転職サービス

はたらいくは地域密着の転職サイト!3つの特徴と活用するメリットとは?

一般的に40代は、転職が難しくなってくると言われています。

なるべく効率的かつスピーディーに転職活動を進めていくためにも、40代でも活用できる転職サイトの見極めはとても重要です。

今回はそのなかで、「はたらいく」という転職サイトについてご紹介します。

「はたらいく」とは、ほかの転職サイトに比べてどのような特長があるのか。利用するメリットやデメリット、実際の利用者からの評判はどうなのか?

年間800社以上の求人広告を取り扱ってきた筆者が、40代におすすめできるポイントを詳しくご説明します!

はたらいくの登録はこちら

はたらいく|ひとがら転職しよう

「はたらいく」とは?

公式サイト: https://www.hatalike.jp

「はたらいく」とは、地元や地域密着型の転職サイトです。運営は株式会社リクルートジョブズが行っています。

株式会社リクルートのグループ会社として、求人広告事業の一端を担っている会社です。

株式会社リクルートジョブズでは、1983年の設立以来、アルバイトやパートなどの非正規雇用から正社員まで、幅広い人材採用に関する総合サービスを提供しています。

他にも「タウンワーク」や「フロム・エー」、「とらばーゆ」など、求職者の属性に合わせたサービス展開が特徴。

こうした転職サービスを手掛けるリクルートジョブズが、地域密着型かつ人柄アピールに特化して作ったのが、「はたらいく」という転職サイトです。

「ガテン」をルーツとする求人サイト

はたらいくは、2009年にサービスを開始した転職サイトです。

インターネットの普及により、オンライン上での求人募集が一般化していく中で、はたらいくというサービスが誕生しました。

はたらいくの前身は、株式会社リクルートジョブズが以前に出版していた、求人情報誌「ガテン」だといわれています。

ガテンは生産技術職や販売・サービス職など、いわゆる現場職に特化した仕事メディアとして、4万2千部もの発行部数を誇りました。

今ではよく使われるようになった「ガテン系」という言葉も、じつはこの雑誌の名前が由来です。

1991年に創刊したガテンですが、インターネットの台頭により、2009年には廃刊となっています。

その後に、入れ替わるように登場した転職サービスがはたらいくです。

こうしたルーツがあるため、はたらいくは他メディアに比べると、現場職やブルーカラーの仕事に強い傾向があります。

地域密着型企業や中小企業に特化

はたらいくは、地域密着型の求人情報や、中小企業の採用に特化した転職サイトです。

同サイトのトップページには、「地域密着!あなたの街の求人・転職情報サイト」というキャッチコピーが掲げられています。

求人情報や転職先が、都道府県から検索できるのも大きな特徴のひとつです。

募集内容も「県内のみ」と設定されているものが約80%と、とことん地元で働きたい人のニーズに応えられるようになっています。

はたらいくに掲載している企業の60%は、従業員数50名以下の中小企業です。

大手転職サイトに比べて、広告の出稿費用が抑えめであることも、中小企業に支持されている理由のひとつでしょう。

利用者の49%が40代以上

はたらいくの公式メディアガイドによれば、はたらいくを利用している求職者の49%※は、40代・50代・60代で成り立っています。

※参照:2018年4月~6月はたらいく応募者データ

もっとも多い年代は45歳~49歳で、全体登録数の15%を占めています。

次に多いのは40歳~44歳の14%であり、一般的な大手転職サイトに比べても、40代の利用率が非常に高い数値です。

40代や50代の転職希望者にとっては、利用しやすい基盤が整っているといえるでしょう。

はたらいくにおける3つの特徴

はたらいくでは、求職者の「人柄」を大切にした転職マッチングを目指しています。

そのため、他の転職サイトにはあまりない特徴やシステムがあります。

転職先を都道府県から選べる

はたらいくでは、転職先を都道府県から検索することができます。

一般的な転職サイトの検索では、まず職種や検索キーワードから絞り込むのが普通です。

トップページを開いたときに、まず目に入るのは職種名で、場所の絞り込みは二の次となっています。

しかし「はたらいく」の場合は、トップページでまず目に入るのは、日本地図型の求人検索システムです。

利用者はまず、自分が働きたい都道府県を選んで、そこから仕事内容などでマッチングをしていきます。

もちろん他の転職サイトと同様に、職種や検索キーワードから絞り込むことも可能です。

他にも、電車の沿線から勤務先を選ぶ機能や、「転勤なし」などのこだわりから、逆引きすることもできます。

  • 地元で働きたい人
  • 引っ越しの都合などで、Uターン・Iターン転職をしなければならない人
  • どうしても特定の勤務地で働きたい人

このような人とっては、とても嬉しい機能といえるでしょう。

“ひとがら”をアピールできる「らいく」が送れる

はたらいく独自の機能のひとつに、「らいく」機能があります。

「らいく」とは、利用者と掲載企業がお互いに向けて送ることのできる、コミュニケーションサービスです。

ボタンひとつのクリックで、相手への好意を伝えることができます。

らいくを送って企業へ手軽にアプローチできる

応募とは異なるアクションですので、求職者にとっては、気になる企業へ手軽にアプローチできるのが特徴です。

はたらいく公式ページより

「らいく」された企業には、「らいくレジュメ」という匿名のレジュメが送られます。

らいくレジュメとは?

「らいくレジュメ」は、あなたの“ひとがら”にフォーカスした独自のレジュメで、一般的な履歴書とは、少しフォーマットが異なります。

利用者はこのらいくレジュメに、細かな自己紹介を記載することができます。各項目には、あわせて写真を載せることも可能です。

<らいくレジュメ項目例>
  • 仕事に関する自己紹介
    「仕事をする上で大切にしていること」「困難を乗り越えたエピソード」など、仕事に関する自分らしさをアピールできます
  • 「らしさ」が見える自己紹介
    「趣味・活動を通して自慢できること」「マイブーム」など、自分らしさを写真と文章でアピールできます
  • こだわりラベル
    「会社・職場環境・働き方のこだわり」について、自分の志向にあてはまるものを4つまで選択できます

らいく機能で応募者の”ひとがら”を大切にした転職を応援!

はたらいくでは、資格や経歴、学歴だけではなく、応募者の“ひとがら”を大切にした転職を応援しています。

掲載企業側は「らいくレジュメ」の内容を読んだうえで、興味がある利用者に対して「らいく」を返すことがあります。

つまり「らいく」機能を活用すれば、求人に応募をする前に、企業とマッチングする可能性があるかを、あらかじめ確認することができるのです。

せきらら求人なら職場の厳しさもわかる

はたらいくの求人情報のなかには、「せきらら求人」というコーナーを設けているものがあります。

せきらら求人とは、転職したあとに、

こんなハズじゃなかった…

このような後悔を減らすために、会社の良いところだけでなく、大変なところを正直に伝えるための項目です。

働くうえで大変なことや厳しいところが、「覚悟してほしいこと」として、あらかじめ記載されているので、応募する前に気になる部分をチェックできます。

せきらら求人をしっかり確認すれば、事前に会社のことをしっかり理解して、転職後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

はたらいくの登録はこちら

はたらいく|ひとがら転職しよう

はたらいくを使うメリットとは?

40代の転職で「はたらいく」を使う場合に、考えられるメリットは以下の通りです。

同世代のミドルシニア層が多く登録している

はたらいくでは、登録者の約49%が40代以上です。

検索軸となるこだわり条件の中には、「40代以上活躍中」などの中堅層向けのものもあり、ミドルシニア世代の求職者にもやさしい作りとなっています。

20~30代などの第二新卒向けの転職メディアと比べても、40代の転職活動は進めやすいといえるでしょう。

また求人情報を掲載する企業側も、あらかじめこの登録者分布をわかったうえで、広告の出稿を行っています。

そのため、「長期キャリア形成のため、35歳以下のみ」といった、年齢制限がかかった求人募集が少ない傾向があるのです。

地元密着の企業に応募できる

40代が転職する理由として、

転勤のない企業へ移りたい

このような希望もあるでしょう。

あるいは里帰りのために、UターンIターンしなければならないという場合もあるかもしれません。

はたらいくに掲載されている求人情報のうち、勤務地が「県内のみ」の求人は約80%。(2018年4月~6月/はたらいく掲載データ参照)

ひとつの地域で腰をすえて働きたい人にも、最適な転職サイトといえるでしょう。

「らいく」機能で、面接官に人柄や熱意をアピールできる

らいくレジュメは、学歴や経歴などの履歴書データよりも、応募者の人柄について記載するスペースのほうが大きく取られています。

  • 未経験で新たな職種へチャレンジしようとしている人
  • アピールするほどの資格やスキルがない人

上記のような人とっては、らいくレジュメの自己PR欄は強力な武器となります。

どうしてもこの会社で働きたい

このような思いを、「らいく」にこめて送りましょう。

自分の思いや人物像を事前に伝えておけば、いざ働き始めたあとのミスマッチ防止にもつながります。

入社後の厳しさや挫折しそうなポイントがわかる

40代の転職希望者のなかには、

 つぎの転職を最後にしたい

このような思いがある人もいるはずです。

そのためには、会社の魅力だけでなく、弱い部分も知っておく必要があるでしょう。

はたらいくには「せきらら求人」欄が用意されているので、入社後にネックとなりそうな部分を、応募前に確認しておくことができます。

はたらいくの登録はこちら

はたらいく|ひとがら転職しよう

はたらいくのデメリットは?

40代の転職で「はたらいく」を使う場合に、考えられるデメリットは以下の通りです。

現場職やブルーカラー職の求人募集が中心

はたらいくに掲載されている求人情報のうち、約68%は現場職、もしくはブルーカラー職です。(2018年4月~6月/はたらいく会員データ参照)

販売・サービス・飲食・運輸・建築・土木・製造・警備・福祉・介護など

上記のような職種には特化していますが、一方で現場に立つ仕事を希望しない人にとっては、限られた募集の中から、マッチングをはかることになるでしょう。

大手企業への転職には向いていない

はたらいくに掲載しているのは、半数以上が中小企業です。

そのため、大手企業や知名度のある企業への転職には、向いていない転職サイトでしょう。

「はたらいく」で40代転職に成功した人のクチコミ

セカンドゴングでは、40代ではたらいくを利用して転職をした方々に、アンケートのご協力をいただきました。

実際に利用されたリアルな感想をご紹介します。

私は自動車を持っていないので、通勤方法に徒歩や自転車を指定して検索できるところが便利でした。

またほとんどの求人がシニアや体力に自信の無い人にでもできるような案件なので検索がしやすかったです。

応募したあとは企業からの連絡はとくに無く、こちらから電話で問い合わせました。

(茨城県在住 46歳 男性)

はたらいくにはレジュメ機能があり、職務経歴や自己PRなどの記載をして、希望職種や勤務地などを設定していると、企業側かららいく!が届くようになっており、マッチングが容易にできる。

自分が希望していないような企業からもらいく!が届くので、新しい分野にチャレンジしてみようという考え方もできるようになります。

(大阪府在住 40歳 男性)

去年の6月に25年近く働いていた職場を退職しました。

最初は、知名度も高いリクルートエージェントを利用しましたが、勤務場所や勤務条件などが合わなかったので、別の転職サイトに乗り換えしました。

はたらいくの良かった点は、地元に密着していて働き方などニーズに合った求人(正社員・パート・SOHOなど)が豊富だったです。

おかげで自分の希望にマッチした仕事を見つけることができました。

(宮城県在住 43歳 男性)

※転職サイトの利用アンケートを募集中です!詳細は「アンケートのお願い」をご確認ください。

まとめ:はたらいくで地元の職場をチェックしよう!

今回は、40代の転職活動で活用する方へ向けて、「はたらいく」の特徴や、実際に使う時のメリットやデメリットをご紹介しました。

はたらいくは、転職したい職種や地域が決まっているときには、最適な求人情報を探しやすい転職サイトです。

目立った経験がなく、スキルシートにも自信がない人にとっても、あなたの”ひとがら”をアピールすることができます。

ただし現場職を避けたい人や、大手企業で働きたいという人には、あまり向いていません。

利用者にとっては、活用範囲がハッキリしている転職サービスといえるでしょう。

転職に求めるものは人それぞれ違うものです。

あなたのニーズに合わせて、はたらいくを賢く活用してくださいね!

はたらいくの登録はこちら

はたらいく|ひとがら転職しよう

この記事を書いた人
セキグチ
30代女性、千葉県在住。求人広告代理店にて年間800社以上の求人広告を制作。大手~中小企業まで幅広い業種・職種を取材し、採用を支援した経験を持つ。すべての方が「転職してよかった」と思えるよう応援します!