転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら
4.1 ( 7 )

やりたい仕事がない40代女性。希望職を見つけて転職できた理由とは

やりたい仕事がない40代女性。未経験職に転職できた理由とは?

40代で転職を考える人も多いでしょう。

ただ、いくら仕事を変えたいからといっても、

未経験でも、どこでもいいから就職したい…

このような気持ちでは、採用してくれる会社などありませんよね。

かくいう筆者も、

  • 40代独身。収入も少なく、頼れる人は誰もいない
  • 女性ひとりでも、充実した人生を歩みたい

このような思いで転職を考えていた一人ですが、とくにやりたい仕事があったわけではありません。

就職活動は不安だらけで、当然ながら連敗続きでした。

やがて自信もなくなって、就職活動へのモチベーションも下がる一方だったのです……

しかしそんな筆者でも、自分の歴史を細かく振り返ることで、自分にぴったりの仕事にめぐり合うことができました!

その仕事に対する熱意を伝えることで、未経験でも転職することができたのです。

この記事では、やりたい仕事がない42歳独身女性が、自分に合う仕事を見つけ出して、転職を果たすまでの体験談をお話ししています。

やりたい仕事の方向性が定まらず、悶々としている…

このように悩んでいる方の参考となれば幸いです。

目次
この記事の執筆者
しのん

しのん

40代女性、東京都在住。自分の興味の赴くままに、数回の転職(異業種)を経験してきました。趣味はベランダ菜園と愛猫のご機嫌取り。人生を豊かにする転職を応援したいです!

得意分野なしの40代女性。転職を決意するまでに考えたこと

筆者には、なにかやりたいと思える仕事があるわけでもなく、特筆できるキャリアもありません。

それにもかかわらず、

今の状態よりも、良い条件の職場で働きたい!

このような図々しい願望を持っていました。

そんな筆者が、42才で転職を決意するに至った「きっかけ」についてお話します。

自分の歴史をさかのぼってみた

40代で転職することは、とてもハードルが高いものです。

いまの状況を変えたければ、

いちど自分を見つめ直してみたら?

こんなことがよく言われますよね。

ただ、そう言われても、

いまさら見つめ直してもな~、どうせ何も出てこないし…

上記のようにしか思えませんでした。

「面倒くさい」という気持ちもあって、過去の自分を振り返ることをサボっていたのです……

でもそんなことを言ってばかりでは、話が前に進みません。

ここは一念発起をして、

自分の歴史を細かくさかのぼってみる

ということにチャレンジしてみました。

すると意外なところで、自分の進むべき道筋が見えてきたのです。

40代だから感じる「漠然とした不安」から転職を決意

転職を考えようにも、

スキルもないまま、年ばかり取ってしまった…

こんなふうに、自分を悲観して「仕事探しに怖気づいている」という人も多いのではないでしょうか?

筆者もその典型でした。

筆者の場合は、小さな飲食店を一人で営んでいたのですが、好きで始めたこととはいえ、収入のある月もあれば、収入がまったくない月も……

生活は極めて不安定だったのです。

42才で独身。貯えもありません。

将来への漠然とした不安が、怒涛のごとく押し寄せてきます。

また、飲食業界に長く身を置いてきて、燃え尽きた感も出てきており、

このままでは、漠然と感じるこの不安から、永遠に逃れられない…

このような危機感をもって、転職を決意しました。

キャリアへの自信のなさが選択肢を狭める

筆者はお店をたたんで、飲食業界以外の仕事を探し始めました。

立ちはだかる大きな壁に、改めて向き合うことにしたのです。

とはいえ、若かりし頃にOLの経験はしていましたが、事務職のブランクは10年以上。

私には武器になるキャリアがない…

即戦力にはほど遠いものがありました。

接客や調理の経験は、それなりに積んでいたのですが、

もう飲食業界には進みたくないし…

という思いがあったのです。

これといった実績もなく、若くもない

このような人材を、欲しいと思う企業なんてないですよね。

さまざまな求人の条件を見れば見るほど、どんどん自信がなくなっていきます。

進むべき道筋が見えないまま、悶々とする日々が続きました。

これまでの生きてきた時間を経験値として考えてみる

自分にスキルが無いことを嘆くだけでは、少しも前に進みません。

たとえ実績や資格がなかろうと、

今まで自分なりに、必死で頑張ってきた

ということに変わりはないのです。

年齢がいっている分、若いライバル達より、より多くのことを経験しています。

これを武器として、戦っていくほか道はないと思いました。

やりたいことがない人必見! 適職を見つける3つのステップ

転職を考えたとき、

それなりの給料がもらえるなら、どこでもいいから転職したい…

このような気持ちになるのは、筆者もよく分かります。

しかし、そんな状態で運よくどこかに引っかかって、転職できたとしても……

新しい職場で、苦労や悩みを抱えることになったとき、なおさら辛い状況に陥ってしまうかもしれません。

やはり転職するからには、

少しでも自分の興味のある分野を目指す

ということが、転職活動のモチベーション維持のためにも必要です。

ここでは、自分にとっての適職を見つけ出すために、筆者が実践した3つのステップをご紹介します。

これから先に充実した人生を送るためにも、ぜひ実践してみましょう。

1.自分が興味のあることを書き出してみる

いくら無趣味を自覚していたとしても、

興味があることなんて、世の中になにも存在しないよ…

さすがにこんな人はいませんよね。

まずはなんでも良いので、好きなことや興味があることを、思いつくままに書き出してみましょう

ちなみに筆者の場合は、いざ書き出してみると、

グルメ / 着物 / 日本文化 / お酒 / 料理 / 音楽 / 旅行 / SNS / 動物 / 貯金 / 投資 など

このようにたくさん出てきたのです……

取るに足らないものがほとんどですが、

無趣味だと思ってたけど、興味があるものがこんなにあったなんて!

このように意外な発見でした。

2.できることや得意なことなど、自分の強みを洗い出す

自分の強みや得意なことを考えたときに、

自分にできることなんて何もない…

こんなふうに思っている方もいるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

自分の歴史を細かく振り返って、それを書き出して「見える化」してみると、意外にできることが多いと気がつくのです。

筆者の場合は、若かりしOLだった時代に、

営業 / 事務 / 秘書業務 / 資産管理 / スタッフ管理 / 新規事業立ち上げ

こういった業務を経験していました。

その後に進んだ飲食業界では、接客に従事しており、自分で店を持ってからは、接客や調理に店舗運営全般を経験したのです。

これまで経験したことを実際に文字にしてみると、手前味噌かもしれませんが、

それなりの経験を積んできたんだな…

と思えるようになりました。

自分のスキルを見える化する手順については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

3.いまの自分に最適な仕事を「興味×強み」で導き出す

自分にとっての適職を考えるときに、

  1. まずは自分が興味のある分野を知ること
  2. 今までの人生や仕事のなかで、何を経験してきたか洗い出すこと

この2点について振り返ると、いまの自分にしっくりとくる仕事が、どのようなものなのかを知ることができます。

ちなみに筆者の場合は、考えもしなかった仕事が浮かび上がってきたのです。

それは、当時インバウンドで市場が広がっていた「着物レンタル業」でした。

自分が興味のある日本文化や着物。

飲食業で経験した店舗運営や接客、スタッフ管理など、

自分のこれまでの経験を活かせる仕事だ!

このように確信したのです。

未経験の「やりたい仕事」へ転職するためのポイント

自分のなかで「これだ!」と思える仕事が見つかったとはいえ、まったくの未経験職への応募となります。

応募したところで、選考に通るかすらわかりません。

ですので、しっかりと準備をして転職活動を進めましょう

ここでは、未経験職へ転職するためのコツについてご紹介します。

履歴書は「写真の見た目」が9割

飲食店をしていたときのお客様で、長年人事に携わっている方がいました。

その人が言うには、

履歴書は、面接を早く進めるための道具でしかありませんよ

だから内容は、それほど重要ではないんです

そんななかで、たくさんの応募者の中から選ばれるためには、写真の印象に頼るところが大きいのだと……

どんなに美人で華々しい経歴を持っていても、暗くて不安そうな表情の写真では、印象は良くありません。

たとえ美人でなくても、

  • 清潔感がある
  • 笑顔
  • 親しみやすい表情

こういった写真の人は、選考で有利に働くというのです。

ですから、まずは写真の見た目で、

採用担当者

この人に会ってみたいな

採用担当者

この人となら一緒に働けそうだ

こんなふうに思ってもらえるように、自分を演出しましょう。

筆者もいただいたアドバイスにもとづき、まずは履歴書の写真を見直すことにしました。

  • リクルートスーツから、明るい服装に変える
  • おでこをスッキリと出して、笑顔を作る

上記を意識しながら、納得がいくまで、履歴書写真を何度も撮り直ししたのです。

簡単なことではありますが、その成果は顕著に表れて、面接に呼んでもらえる確率が各段に上がりました

40代女性の履歴書や面接での服装選びのコツはこちら

企業に目を留めてもらえる職務経歴書作りのコツ

キャリアやスキルに自信がない人にとって、

職務経歴書に何をかけばよいのだろうか…

というのは悩みどころでしょう。

しかし、

人生に無駄な経験はひとつもない

という言葉は、本当にそのとおりです。

職務経歴書を書くうえでは、

  1. これまでに自分が携わった仕事
  2. その仕事での具体的な成果

上記をセットにして書くようにすると、中身の厚い経歴書に仕上がります。

たとえば、携わった業務が事務職や接客だったとすると、

○○の進行業務を任され、スムーズな業務フローを構築した
○○の接客に携わり、おもてなしの心を持ったサービスで、その後の集客に貢献した

といった感じです。

さらに、具体的な数字などを盛り込めるとベストでしょう。

長く働いていると、携わった業務は意外と数多くあるもの。

そういえば、こんなこともできるようになってたな…

こんなふうに改めて気付くことで、就職活動への自信が出てきますし、幅広い業務をこなしてきたというアピールにもなります。

未経験の40代なら、キャリアよりも人間力を武器にしよう

面接に数多く足を運んでいるうちに、企業は中途採用者に対して「人間力」を求めていることが分かってきました。

具体的にいうと、

  • 他者を尊重して、協調していける力を持っている
  • 忍耐強さがある
  • 思いやりを持った行動ができる

上記のような、コミュニケーションを取るうえで重要な能力を備えているかという部分です。

筆者が未経験でも転職に成功できたのは、

採用担当者

スキルは足りていなくても、この人なら安心して仕事を任せられそうだ!

というような、基本的な人間力を評価してもらえたからだと感じています。

40代で人生経験が長い分、自然と培われた人間力をアピールできれば、若いライバルたちに差をつけることは十分に可能です。

面接でもっとも重要なのは、熱意を伝えられられるかどうか

面接する企業にとっても、

面接官

ここで働きたいという覚悟が見えないな…

このように感じる人を雇わないでしょう。

筆者の場合は、

  1. いかにこの仕事を素晴らしいと思っているか
  2. こんな素晴らしい仕事で、御社に貢献することができたら、どんなに幸せか

ということについて、熱く語って訴えかけました。

それはもちろん、自分が興味があることで、自分の強みを活かせる仕事だと、しっかり自己分析できていたからにほかなりません。

だからこそ熱意が伝わって、未経験でも採用してもらえたのでしょう。

魅力的な会社に出会えたことに感謝の気持ちをもって、

御社にかけます、この仕事にかけています!

という覚悟をぶつけてみることが重要です。

【FAQ】40代の転職でよくある疑問・質問にお答えします

FAQ

ここでは、40代の転職でよくある疑問・質問にお答えします。

ぜひ参考にしてください。

40代でも採用されやすい仕事はある?

いまの日本は人手不足ですから、人材が枯渇している業界や職種を狙えば、40代でも転職できる仕事はたくさんあります。

例)建設業、介護業界、物流・運送、営業職、接客・販売 など

人手不足で採用されやすい仕事については、以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

>> 40代でも採用されやすい仕事は?人手不足の職種ランキング

スキル・キャリアがない場合はどうすればいい?

仕事・生活のなかでやってきたことを、的確に言語化して表現することで、企業側に「強み」として認識されるものは誰にでもあります

以下の記事を参考にして、これまで自分がやってきたことを、スキルとして言語化してみましょう。

>> 「40代でスキルなし」でも転職できる!あなたの強みを言語化する方法

正社員になりたい場合はどうすればいい?

正社員になりたい場合は、転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます。

実際に紹介予定派遣で転職された方の体験談を、以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

転職が決まらない40代ってどんな人?

40代の転職がなかなかうまくいかなくて、失敗してしまう人の特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

転職がうまくいかない40代の特徴
  • 年齢を失敗の言い訳にしている
  • わずかの「うまくいかない原因」を見逃している
  • 自己分析や企業研究ができていない
  • 考えや行動に一貫性がない
  • メンタルのコントロールができていない
  • 家庭内の対策をしていない
  • 柔軟な思考を持てていない

また、転職先を決めずに退職をしてしまうと、焦って企業選びに失敗するリスクが高まります。

可能であれば、在職中の転職活動がおすすめです。

>> 転職がうまくいかない40代。挫折する人の特徴から学ぶ攻略法とは?

何がしたいかわからない。適職を見つけ出す方法は?

仕事選びに迷うなら、いちど自分の価値観を整理してみましょう。

以下の6つの方法で導き出してみてください。

  1. やりたいではなく、やれる仕事から探す
  2. 好きな分野、興味のある職種から探す
  3. 身につく資格やスキルで探す
  4. 社会貢献度の高い職種から探す
  5. 副業で経験を積みながら、やりたい仕事を見つける
  6. やりたくない仕事を除外して絞り込む

それでも見つからないときは、無料の転職サービスを利用して、客観的なアドバイスを取り入れてみるのもひとつの方法です。

>> 【何がしたいわからない】40代の仕事選びで適職を見つける方法は?

まとめ:やりたい仕事がないときは、まずは自分の歴史を振り返ってみよう

今回は、やりたい仕事がないと悩んでいた40代女性の筆者が、自分に合う仕事を見つけ出して、転職するまでの体験談をお話ししました。

やりたい仕事がわからない…

たとえ未経験でも、納得できる職場を探したい!

こんなふうに悩んでいる方は、まずは自分の歴史を細かく振り返ってみることからスタートしてみましょう。

何もないと思っていた今までの人生経験でも、

無駄なことはひとつもない

ということに気がつけるはずです。

そして自分の興味と強みを洗い出せば、いまの自分に最適な仕事を導き出すことができます。

「これだ!」と思える仕事が見えてきたら、あとは目標に向かって突き進むのみ。

年齢を重ねているからこその強みを、自信を持ってアピールして、転職成功を勝ち取ってくださいね。

▼この記事の満足度をお聞かせください▼

4.1 ( 7 )

この記事を書いた人

40代女性、東京都在住。自分の興味の赴くままに、数回の転職(異業種)を経験してきました。趣味はベランダ菜園と愛猫のご機嫌取り。人生を豊かにする転職を応援したいです!

やりたい仕事がない40代女性。未経験職に転職できた理由とは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動を攻略するためのコツとして、以下のようなコンテンツをご用意していますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    8つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など
キーワードで記事を検索する

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

目次