社数・職種が多くなりがちな40代の場合は、すべてを細かく自己紹介に盛り込んではいけません

いろいろ経験していますが、自分の経験のなかで御社で使えそうな部分はこの部分です!

上記のように、次の職歴に活かせそうな部分に焦点をあてて、アピールしていくことが大切です。

  • 今回貴社が募集しているポジションに、必要な経験(資質)を私は持っています
  • 私は貴社が求めている人材です

上記について、面接官にきちんと理解してもらえるように、効果的な自己紹介文を作っていきましょう。

あなたの第一印象は、自己紹介で決まる

自己紹介には、もうひとつ大きな役割があります。

それは自己紹介の内容によって、

面接官の応募者に対する第一印象が確定する

という点です。

第一印象は、出会ってからの「数秒~数分」で決まるといわれています。

第一印象は理屈で決まるものではなく、

  • 応募者の身だしなみ
  • 声の印象
  • 挨拶の仕方

上記などから、面接官が直感的に感じ取るものです。

ただし、面接がはじまって数秒で感じ取った第一印象は、フワフワしたイメージでしかありません。

最初の質問である、

面接官

それではまず、自己紹介をお願いします

という質問に対する回答内容で、第一印象がほぼ確定するのです。

面接の冒頭の段階から、

自己紹介を終えたときに、面接官に好意的な印象を与えられるかどうか?

このような重大な局面をいきなり迎えます。

ここでしどろもどろになってしまい、

自己紹介を上手く伝えられない…

ということになってしまうと、気持ちに焦りが出てしまい、後続の質問にも上手く答えられない可能性が高まるでしょう。

面接の自己紹介では、しっかりと準備してきた回答を淀みなく答えて、精神的余裕を持ちたいところです。

次項で詳しく解説しますが、自己紹介は1分程度の内容にまとめていきましょう

1分ほどであれば内容も暗記できるはずなので、勝手に口が動き出すぐらい、何度も練習して面接にのぞむようにしてください。

自己紹介文の作り方

ここまでお話ししてきたように、面接の自己紹介においては、

自分を採用するメリットを、面接官に伝わるような内容で話す

この点を押さえることが重要です。

ここでは、効果的な自己紹介文を作るために、留意しておくべきポイントについて詳しくご紹介します。

どんなに職歴が多くとも、1分ほどにまとめよう

きちんと準備してきた方ほど、質問に対する答えが長い傾向にあります。

文を切らずに、

私は最初○○に入社したのですが、そこでは~ということもあり次の会社に転職しまして…

上記のような話し方をしてしまうと、冗長な印象を相手に与えるだけで、面接官の記憶には何も残りません。

面接官

いろいろ話してくれたけど、よく分からなかったな…

このような消化不良の気持ちが残るだけでしょう。

冗長な話し方をしてしまうと、

  • 要点を絞って、簡潔に話をまとめられるスキルがない

という印象を与えてしまいます。

とくに営業職や販売職など、コミュニケーションスキルが重要視される職種では、致命的な欠点と捉えられてしまうかもしれません。

面接とは、自分が準備してきた内容を伝える『発表会』ではなく、企業とコミュニケーションをとる場所です

面接官には、他にもたくさん質問したいことがあるでしょうし、そもそも、人はよほどの意識を払わなければ、3分も4分も他人の話を注意深く聞いていられません。

応募者には、できるだけポイントを絞って、1分程度で回答をまとめることが求められています。

これは自己紹介に限ったものではなく、あらゆる質問の回答にもいえることであり、話が短すぎても長すぎてもよくありません。

ほどよいボリュームの回答時間は1分程度である

上記を頭の片隅にいれておきましょう。

自己紹介に盛り込むべきポイントとは

面接官は、応募者に自己紹介をしてもらうことで、

面接官

あなたの職歴のなかで、わが社で使えるのはどの部分ですか?

という点について知りたいと考えています。

したがって、応募者は自己紹介のなかで、

私は御社が募集しているポジションに、必要な経験(資質)をもっています

このようなアピールをしなければなりません。

図で表すと、以下のようなイメージです。

面接の自己紹介でアピールすべきポイント

自身の即戦力性を証明するうえで、

  • 企業側が求めている人物像、経験・スキル
  • 応募者が持っている経験・スキル

この2つが合致しているグレーの部分が広いほど、効果的なアピールがしやすくなります。

ただし、重なっている部分が広いことを、自分できちんと言語化して伝えなければ、面接官は理解してくれませんので、

書類審査に通ったのだから、面接官はわかっているだろう

上記のような期待は禁物です。

なぜなら、面接官があなたの職務経歴書を読む時間は、おおよそ1~2分しかありません。

そのなかで、

面接官

この人のこの経験は、ウチでも活かせそうだな

このような深読みしてくれる面接官など、ほとんどいないからです。

御社とわたしは相性がいいんです!

ということを理解してもらうには、

企業側が求める人物像と自分の経験が重なるポイントを、自己紹介のなかにしっかり盛り込めているか?

上記にかかっているといえるでしょう。

ポイントを絞るための「ヒント」はどこにある?

では、会社がどんな人材を求めているかを知るには、どのようにすればよいのでしょうか?

答えは簡単です。

以下の2つをチェックすれば、すぐに把握することができます。

  1. 求人票
  2. 会社のコーポレートサイト(とくに採用ページ)

一般的に、企業のコーポレートサイトには採用ページが設けられているので、その内容を確認してみましょう。

中途採用(キャリア採用)のページがあまり充実していなければ、新卒向けのページを参考にしても構いません。

また、リクナビやマイナビの新卒向けサイトは、各社が凝った内容を載せているので、そちらを参照してみるのもおすすめです。

求人票と採用ページを確認すれば、

  • 任せたい業務内容
  • 応募資格
  • 求める人物像

上記について書かれているはずです。

書かれている内容を読み取って、自分に合致するキーワードをマーキングしていきましょう

たとえば、ある企業の営業職の募集要項と求める人物像には、以下のような内容が書かれていました。

  • 社外との折衝経験5年以上
  • ソリューション型、コンサルティング型の営業経験者
  • 責任感協調性を持って働ける方
  • 達成志向が強い
  • コミュニケーション力。特にヒアリング力伝達力など

黄色いマーカー部分が、自分の保有する経験・スキルと合致する部分だとした場合、これらキーワードを意識しながら、自己紹介文を作成していきます。

良い例

学校卒業後、現職△△株式会社で営業職に○年携わっています。

○○や○○といった商材を主に○○向けへの提案業務が主なミッションです。

□□といった悩みを抱えるお客様が中心になりますので、数ヶ月かけて顧客の課題解決を行うといったソリューション営業を展開しています。

担当エリアは○○、担当顧客数は××で、新規顧客と既存顧客の割合は○:○です。

現在、部内で一番の予算を持っていますが、ここ数ヶ月は連続して予算達成をしている状況です。

○年○月から部内でチームリーダーの役割を担っており、協調性と責任感を意識しながら業務をすすめています。

全てのキーワードについて、無理に盛り込む必要はありません。

求人票に記載されているキーワードをいくつか入れることで、アピールするポイントを効率的に絞ることができます

面接対策に充てられる時間には限りがあるので、ゼロから考えて作っていくよりも、求人票や会社サイトを参考にして、アピールポイントを決めていきましょう。

【ケース別】自己紹介の回答例と40代の留意点

40代ともなると、20代や30代と比べて職歴も長く、経験社数や所属部署の数も多くなるはずです。

ここでは2つの例文を取りあげて、40代の自己紹介文の留意点を解説します。

【転職回数が多い】自己紹介の例文とポイント

在籍社数(転職回数)が多い場合の自己紹介について、例文と留意すべきポイントをご紹介します。

良い例

山田太郎と申します。学校卒業(中退)後、これまで3社で勤務してまいりました。

一社目は、○○メーカーの△△です。ここでは営業職として○○支社に3年半、その後転勤で東京本社に5年半勤務しました。

その後転職をしまして、2社目は○○を扱う企業、株式会社△△会社に勤務いたしました。

東京本社で営業職を6年程務めたのち、転勤で○○支社に異動になり、そこでは○○部で○○を担当しておりました。

3社目、現職になりますが、株式会社△△は2社目の○○から転籍という形で移りまして、引き続き○○職として、現在○年目です。

これまで3つの企業を経験しまして、勤務地や部署も数回変わりましたが、自分の職歴を大きく分類すると、主に職種Aと職種Bの2つです。

今回貴社に応募しましたのは、貴社の○○業務で、職種Bで培った○○と○○という経験(スキル)を活かせるのではと思ったからです。

B職では○○という実績を出しており、特に○○を得意としています。

これまでの経験を是非貴社で活かせればと考えております。本日はどうぞよろしくお願い致します。

複数職歴がある方は、まず何社経験しているのか最初に述べる

最初にA社に入りまして、その後B社に入りまして、そして現在C社に…

上記のように文を一度も切らずに話すと、聞く側が混乱して、内容をのみ込むことができません。

私はこれまでに3社経験しています

最初にこのように宣言するだけで、聞く側の心構えがまったく異なるのです。

名前は名乗っても、名乗らなくてもどちらでもOK

どちらでもOKですが、名乗った方が出だしのリズムが掴めて、話しやすくなります。

出だしは「学校卒業後、」から

学歴まで触れる必要はありません。

経験社名はすべて正式名称で名前を出す

履歴書や職務経歴書に記載しているからといって、省かないようにしましょう。

職種ごとの経験期間を合算して伝えるとわかりやすい

いままで〇社で勤務しましたが、○○の業務は□年、✖✖の業務は□年

上記のように、職種を合算して伝えると、面接官は記憶しやすいでしょう。

【1社で複数の部署を経験】自己紹介の例文とポイント

1社で複数の部署を経験し、さまざまな業務に携わった場合の自己紹介について、例文と留意すべきポイントをご紹介します。

良い例

山田太郎と申します。学校卒業後新卒で現職の△△会社に入社し、現在まで○年間勤務してまいりました。

この○年間で3つの部署を経験しています。A部署を○年間、B部署を○年間、C部署を○年間です。

これまでの職歴で、最も貴社に貢献できそうなのはB部署での経験です。

当社は○○(商材)を○○向け(顧客)に提案・販売する会社でして、○○や○○といった業務をメインに行ってきました。

主な実績としては○○があります。

貴社とは○○の部分でやや異なるところもあるかもしれませんが、○○や○○といったスキルを活かしながら、尽力していきたいと考えています。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

現職企業の知名度があまりない場合は、業界や取り扱い商材などを補足する

だれ宛て(顧客)に、なにを(商材)を販売する企業なのかを補足すると、面接官はイメージが沸きやすくなります。

複数の職種の中でも、応募企業に最も近い職種について詳細に説明していく

経験職種のなかでも、これから受ける職種に最も近い部分(B部署での経験)についての記述をメインにします。

あまり関係のなさそうなA部署やC部署の経歴については、面接官が訊ねてきたら詳細に答える形にしましょう。

限られた自己紹介の時間のなかでは、あえて触れる必要はありません。

なお、未経験職種に応募する場合は、

今回、異業界、異職種への応募となりますが、○○の部分は活かせると思いますので、何卒よろしくお願いいたします

このように締めくくる形がおすすめです。

【職種別】自己紹介に盛り込むべきポイント

会社の求めている部分と自分の経験が重なっている部分だけで、自己紹介がうまく作れない場合は、適度に追加の情報を補いましょう。

補うべきポイントについて、職種別に一例を取りあげておきます。

自己紹介に盛り込むべきポイント(職種別)
  • 営業
    誰宛てに(法人or個人)、何を(商材)、どのように(新規営業・既存営業)、どのくらい(担当顧客数、月別訪問数や予算など)販売していたか
  • 販売
    誰宛てに(富裕層 / ファミリー層)、何を(低単価 / 高単価)、どこで(百貨店 / ショッピングモール / ECサイト)、どれくらい(月の販売数 / 接客数)販売していたか
  • 営業事務
    書類作成(どんな書類をどれくらいの頻度で作成していたか)、受発注業務(一日当たりの処理件数)、営業経理(代金回収・入金確認・照合)の経験はあるかなど
  • システムエンジニア
    誰(顧客の業界)のどんなシステム(用途、規模)の、どの部分を担当していたか、リーダーやマネジメント経験はあるか。マネジメント経験の場合、人・モノ・お金のどの部分を管理していたか

自分の職歴について、

誰に / 何を / どれくらいの量を / どのように

上記のような観点を意識して伝えると、面接官は理解しやすくなります。

また、時間に余裕がある方は、自分がアピールできるスキルについて、ボキャブラリーを増やしておくとよいでしょう。

自己紹介だけでなく、長所などを聞かれた際にも役立ちます。

スキルの言語化に関しては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

面接で長所や短所を質問されたときの話し方とは

面接で自己紹介をした後に、自身の「長所・短所」については、面接官から聞かれる可能性の高い質問事項のひとつですが、

面接官

あなたの長所と短所を教えてください

このように質問されてもスムーズに答えられなくて、抽象的な回答になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、面接での「長所・短所の正しい答え方」について、とくに40代の方が押さえておきたいポイントを解説します。

ポイントを踏まえた回答例もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

「長所」の答え方と回答例

40代の転職者が面接で「長所」について質問されたときは、以下の2点を押さえて回答しましょう。

  1. 長所を端的に述べる
  2. 長所が活かされた具体的なエピソードを入れる

2つのポイントを押さえた回答例は、以下のとおりです。

長所を答える場合の回答例

私の長所は「周りへの気配りができること」です。

前職では営業チームの主任を任されており、私の所属していたチームは、20代から30代の合計7人のメンバーがおりました。

それぞれのメンバーによって得意な領域・不得意な分野は異なるため、「個人との対話」を大切にしながら、メンバーの適材適所に努めてまいりました。

結果として、私が主任を担当してからチームの売上を20%以上伸ばすことができ、メンバーからも「働きやすい」という声の出る環境をマネジメントできたと自負しております。

この回答例のポイントについて、詳しく解説します。

長所を答える場合のポイント

長所を答える際には上記の例文のように、

  1. 長所を端的に述べる
  2. 長所が活かされた具体的なエピソードを入れる

という点を押さえていることが大切です。

まず「長所を端的に述べる」という点については、

私はマネジメント力が強みです

という形で端的に述べています。

「長所が活かされた具体的なエピソードを入れる」については、営業チームの主任を任されていたエピソードを盛り込んでいますが、

  • エピソード内容が長所と合っているものか?
  • 長所を活かした結果どうなったか?

といった点も含めて考えると、より効果的な回答となるでしょう。

場合によっては、長所を今後どう活かすかを補足する

面接官の質問の意図によっては、

長所を今後どう活かしたいのか?

という点についても、最後に付け加えたほうがよい場合もあります。

単純に「長所」だけを質問されている場合なら、端的な回答を求められているケースが多いので、付け加えるかどうかは少し判断に迷うところです。

ですので、「今後の活かし方」については、

  • 自分に与えられてた回答時間
  • 面接官の質問意図

こういった点をくみ取りながら、付け加えるべきかを判断しましょう。

【NG例】長所が「自慢話」になってはいけない

長所を聞かれた際は、「自分の優れている点」について説明する必要がありますが、長所の説明が「自慢話」になってはいけません

長所が自慢話に聞こえてしまう理由として、

  • 長所をいくつも述べてしまっている

というケースが挙げられます。

実際の例として、長所を複数入れてしまっている文章を確認してみましょう。

ダメな例

私は何事も最後まで継続できることが長所です。

また、物事に対して集中して取り組むことができます。そして、チームワークも大切にして仕事を進めることもできます。

上記の例では、3つの長所が述べていますが、全体としてまとまりがなく、何となく自慢しているような雰囲気を感じませんか?

40代の方であれば、アピールできるエピソードが多いので、長所も複数挙げてしまいがちです。

しかし、いくつも挙げてしまうと逆効果になってしまいます。

長所を答えるときは、「企業が求める人物像」をふまえたうえで、ひとつの長所に絞りましょう

その長所について、エピソードを添えて話すことを意識してください。

「短所」の答え方と回答例

続いては、「短所」の答え方についてです。

40代の転職者が面接で「短所」について質問されたときは、以下の3点を押さえて回答しましょう。

  1. 短所を端的に述べる
  2. どんな場面で短所が出やすいのかを入れる
  3. 短所とどう向き合っていくかで締める

3つのポイントを押さえた回答例は、以下のとおりです。

短所を答える場合の回答例

私の短所は「心配性」なところです。

仕事上でも心配性な性格が出てしまうことがあり、必要以上に確認作業を入念に行うことから、作業の完了に予定よりも時間がかかってしまう時がありました。

そのため、確認作業には他の方に協力をお願いすることや、普段から仕事にかかる時間を多く見積もるように心がけています。

この回答例のポイントについて、詳しく解説します。

短所を答える場合のポイント

短所を答える際は上記の例文のように、

  1. 短所を端的に述べる
  2. どんな場面で短所が出やすいのかを入れる
  3. 短所とどう向き合っていくかで締める

という点を押さえていることが大切です。

まず「短所を端的に述べる」という点については、

私の短所は心配性なところです

このように端的に述べられています。

「どんな場面で短所が出やすいのかを入れる」についても、仕事のエピソードを交えながら、説明しているのがおわかりいただけるでしょう。

そして短所の場合は、「短所とどう向き合っていくかで締める」という点についても、盛り込むようにしてください。

例文では今後の対処法について、

  • 確認作業には他の方に協力をお願いする
  • 仕事にかかる時間を多く見積もる

といった内容を示しています。

とくに40代の転職者であれば、

面接官

自分の短所について、これまでどう向き合ってきたのかな?

上記については、面接でも重視されやすいポイントです。

短所の答え方次第では、前向きなイメージを与えることができますので、短所の回答についてもしっかり考えておきましょう。

【NG例】入社後の仕事内容に直結する短所は避ける

短所を伝えるときの注意点として、

入社後の仕事内容に直結する短所は避ける

ということに留意するようにしてください。

たとえば、「営業職」で応募しているのに、

私は他人の言葉で傷つきやすいタイプです

短所としてこのような回答をしてしまうと、

面接官

この人に営業を任せて大丈夫なのかな…

面接官はこんなふうに心配になってしまいますよね。

短所は短所として、正直に認めることは大切です。

ただし、自分が入社後におこなう仕事内容を考えて、仕事に支障が出てしまいそうな短所は、見せないように気をつけましょう

40代が面接試験を突破するために押さえておきたいポイント

面接合格!

40代の転職活動において、面接対策はもっとも大きな山場となります。

面接まで進んだのですから、何としても内定を勝ち取りたいところです。

ここでは、面接試験を確実に突破するために、40代転職者が備えておきたいポイントについてお話しします。

自己PRは「企業が求める人物像」を知ることから

40代ともなれば、複数の会社・複数の部署で勤務した経験を持つ人も多いでしょう。

しかし、だからといって自己PRをする際に、その経歴をすべて伝えきる必要はありません。

企業側が求めている経験や人物像に対して、

この人のこの部分はとてもマッチしているな

と思えるスキルや実績を中心に、伝えていきましょう。

企業の求める人物像を知らずに、自分の得意なことだけを盛り込んで、一方的な回答をしてしまうことは非常に危険です

面接官

あなたは優秀そうだけど、我が社では求めていないですね…

面接においては、上記のような結果になってしまう可能性が高いです。

企業側、つまり人事や採用担当者の目線で、

  • 面接官はあなたのどこを見ているのか?
  • それに対して、あなたは何をPRするべきか?

という点をふまえて、回答を準備する必要があります。

自己PRに関しては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

転職理由はポジティブな表現でまとめよう

面接官

あなたはなぜ会社を辞める(た)のですか?

上記のような転職(退職)理由については、面接官から必ず聞かれますので、これまでに転職を何度か経験している人は、経験社ごとの転職理由を用意しておきましょう。

当たり障りのない曖昧な理由を伝えると、

面接官

何か隠しているのではないか?

面接官

そんな理由で辞めるのなら、ウチでも定着しないだろうな…

このように思われてしまうので、本当の理由をポジティブな表現に言いかえて、伝えることをおすすめします。

転職理由の伝え方のコツとしては、

want(○○したいから)の表現

を用いて伝えることです。

たとえば「年収が低いから」という理由であれば、

実績と年収が連動する環境で、もっとがんばりたいので転職を検討しています

「人間関係がよくなかった」という理由であれば、

フラットで風通しのよい関係性のなかで、自分の企画や提案を積極的に発信したいので、転職を検討しています

上記のように伝えると、転職理由がポジティブに聞こえて、面接官に好意的に受け取ってもらえます。

転職理由で面接官の合格をもらうためには、

  • 面接官に好意的かつ共感してもらえるか?

という点が重要なので、現職(前職)企業を批判するようなことを言うのは避けましょう

転職理由の伝え方に関しては、以下の記事が参考になりますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

志望動機を考えるうえで、企業研究は必須

企業研究というと、

時間がかかって大変そう…

そもそも何を調べればいいの?

このような声をよく耳にします。

確かに企業研究には、多少の労力と時間を要しますが、実はそれほど難しいことではありません。

研究という名がついているだけで、実際はリサーチに近いものであり、インターネット上でたいていの情報を収集できますので、労を惜しまずに始めていきましょう。

企業研究のコツは、応募企業を1から10までつぶさに調べあげるのではなく、優先順位をつけて情報収集をしていくことです。

企業研究する目的と収集する項目
  1. 面接に合格するための企業研究
    沿革、経営者情報、商材の特性、売上高、取引先情報、競合情報、中期経営計画(企業理念含む)、業務内容など
  2. 入社するか判断するための企業研究
    年収や評価制度、産休・育休取得状況、ワークライフバランス(残業や有給)など

の待遇や働き方に関する項目は、内定が近づいた段階の調査でも構いません。

書類選考・面接対策としては、できるだけに関する項目を集めて、履歴書や面接の志望動機作成に活用していきましょう。

志望動機だけでなく、自己紹介・自己PR・逆質問など、企業研究で集めた情報を活用する場面は多岐に渡ります。

1~2社ほど企業の情報収集を行っていけば、

  • 企業サイトのどの部分を見ればよいか?

というコツも掴めるはずです。

たくさんの企業情報を集めれば集めるほど、他社比較などもできて知識に厚みが出ますので、早めに取り掛かりましょう。

志望動機や企業研究に関しては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

▼あわせて読みたい記事▼

面接官に刺さる「あなただけの強み」を語ろう

40代という年齢を考えると、企業側が求めるのは成長ポテンシャルではなく、

面接官

具体的にどういった貢献をしてもらえるのだろうか?

という即戦力で活躍できるイメージです。

企業側に即戦力だと感じてもらうためには、若い年代でも言えるような内容ではなく、

これまでの経験や実績に裏付けされた、オリジナリティ溢れるあなただけの強み

上記をしっかり伝えなければなりません。

そのためにもしっかりとした自己分析をおこなって、企業側が求める人物と合致する経験や実績を意識して、あなたの強みを語りましょう。

  • 貴社の商品(サービス)には、どんな強みと特徴があるのか?
  • そんな貴社において、自分はこれまでのどんな経験を活かせるのか?

この2点を具体的に言語化して伝えることで、他の応募者と被らない独自性のある回答にできるはずです。

自己分析をする具体的な方法については、以下の記事で解説をしていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

逆質問タイムに備えよう

面接対策で忘れてはならないのが、逆質問の準備です。

逆質問とは、面接の最後に面接官から、

面接官

それでは最後に、○○さんの方から当社に対して何か質問があればどうぞ

このように聞かれる質問のことをいいます。

どの面接においても、必ずこの逆質問コーナーが設けられるはずです。

しかし、志望動機や転職理由の回答を考えるのに手一杯で、質問することを考えないままで、面接に挑んでしまう方をよく見かけます。

当然のことながら、

質問はとくにありません

有給休暇の取得率はどれくらいですか?

上記のような回答をすれば、マイナス評価となってしまうでしょう。

それまで高い評価を得ていたとしても、逆質問の回答ひとつで、不合格になることもあり得ます。

決してあなどってはならない質問なのです。

逆質問では、何を聞いてもよいということではなく、志望度の高さや自己PRにつながるような質問をする必要があります

40代がどのような逆質問をするべきなのか、以下の記事で例文も交えながら解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

面接対策に転職エージェントを活用しよう

面接の対策を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

働きながら、あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なことでしょう。

そこで筆者がおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用することです。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|205人の口コミ評価でランキング

まとめ:面接の自己紹介を対策して、好印象を与えよう

今回は、転職面接の自己紹介で40代がどのような内容を話すとよいのか、例文を交えながらお話ししてきました。

自己紹介は面接の冒頭で聞かれるため、第一印象を決定づけるという意味でも、とても重要な質問です。

ポイントを絞った濃い内容をコンパクトに伝えれば、面接官から好感をもたれて、その後の面接がうまくいく確率がぐんと高まるでしょう。

応募職種が同じであれば、他の企業でもある程度は応用が利きます。

きちんとした自己紹介文をいちど作っておくと、今後の面接対策がとても楽になるはずです。

面接対策を始める段階で、早めに攻略しておきましょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

40代が転職面接の自己紹介で好印象を与えるコツとは?【例文あり】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代女性、北海道在住。8年半の大手人材紹介会社勤務を経て、現在はフリーで30~40代の方の転職支援業務に従事しております。3000名以上の転職相談(カウンセリング)した経験をもとに、役立つ情報を提供致します。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント

目次
閉じる