転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

40歳女性の海外転職を振り返る~未経験だからこそ飛び込んでみよう~

転職活動をするうえで、40代で未経験となると、採用の壁は高くなるものですよね。

しかし海外転職の場合は、採用を決める基準が国内とは異なるので、未経験がネックになるとは限りません

筆者は日本の某大学に勤務していたのですが、40代を前にふと思い立って、海外転職を決めました。

この記事では、40代を目前にした海外勤務未経験者の女性が、どのように海外転職を決めたのか、筆者の体験にもとづいてポイントをまとめてみました。

海外への転職 オススメ記事
目次

▼この記事の執筆者▼

40代女性、埼玉県在住。40代を前にして、大学勤務から心機一転、ベトナムの現地企業に転職。現在は、ベトナム進出にとりくむ地方自治体関係の仕事に関わっています。転職後もいろいろと模索中。いいことばかりではありません。だからこそ、40代ならではの課題とその解決方法を提案できればと思っています。

海外転職を決めた方法は?

一般的に転職活動をする場合は、転職エージェントを利用することが多いのではないでしょうか?

しかし筆者の場合は、前職の在職中であり、なんとなく転職することを考えていた段階で、あっさり決定してしまったのです。

転職活動期間といえる時期は、ほんのわずかでした。

転職活動期間は3日ほど

筆者の転職活動をまとめると、だいたい以下のような感じです。

  1. 検索キーワードでどのような転職サイトがあるのか調べる
  2. いろいろな海外転職サイトがあることを初めて知る
  3. 気になる会社を見つけてメールを送ってみる(1社のみ)

ほとんどの海外企業は、語学力や業務経験など、わりと細かく資格や経験を列挙しています。

それに対して筆者が気になった会社は、少し変わった書き方をしていました。

応募資格欄に「自信があるアピールポイントがある人」とあり、それを新鮮に感じたのです。

求人の応募は、その会社の社長に直接メールを送る形で、添付資料は履歴書のみ。

これまで身を置いていた大学業界では、20枚以上の書類を作成することが一般的だったので、

なんてシンプルなんだ…

このように思いながら、フラッと送ってみました。

転職は双方の直観で決まった

メールを送ったあとは、以下のようなプロセスを経て、ベトナムに行くことが決まりました。

  1. 履歴書と一緒にメールを送る(19時くらい)
  2. 応募先の社長から電話面接希望の返信がくる(20時半くらい)
  3. 国際電話で30分ほど話す(20時45分~21時15分くらいのあいだ)

もしかして、何か怪しい会社なのでは…

このように心配になるほど、短時間で決定してしまったのですが、日本の自治体の業務がメインの会社だったので、大丈夫だと判断しました。

筆者は電話で話した際の直観で決めてしまいましたが、それは先方も同じだったようです。

あとで分かったのですが、ベトナムの現地法人は少人数体制のところが多いので、社長が直接採用者を決めることは珍しくありません。

必要な資格はどうだった?

簡単に決まったのは、海外転職に有利な資格を持っていたからでしょ?

このように考える人もいるかもしれませんね。

しかし実際は、海外転職でアピールできるような資格はなく、海外業務も完全に未経験でした。

英語はほとんど話せません!

海外転職を考えるとき、まず気になるのが語学力ですよね。

筆者は語学があまり得意ではなく、英語はほとんど話せません。

実は英語が話せないことは、ベトナムの場合はさほど大きな問題にならないのです。

なぜなら、現地で一緒に働くスタッフも、たいして英語が話せるわけじゃないから。

むしろ、言語を介さずにコミュニケーションができるキャラクターの方が、重視されるかもしれません。

採用の理由は資格ではなくマッチング

筆者が採用された理由は、いろいろな面におけるマッチングでした。

あとから社長に話を聞いた感じでは、だいたい以下のことが、採用の決め手になったようです。

  1. これまでの業務経験の幅が広い(大学では教育以外の仕事も多かったため)
  2. 筆者が授業で取り上げていた事例のベトナムエリアをその会社が請け負っていた
  3. なんでもない話がなんとなく盛り上がった

ベトナムでは、工場を保有する製造業を除くと、少人数体制の会社が多いことが特徴です。

細かいことよりも、フィーリングご縁的なものが大きく左右するように感じます。

志望動機はどのように書いた?

転職活動をするとき、志望動機をどのように書くのか、頭を悩ませることが多いのかもしれません。

筆者の場合は、履歴書に書けるスペースは限られているので、メール文に志望動機を簡単に加えました。

その会社だけに向けた志望動機を書いた

筆者の場合は、転職活動期間がほとんどないこともあり、念入りな志望動機は用意していません。

逆にいえば、その会社だけに向けて作った志望動機を書きました。

応募した会社が請け負っていた事業のひとつが、前職の教育内容に深く関連していたので、それを志望動機として素直に書いたのです。

※その偶然性が素直にうれしかったというのもあります

志望動機を書くうえでは、

短くてもいいので、その会社に向けて書くことが大切

このように感じています。

自分の能力を主張しすぎるのはNG

これはのちに筆者が採用側に回って感じたことですが、自分のことを過大に主張しすぎるのは避けておくべきです

筆者はベトナムの会社に転職してから、数十人の海外転職希望者やインターン希望者の、書類審査や面接審査を担当しました。

彼らの応募書類を見て感じたのは、自分の能力をアピールしすぎて、会社の業務とかけ離れていることが多いのです。

応募する会社にどのような貢献ができるのか、その会社の事業内容に合わせて書いた方が、間違いなく好印象となるでしょう。

年齢や性別は不利になった?

未経験の40代、さらに女性であるという状況は、転職活動をするうえで不利に働くことが多いかもしれません。

ただし、海外転職の場合は、国内の転職活動とはやや事情が異なります。

海外転職ではある程度の年齢が必要

海外に転職する場合は、就労ビザ等を取得する関係で、ある程度の年齢が必要となります。

ビザ発給の条件のひとつに、

同じ企業に3年以上、継続して勤務していること

上記のような条件があるからです。

多少の裏ワザはあるのですが、大学を卒業したての新卒者は、海外では正式に就労環境を整えることができません。

ただし以下に該当する場合は、40代であってもビザ発給の条件をクリアできませんので、注意が必要です。

  1. 転職・離職を繰り返して、3年以上の連続勤務を証明できない
  2. 以前に勤めていた会社が倒産して、勤務証明書を取得できない

3年以上の連続勤務という条件は、証明できればアルバイトなどでもOKですから、たとえ正社員歴がなくても、海外転職のビザ発給は可能です

女性であることは不利にならないが、過剰な要求はNG

海外転職する場合は、女性であることがマイナスイメージになることはありません。

とくにベトナムにおいては、男性よりも女性の方が働き者であるため、むしろプラスに働くでしょう。

ただし、居住環境の細部などは、男性よりも女性の方が気になるものですよね。

心配も多いと思いますが、確認するにしても以下にとどめるべきでしょう。

  1. 提供される部屋は本当にあるのか(行ったらなくて揉めるケース有)
  2. 家賃・光熱費はどちら側の支払いなのか(あとで話が違うケース有)
  3. 部屋は相部屋なのか1人1室なのか(男女相部屋のケース有)

海外に出れば、「日本人=外国人」となります。

外国人が居住できる物件は限られており、ワンルームアパートは契約解除されやすいので、高額な家賃を出せる大企業でない限り望めません。

筆者の場合は、大きなフロアを男女でルームシェアした経験もあります。

さすがに男女相部屋は要注意としても、男女ルームシェアまでは許容できる適応力は、海外転職するうえでは必要でしょう。

まとめ:40代の未経験者が海外転職を成功させるポイント

未経験者が40代で海外転職の活動をする場合は、筆者の経験から振り返ると、おおむね以下が採用の決め手になるでしょう。

海外転職を成功させるポイント
  1. 会社(採用決定者)と相性がよい雰囲気がある
  2. いろいろな業務に取り組む姿勢がある
  3. 日本で3年以上の連続勤務が証明できる
  4. 生きる力がある(居住環境に神経質になりすぎない)

海外転職の採用決定は、スタート地点に立つ準備が整った段階でしかありません。

実際に現地で暮らし始めると、いろいろな壁が立ちはだかるでしょう。

とはいえ、海外とくにベトナムは、未経験者が入り込みやすい転職先であることは間違いありません。

お話しした内容が、あなたのチャレンジの参考となれば幸いです。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

40代女性、埼玉県在住。40代を前にして、大学勤務から心機一転、ベトナムの現地企業に転職。現在は、ベトナム進出にとりくむ地方自治体関係の仕事に関わっています。転職後もいろいろと模索中。いいことばかりではありません。だからこそ、40代ならではの課題とその解決方法を提案できればと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から3~4社ほどに登録しておきましょう。

以下の記事で、40代女性におすすめのエージェントや、実際に利用した40代女性の声をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

40代女性が支持する転職エージェント6選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのでは…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣を利用するメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣を利用するメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

紹介予定派遣の詳細、おすすめの派遣会社はこちら

目次
トップへ
目次
閉じる