転職の体験談

40歳独身女性の転職は第一印象がすべて!プロの就職支援で対策しよう

ちまたでは人手不足、売り手市場と言われていますが、本当に良い待遇で採用されるのは、20~30代の若手が中心だと思っている方も多いですよね。

ハッキリ言うとその通りです

私は40歳のときに、転職をするために就活をはじめました。

もちろん40代でも応募できる求人はたくさんあったのですが、「重労働の仕事」だったり、「低賃金の仕事」が多かったです。

希望の求人があっても、書類選考で通らなかったり、面接でけなされたりで悪戦苦闘。

最終的に納得できる就職先を見つけるまで、とても大変でした…。

今回の記事では、私が40歳の就活で経験した実体験をもとに、

  • うまくいかず苦労したこと
  • 就活で傷ついてしまったこと
  • 40代の就活で学んだこと

上記のようなポイントを振り返り、40代の女性が良い求人を勝ち取るには、どうしたらよいかをお話しします。

転職を考えるようになった理由

私は42歳女性で独身です。職業は病院の管理栄養士をしています。

新卒のときは、まさに就職氷河期時代の真っ只中で、50件受けても内定をもらえない時代でした。

新卒枠でようやく取れた栄養士の仕事は、月80時間のサービス残業、ボーナスは年にいちど3万円だけ…

初任給は手取り11万という、厳しい世界で頑張ってきました。

そのなかでも、「国家資格の医療職」や「パソコンの資格」を持っている人は優遇されていたので、とてもうらやましかったです。

頑張って資格を取得したら、きっと周りも私のことを認めてくれて、いい仕事につけるはず…

このように考えて仕事に打ち込み、必要だと思う資格をいくつも取得して頑張りました。

しかし、30歳を超えても独身で仕事三昧だと、

  • あなたは結婚してないから未熟な人間
  • 子どもも生んでいないから人間としてダメ

周りから、このようなことを言われだしたのです…

まぁ田舎なので、仕方ないといえばそれまでですけどね。

40歳に差し掛かるころには、未婚というだけで職場の人からも、人間性を疑われるようになってきたので、もはや転職するしかないと思いを固めました。

未婚の40歳女性には、資格持ちが就活の妨げに?

自分の力でしっかり根をはって、仕事をして生きていきたい

私はこのような思いを持って、仕事を続けてきました。

30代で取得した資格は5つもあり、経験も知識もあり、気力体力ともに十分な状態です。

しかし、それでも40歳を超えてからの就活は、やはり大変でした。

「住んでる場所が田舎だから」という点を考慮しても、つらかったですね。

どんなことがつらかったのか、それをどう乗り越えたのか、ご紹介させていただきます。

独身の40歳女性は書類選考突破すら難しい

20代のころの就活と違って、いまの私には、働きながら頑張って取得した「管理栄養士」という国家資格があります。

  • パソコン検定
  • ビジネスキャリア
  • 簿記
  • 製菓とパンのインストラクター

このような資格も履歴書にはしっかりと書かれており、経験も知識も身についているのです。

求人の募集枠が「55歳まで」書かれているところならば、まず大丈夫だろうと思い、ハローワークを通して履歴書を送付いたしました。

ですが、書類選考になかなか通りません…。10通送っても、ぜんぶ書類選考で落ちてしまいます。

そこで送付書類に、

面接だけでも、ぜひ受けさせてもらえないかでしょうか?

このような手紙を添えて送ると、なんとか面接は受けられるようになったのです。

面接でコテンパンにされる

面接では自分のやる気と、80時間サービス残業をしてきた体力とメンタル、経験値をアピールしました。

しかし、面接官の方から言われたことは、

これだけたくさん資格があれば、あなたなら他所で雇ってもらえるんじゃない?
あ~、独身の女性ね…。結婚してない女性は包容力がないから、うちではちょっとねえ…

このような感じで、ここでも未婚のことを指摘されてしまいます。

都会ならば「セクハラだ」ということもできますが、ここは古臭い田舎街です。

黙って耐えるしかありません。

誰か私に3ヶ月だけ戸籍を貸してくれないかなあ…せめてバツイチだったら…

このときほど、このように感じたことはありませんでした…。

もちろんその場で履歴書を突き返されて、就活失敗です。

次の面接では、せめて包容力があるように見せるために、優しめのメイクをして、笑顔の稽古も万全にして面接にのぞみました。

しかし、

うちは資格をたくさん持っているオバサンはいらない。文句ばかりで働かないし、権利ばかり主張するんだよね
若くてよく働く子がいいんだよね
資格だけ持っていてもねぇ。40代って図太いからさ

このようにさんざんな言われようです。

次の面接会場でも、

これだけイイ資格を持っていても、うちでは高い給料出せないよ?
未婚なの?結婚とかしないの?

こんなふうに言われてしまいます。

ここまで言われると、さすがにへこみますよね?

時間もお金もかけて、苦労してやっとの思いで取得した資格の数々を、たくさんの人から罵られて、メンタルが病みそうになりました…。

しかし!!

私たち40代は、就職氷河期のときには、もっとキツいことを言われていたのを思い出したのです。

そう!転んでもただでは起きない。

ダメな理由を改善するために、対策を立てることにいたしました。

ひとりでやってダメなら、周りに助けを求めればよいのです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

40代の転職に成功した友人からの貴重なアドバイス

実は私には、同じく40代で就活をして成功した友人が二人いました。

ひとりは元SEのシングルマザー。もうひとりは医療職の独身女性です。

ふたりとも40代で転職活動をして、とても良い条件の会社に転職していました。

自身の厳しい状況を打破するべく、彼女たちに相談してみることにしたのです。

さっそく相談してみると、元SEの友人にまず言われたことは、

この国は男尊女卑で、20代しか女性として見られない
だから求人の売り手市場は20~30代だけ!

上記のような厳しい言葉です…。

まずハローワークの就労支援を受けて!
プロだから、40代が面接とおりやすい会社とかアドバイスしてくれるよ

このようなアドバイスをもらいました。

もうひとりの医療職の友人は、

40代になるとさ、ガツガツ仕事してくれる人よりも、包容力や円満さを求めていることが多いよ
だから、ハローワークを通して、どういう人材がほしいのか問い合わせしてもらうといいかも

このような話だったのです。

ふたりの友人の話を聞いて、なるほどと実感しました。

ハローワークを利用して就活はしていたのですが、たしかに支援は受けていなかったのです。



40歳女性はハローワークの就職支援を受けるべし

友人のアドバイスに従って、さっそくハローワークに行って、面接の講習を受けてみることにしました。

ハローワークの面接講習でダメ出しをくらう

ハローワークの面接講習で、履歴書と私の顔を見て、いきなり言われたことがあります。

あなたね、、この履歴書の写真…。

まず髪の毛をハーフアップにして!

きちんと見えすぎちゃってます。中身はとっても穏やかでやさしい人なのに、それが写真では見えないのよ。

いきなりこのようなダメ出しをされてしまいました。

私は調理場をあつかう職種でしたので、清潔感を意識して、髪の毛をしっかりまとめていたのです。

しかし、それが逆にキツイ印象を与えてしまい、書類選考ではじかれているのだろう、このようなアドバイスをいただきました。

若い世代と40代に求められているものは違う

若い世代の就活であれば、

私はきちんとしている人間で清潔感もあります

このようなことを意識するべきだったのですが、40代では違います。

40代に求められるのは、

  • 包容力のある人間性
  • おだやかさ

このようなことだったのです。

40歳女性が面接で対策すべきは「第一印象」

また、以下のようなアドバイスももらいました。

面接のときは、ゆっくりしゃべってくださいね。

あと面接には暗い色のスーツではなく、明るい色のカーディガンとスカートで行ってください。

女性の場合は、面接でカチッとしたスーツでないほうがいい場合もある、このような話だったのです。

第一印象を決めるのは、やはり見た目です。

もともとキツく見えてしまう人なら、外見からやわらかい雰囲気を出さねばなりません。

まるで男女関係のノウハウと一緒ですね。

ハローワークの方からいただいた、私への最後のアドバイスは以下のとおりでした。

あなたと30秒話をしただけで、とてもしっかりした仕事観のある人だとわかるの。

だから外見まで堅いと、融通がきかない人に見られてしまうわ。

少しゆるふわにしたぐらいが丁度よいと思う。

客観的な指摘がイタイですが、確かに図星です。

すくなくとも、パンツスーツにひっつめ髪では、とても包容力があるように見えません。

読まれている方のなかには、

明るい服を着て、髪の毛をおろしてスカートにするだけで、就活がうまくいくの?

このように思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、外見をゆるふわモードに変えただけで、確かに私は内定をいただけるようになったのです。

しかも希望通りの職種、待遇、給与で、転職先を見つけることができました。

応募先企業が欲しい人物像を把握して転職にのぞむ

面接のときは、皆よいところしか見せようとしません。

能力や性格、仕事のスキルは、面接だけで知ることはできないのです。

そうなると、面接で決め手になるものとは、

  • この人なら、人間関係を乱さないかな
  • おとなしそうだから、こちらの言うことを聞きそう
  • メンタルは弱くなさそうだし、長く続きそうかな

このような部分がチェックされています。

つまり面接で判断されているのは、仕事の能力ではないのです。

20~30代であれば、「バリバリ仕事」をしてくれる人を求めがちでしょうが、40代の場合は、そうではないケースも多いことを覚えておきましょう。

とくに田舎の場合であれば、

  • いかに職場の輪を乱さずにいられる人材か?
  • 若手や古株と衝突せずにいられそうか?

上記のようなことが重視される傾向が強いのです。

したがって、書類選考と面接だけで採用が決まる場合は、第一印象で自分がどんな人間に見られるかを、しっかりと把握しておきましょう。

※能力重視で入社試験などがある場合は別です

私の場合は、ハローワークのアドバイザーの方に教えてもらった客観的な視点で、その重要性に気づくことができました。

【補足】ハローワークではさまざまな就労支援が受けられる

ハローワークでは、面接の相談や練習ができるだけではありません。

その他にも、就労のためのさまざまな支援を受けることができます。

例えば以下のような、資格取得に向けた支援も実施されているのです。

  • パソコン初級・中級講座
  • ホームヘルパー取得
  • IT講座
  • 社会人のための接遇講座

他にも、人間関係や発達障害で就労に悩む方のために、ジョブコーチのもとで支援があります。

ただし、申し込みをしたら全員受講できるわけではなく、人気講座では募集枠がいっぱいになってしまう場合も。

パソコン一日講座などは、パソコン初心者の方でも気軽に無料で受講できるので、ぜひ活用してください。

まとめ:40歳女性の転職はプロの助けを活用しよう

今回は、私の40歳の就活経験を通して学んだことをヒントに、40代の女性が良い求人を勝ち取るためのポイントについてお話ししました。

40代の就活には、さまざまな困難があると思いますが、あなたの能力がほしいという企業がどこかにあるはずです。

若かりし就職氷河期時代の頃に感じた、苦しさや不安とはまた違って、40代になると体力面の不安もありますよね。

このような不安を振り払って、最短でよりよく就活を成功させるために、プロの助けを効果的に活用しましょう。

就労のプロの手を借りることで、

  • 自分に何が足りないのか?
  • どこを改善したらよいのか?
  • 面接の攻略法

このようなことを教えてもらえます。

ぜひご活用なさってください。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
管理栄養士はる
40代女性、鹿児島県在住。管理栄養士。働きながら栄養士から管理栄養士を取得。新卒時は就職氷河期時代。50件以上の面接で落とされた経験あり。