40代女性の転職

アラフォーワーママが転職できた理由とは?小さな一歩でも踏み出してみよう

アラフォーワーママが転職できた理由とは?

40代で子育ての真っ最中。
この状況で転職を考えるなんて、なかなか大変なことですよね。

  • 決して若くはない年齢
  • 自分ではどうにもできないハプニングを抱えた子育て

転職に踏みきれないまま、ただ過ぎていく日常に、焦りや不安が募る気持ちはよくわかります。

でも、転職したいなという気持ちがあるのなら、小さな一歩だけでも踏み出してみませんか?

42歳で保育園児を育児中の筆者ですが、転職することができた今、

とりあえずやれることだけでも動いてみる

ということが、とても大切だと実感しています。

できることだけでも少しずつ前進してみて、まずは自分の内面や目的と向き合ってみるのです。

そうすることで、不安の裏にある、

  • 自分自身の能力について
  • 転職で求めること

上記をより具体的に把握することができます。

転職に対する気持ちのハードルをぐっと下げて、チャンスが掴みやすくなるはずです。

今回の記事では、42歳ワーママの転職体験を通じて、

たとえ今スキルがなくても、行動していれば、願う方向へと道は開ける

ということをお話ししたいと思います。

「失敗したらどうしよう?」と不安になるなら、まずは小さな行動をしてみよう

転職に限らず、新しいことを始めるときに、

失敗したらどうしよう
今より悪い状況になったらどうしよう…

こんなふうに不安になることはありませんか?

実際に、筆者も転職を考えたときは、不安な気持ちでいっぱいでした。

でも、今になってわかるのは、

悩んでいるばかりでは、いっこうに前へは進めない

ということです。

小さくても、前に一歩を踏み出せば、悩みを解決する糸口が見えてきます。

興味があることを、とにかくやってみよう

筆者はライターとして数年ほど働いたあと、営業などの仕事を経て、結婚を機に事務職へ転職しました。

出産後も子どもを保育園に預けて、とても安定した働き方をさせてもらっていたのです。

でも、心のどこかで、

やっぱりライター業や、物を作る仕事がしたい…

こういった気持ちを、ずっと抱えたままでした。

そんなときに、ママさん向けのライター講座を発見したんです。

このライター講座では、

取材対象の企業へのアポ取り / 取材 / 撮影 / 執筆 / 仲間の記事校正など

上記のような、ライターになるための基礎を教えてくれる内容でした。

ただ、やってみたいという気持ちがある一方で、

仕事、家事、育児をしながら、さらに講座までこなせるのだろうか?
講座に参加したからといって、すぐにライターとして働けるわけでもないし…

こういった不安な気持ちもわき上がってきます…

しかし、勇気をもって一歩を踏み出したことで、ライターの技術を得る以外でも、たくさんの収穫がありました。

たとえば、同じように転職について悩むママとの出会いだったり、ママの力を求める企業の存在について知れたことだったり…

そして何よりも、

自分でもやればできるんだ!

という自信を手に入れることができました。

自分の理想とスキルのギャップを探ってみる

ライター講座を受講してみて、取材も含めたライター業に戻るには、いまの自分では無理があると知ることができました。

自分のスキルのなさを痛感したのです…

しかし、それは何も悪いことばかりではありません。

自分の理想とスキルとのギャップを理解する

ということは、転職活動においてとても重要なことです。

40代の転職は、理想だけでは成功しません。

次の転職には失敗したくない…

こういう思いがあるのなら、自分のやりたい仕事だけではなく、

自分の力で貢献できる仕事

上記を探してみるのも賢明な方法です。

自分のスキルを過不足なく把握することで、進む方向性が明確になります。

動き出す先は、趣味や人との集まりなど、転職とは直接結びつかないことでも大丈夫。

まずは「一歩踏み出せた」という実感を持ち、あなたのスキルの棚卸しをしてみましょう。

転職の悩みを漠然とした状態から、具体的なものへと変化させていくことが大切です。

行動することで見えてきた、転職のメリット・デメリット

実際に行動してみると、自分にできることと、できないことが明確になっていきます。

転職に対する悩みが具体的になってきた段階で、

  • 自分の得意不得意
  • 転職に関するメリット、デメリット

これらを紙に書き出してみましょう。

自分の得意、不得意を洗い出そう

筆者はライター講座に参加してみて、

ライターと名乗って仕事をするには、能力がまったく足りない…

このように再認識しました。

しかし一方で、

  • 仲間と物事を進めていくこと
  • 文章作成のために、長時間コツコツと手を動かすこと

上記は得意なことだと認識できたのです。

そこで、まずは制作現場に戻ることを目標としました。

仕事はライター業でなくてもいいや

物作りを楽しめる仲間がいる環境で、アシスタントでも事務でもいいから、サポートできるような仕事につきたいと考えたのです。

今さら自分を知るなんて…

このように思ったりもしましたが、家庭や子育てに長い時間を費やしていると、自分のことって意外とわからなくなるものなんですよね…

ですので、もう一度自分を見つめなおすということが大切です。

時間を見つけて、

  • 自分の得意なこと、不得意なこと
  • 自分のどういった力が、社会貢献につながるのか?
  • 希望する条件(働ける時間・曜日・勤務地など)

こういったことを、箇条書きでいいので紙に書き出してみましょう。

転職しなかった時のデメリットにも目をむけよう

自分を知るという点でもう一つ大切なのは、

  • 転職をした場合
  • 転職をしなかった場合

それぞれのメリットとデメリットを、書き出してみるということです。

不安なときは、転職した場合のデメリットばかりを考えがちなもの。

ですが、転職しなかったときのデメリットも、あわせて考えていきましょう。

  • スキルアップできない
  • 仕事が楽しくないまま

このように、思いつくことをとにかく書き出してみます。

そして、たくさんリストアップできたら、

  • 転職した場合の自分
  • 転職しないままの自分

この2つの「どちらの自分が好きなのか?」を考えてみましょう。

もちろん、「転職しない」という道を選んだって構いません。

自分で納得して「転職しない」という選択を選んだわけですから、これまでと同じ仕事でも、向き合い方が変わってくるはずです。

もし「転職した自分」の方にワクワクしたのなら、もう不安など抱えている場合ではありません。

転職先をどんどん探していきましょう。

自分の得意不得意や、転職のメリットデメリットも書き出してあるわけですから、頭の中がスッキリして、方向性がより明確になっていくはずです。

まとめ:自分自身をしっかり理解して、チャンスを待とう!

小さな行動を積み重ねていくなかで、

  • 自分の能力について
  • 希望条件について

上記などを具体的に把握しておくと、希望の求人があったときに、すぐに行動に移すことができます。

筆者も、制作現場のアシスタントの求人を見て、

この求人だ!

とすぐに応募して、無事に転職することができました。

自分のことをしっかり把握できていたので、面接でもブレずにアピールすることができましたし、今も希望にぴったりの仕事をさせてもらっています。

今、いきいきと働くママはとても多いです。

家事や育児で鍛えられた段取り力があり、責任感のあるワーママの存在を、企業側も頼りにしています。

あとは自分の気持ちを変えるだけ。

もし、不安ばかりで動けなくなっているのなら、まずは小さなことから行動して、機運が熟するのを待ってみるのもいいですね。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
haco
40代女性、福岡県在住。家族は保育園児と夫。現在は制作職。進む速度は牛歩並み。でも着実に前進していくことが好き。子育てしながら転職活動する不安を少しでも和らげることができたらと書いてみました。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ