40代女性の転職

40歳子持ち女性の転職は難しい?実際に体験してみて感じたこと

子持ちで40歳の女性では、転職が難しいのでは…

こんな風に考えている方はいませんか?

そんなことはありません!
なぜなら筆者も40歳の時に、勤めていた会社を辞めて転職しようと思ったからです。

ちなみに子どもが3人。いちばん下の子は保育園に通っていました。

それでも、最終面接まで行って、ほぼ内定を頂けていたのです。

詳しくは後述していますが、結局は転職することなく、いまは自分の働きやすい環境で仕事をしています。

この記事では、40歳子持ちで転職活動をした筆者の実例をもとに、40歳の子持ち女性が、自分に合った転職を果たすためのヒントをご紹介しています。

ぜひ最後までご覧ください。

働きながらの転職活動を効率よく進める方法

勤めていた会社の環境がどうしてもイヤで、転職しようと思ったものの、どうすればいいのか分かりません…

そこで、まずはネットで「40歳転職」と検索し、転職サイトを見比べるところから始めました。

ここでは、働きながらの転職活動を、筆者がどのように始めたかについてご紹介します。

ハローワークよりも転職サイトが良い理由とは?

ハローワークにもたくさんの求人が出ています。

もちろんハローワークを使って転職活動もできますが、ハローワークは無料で求人票を出すことができるので、求人の質にバラつきがあります。

無料なので、

いい人が来たらいいな

こんなふうに気軽に求人票を出している企業も多いのです。

その点で、転職サイトはかなりの広告費用が掛かるため、企業側の本気度が違います。

在職中の転職活動では、限られた時間を効率良く使って進めたいですから、転職サイトを活用することをオススメします。

転職サイトのエージェントサービスに登録

大手転職サイトの「doda」の評判が良さそうだったので、会員登録して、エージェントサービスを利用させていただきました。

dodaの詳細はこちら

エージェントサービスでは、まずキャリアアドバイザーと面談します。

面談では、仕事内容や勤務地や年収等の希望条件をお伝えすると、希望条件を元に条件に合う会社を紹介してくれます。

ここでは、希望条件をしっかりと伝えることをオススメします。

キャリアアドバイザーは企業からも、

こういう人が欲しい

上記のように希望を聞いていて、うまくマッチングするようにしています。

明確に希望条件を伝えていないと、ミスマッチが起こる可能性が高くなってしまうのです。

困ったことは、キャリアアドバイザーに何でも相談できる

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、

いつに入社をしたいのか?

この目標に向けてスケジュールを立ててくれますし、職務経歴書の書き方から応募書類の添削、面接サポートまで対応してくれます。

仕事をしながらの転職活動だと、求人票を見ることや職務経歴書を書く時間がしっかり取れないので、すごく助かりました。

どんな些細なことでも、キャリアアドバイザーに相談できるので心強かったです。

紹介された求人では、ある程度いいところまでいける

キャリアアドバイザーの方は、ボランティアで求人を紹介している訳ではありません。

求職者に就職してもらってこそ、転職エージェントに報酬が発生するので、まったく可能性がない会社は推薦してこないのです。

したがって、キャリアアドバイザーが紹介してくれた会社は、選考を通過できる可能性がかなり高くなります。

筆者は紹介してもらった4社に応募したところ、書類選考は2社通過しました。

どちらも最終面接まで進むことができ、そのうちの1社からは、

入社日はいつにしますか?

このように、ほぼ内定を頂くことができたのです。

  • 子持ちであること
  • 残業はできないこと

上記についても、キャリアアドバイザーから企業へ伝えてもらっていたので、

子持ちだから嫌がられるかな?

こんな気持ちでのぞんだ面接でも、さらっと聞かれただけでした。

キャリアアドバイザーの方へ、出来ないことや気になることを伝えておくことで、無駄のない転職活動を進めることができます。

▼転職エージェント選びはこちらから▼

転職したい理由によっては、他の解決方法もある

ほぼ内定をもらえる段階となり、今度はいまの会社の退職について考えねばなりません。

勤めている会社の就業規則を確認してみると、「退職する場合は1ヶ月前に申し出ること」とありました。

退職の申し出のタイミングを考えていたときに、

どうして転職をしようと思ったのか?

再度このように自問自答してみたのです。

どうしても譲れないものは?

あなたが仕事をするうえで、どうしても譲れないものは何でしょうか?

筆者にとって譲れないものは「子どもとの時間」でした。

通勤が片道1時間半かかる職場で、残業をして保育園に子どもを迎えに行ったときに、我が子が保育園で最後の1人だったことが多々あったのです。

今日のお迎えは何時になるの?

子どもにこのように聞かれても、答えられないことにすごく心が痛みました。

仕事内容はすごく充実していたので不満はなく、子どもと接する時間を確保したいから、転職を考えたことに改めて気付いたのです。

思い切って会社に悩みを相談

最終面接も終わったころ、

  • 通勤時間を苦に思っていること
  • 子どもとの時間をもっと持ちたいこと

会社にこのような気持ちを正直に伝えました。

もちろん、転職活動をしていて退職を考えていることもです。

この時はまだ内定はもらえてなかったのですが、思い切って会社に言いました。

「在宅勤務」という思いがけない提案

会社に思いを打ち明けてから数日後に、会社から在宅勤務の提案がありました。

会社には在宅勤務制度がなかったので、かなりびっくりしましたが、通勤時間をカットすることによって約3時間の短縮ができます。

仕事にはやりがいを感じていたし、子どもとの時間も増えることから、転職することはやめて、在宅勤務で働く道を選びました。

在宅勤務第一号ということもあり、会社も筆者も手探りでのスタートでしたが、いまのところ大きな問題はなく進んでいます。

転職を考える理由によっては、在宅勤務もひとつの解決方法

在宅勤務を含むテレワークという働き方は、従業員、企業、社会にとってメリットがあると言われており、筆者もそのメリットを実感しています。

厚生労働省は、テレワークに取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成しており、今後ますます増えていくでしょう。

現状は在宅勤務制度がない会社であっても、筆者の時のように、今後導入される可能性は充分にあります。

通勤時間の問題で転職を考えるくらいであれば、

在宅勤務で働けないでしょうか?

自分からこのように会社へ伝えてみるのも、ひとつの解決方法になるのではないでしょうか。

採用担当だった時に、子持ち女性に求めていたもの

筆者は、以前に採用担当をしていたことがあります。

採用担当の経験をもとに、子持ち女性に求めていたことをより詳しく見ていきます。

「子持ちは転職に不利」は思い込み

採用担当をしていた時は、40代子持ち女性の面接もたくさん経験しました。

子どもが熱を出す度に休んでしまう、子持ちの私を採用してくれる会社があるのだろうか?
子持ちっていうだけで不利かもしれない…

こんなふうに思っていませんか。

しかし、それは思い込みです

もちろん会社にもよるとは思いますが、筆者が採用担当をしていた時は、これまでの経験や人柄を重視していました。

「子持ちだから」という理由で、不採用としたことはありません。

そもそも「子持ちだから不採用」という会社なら、あなたには合わないですから、

そんな会社は不採用になって良かった

このように考えた方がいいです。

ご縁がなかったということで、次へ進みましょう。

あなたを必要としている会社はきっとあります。

子育て経験で得た「柔軟な対応力」は、アピールポイントになる

筆者の経験上、仕事でトラブルが起きたときに、子育て経験をしている人ほどサッと対応できます。

なぜなら子育てを経験した女性は、子どものことを第一に考えて、限られた時間のなかで掃除や洗濯など、家事も同時にやることを自然に身につけているから。

自分の思い通りに行かないなかで、何とかやりくりしている経験から、柔軟な対応力を身につけている方が多いのです。

子育てを通じて、逆境からの柔軟な対応のエピソードをお聞きすると、筆者は一緒に働いてみたいと感じていました。

子持ちであることをマイナスと思うのではなく、子どもがいることを強みにして、どんどんアピールしてみるのも手ですね。

まとめ:40歳子持ち女性でも転職は可能です!

今回は、40歳子持ちで転職活動をした筆者の実例をもとに、40歳の子持ち女性が、自分に合った転職を果たすためのヒントをご紹介しました。

40歳子持ち女性でも、転職は十分に可能です。

  • 自分にとって、譲れないものは何なのか?
  • どんな風に働きたいのか?

これらを整理してみると、自分なりのキャリアプランが見つかりやすくなるでしょう。

また、子育てをした経験は、転職活動でもアピールできる強みになります。

転職エージェントや転職サイトを活用して、希望条件を満たす企業とのマッチングをしてもらいましょう。

「子持ちは転職に不利」という思い込みを捨てて、自信を持って行動してください!

▼40代女性におすすめの転職サイト▼
  • とらばーゆ ※女性会員が96%!女性が働きやすい求人が多い
  • doda ※大手から中小まで幅広い。40代は非公開求人が狙い目
  • リクナビNEXT ※正社員求人が多い。40代の利用者が3割

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
しろくま
40代女性、奈良県在住。3人のママ。社会保険労務士事務所に勤務しています。現在は、子どもとの時間を大切にしたいという事をきっかけに在宅勤務中。仕事と子育てを頑張っているママを応援したいです。

関連コンテンツ