公務員を辞めたい40代女性。転職するか悩んだ末にとった行動とは?

公務員を辞めたい40代女性。転職するか悩んだ末にとった行動とは?

公務員として頑張ってきたけど、

もう辞めたい。でも40代だと転職先もないだろうし、やりたいことも思いつかない…

生活費は稼がなくちゃならないし…かといって、定年まで10年以上あるのは、やっぱりつらい…

このような、出口の見えない悩みを抱えていませんか?

44歳の公務員だった筆者も、以下のような心配ばかりして、身動きできていませんでした。

筆者が抱えていた悩み
  • 相談できる人がいない
  • そもそも、公務員から転職できるのか?
  • 地方都市で、40代女性を雇う会社はあるのか?
  • もし転職できても、ブラック企業だったらどうしよう…
  • 給与や待遇が下がる可能性もある
  • 生活費と教育費も稼いで、生活できるのか?

しかし、「悩んでも解決しない」と決意して、リスクのない行動をひとつずつ重ねていった結果、徐々に状況を変えることができたのです。

さまざまな取り組みで視野が広がったことで、柔軟な考え方ができるようになりました

この記事では、「公務員を辞めたい」と考えている40代の方に向けて、

上記について、筆者の体験談を交えながらお話ししています。

ぜひ最後までご覧いただいて、あなたの悩みを解決するヒントにしていただけると幸いです。

目次

16年続けた公務員を辞めたいと思った理由

公務員として採用された時から、辞めたい気持ちがあったわけではありません。

まずは辞めたい理由を整理して、

  • 何が原因なのか?
  • どうなったら嬉しいのか?
  • どうしたいのか?

上記のような、思っていることを書き出すことから始めてみました。

採用された時は、意欲も喜びもあった

法学部出身であることを活かして、相談業務中心の仕事に就きたい…

このように考えて、出所者の再犯防止指導ができる法務省を志望しました。

採用内定の電話連絡をもらった時は、涙が出るほど感激したのを覚えています。

やりがいを持って働き始めた16年間を振り返ってみると、

  • 嬉しかったこと
  • 感謝されたこと
  • 長く携われた仕事

上記のような、よいこともたくさんありました。

人事制度による仕事の行き詰まり

「公務員を辞めたい」と考えるようになった理由の一つは、採用区分による天井によって、

仕事の行き詰まり

を感じるようになったからです。

勤続年数が増えるにつれて、キャリア組とノンキャリア組の格差を感じるようになりました。

平成21年に国家公務員の業績評価制度が始まりましたが、実質的には年功賃金制にもとづいたもの

ノンキャリア組である筆者のひがみではありますが、

頑張っても、頑張らなくても、よくて「街はずれの課長級」どまりだな…

このような現実が見えてきたのです。

人事異動の希望は聞き入れられず、やり甲斐を感じていた相談業務からも外れてしまいました。

定年まで中間管理職として、「地方を点々とする生活」が待ち受けているのが明らかだったのです。

プライベートの変化によるワークライフバランスのズレ

「公務員を辞めたい」と考えるようになったもう一つの理由は、プライベートの変化によるものです。

公務員に採用された時は独身でしたが、その後、結婚、出産、育児を経験しました。

産休と育休、育児時間や短時間勤務など、人事制度を利用して、仕事と育児の両立に挑戦してきたのです。

職場からは、

子どもが小さいうちは、転勤を猶予します

このような配慮をしていただきましたが、子育てしながら転勤せずに9年が経過しており、周りの目が年々厳しくなっている気がします。

これはもう転勤は避けられないな…

という覚悟するしかありませんでした。

もし転勤辞令が出た場合、選択肢としては、

  1. 夫と子どもを残して、ひとりで単身赴任
  2. 夫を残して、子どもたちとワンオペ転勤

上記のどちらかとなります。

家族離ればなれになってまで、

公務員として仕事を続ける意味はあるのだろうか?

このような自問自答を繰り返していました。

恵まれている公務員を退職するのは「自殺行為」なのか?

せっかく試験に合格して手に入れた公務員という立場。

恵まれた環境にいる有り難みを自ら捨てることは、「自殺行為に近い」と頭では分かってはいました。

けれども、正直な気持ちとして、「辞めたい」という思いは抑えられません。

贅沢だといわれることを恐れて、誰にも打ち明けられず、

自分で何とかしなければ…

このような悪循環におちいっていました。

職場の人間関係が悪いわけじゃないけど、相談できる人や場所がない孤独…

人間関係が悪いというわけではないのですが、同じ職場の40代も、過去に退職した先輩たちも、相談できるほど親しくありません。

職場と保育園を往復することで精一杯の毎日で、友人が減ってしまって、

  • 今の悩みを正直に相談できるが相手がいない

ということにも、気づかされました。

親や親族も公務員が多く、葛藤を打ち明けてみたものの、

公務員を続けている方がいいと思うよ

このように結論づけられてしまい、具体的な突破口を見つけられなかったのです。

公務員には雇用保険が適用されないので、ハローワークで相談することもできません。

思いつめていたときに訪れた機会

もう定年まで我慢するしかない

このように悩みにフタをして、しばらく思考停止していたのですが、転勤の時期も年々迫ってきます……

家族離ればなれの生活を、定年まで15年以上も我慢し続けるのは、とても耐えられない…

こんなふうに思いつめるようになっていました。

そんな時に、経済評論家の勝間和代さんの講演を聞く機会がありました。

彼女がサラリーマン時代に会社を5社も経験したのは、

転職サイト転職エージェントに登録していたから

上記のような理由があったことを知ったのです。

悩んだ末に行動してみたこと

筆者は思い悩んだ末に、以下のようなことを始めてみました。

  • 今まで担当した業務を棚卸ししてみる
  • 不満を書き出して、周囲に話してみる
  • 転職経験者のエピソードを聞いてみる

そして実際にやってみて、あることに気がつきました。

公務員の場合は、法令で人事制度が定められていますから、

自力では、どうやっても変えられないことがある

ということです。

当たり前といえば当たり前なのですが、

職場の人事制度は変えられないのだから、自分が動くしかないのか…

このようなことに、あらためて気付かされました。

転職サイトに登録して情報収集をはじめた

40代の公務員がキャリアチェンジするとしたときに、選択肢としては、

  1. 企業に勤める
  2. 他の公務員になる(経験者枠など)
  3. 自営する
  4. 無職になる、専業主婦(主夫)

上記の4択となります。

労働力調査2018年平均と人事院統計から、労働人口を調べてみると以下のとおりです。

企業に勤める人5,827万人
公務員全体333万人
自営業とその家族686万人
無職(失業者と就業希望者)515万人
平成30年労働力調査結果(速報値)国家公務員の数と種類より参照

人数で見ると企業勤務者が桁違いに多いですから、その分だけ求人数も多いと予測することができます。

同統計では2018年1年間で、40代前半の4.5%、40代後半の3.6%が転職したとの実績が記載されていました。

こういった労働市場の情報から、まずは「転職する・しない」に関わらず、

まずは企業の求人を探してみよう!

という気持ちになったのです。

まず最初に、地元の求人情報誌をみたり、新聞の求人広告に目を通したり、ハローワークのサイトをチェックしてみました。

こういった媒体の求人では、学生向けのアルバイトやパートタイムの仕事が多く、職種も限られているように思えます。

また応募期間が短くて、じっくり吟味できそうにありません。

そこで転職サイトに3つほど登録して、情報収集を始めてみたのです。

  • 転職サイトに登録するだけなら、リスクはない
  • ネット上の活動なら、誰にも知られることはない
  • 求人を見ることで情報が得られる
  • 他の仕事を見て「やっぱり公務員が良い」と思えたらラッキー
  • もし転職できるなら、1才でも若い方がチャンスが多いだろう

当時の気持ちは、このようなものでした。

転職サイトの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

関連記事40代向けのおすすめ転職サイト11選!5つのタイプ別に解説します

異業種交流会やオンラインサロンに参加した

転職のチャンスや人脈を広げようと、異業種交流会やオンラインサロンにも参加しました。

Web会議システムのおかげで、国内外に友人・知人ができたのです。

年齢も職業も違う人たちと交流することで、考え方も視野も広がりました。

「どんぶり勘定」の生活をやめて、家計簿をつけ始めた

公務員をやめる場合に備えて、家計簿をつけ始めました。

今までは、

まぁ共働きだしね…

という言い訳をして「どんぶり勘定」だったのです…

家計簿をつけることで、月々の生活費の現状を把握できるようになり、

  • 将来の教育費
  • 老後の資金計画

といったことを夫婦で話し合いました。

公務員独自の福利厚生を整理した

公務員を辞めたいと悩んでいた当時は、公務員宿舎に住んでいたのです。

しかし今後に辞める可能性を考えて、賃貸アパートを探して引っ越しました。

また、利用していた財形貯蓄を解約して、

などへの預け替えも済ませ、退職した場合の社会保険についても確認しています。

副業を再開してみた

公務員を辞めるなら、自力で稼ぐ力をつけなくては…

上記のように考えて、出産を機に休んでいた、公務員でもできる副業を再開しました。

公務員宿舎からの引っ越し体験をAmazonで電子出版し、著者デビューを果たせたことで、

行動すれば、可能性が開ける!

ということを実感したのです。

最新の書籍では、公務員が安全に取り組める副業について執筆していますので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

▼筆者が執筆した電子書籍はこちら▼

公務員が転職活動をしてみて感じたこと

転職サイトに登録してみて、たくさんの求人情報を見ることで、

世の中にはこれほどたくさんの職業があるのか!

改めてこのような驚きがありました。

筆者が公務員試験を受けた15年前とは、働き方も環境も大きく変化しています。

少子高齢化で人手不足

という社会がますます加速することは、40代の転職活動にとっても追い風になるかもしれません。

転職サイトから求人に応募。一歩前に進むことができた

まずは挑戦してみよう!

上記のようにダメもとで勇気を出して、転職サイトから2社に応募してみました。

履歴書職務経歴書を書くことで、自身の経歴を整理することができ、今まで関わった公務に誇りを感じることができたのです。

結果は2社とも不合格。しかし、企業の採用担当者と話すことで、視野も考え方も広がって経験値が増えました。

結局、企業への転職はしなかったのですが、漠然と「辞めたい」と思うだけだった頃の自分とは、明らかに気持ちが変化していったのです。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

転職活動をはじめて得られたものは?

実際に転職活動をやってみたことで、

  • 公務員生活の何が不満なのか?
  • 自分は、何を手に入れたいのか?

上記について、じっくり考えるきっかけとなりました。

転職活動を始めるまでは、

公務員は転職できない、キャリアの袋小路だ…

このように悲観してばかりだったのです。

しかし今では、情報収集ができるようになりましたし、交友関係も広がったので、さまざまな選択肢を知ることができます。

その結果、柔軟な考え方ができるようになりました。

40代公務員が転職活動する際に押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

とくに民間企業へ転職するのであれば、十分に心得ておくべきこともあります。

転職活動を始める前に、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

公務員と民間企業の違いを理解しておく

公務員と民間企業では、根本的に体質が違います

民間企業では、どんなに小さな業務であっても、

その仕事は、どのような利益につながりますか?

こういった考え方が原点にあるのです。

しかし、公務員の場合は誰一人として、利益を求めることに縛られて、業務をしているわけではありません。

たとえ予算が減少したからといっても、給与が減給されるわけでもなく、解雇になるわけでもないのです。

しかし民間企業の場合は、そうはいかないでしょう。

利益が減ってしまえば、給料は削減されますし、役職も下げられます。

最悪の場合は、経営不振で倒産したり、リストラにあって失業してしまう可能性もあるのです。

リストラに遭遇した40代の体験談はこちら

民間企業への転職を考える場合は、

  • 利益を追い求める民間企業のなかで、自分はやっていけるのか?
  • もし、転職が失敗した時は、その後はどうしていくのか?

このような違いについて、しっかりとイメージしておくことが大切です。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

これまでの経験を棚卸しして、自身の強みを自己分析する

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

即戦力であると企業側に思ってもらうためには、

私が持っている強みは○○です!

ということをしっかりアピールしなければなりません。

まずは社会人になってからこれまでの、職歴や実績について棚卸しをしてみましょう。

そのうえで、自身の強みを自己分析しておく必要があります

最初にしっかり自己分析をしておくことで、求人を選ぶ際の手がかりや、応募書類の作成でも役立つはずです。

40代は転職エージェントの活用が成功への近道

転職エージェントは40代に必須のサービス

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|205人の口コミ評価でランキング

まとめ:人生100年時代!後悔を残さないためにも、リスクなくできることから始めてみよう

公務員を辞めたい40代の筆者が悩んだ末にとった行動とは、「リスクなくできること」から、まずは始めてみることでした。

40代の公務員がリスクなくできること
  1. 喜ばれた仕事と長く担当した業務を、思い出す
  2. 不満に感じていることを、すべて書き出す
  3. どうなりたいかを思い描く
  4. 転職経験者の話を聞いてみる
  5. 転職サイトに登録して、転職活動を始めてみる
  6. 公務員以外の交流をもつ
  7. 必要な生活費を計算する
  8. 金融リテラシーを高める
  9. 副業など、新しい挑戦を始めてみる
  10. 職場は変わらない、自分が変わるしかない

あなたが取り組みやすいのは、この10個のうちどれでしょうか?

人生100年時代、公務員にも人生の可能性が広がっています

すべて今日から始められることばかりです。できることから行動を始めてみませんか?

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

公務員を辞めたい40代女性。転職するか悩んだ末にとった行動とは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代女性、北海道在住。公務員としての働き方に悩み、副業や転職を試みました。現在は、独立して、公務員専門のキャリアコンサルタントとして活動中。YouTubeやtwitterで、公務員のライフハック情報を発信しています。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント

目次
閉じる