面接対策

40代が転職面接で自己紹介に盛り込むべき内容とは?【例文あり】

キャリアコンサルタントのRikaです。
30~40代の方の転職支援業務を行っており、とくに面接指導を得意としています。

面接官
面接官
それでは、まず簡単に自己紹介をお願いします

上記のような質問から一次面接をスタートさせる企業は、筆者の感覚値にはなりますが、約半数にものぼります。

複数の面接を受けていけば、必ず一度は「自己紹介」で始まる面接に遭遇するでしょう。

つまり、「自己紹介してください」はかなり頻出する質問なので、面接対策として必ず回答準備をしておきたいところです。

一方で、準備をすすめる転職者側からすると、

自己紹介って何を話したらいいの?
何分くらい話すべき?
転職回数が多い場合はどうすればいいのか…

こういった悩みを抱える人が少なくありません。

40代ともなると経験社数や職歴も増えるので、

どの部分に焦点を当てて、自己紹介をすればいいのか?

このような点で迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、転職面接の自己紹介で40代がどのような内容を話すとよいのか、注意すべき点を踏まえながら解説をしていきます。

すぐに具体的なイメージが沸くよう、例文をふんだんに用いて説明しますので、ぜひ最後までお読みください。

転職面接で自己紹介を求められる理由とは

筆者も、自社の中途採用で面接官を務めたときは、自己紹介の質問から面接をスタートさせていました。

なぜ面接官は、応募者に自己紹介を求めるのでしょうか?

まずはその意図を理解しましょう。

面接官が聞きたいのは「あなたの歴史」ではない

わたしは○○県で生まれ、○○大学卒業後、○○会社に勤めましたが、その後転職して○○に入り、そしてリーマンショックということがあり、会社が倒産しまして現職の○○社に入ったのですが…

このような流れで、

  • 自分の生い立ち、時系列で思いつくままに話す
  • 一度も文が切れることなく、数分間ダラダラと話す

上記のような自己紹介をしてしまう人が結構います。

性格的に真面目な人にこの傾向が多く、相手に伝えたい一心で、詳細に説明しようとする姿勢は伝わるかもしれません。

しかし、残念ながらこのような話し方では、採用面接で評価されずに終わってしまうでしょう。

面接官は、応募者の歴史を延々と聞きたいわけではないのです。

知りたいのは「あなたの職歴のなかで、我が社でも使えるもの」

面接官が、応募者に自己紹介を求めるのは、

面接官
面接官
たくさん書いてある職務経歴書を要約すると、どんな内容ですか?

上記のような意図であり、さらにいえば、

あなたの職歴のなかで、我が社で使えるのはどの部分なのか?

このようなことが知りたいからです。

したがって、複数ある職歴や経歴のなかで、応募した会社に関係ない部分をいくら話しても、ほとんど意味がありません。

たとえば、総務と人事の経験を持つ人が、人事職の採用面接を受けたとしましょう。

総務部のときの詳細な仕事内容や実績を話しても、面接官はそこまで興味を持たないというのが実態です。

経験社数・職種が多くなりがちな40代の場合は、すべてを細かく自己紹介に盛り込んではいけません。

いろいろ経験していますが、自分の経験のなかで御社で使えそうな部分はこの部分です

上記のように、次の職歴に活かせそうな部分に焦点をあてて、アピールしていくことが大切です。

  • 今回貴社が募集しているポジションに、必要な経験(資質)を私は持っています
  • 私は貴社が求めている人材です

上記について、面接官にきちんと理解してもらえるように、効果的な自己紹介文を作っていきましょう。

あなたの第一印象は、自己紹介で決まる

自己紹介には、もうひとつ大きな役割があります。

それは自己紹介の内容によって、

面接官の応募者に対する第一印象が確定する

上記のような点です。

第一印象は、出会ってからの「数秒~数分」で決まるといわれています。

第一印象は理屈じゃなく、応募者の身だしなみや声、挨拶の仕方などから、面接官が直感的に感じ取るものです。

ただ、面接がはじまって数秒で感じ取った第一印象は、フワフワしたイメージでしかありません。

しかし、最初の質問である、

面接官
面接官
それではまず、自己紹介をお願いします

この質問に対する回答内容で、第一印象がほぼ確定します。

自己紹介を終えた段階で、面接官に好意的な印象を与えられるかどうか?

面接冒頭にして、いきなり重大な局面を迎えることになるのです。

ここでしどろもどろになってしまい、自己紹介を上手く伝えられないと、どうなるでしょうか?

気持ちに焦りが出て、後続の質問にも上手く答えられない可能性が出てしまいます。

面接の自己紹介では、しっかりと準備してきた回答を淀みなく答えて、精神的余裕を持ちたいところです。

次項で解説しますが、自己紹介は1分程度の内容にまとめていきます

1分ほどであれば、内容も暗記できるはず。

勝手に口が動き出すぐらい、何度も練習して面接にのぞみましょう。

自己紹介文の作り方

ここまでお話ししてきたように、面接の自己紹介においては、

自分を採用するメリットが、面接官に伝わるような内容を話す

このような点をふまえることが重要です。

ここでは、効果的な自己紹介文を作るために、留意しておくべき点について詳しくご紹介します。

どんなに職歴が多くとも、1分ほどにまとめよう

きちんと準備してきた方ほど、質問に対する答えが長い傾向にあります。

文を切らずに、

私は最初○○に入社したのですが、そこでは~ということもあり次の会社に転職しまして…

上記のような話し方をしてしまうと、冗長な印象を相手に与えるだけで、面接官の記憶には何も残りません。

面接官
面接官
いろいろ話してくれたけど、よく分からなかったな…

このような消化不良の気持ちが残るだけです。

冗長な話し方をしてしまうと、

要点を絞って、簡潔に話をまとめられるスキルがない

上記を露呈しているようなものです。

とくに営業職や販売職など、コミュニケーションスキルが重要視される職種では、致命的な欠点と捉えられてしまうかもしれません。

面接とは、自分が準備してきた内容を伝える『発表会』ではなく、企業とコミュニケーションをとる場所です。

面接官には、他にもたくさん質問したいことがあるでしょう。

そもそも、人はよほどの意識を払わなければ、3分も4分も他人の話を注意深く聞いていられません。

応募者には、できるだけポイントを絞って、1分程度で回答をまとめることが求められています。

これは自己紹介に限ったものではなく、あらゆる質問の回答にもいえることであり、話が短すぎても長すぎてもよくありません。

ほどよいボリュームの回答時間は1分程度である

上記を頭の片隅にいれておいてください。

自己紹介に盛り込むべきポイントとは

面接官は応募者に自己紹介をしてもらうことで、

面接官
面接官
あなたの職歴の中で、わが社で使えるのはどの部分?

この点について知りたいと考えています。

したがって、応募者は自己紹介のなかで、

御社が募集しているポジションに、必要な経験(資質)を私はもっています

このようなアピールをしなければなりません。

図で表すと、以下のようなイメージとなります。

面接の自己紹介でアピールすべきポイント

企業側が求めている人物像と、応募者が持っている経験・スキルが合致している、つまりグレーの重なり部分が広ければ広いほど、即戦力性を発揮できる証明になるのです。

ただし、この重なっている部分は、自分できちんと言語化して伝えなければ、面接官は理解してくれません。

書類審査に通ったのだから、面接官はわかっているはずだ
自分の話す内容から、重要なポイントは面接官の方で抜粋してくれるだろう

上記のような期待は禁物です。

なぜなら、面接官があなたの職務経歴書を読む時間は、おおよそ1~2分しかありません。

そのなかで、

面接官
面接官
この人のこの経験は、ウチでも活かせるな

このような深読みしてくれる面接官など、ほとんどいないからです。

御社とわたしは相性がいいんです!

上記について理解してもらうには、

企業側が求める人物像と自分の経験が重なるポイントを、どれだけ自己紹介のなかに盛り込めるか

この点にかかっているといえるでしょう。

ポイントを絞るための「ヒント」はどこにある?

では、会社がどんな人材を求めているかを知るには、どのようにすればよいのでしょうか?

答えは簡単です。

以下の2つをチェックすれば、すぐに把握することができます。

  • 求人票
  • 会社のコーポレートサイト(とくに採用ページ)

一般的に、会社のコーポレートサイトには採用ページが設けられているので、そちらを確認してみましょう。

中途採用(キャリア採用)のページがあまり充実していなければ、新卒向けのページを参考にしても構いません。

また、リクナビやマイナビの新卒向けサイトは、各社が凝った内容を載せているので、そちらを参照してみるのもおすすめです。

求人票と採用ページを確認すれば、

  • 任せたい業務内容
  • 応募資格
  • 求める人物像

上記について書かれているはずです。

書かれている内容を読み取って、自分に合致するキーワードをマーキングしていきましょう

たとえば、ある企業の営業職の募集要項と求める人物像には、以下のような内容が書かれていました。

  • 社外との折衝経験5年以上
  • ソリューション型、コンサルティング型の営業経験者
  • 責任感協調性を持って働ける方
  • 達成志向が強い方
  • コミュニケーション力。特にヒアリング力伝達力など

黄色いマーカー部分が、自分の保有する経験・スキルと合致する部分だとした場合、これらキーワードを意識しながら、自己紹介文を作成していきます。

学校卒業後、現職△△株式会社で営業職に○年携わっています。

○○や○○といった商材を主に○○向けへの提案業務が主なミッションです。

□□といった悩みを抱えるお客様が中心になりますので、数ヶ月かけて顧客の課題解決を行うといったソリューション営業を展開しています。

担当エリアは○○、担当顧客数は××で、新規顧客と既存顧客の割合は○:○です。

現在、部内で一番の予算を持っていますが、ここ数ヶ月は連続して予算達成をしている状況です。

○年○月から部内でチームリーダーの役割を担っており、協調性と責任感を意識しながら業務をすすめています。

全てのキーワードについて、無理に盛り込む必要はありません。

求人票に記載されているキーワードをいくつか入れることで、アピールするポイントを効率的に絞ることができます。

面接対策に充てられる時間には限りがあります。

ゼロから考えて作っていくよりも、求人票や会社サイトを参考にして、アピールポイントを決めていきましょう。

40代が自己紹介で留意すべきこと

40代ともなると、20代や30代と比べて職歴も長く、経験社数や所属部署の数も多くなるはずです。

ここでは2つの例文を取りあげて、40代の自己紹介文の留意点を解説します。

【転職回数が多い場合】自己紹介の例文と留意点

在籍社数(転職回数)が多い場合の自己紹介について、例文と留意すべきポイントをご紹介します。

山田太郎と申します。学校卒業(中退)後、これまで3社で勤務してまいりました。

一社目は、○○メーカーの△△です。ここでは営業職として○○支社に3年半、その後転勤で東京本社に5年半勤務しました。

その後転職をしまして、2社目は○○を扱う企業、株式会社△△会社に勤務いたしました。

東京本社で営業職を6年程務めたのち、転勤で○○支社に異動になり、そこでは○○部で○○を担当しておりました。

3社目、現職になりますが、株式会社△△は2社目の○○から転籍という形で移りまして、引き続き○○職として、現在○年目です。

これまで3つの企業を経験しまして、勤務地や部署も数回変わりましたが、自分の職歴を大きく分類すると、主に職種Aと職種Bの2つです。

今回貴社に応募しましたのは、貴社の○○業務で、職種Bで培った○○と○○という経験(スキル)を活かせるのではと思ったからです。

B職では○○という実績を出しており、特に○○を得意としています。

これまでの経験を是非貴社で活かせればと考えております。本日はどうぞよろしくお願い致します。

複数職歴がある方は、まず何社経験しているのか最初に述べる

最初にA社に入りまして、その後B社に入りまして、そして現在C社に…

上記のように文を一度も切らずに話すと、聞く側が混乱して、内容をのみ込むことができません。

3社あります

最初にこのように宣言するだけで、聞く側の心構えがまったく異なります。

名前は名乗っても、名乗らなくてもどちらでもOK

どちらでもOKですが、名乗った方が出だしのリズムが掴めて、話しやすくなります。

出だしは「学校卒業後、」から

学歴まで触れる必要はありません。

経験社名はすべて正式名称で名前を出す

履歴書や職務経歴書に記載しているからといって、省かないようにしましょう。

職種ごとの経験期間を合算して伝えるとわかりやすい

いままで〇社で勤務しましたが、○○の業務は□年、✖✖の業務は□年

上記のように、職種を合算して伝えると、面接官は記憶しやすいでしょう。

【1社で複数の部署を経験】自己紹介の例文と留意点

1社で複数の部署を経験し、さまざまな業務に携わった場合の自己紹介について、例文と留意すべきポイントをご紹介します。

山田太郎と申します。学校卒業後新卒で現職の△△会社に入社し、現在まで○年間勤務してまいりました。

この○年間で3つの部署を経験しています。A部署を○年間、B部署を○年間、C部署を○年間です。

これまでの職歴で、最も貴社に貢献できそうなのはB部署での経験です。

当社は○○(商材)を○○向け(顧客)に提案・販売する会社でして、○○や○○といった業務をメインに行ってきました。

主な実績としては○○があります。

貴社とは○○の部分でやや異なるところもあるかもしれませんが、○○や○○といったスキルを活かしながら、尽力していきたいと考えています。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

現職企業の知名度があまりない場合は、業界や取り扱い商材などを補足する

だれ宛て(顧客)に、なにを(商材)を販売する企業なのかを補足すると、面接官はイメージが沸きやすくなります。

複数の職種の中でも、応募企業に最も近い職種について詳細に説明していく

経験職種のなかでも、これから受ける職種に最も近い部分(B部署での経験)についての記述をメインにします。

あまり関係のなさそうなA部署やC部署の経歴については、面接官が訊ねてきたら詳細に答える形にしましょう。

限られた自己紹介の時間のなかでは、あえて触れる必要はありません。

なお、未経験職種に応募する場合は、

今回、異業界、異職種への応募となりますが、○○の部分は活かせると思いますので、何卒よろしくお願いいたします

このように締めくくる形がおすすめです。

【職種別】自己紹介に盛り込むべきポイント

会社の求めている部分と自分の経験が重なっている部分だけで、自己紹介がうまく作れない場合は、適度に追加の情報を補いましょう。

補うべきポイントについて、職種別に一例を取りあげておきます。

自己紹介に盛り込むべきポイント(職種別)
  • 営業
    誰宛てに(法人or個人)、何を(商材)、どのように(新規営業・既存営業)、どのくらい(担当顧客数、月別訪問数や予算など)販売していたか
  • 販売
    誰宛てに(富裕層/ファミリー層)、何を(低単価or高単価)、どこで(百貨店/ショッピングモール/ECサイト)、どれくらい(月の販売数/接客数)販売していたか
  • 営業事務
    書類作成(どんな書類をどれくらいの頻度で作成していたか)、受発注業務(一日当たりの処理件数)、営業経理(代金回収・入金確認・照合)の経験はあるかなど
  • システムエンジニア
    誰(顧客の業界)のどんなシステム(用途、規模)の、どの部分を担当していたか、リーダーやマネジメント経験はあるか。マネジメント経験の場合、人・モノ・お金のどの部分を管理していたか

自分の職歴について、

誰に / 何を / どれくらいの量を / どのように

上記のような観点を意識して伝えると、面接官は理解しやすくなります。

また、時間に余裕がある方は、自分がアピールできるスキルについて、ボキャブラリーを増やしておくとよいでしょう。

自己紹介だけでなく、長所などを聞かれた際にも役立ちます。

スキルの言語化に関しては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:面接の自己紹介を対策して、好印象を与えよう

今回は、転職面接の自己紹介で40代がどのような内容を話すとよいのか、例文を交えながらお話ししてきました。

自己紹介は面接の冒頭で聞かれるため、第一印象を決定づけるという意味でも、とても重要な質問です。

ポイントを絞った濃い内容をコンパクトに伝えれば、面接官から好感をもたれて、その後の面接がうまくいく確率がぐんと高まるでしょう。

応募職種が同じであれば、他の企業でもある程度は応用が利きます。

きちんとした自己紹介文をいちど作っておくと、今後の面接対策がとても楽になるはずです。

面接対策を始める段階で、早めに攻略しておきましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Rika
40代女性、北海道在住。8年半の大手人材紹介会社勤務を経て、現在はフリーで30~40代の方の転職支援業務に従事しております。3000名以上の転職相談(カウンセリング)した経験をもとに、役立つ情報を提供致します。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント】
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

  • ぽけご

1人が
読んで良かった!

関連コンテンツ