転職サイト

Wantedlyは40代の転職で使える?その特徴と使うメリットを解説します

Wantedly(ウォンテッドリー)は40代の転職で使える?

世の中には、多くの転職サイトや求人媒体があり、紙媒体やエージェント利用まで含めると、転職する方法は無限にあります。

それぞれのメディアには、独自の強みや得手・不得手があり、転職を成功させるためには、これらの特徴をきちんと掴んだうえで利用することが大切です。

今回の記事では、月間200万人が利用しているビジネスSNS、Wantedly(ウォンテッドリー)をご紹介します。

まずは、そもそもWantedlyとはどんなものなのか、特徴を踏まえながら説明していきます。

その後で、40代の転職者はWantedlyを使うべきなのか、メリットとデメリットをそれぞれチェックしていきましょう。

大手から中小企業まで、これまで年間800社以上の求人広告の出稿をサポートしてきた筆者が、気になるWantedlyの有用性について解説します!

Wantedlyの登録はこちら

Wantedlyで転職する

Wantedly(ウォンテッドリー)とは?

Wantedly(ウォンテッドリー)公式サイト

公式サイトhttps://www.wantedly.com/

Wantedlyとは、“シゴトでココロオドルひとをふやす”をテーマに、2012年に立ち上げられたビジネスSNSです。

運営はウォンテッドリー株式会社が行っています。

サービス開始以来、利用登録企業数は3万社を超え、現在では月間200万人のユーザーが利用しているSNSとして確立しました。

Wantedlyは基本がSNSのため、リクナビNEXTやマイナビ転職のような、一般的な転職サイトとは少々仕組みが異なっています。

最大の違いは、ソーシャルネットワークを通して、

企業担当者と転職者(ユーザー)が直接つながることができる

このような仕組みになっている点です。

Facebook(フェイスブック)やmixi、twitter(ツイッター)などを利用したことがある人であれば、近しい感覚を抱くことでしょう。

もちろん無料で登録および利用することができるサービスです。

また、無料会員とは別に、月額2980円のプレミアム会員制度もあります。

プレミアム会員になると、企業から受け取ることのできるスカウトの数が約10倍になるなど、転職を有利に進めるための特典が獲得できるのです。

転職のために必要な機能は無料会員でも使えますので、まずは無料で試してみてから、必要であればアップグレードすることをおすすめします。

Wantedlyの特徴

Wantedlyは、ビジネス上のつながりを増やし、深めるためのソーシャルネットワーキングサービスです。

転職支援を行うマッチングサービスではありますが、一般的な転職サイトに比べると、なにかと異なる部分が多くなっています。

SNSとしての特徴を押さえるまでは、少々使いにくさを感じるかもしれません。

しかし慣れてしまえば、普通の転職サイトよりも気軽に、面接まで進むことができる可能性があります。

企業担当者と直接つながる

Wantedlyにおけるもっとも大きな特徴は、ウォンテッドリーを通して、企業のメンバーや採用担当者へ「気軽に話を聞く」ことができる部分です。

Wantedlyでは、直接こちらから企業側へ声を掛けて、人事や現場担当者とチャットスタイルで会話することができます。

あるいは、企業側からスカウトの形でメッセージを受け取って、会話が始まる場合もあるでしょう。

サイト内には、多くの求人募集記事が掲載されています。

それぞれの募集には、通常応募となる「エントリー」の他に、「話を聞きに行きたい」というボタンが設置されています。

Wantedly(ウォンテッドリー)の「話を聞きに行きたい」

「話を聞きに行きたい」のボタンをクリックすると、

あなたの企業の話を詳しく聞きたい人がいます

企業の採用担当者へ、このようなお知らせがいくのです。

企業担当者は、お知らせを送ってきたユーザーに興味があれば、メッセージのやり取りを通して、直接会う日程を調整します。

この場合の「会う」というのは、多くの場合は面接のような堅苦しいものではありません。

あくまで互いの人となりや想いを共有する、カジュアルな対話の場として設定されます。

旧来の「書類選考から面接」というステップではなく、マッチングした企業と転職者が、ざっくばらんに会うことができるのです。

これは、Wantedlyならではの強みであるといえるでしょう。

大切にしているのは「互いの価値観」

Wantedlyでは、企業や転職者を含めたすべての登録ユーザーが、「共感」を通じて出会い、つながることを大切にしています。

そのためサイト内の求人募集記事は、一般的な転職サイトに比べると、企業の持つ理念や考え、ビジョンに関する内容が大きな割合を占めているのです。

募集記事には、

  • なにをやっている会社なのか?
  • なぜその事業をやるのか?

上記のような会社や事業に対する説明のほか、その会社に所属しているメンバーのプロフィール紹介などが載っています。

Wantedly(ウォンテッドリー)企業のメンバー紹介

転職者は、現在活躍している社員がどんな人物なのか、あらかじめチェックすることが可能です。

そのうえで、その会社にエントリーするか、あるいは話を聞きに行くかを決めることができます。

場合によっては、メンバーの一員に直接コンタクトを取り、チャットで話を聞くこともできるでしょう。

一方で、Wantedlyの募集記事には、年収や福利厚生などの条件は一切掲載されていません

細かい詳細条件については、直接担当者に尋ねるか、面談の場で教えてもらうことになります。

こうした仕組みになっているので、ユーザーは給与や休日といった内容から、企業や職種を絞り込むことができません。

転職者は、それぞれの企業がやっている事業や目指している目標に対して、共感できる企業に応募することになります。

40代の転職でWantedlyを使うメリット

40代の転職において、数ある転職サイトのなかから、Wantedlyを選ぶ利点はあるのでしょうか?

ここでは、Wantedlyを使うことによって得られるメリットをご紹介します。

条件よりも「共感」を大切にできる

Wantedlyでは、企業と転職者がそれぞれひとりのユーザーとなって、「応募」以外の形で対話する場面を設けることができます。

採用選考を前提としない面談では、互いのメリット・デメリットを突き合わせながら話せるため、真の意味でのマッチングをはかることができるでしょう。

また、一般的な転職サイトで強く打ち出されている、給与や休日などの待遇面が伏せられています。

その分、企業の持つ考えや理念を大切にした、転職活動を進めることができるでしょう。

求人募集の記事上で、どんな人が会社にいるのか、既存メンバーを確認することができます。

どんな考えの人が集まっているチームなのか、エントリー前にチェックできるのもWantedlyの強みといえるでしょう。

自分の境遇に似ている人や、考え方の近しい人がいれば、積極的にアプローチすることもできます。

  • 職場での人間関係に悩んでいる
  • 会社の進もうとする方向に疑問を抱いている

このような理由で転職を決めた人にとっては、Wantedlyの「共感」でつながる形の転職活動は向いているかもしれません。

スタートアップや立ち上げ期の会社が探せる

Wantedlyには、一般的な転職サイトに比べて、スタートアップや立ち上げ期の会社が、数多く登録されています。

これは、Wantedlyが「スタートアップ・プログラム」という、スタートアップ企業を応援する仕組みを整えているからです。

スタートアップとは、新たなサービスや技術の展開を目指している、中小の新興企業を指す言葉です。

ベンチャー企業や、数名の経営陣で成り立っているスモールビジネスも、このスタートアップに含まれます。

スタートアップのなかには、ビジネス展開を狙っている業界に長けた経験者を、即戦力として募集している企業もあるのです。

場合によっては、経営者の直接的なアドバイザーとしての立ち位置を任せられることもあるでしょう。

スタートアップといっても、必ずしも若い経営者が立ち上げているとは限りません。

ベテラン人材が、自分が掲げる理念に共感できるパートナーを探している場合もあります。

これまで培ってきた経験を、次世代のスタートアップ企業で活かしたい

このように考えている40代の方であれば、Wantedlyの掲載企業に直接アプローチしてみるのもありかもしれませんよ!

40代の転職でWantedlyを使うデメリット

40代が転職を有利に進めていくためには、いかに自分の時間を有効に使うかが重要です。

複数の転職サイトをやみくもに利用するのではなく、活動範囲をある程度絞りながら、効率的に動かなければなりません。

そのためには、自分にとって本当に有用なサービスかどうかを見極める必要があります。

こうした事情を踏まえると、Wantedlyは、40代が使うにはデメリットもある転職サービスです。

年収や福利厚生などの細かい条件はわからない

Wantedlyでは、募集内容に給与や待遇などの条件を記載することを禁止しています。

これは社風や会社の考えに共感して働くことを大切にし、興味を持ってくれる人材とのマッチングをはかるためです。

40代の転職希望者のほとんどは、社会人経験の長いベテラン人材といえます。

こうしたベテラン層であれば、すでにある程度の年収や待遇で働いている場合が多いでしょう。

また40代なら、守るべき家族や子どもがいるというケースも多いはずです。

こうした方が、給与や休日が事前にわからない状態で企業探しすることは、あまり現実的ではないのかもしれません。

40歳以上のユーザーは全体の22%

Wantedlyの登録ユーザーのうち、約77%が20代から30代の若手層です。

40代以上の転職者は、全体の約22%しか登録していません。

募集の多い職種も、ITリテラシーの高いエンジニアやデザイナー、ディレクター職などが大半を占めています。

一方で、管理職や、人事総務などのバックオフィス職経験者の募集はそう多くありません。

こうした特徴から、Wantedlyは比較的若手向けの転職サイトであるといえるでしょう。

SNSとの連動が求められる場面が多い

Wantedlyはもともと、Facebook(フェイスブック)の連動を前提として作られた転職サービスです。

Facebookのデータを用いることで、プロフィールの読み込みや、ビジネス上のつながりの活用をできるようにしています。

現在はメールアドレスでの会員登録も可能となりましたが、今でも初期画面ではFacebookからのログインを推奨しています。

Wantedly自体がビジネスSNSであることを考えると、SNS慣れしていない人が飛び込むには、少々ハードルの高い転職サービスかもしれません。

まとめ:働く条件よりも、働く意義を大切にしたい人向け

今回は、ビジネスSNSの「Wantedly」について、その特徴や40代の方が使うメリット・デメリットをご紹介しました。

Wantedlyは、「気になった企業へ気軽に会いに行ける」を強みとした転職サービスです。

スタートアップなど、他の転職サイトではなかなか見つけられない企業も多く登録していますが、一方で、働く条件を重視した絞り込みは難しくなっています。

仕事にやりがいを求めて、

“共感”を重視した転職がしたい

このように考えている人であれば、40代でも試してみる価値はありそうです。

Wantedlyの登録はこちら

Wantedlyで転職する

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼
この記事を書いた人
セキグチ
30代女性、千葉県在住。求人広告代理店にて年間800社以上の求人広告を制作。大手~中小企業まで幅広い業種・職種を取材し、採用を支援した経験を持つ。すべての方が「転職してよかった」と思えるよう応援します!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ