40代女性の転職

田舎住まいの40歳女性は転職できる?体験して学んだ転職への対策とは

ここ数年で、好景気や売り手市場の言葉をよく聞くようになりました。

ですが40代の転職活動には、あまり影響していないなと思われる方が多いのではないでしょうか。

年齢の差はないと思いたいですが、現実は若い年齢の人が優先されやすい転職市場。

工場現場や一般事務職を経験したものの、特別なスキルも経験もない筆者の場合は、「40代、女性、特筆できる経験なし」と負の3拍子が揃ってしまい、かなりの苦戦を強いられました。

さらに筆者は田舎住まいなので、都会にはない田舎住まいならではの厳しさも痛感することに…。

転職活動が長期化し何度も落ち込み、やさぐれてしまうことも多くなりましたが、自分なりの対処法と心身のリラックスを心がけながら苦戦を重ねた結果、ようやく希望先の内定を取ることが出来ました。

今回の記事では、40代の田舎住まいの転職活動が難しいと感じたところと、田舎住まいの転職への対策、日頃の心身のケアについて、実体験を通して紹介したいと思います。

40代の田舎住まいは都会住まいよりさらに大変

筆者の地元は最寄駅と在来線が1つ、本数が少ない路線バス、娯楽施設もなく、最低限の生活は出来るくらいの田舎住まいです。

前職を辞めてから数ヶ月…その間に年齢が40代へ突入し、年齢上の難しさと共に、田舎住まいならではの、都会とはまた違った転職活動の難しさを痛感しました。

田舎住まいの転職活動において、難しかった点を3つ紹介します。

求人数自体が少ない

まず驚いたことが、ハローワークの求人検索で地元を検索すると、求人数が見事なまでに少なかったことです。

一般的に人気のある事務職を希望していたので、職種を絞るとさらに検索数は減ってしまい、応募先自体の数が少ないことにとてもヘコみました。

都会の場合はどうなんだろう?

このように思って、試しに都会の地名で検索しましたが、単純な総数とはいえ、ヒットした求人数が桁違いでした…。

都会住まいの人の悩みで、「応募する先はあるけど競争率が高い」とは聞きますが、求人数にこれほどの差があるのかと驚きました。

転職エージェントの利用が出来ない

転職活動をしていると、転職サイトやクチコミなどで、転職エージェントの利用を推奨されますよね。

エージェントは転職活動の代理人という意味で、登録相談後は希望先の紹介をしてくれたり、応募先との連絡などをお任せできるという、まさに夢のようなサービスです。

筆者が若い頃にはなかったサービスで、時代の流れだなぁ…と思い、このサービスを利用してホワイト企業で働けるかも!と期待しつつ、さっそくネットで登録。

待つこと数日…。届いた1通のメールには、「ご紹介できる案件はありません」とシンプルな内容でした。

見た瞬間ヘコみしばらく落ち込みましたが、いま考えると当然かもしれません。

田舎には企業数そのものが少なく、ましてや転職エージェントのような、都会向けのサービスを利用する企業はないのですから。

転職エージェントサービスとは、残念ながら、田舎には対応が少ないサービスなんだと知りました。

年齢制限が強い

田舎では老舗の企業が多くて、昔ながらの気質の企業が多いです。

そのため、若いうちから一つの会社で、長期間じっくりという概念が強いので、「35歳まで」というような、年齢制限を設けている会社が多いように感じます。

40代の筆者には、年齢により応募することさえも難しい会社が多い…。

若い頃とまったく違うことを痛感しました。

田舎住まいはハローワークを中心に求人広告を併用

転職活動の大きな力になる、転職エージェントの利用が出来ない…

ではどうしたらいいんだろうと途方にくれましたが、田舎住まいでも利用できる公的機関のハローワークと、求人広告を駆使することに決めました。

ここからは、ハローワークと求人広告を併用した方法を、具体的にご紹介します。

ハローワークは田舎住まいに強い味方

ハローワークの最大のメリットは、全国どこにでもあることですよね。田舎住まいの筆者でも、電車で1駅のところにあり心強いです。

公的機関なのでなんとなく安心感があり、利用しやすい所が良いですね。

長引く転職活動でヘコんでいる時に、ハローワークへ行くと利用者がたくさんいるので、仲間がこんなにいるんだと、勝手に親近感を抱いてました。

ネットではハローワークの評判はあまりよくないですが、サービスが限られる田舎住まいにおいては、オススメの利用機関といえるでしょう。

履歴書と職務経歴書をしっかり作成

最近は書類選考を行う企業がほとんどですから、面接へたどり着くために必須の書類となる、履歴書と職務経歴書の作成にまず力を入れることにしました。

履歴書にはただ履歴を並べるだけではなく、以下の点を中心に見直して、

  • 志望動機や自己PRの書き方
  • 職務経歴書はいかに見やすくするか
  • どのような仕事がどのくらい経験があるかの記述の仕方

とくに40代は経験の有無を重視されやすいですから、職務経歴書の作成に力を入れました。

若い頃は履歴書のみの企業がまだ多く、職務経歴書の作成は初めてでしたので、ハローワークの職員さんに、どのような形式で作成するのがよいかなど、いろいろと相談しながら仕上げています。

職務経歴書の記載形式は、すべて文章で仕上げるのか、それとも表を入れて見やすくするかに大別されます。

さらに時系列順に書くのか、職種別に書くかなど、さまざまな記述形式があるので、まずはそれぞれで作成してみて、ハローワークで添削してもらいました。

筆者の場合は勤務企業数が多く、文章だと読むのが大変ということで、表を取り入れて事務職と現場職を分けて、希望である事務職を強調し、視覚化により見やすく仕上げました。

最終的には、職員さんからこれでいいですよと了承がもらえて、自分でも満足な仕上がりに。

職務経歴書を作成すると、今までの経験を見直すことにもなりますし、こんなことをやってきたんだなと、忘れかけていた自信にもなりますね。

書類作成は自分では分からないことも多いので、慣れていないのであれば、第三者の目線で見てもらうことが大切です。



応募する時に心がけたこと

なかなか内定が決まらないと、焦るあまりにどこでもいいから応募してしまいがちです。

そうするとかえって疲れてしまったり、入社後のギャップが大きくなってしまいやすいので、応募先はしっかりと絞るほうがよいでしょう。

自分の応募したい条件をあらためて考えて、以下の3点に注目して応募先を選びました。

求人広告で地雷案件が多い決まり文句

求人広告にはよく見る決まり文句が多いです。その中でもとくに40代の転職活動で、気をつけた案件の決まり文句は次の3つでした。

第二新卒歓迎

「第二新卒」とは、学校を卒業してから3年以内で、いちど就職したことがある人のことなので、ほとんどが25歳前後です。

15年以上もオーバーしている40代は、まず対象外ですから、残念ですが除外しました。

若手活躍中

「若手活躍中」も勤務先の年齢層が若いので、それくらいの年齢の人を募集しますという意味です。

20代が中心でまわっている職場に、40代が入り込むのは、気持ちの上でもけっこうな勇気がいるので、これも除外としました。

みんな年を重ねるものなのに、年齢で応募前に区別されてしまうのは、残念で不愉快な気持ちもあります。

ただ違う視点で見ると、若い人しか注目しない視野の狭い企業であったり、若い人が主役ということは、高齢になっても働ける確率が低い可能性があります。

そんな企業は、こちらからお断りしようと考えるようにしました。

アットホーム

他に挙げますと「アットホーム」という用語です。

最初は仲がよい雰囲気が感じられていいなと感じたのですが、実際には古い体制の会社や、人間関係が狭いところが多いので、やや注意が必要となります。

筆者の場合は、人間関係の悩みで前職を退職したので、社内イベントが多い所は避けたいですし、「集まって団結!」というような、体育会系のノリも苦手なので除外としました。

通勤時間はできるだけ短めに

40代ともなると、年々どうしても体力の低下を痛感します。ですので、自宅から近い所を優先的に探すようにしました。

若い頃は多少遠いところでも、電車の中で本でも読んだりできるし、都会へ行けるから気分転換になると、遠距離の通勤でもプラス思考で応募していました。

しかし体力のことを考慮すると、朝夕の通勤ラッシュに長時間まき込まれたり、残業時に帰宅時間が遅くなってしまうので、通勤時間が長くなるのはマイナスでしかありません。

通勤時間を短くすることによって、起きる時間もゆっくりでいいですし、体調不良や疲れている時には、すぐに帰宅して身体を休められるなど、40代には利点が多いでしょう。

応募者側だけではなく、会社側にとっても通勤が短い方が利点が多いのです。

交通費はできるだけ安い方がいいでしょうし、震災が多発している日本では、遠距離通勤だと帰宅難民になる恐れもあります。

同年代か少し年上の割合が高い職場を選ぶ

仕事では疲れることが多いですから、できるだけ人間関係はストレスを減らしたいですよね。

若い人やかなり年上の人たちが多い職場だと、疎外感や気を使うことが多くて大変だったので、同年代や年代が少し上くらいの人が多い勤務先を探しました。

社内写真が載っていれば参考になりますが、年齢層について記載していない求人の場合は、面接時に年齢層や人数を聞くようにしましょう。

長期化する転職活動では心身の充実が大切

退職してから、転職活動だけにしてしまうと、どんどん落ち込んで悪いループに入ってしまう場合があります。

落ち込むことが多くなってしまうと、転職活動しようという意欲も無くなってしまい、自然と負のオーラをまとうようになりがちです。

これでは面接時にも、いい結果につながることが難しくなるでしょう。

このようなことを避けて、できるだけ自分の心身を安定させるために、心がけていたことをご紹介します。

生活リズムを整える

会社勤めをしていないと、早起きしなくていいという安心感から、寝坊しがちになったり、ついつい夜更かしをしてしまいがちです。

筆者の場合も、朝は8時をすぎてから起き、夜は0時すぎに寝たりと、生活リズムが乱れてしまいました。

これではいざ転職活動が本格化した時に、ついていけなくなると反省…。

しかし早寝を心がけて布団に入っても、仕事の時ほど身体が疲れていないので、なかなか寝つけません。

とりあえず23時には布団に入るようにして、眠らなければと考えすぎず、自然に眠気がくるのを待つことにしました。

寝ること以外に意識を向けたら、案外いつの間にか眠っていることも多くなり、自然に朝に早起きできる習慣が身につくものです。

行きすぎた節約はデメリットが多い

仕事をしないと収入がないので出費ばかりです。

いくら節約をしたとしても、生きているだけでもお金はかかりますし、税金は容赦なく来ますので、今までは楽しかった買い物も、徐々に興味が失せてしまいます。

何かをしていても、こんなことをしている場合じゃない、他の人はみんな頑張っていると、罪悪感が押し寄せてくるのです…。

食事は食べたい物ではなく1番安いものを、光熱費削減のために、暑くても冷房をガマンしたりと節約しましたが、ムリな節約はかえって自分を追い詰めます。

価格だけで優先すると自分の気持ちが満たされませんし、冷房をガマンしたところで、暑いことへのイライラが募ってしまいます。

それだけガマンしたところで、結局は数百円くらいの節約にしかなりません。

それよりも、きちんと使う所は使おうと思い直すことにしました。

食事や食材は安いものより自分が食べたいものを。

暑い時にはガマンせず、クーラーの除湿や自動機能と扇風機を併用して調節するなど、ムダ遣いではなく、よりよいお金の使い方を心がけました。

マンネリ化を防ぐため日常に小さな新鮮味を

転職活動中は、やることが同じことの繰り返しで、マンネリになりがちです。

マンネリ化を防ぐために新鮮さが欲しいものですが、サプライズなどそうは訪れません。

ですので、今までと同じことでも、できる範囲で違う視点でやってみて、自分で新鮮さをつくるようにしました。

  • 日ごろ欠かせない買い物は、あえていつもと違うお店へ行ってみる
  • 食事時にはいつもと違うメニューを頼んでみる、
  • 新製品を試してみる…など

小さなことではありますが、だからこそメリハリが簡単につけられるので、意外と気持ちもスッキリするものです。

マンネリ化してるなぁと思ったら、このようないつもと違う小さなことを、取り入れてみるようにしましょう。

パートタイムや在宅ワークを視野に入れる

働きたいけどなかなか決まらないし、応募する企業もないなど、何もやることがないぽっかりと空く時間が、転職活動中にはできてしまうことが多いもの。

「スキマ時間には単発バイト」という情報もありますが、田舎では単発バイト自体が少ないですし、あっても長期休みの学生さんがメインのバイトがほとんどでしょう。

残念ながら40代はお呼びではないのです…。

少額でもいいので何か収入が欲しいと思って、フルタイムが難しいならパートタイムでも、応募求人が無いなら年齢や性別制限が少ない、在宅ワークも視野に入れました。

筆者の場合は、とくに在宅ワークは利点が大きかったです。

フルタイムで出て働くより稼げませんが、ただ家にいるだけではなく、「家で働いてるよ~」と気持ちを切り替えることができます。

転職活動中の在宅ワークはありがたい方法でした。

ネット環境があれば全国につながるわけですから、勤務地を考えるストレスがないところも、田舎住まいの方にとっては魅力といえるでしょう。

田舎暮らしでも内定を取ることができた!

40代女性の転職3

退職してから転職活動を半年ほど続けて、その間に書類選考落ちや面接落ちを何度も経験しました。

もう自分が働けるところなどないのではないかと、落ち込む時期もありました。

その度にハローワークへ行って自分の悩みを相談したりと、自分の負の気持ちに押しつぶされないように、必死にもがいていた感じです。

そしてようやく、自分の希望に合った企業を見つけることができ、書類選考も通過し、緊張しながら面接へ。

面接終了後は本当にほっとしましたね…。

そして面接後3日後に、電話で「おめでとうございます」と内定の連絡を頂き、筆者の半年にわたる転職活動を終えることができたのです。

まとめ:田舎住まいの厳しい転職活動では心身のケアと応募先の確認が大切

田舎住まいであれば、応募できる企業数が都会より少ないとは思ってはいましたが、いざ転職活動を始めてみると、その桁違いの差を痛感せざるを得ませんでした。

転職活動を優位に進められる、転職エージェントなども都会向けのサービスが多く、都会と田舎で転職サービスに相当な格差があります。

田舎住まいで転職活動を進めるなら、ハローワークのように田舎住まいでも利用できるサービスを活用することが、内定を勝ち取るための近道といえるでしょう。

田舎住まいの転職活動は、とにかく自分との戦いになりますので、

  • 自分の希望を明確にして応募先を絞り、無駄な応募で自分を消耗しないようにする
  • 日頃の自分へのケアを大切にする

上記を心がけてのぞむことが大切だと感じました。

40代の転職は、ネガティブな情報ばかりで気が滅入りますが、特別な経験やスキルがない筆者でも内定が取れましたので、採用への道がゼロということは決してありません。

あふれる情報にどうか惑わされず、自分を見失わないように転職活動を行ってください。

▼40代女性におすすめの転職サイト▼
  • とらばーゆ ※女性会員が96%!女性が働きやすい求人が多い
  • doda ※大手から中小まで幅広い。40代は非公開求人が狙い目
  • リクナビNEXT ※正社員求人が多い。40代の利用者が3割

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
咲楽みと
40代女性、神奈川県在住。非正規雇用で6か所以上勤務し正社員歴は1回。会社勤務をずっと希望していたが会社に縛られない働き方を考えて、今は在宅ワークでライティング中心に活動中です。