転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

Wantedlyは40代の転職で使える?その特徴と使うメリットを解説します

Wantedly(ウォンテッドリー)は40代の転職で使える?

(執筆:セキグチama1110

世の中には、多くの転職サイトや求人媒体があり、紙媒体やエージェント利用まで含めると、転職する方法は無限にあります。

それぞれのメディアには、独自の強みや得手・不得手があり、転職を成功させるためには、これらの特徴をきちんと掴んだうえで利用することが大切です。

この記事では、月間200万人が利用しているビジネスSNS、Wantedly(ウォンテッドリー)の特徴や評判などをご紹介しています。

大手から中小企業まで、これまで年間800社以上の求人広告の出稿をサポートしてきた筆者が、気になるWantedlyの有用性について解説しますので、ぜひ参考にしてください!

40代におすすめの転職サイトは「おすすめの転職サイト11選」にて紹介していますので、あわせてご確認ください。40代転職の成功の近道となる転職エージェントの活用は「40代におすすめの転職エージェント7選」でご紹介しています。

目次

▼この記事の執筆者▼

30代女性、千葉県在住。求人広告代理店にて年間800社以上の求人広告を制作。大手~中小企業まで幅広い業種・職種を取材し、採用を支援した経験を持つ。すべての方が「転職してよかった」と思えるよう応援します!

Wantedly(ウォンテッドリー)とは?

Wantedly(ウォンテッドリー)公式サイト

公式サイトhttps://www.wantedly.com/

Wantedlyとは、“シゴトでココロオドルひとをふやす”をテーマに、2012年に立ち上げられたビジネスSNSです。

運営はウォンテッドリー株式会社が行っています。

サービス開始以来、利用登録企業数は3万社を超え、現在では月間200万人のユーザーが利用しているSNSとして確立しました。

Wantedlyは基本がSNSのため、リクナビNEXTマイナビ転職のような、一般的な転職サイトとは少々仕組みが異なっています。

最大の違いは、ソーシャルネットワークを通して、

企業担当者と転職者(ユーザー)が直接つながることができる

このような仕組みになっている点です。

Facebook(フェイスブック)やmixitwitter(ツイッター)などを利用したことがある人であれば、近しい感覚を抱くことでしょう。

もちろん無料で、登録および利用することができるサービスです。

また、無料会員とは別に、月額2980円のプレミアム会員制度もあります。

プレミアム会員になると、企業から受け取ることのできるスカウトの数が約10倍になるなど、転職を有利に進めるための特典が獲得できるのです。

転職のために必要な機能は無料会員でも使えますので、まずは無料で試してみてから、必要であればアップグレードすることをおすすめします。

Wantedlyの特徴

Wantedlyは、ビジネス上のつながりを増やし、深めるためのソーシャルネットワーキングサービスです。

転職支援を行うマッチングサービスではありますが、一般的な転職サイトに比べると、なにかと異なる部分が多くなっています。

SNSとしての特徴を押さえるまでは、少々使いにくさを感じるかもしれません。

しかし慣れてしまえば、普通の転職サイトよりも気軽に、面接まで進むことができる可能性があります

企業担当者と直接つながる

Wantedlyにおけるもっとも大きな特徴は、

ウォンテッドリーを通して、企業のメンバーや採用担当者へ、気軽に話を聞くことができる

という部分です。

Wantedlyでは、直接こちらから企業側へ声を掛けて、人事や現場担当者とチャットスタイルで会話することができます

あるいは、企業側からスカウトの形でメッセージを受け取って、会話が始まる場合もあるでしょう。

サイト内には、多くの求人募集記事が掲載されています。

それぞれの募集には、通常応募となる「エントリー」の他に、「話を聞きに行きたい」というボタンが設置されています。

Wantedly(ウォンテッドリー)の「話を聞きに行きたい」

「話を聞きに行きたい」のボタンをクリックすると、

あなたの企業の話を詳しく聞きたい人がいます

企業の採用担当者へ、このようなお知らせがいくのです。

企業担当者は、お知らせを送ってきたユーザーに興味があれば、メッセージのやり取りを通して、直接会う日程を調整します。

この場合の「会う」というのは、多くの場合は面接のような堅苦しいものではありません。

あくまで、お互いの人となりや想いを共有する、カジュアルな対話の場として設定されます。

旧来の「書類選考から面接」というステップではなく、マッチングした企業と転職者が、ざっくばらんに会うことができるのです

これは、Wantedlyならではの強みであるといえるでしょう。

大切にしているのは「互いの価値観」

Wantedlyでは、企業や転職者を含めたすべての登録ユーザーが、「共感」を通じて出会い、つながることを大切にしています。

そのためサイト内の求人募集記事は、一般的な転職サイトに比べると、企業の持つ理念や考え、ビジョンに関する内容が大きな割合を占めているのです。

募集記事には、

  • なにをやっている会社なのか?
  • なぜその事業をやるのか?

上記のような会社や事業に対する説明のほか、その会社に所属しているメンバーのプロフィール紹介などが載っています。

Wantedly(ウォンテッドリー)企業のメンバー紹介

転職者は、現在活躍している社員がどんな人物なのか、あらかじめチェックすることが可能です。

そのうえで、その会社にエントリーするか、あるいは話を聞きに行くかを決めることができます。

場合によっては、メンバーの一員に直接コンタクトを取り、チャットで話を聞くこともできるでしょう。

一方で、Wantedlyの募集記事には、年収や福利厚生などの条件は一切掲載されていません

細かい詳細条件については、直接担当者に尋ねるか、面談の場で教えてもらうことになります。

こうした仕組みになっているので、ユーザーは給与や休日といった内容から、企業や職種を絞り込むことができません。

転職者は、それぞれの企業がやっている事業や目指している目標に対して、共感できる企業に応募することになります。

\ 企業担当者と直接つながれる /

登録は無料。お金は一切かかりません

40代の転職でWantedlyを使うメリット

40代の転職において、数ある転職サイトのなかから、Wantedlyを選ぶ利点はあるのでしょうか?

ここでは、Wantedlyを使うことによって得られるメリットをご紹介します。

条件よりも「共感」を大切にできる

Wantedlyでは、企業と転職者がそれぞれひとりのユーザーとなって、「応募」以外の形で対話する場面を設けることができます。

採用選考を前提としない面談では、互いのメリット・デメリットを突き合わせながら話せるため、真の意味でのマッチングをはかることができるでしょう。

また、一般的な転職サイトで強く打ち出されている、給与や休日などの待遇面が伏せられています

その分、企業の持つ考えや理念を大切にした、転職活動を進めることができるでしょう。

求人募集の記事上で、どんな人が会社にいるのか、既存メンバーを確認することができます。

どんな考えの人が集まっているチームなのか、エントリー前にチェックできるのも、Wantedlyの強みといえるでしょう。

自分の境遇に似ている人や、考え方の近しい人がいれば、積極的にアプローチすることもできます。

  • 職場での人間関係に悩んでいる
  • 会社の進もうとする方向に疑問を抱いている

このような理由で転職を決めた人にとっては、Wantedlyの「共感」でつながる形の転職活動は、合っているかもしれません。

スタートアップや立ち上げ期の会社が探せる

Wantedlyには、一般的な転職サイトに比べて、スタートアップ立ち上げ期の会社が、数多く登録されています。

これは、Wantedlyが「スタートアップ・プログラム」という、スタートアップ企業を応援する仕組みを整えているからです。

スタートアップ・プログラム by Wantedly

スタートアップとは、新たなサービスや技術の展開を目指している、中小の新興企業を指す言葉です。

ベンチャー企業や、数名の経営陣で成り立っているスモールビジネスも、このスタートアップに含まれます。

スタートアップのなかには、ビジネス展開を狙っている業界に長けた経験者を、即戦力として募集している企業もあるのです。

場合によっては、経営者の直接的なアドバイザーとしての立ち位置を任せられることもあるでしょう。

スタートアップといっても、必ずしも若い経営者が立ち上げているとは限りません。

ベテラン人材が、自分が掲げる理念に共感できるパートナーを探している場合もあります。

これまで培ってきた経験を、次世代のスタートアップ企業で活かしたい

このように考えている40代の方であれば、Wantedlyの掲載企業に直接アプローチしてみるのもありかもしれませんよ!

40代の転職でWantedlyを使うデメリット

40代が転職を有利に進めていくためには、いかに自分の時間を有効に使うかが重要です。

複数の転職サイトをやみくもに利用するのではなく、活動範囲をある程度絞りながら、効率的に動かなければなりません。

そのためにも、

自分にとって本当に有用なサービスか?

という点を見極める必要があります。

こうした事情を踏まえると、Wantedlyを40代が使うには、デメリットもある転職サービスです。

年収や福利厚生などの細かい条件はわからない

Wantedlyでは、募集内容に給与や待遇などの条件を、サイト上に記載することを禁止しています。

これは社風や会社の考えに共感して働くことを大切にし、興味を持ってくれる人材とのマッチングをはかるためです。

40代の転職希望者のほとんどは、社会人経験の長いベテラン人材といえます。

こうしたベテラン層であれば、すでにある程度の年収や待遇で働いている場合が多いでしょう。

また40代なら、守るべき家族や子どもがいるというケースも多いはずです。

こうした方が、給与や休日が事前にわからない状態で企業探しすることは、あまり現実的ではないのかもしれません。

40歳以上のユーザーは全体の19%

Wantedlyの登録ユーザーのうち、81%が20代から30代の若手層です。

40代以上の転職者は、全体の19%しか登録していません。

◆Wantedly会員の年齢層と職種

募集の多い職種も、ITリテラシーの高いエンジニアやデザイナー、ディレクター職などが大半を占めています。

一方で、管理職や、人事総務などのバックオフィス職経験者の募集はそう多くありません。

こうした特徴から、Wantedlyは比較的若手向けの転職サイトだといえるでしょう。

SNSとの連動が求められる場面が多い

Wantedlyはもともと、Facebook(フェイスブック)の連動を前提として作られた転職サービスです

Facebookのデータを用いることで、プロフィールの読み込みや、ビジネス上のつながりの活用をできるようにしています。

現在はメールアドレスでの会員登録も可能となりましたが、今でも初期画面ではFacebookからのログインを推奨しています。

Wantedly自体がビジネスSNSであることを考えると、SNS慣れしていない人が飛び込むには、少々ハードルの高い転職サービスかもしれません。

40代で利用をおすすめする人3選

Wantedlyの特徴をふまえたうえで、転職活動での利用をおすすめする40代の方は、以下のとおりです。

首都圏での求人を探している

Wantedlyに求人を載せている企業の多くは、ベンチャー企業やスタートアップ企業。

そして、それらの企業の所在地は、地方というよりは都市部、さらにいうと首都圏に集中しています

転職を希望する勤務地の求人が少なければ、

どの企業に転職しようか?

という選択肢が減ってしまうので、転職活動で利用する価値も少ないでしょう。

その点で、首都圏で仕事をしたいと考えている人には、Wantedlyの利用はおすすめです。

採用選考に進む前に企業を訪ねてみたい

転職活動では、自身で企業をリサーチして、採用選考に進む必要があります。

転職を恋愛や結婚に例えるなら、通常の転職活動というのは、

一目惚れした相手に、いきなりプロポーズして結婚する

というようなものです。

ただ、これは結婚相手のことをあまり知らない状態で、結婚を申し出ているといえますよね。

後で失敗したと思っても、なかなか取り返しがつかない場合も多いのです。

しかし、Wantedlyを利用した転職活動では、採用面接に進む前に、気軽な気持ちで企業訪問することができます。

いわば、デートやお見合いをしていると言ってもいいでしょう。

実際に訪問してみて、

この企業は自分に合わないな…

と感じるのなら、選考に進まなければよいだけです。

働きたいと思う企業にだけ、採用選考に応募することができるので、企業と転職者のミスマッチを防ぐことができます

企業を訪ねてから初めて分かることもあるので、

転職先の職場の雰囲気なども重視している

という方であれば、企業訪問ができるWantedlyの利用はおすすめです。

新しい業界にチャレンジしたい

40代で転職を考える人のなかには、

今までの職務経験を活かして、新たな業界にチャレンジしたい!

という方もいるでしょう。

しかし40代の転職となると、転職サイトなどの通常の求人では、どうしても即戦力を重視されてしまいがちです。

異業種や職種未経験の応募では、選考に勝ち残ることは容易ではありません。

その点でWantedlyでは、ベンチャー企業やスタートアップ企業の求人が多いので、新たなチャレンジを求める転職者にウェルカムの姿勢です

これまで培ってきた経験や実績を活かせば、新しいフィールドで活躍できる企業はたくさんあります。

スタートアップ企業が多いので、待遇面で大きな期待はできませんが、

企業の成長とともに、自身の新たな活躍の場を広げたい!

という考えであれば、Wantedlyの利用はおすすめです。

\ 企業担当者と直接つながれる /

登録は無料。お金は一切かかりません

Wantedlyを使ってみた感想は?

ここでは、実際にWantedlyを使って、転職活動した人の感想をご紹介します。

良い感想・口コミ

実際にいくつかの感想を見てみると、

良い感想
  • 気軽に企業訪問ができて、話が聞けた
  • 企業訪問で会社の雰囲気を感じ取れた
  • 企業訪問時にどのような人たちが働いているのか分かった
  • チャットで企業担当者と直接やり取りできるので、話が早い
  • 企業訪問時に自分の技術面に対してアドバイスがもらえた

といった感想が見られました。

企業訪問が気軽にできることにより、

職場・働く人がどのような感じであるかを知ることができた

という点がよかったという声が非常に多いです。

当サイトに寄せられた口コミ

満足度:
Wantedlyは今勢いのあるスタートアップ企業が多く、採用に関してもラフな雰囲気で進められる点が良かったです。
掲載されている会社はリモートOK、子供や家族の急な体調不良で休んでも大丈夫など、今の自分にはかなり助かる求人が多かったです。
実際にママさん歓迎のスタートアップ企業に、マーケティング職で採用されました。
(東京都在住 40歳 クリエイター 女性)

悪い感想・口コミ

悪い感想としては、

悪い感想
  • 何社かは企業訪問希望の連絡をしても返信がなかった
  • 企業訪問時に採用選考されてしまい、不採用になった
  • 労働条件の確認がWantedly上ではできないので、企業担当者に直接確認しなければならない
  • 地方では求人が少なく、会社が選べない

といった声がありました。

必ず企業に訪問できるわけではない
労働条件が一目瞭然ではない

などの点は、気にしておく必要がありそうです。

40代がWantedlyで転職活動をするときのポイント

40代がWantedlyを使って転職活動をするときは、以下の2点に気をつけて活用しましょう。

プロフィールを作りこむ

Wantedlyで自分自身のプロフィールを作る際に、

企業担当者が見るものである

このような認識をもって作成する必要があります。

自分のプロフィールを見てもらったときに、

採用担当

なるほど、こんな人なのか

ということを知ってもらうためにも、写真をしっかりとアップロードして、自己紹介の文章をしっかりと書いておきましょう。

40代の転職者であれば、

  • 前職で何をやってきたのか?
  • 自分には何ができるのか?

上記について明確に記載して、自分自身をブランディングすることが必要不可欠です

しっかりとブランディングができていれば、企業担当者の目に留まる可能性も高まります。

企業訪問の際も気を抜かない

企業担当者は、採用をするためにWantedlyに求人を載せて、求職者の企業訪問にのぞんでいます。

とりあえず会って話を聞いてみるだけだから…

たとえこのような気持ちでも、気を抜いて企業訪問することはNGです

企業担当者に悪い印象を与えてしまっては、話を聞いて気に入ったとしても、採用選考で良い結果とならないことは目に見えています。

気軽に企業訪問ができるということは、「気を抜いて企業訪問してもよい」という意味ではないので、十分に注意してください。

40代で転職するなら、実践したい求人の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい求人がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく求人を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

40代が転職サイトを活用する方法

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できます。

Wantedly以外の転職サイトにも、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から3~4社ほどに登録しておきましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣を利用するメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣を利用するメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:働く条件よりも、働く意義を大切にしたい人向け

今回は、ビジネスSNSの「Wantedly」について、その特徴や転職活動で活用するメリットなどをご紹介しました。

Wantedlyは、「気になった企業へ気軽に会いに行ける」を強みとした転職サービスです。

スタートアップ企業など、他の転職サイトではなかなか見つけられない企業も多く登録している一方で、働く条件を重視した絞り込みは難しくなっています。

仕事にやりがいを求めて、

“共感”を重視した転職がしたい!

このように考えている人であれば、40代でも試してみる価値はありそうです。

◆Wantedlyの登録はこちらから

\ 企業担当者と直接つながれる /

登録は無料。お金は一切かかりません

40代におすすめの転職サイトは「おすすめの転職サイト11選」にて紹介していますので、あわせてご確認ください。40代転職の成功の近道となる転職エージェントの活用は「40代におすすめの転職エージェント7選」でご紹介しています。

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

30代女性、千葉県在住。求人広告代理店にて年間800社以上の求人広告を制作。大手~中小企業まで幅広い業種・職種を取材し、採用を支援した経験を持つ。すべての方が「転職してよかった」と思えるよう応援します!

Wantedly(ウォンテッドリー)は40代の転職で使える?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

転職エージェントはどれがいい?

40代の転職者が支持している転職エージェントは?

40代の転職者270人が回答した、「実際に使ってよかった」転職エージェントをご紹介します。

  • おすすめの転職エージェントと利用者の口コミ評価
  • 失敗しない転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントを120%活用する方法

上記についてわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント|圧倒的な求人数と支援実績。総合力はNo.1

リクルートエージェント
40代に支持される理由
  • 国内最大規模の求人数を保有
    大手企業から地方の中小企業まで、くまなく開拓できる高い営業力で業界1位を独走。もちろん40代向け求人の保有数もNo.1
  • 日本全国を網羅した求人とサービス拠点
    全国に16ヶ所の拠点を有し地方の転職にも強い。現地企業との調整も代行してもらえる。
  • 圧倒的な転職実績に裏付けされる充実のサポート
    これまでの転職支援実績は40万人以上。アドバイザーの提案力はもちろん、転職活動をトータルにサポートしてくれるサービスが充実。

ビズリーチ|企業やヘッドハンターからのスカウトが期待できる

ビズリーチ
40代に支持される理由
  • 年収600万以上の優良案件が豊富
    ハイクラス求人が豊富で、年収600万円以上の転職者における満足度は第1位
  • 自分のキャリアを直接アピールできる
    同社には約4,600名のヘッドハンターが在籍。まるでプロ野球のフリーエージェントのように、企業の採用担当者やヘッドハンターにあなたの経歴をアピールできます。
  • 内定確度の高いスカウトメールが届く
    企業の採用担当者やヘッドハンターから本気度の高いオファーが届くので、待遇の交渉がしやすく内定確度も高い

doda|親身で手厚いサポートが得られる。地方の求人は大手No.1

dodaエージェント
40代に支持される理由
  • 求人数は業界最大級。幅広い業種・職種を網羅
    全国各地の幅広い求人を網羅しており、地域を熟知した専任担当が求人紹介をしてくれるので、地方の転職にも強い。
  • 丁寧なヒアリングと親身なアドバイスに定評がある
    サービス品質へのこだわりが強く、利用者の声にもとづいた、親身できめ細かいサービスを受けられる。
  • ひとつのアカウントで、転職サイトとエージェントを利用できる
    転職サイトでの求人検索とキャリアアドバイザーの求人紹介を、ひとつのサイト上で確認できるので、煩わしさがなく便利。
目次
トップへ
目次
閉じる