転職サービス

typeはどんな人が利用すべき?40代転職で活用する方法を解説します

40代の転職ともなると、自分に合った求人をいかに見つけるかが重要なポイントです。

なかでも転職サイトは、40代でも活用できるものを選んで、登録しておきたいですよね。

typeはさまざまな転職サイトの中でも、IT系やモノづくり系に強みを発揮する転職サービスです。

利用者の年齢層も若干高めとなっており、30代や40代を中心に人気があります。

この記事では、typeの特徴やメリット・デメリット、typeを活用して転職を実現するポイントなどをご紹介します。

typeの特徴を学んで、ぜひとも40代の転職活動に役立てましょう!

typeの登録はこちら

typeで転職する

typeとは?(旧@type)

公式サイトhttps://type.jp/

typeは約300万人が利用する転職サイトです。

十分な利用者数を誇りますが、リクナビNEXTやdoda、マイナビ転職・エン転職などに比べると、若干ながら利用者数は劣ってます。

中規模の転職サイトといえそうですね。

基本的には「自分で仕事を探して自分で応募する」という、一般的な転職サイトの利用スタイル。

ただしtype転職エージェントもあるので、キャリアアドバイザーに仕事を紹介してもらいたい場合は、あわせて利用することもできます。

type系の転職サイトは他にも、

  • 女の転職type
  • 20’s type
  • 販売・サービスの仕事type

このようなサイトがありますが、typeはそのなかでも、とくにエンジニア系の求人が充実している転職サイトです。

IT系・モノづくり系求人が多い

type最大の特徴は、特定ジャンル(IT系、ものづくり系)の求人に強みを持っていること。

サイトに掲載されている求人のうち、50%以上がエンジニア系の仕事になっています。

エンジニア系とは、具体的にいうと以下のような職種です。

  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • ソフト開発エンジニア
  • Webアプリ開発
  • Webディレクター
  • Webデザイナー
  • 機械設計
  • 回路設計(アナログ、デジタル)

上記のような職種を検討している方は、最初に登録しておきたい転職サイトといえるでしょう。

また求人募集はエンジニアだけでなく、関連した職種が多いのも特徴です。

例えば営業職も、ホームページ制作を行なっている会社の営業であったり、事務職もスマホアプリ制作を行っている会社の事務などだったりします。

30代後半、40代前半の登録者が多い

typeを利用している登録者の年齢層を見ると、いちばん多いのが35歳から39歳の30代後半。

一般的な転職サイトでは20代後半の登録者が最も多いですから、typeの特徴のひとつと言えますね。

また、40歳から44歳の登録者も17%となっており、他の転職サイトよりも割合が多くなっています。

typeの会員年齢層は下記の通りです。

type登録会員の年齢層

参照:求人サイト比較表|株式会社ONE

なお、参考までに他の転職サイトと30代後半、40代前半の年齢層を比較してみました。

30代後半~40代前半の年齢層の割合
  • type
    30代後半:23% 40代前半:16%
  • マイナビ転職
    30代後半:16% 40代前半:12%
  • doda
    30代後半:12% 40代前半:21%
  • イーキャリア
    30代後半:12% 40代前半:12%
  • エン転職
    30代後半:10% 40代前半:7%

typeはこの年齢層で全体の4割近くを占めており、実際に30代40代の利用者が多いことがよくわかりますね。

正社員募集は95%以上

2019年8月時点で2,375件の求人があります。その内、正社員の求人は2,259件。

割合でいうと95%です。

契約社員や派遣社員の仕事ではなく、正社員になりたい人にとっては、理想的な転職サイトといえますね。

また条件面も、産休や育児休暇、交通費全額支給など充実した条件の求人ばかりとなっており、「腰を据えて長く働ける場所を探したい」という方にオススメです。

高年収の求人が多い

typeの求人を見てみると、年収が高い求人が多いのも特徴です。

求人の年収割合を見てみましょう。

type求人の年収条件
  • 年収500万円以上の割合:84%
  • 年収600万円以上の割合:68%
  • 年収700万円以上の割合:48%
  • 年収800万円以上の割合:31%

(2019年8月調べ)

一般的な転職サイトでは、年収600万以上になると、全体の4割程度しか求人がないことも多いです。

しかしtypeの場合は、世間一般の平均年収と比べても、さらに高い条件の仕事がそろっています。

またtypeの求人広告は、他の転職サイト比べても、掲載料金がやや高いのも特徴です。

一般的な転職サイトでは、4週間の掲載で20万円から25万円程度が相場ですが、typeで求人掲載する場合は35万円以上かかります。

資金的に余裕がある企業が、typeに求人を掲載している

このような裏付けにもなりますね。

未経験者歓迎求人は少なめ

高待遇の案件が揃っている反面、未経験者歓迎の求人案件はやや少ない印象です。

検索条件に「職種未経験歓迎」という項目はありますが、それにチェックを入れて検索すると、大幅に数が減って1,080件の表示となりました。

これは全体の45%となります。typeの求人では、それだけ経験者を重視していることが伺えます。

例えばエン転職なら、「未経験者歓迎」にチェックを入れても、70%以上の求人案件がヒットします。

他の転職サイトと比べると、typeは未経験職への転職を考える人にとっては、やや敷居は高いかもしれません。

異業種にチャレンジしたい
初心者だけどチャレンジしてみたい

このような人にとっては、やや活用しづらい転職サイトといえるでしょう。

typeのメリットとデメリット

typeを利用するうえでの、メリットとデメリットをまとめました。それぞれどんな人が向いているのかも、あわせてご紹介します。

typeのメリット

typeを使うメリットは以下の通りです。

  • エンジニア系求人が充実している
  • 転職によって年収アップの可能性が高い
  • 参考になる職務経歴書が見れる
  • 30代や40代でも気兼ねなく利用できる

ものづくり系の会社で働きたいという方なら、typeはぜひ登録しておきたい転職サイト。

ただし、未経験者を歓迎する求人がやや少ないので、書類選考段階で落とされてしまう可能性も秘めています。

Webディレクターの仕事をしていて、40代だけど仕事が見つかるのか不安

上記のような方なら、応募できる案件が多いでしょう。

27歳でエンジニア経験はないけど働いてみたい

逆にこのような方にとっては、やや厳しい転職サイトだといえます。

typeのデメリット

typeを使うデメリットは以下の通りです。

  • 都市部に求人が集中している
  • 一定の業種、職種の求人に偏っている
  • 経験者でないと厳しい
  • 女性の求人が少ない

ものづくり系の中でもクリエイティブ系やIT系の仕事だと、都市部の会社ばかりになってしまいがちです。

例えば、スマホアプリの制作会社、メディアの広告会社など。

クライアントが東京都内など中心地に多いので、それに対応するために、都市部にオフィスを構えている会社の求人が、どうしても多くなってしまいます。

例えば関東であれば、東京、神奈川、埼玉、千葉以外の求人がありません。

地方の会社に就職したい場合は、職種的に厳しいものがあるでしょう。

またtypeの特性として、職人気質な職種募集が多いためか、男性の利用者が多くなっています。

女性の方は、同グループから提供されている、「女の転職type」を利用するのがオススメです。

まったくエンジニア経験がない方なら、未経験や初心者でも応募できる案件が揃っている、他の転職サイトを検討した方が良いかもしれません。

typeの登録はこちら

typeで転職する

typeを40代で利用した人のクチコミ

セカンドゴングでは、40代でtypeを利用して転職をした方々に、アンケートのご協力をいただきました。

実際に利用されたリアルな感想をご紹介します。

私の希望していた職種は少々特殊で、あまり中途採用の求人がない通信建設業の施工管理業務でした。

確かに時間はかかりましたが、職種、勤務地、給与、福利厚生、すべてにおいて満足のいく職場をご紹介いただきました。

(東京都在住 47歳 男性)

ITやエンジニア系の職種が多いtypeがおすすめです。

typeにはいろんな求人がありますが、40代の私も転職を成功させることが出来ました。

40代に合う職種は少ないですが、typeに長年登録をしていたので、40代になっても担当のスタッフからの紹介で面接を受けることができました。

(千葉県在住 46歳 男性)

様々な転職サイトに登録をしていたが、希望の職種や今までの経験などからの転職先の案内が、たくさんあってよかったと思う。

ただ同じ先が何度も出てくるので、いちど応募してダメだったところも再度表示される。

その点は改善してもらいたいところではある。

(大阪府在住 46歳 男性)

※転職サイトの利用アンケートを募集中です!詳細は「アンケートのお願い」をご確認ください。

typeを使って転職を実現するには?

typeに限定したことではないですが、転職を成功させるには、自分の経験やスキルを応募企業へ的確に示すことがポイントとなります。

typeには自分をPRできる方法や機能がありますので、これらの機能を活用しましょう。

職務経歴書サンプルを参考にする

typeならではの特徴として、職種別の詳しい職務経歴書サンプルが、データとしてダウンロードできます。

例えばエンジニアとひとことで言っても、回路系のエンジニアなのか、制御ソフトのエンジニアなのかで、仕事内容もまったく異なります。

このような細かな職種別の職務経歴書サンプルがあることで、自身のキャリアにマッチしたサンプルを選んで、参考にしながら記載することができます。

またプログラマーやシステムエンジニアの場合は、会社によって取り組んでいる仕事内容が違っており、その内容をうまく伝えるのは難しいです。

typeでは職務経歴書が多数用意されていますので、

  • どんな説明をすれば伝わりやすいのか?
  • どんなことを記載すればアピールになるのか?

上記のようなことを参考にすることができます。

スカウト機能を活用する

他の転職サイトでも同様の機能がありますが、typeでもスカウト機能を活用するのが得策です。

スカウトメールが届いた求人に応募したほうが、書類通過率も高いですし、内定を得られる可能性が高まります。

ただスカウトメールのすべてが、魅力的な求人というわけではありません。

企業から直接送られてくるスカウトメール以外に、

  • オファーDM
  • type人材紹介からのスカウト
  • スキルマッチング

このようなスカウトもありますが、これらスカウトメールは不特定多数に送っているメールなので、あまり熱心度は高くありません。

他には、一般公開されていない求人(シークレット求人)を、スカウトメールで受け取ることもできます。

専門性の高い職種経験や仕事経験がある人に、直接送られてくるスカウトメールです。

シークレット求人は多数の応募者がいるわけではないので、内定獲得が現実味を帯びてきます。

シークレット求人が届きやすくなるように、職務経歴書などの登録情報をできるだけ詳しく書いておきましょう。

typeエージェントを併用する

公式サイトhttps://type.career-agent.jp/

スカウトメール以外では、typeは基本的に自分から応募するスタイルとなっており、転職相談や求人紹介をしてもらうことはできません。

ただし、グループのサービスであるtypeエージェントなら、仲介役となって仕事を紹介してくれます。

typeエージェントは、一般公開されていない非公開求人がメインです。

希望条件を出せば、経歴によっては10以上の求人を紹介してくれることもあります。

ただし、typeのサイト上で掲載している求人を、typeエージェントで紹介してもらうことはできません。

「自分で応募できる求人は案内できない」という前提となっています。

typeを使っているが、なかなか転職がうまくいかない
応募したい求人がなくなってしまった…

上記のような場合なら、typeエージェントに登録して、新たな求人案件を紹介してもらうのが良いでしょう。

また職務経歴書や履歴書で、魅力的なアピールができていない場合も、typeエージェントを活用するのがオススメです。

キャリアアドバイザーはキャリア、スキルの棚卸しに長けていますので、スッキリと見やすい書類作成のアドバイスをしてくれます。

typeエージェントの登録はこちら

typeエージェントを利用する

まとめ:typeはエンジニア系に強い転職サイト!

今回は40代の転職を考える皆さんへ向けて、typeの特徴やメリット・デメリット、typeを活用して転職を実現するポイントなどをご紹介してきました。

typeの特徴をひと言でいえば、「エンジニア系に強い転職サイト」です。

営業系や販売系の仕事も最近は徐々に増えていますが、エンジニア系の仕事と比べると、それでもまだ少ない状況です。

IT系、システム系の仕事をしている方が、

いまの仕事はちょっと給料が少ないな…
もっと他にいいところはないかな?

このように考えて仕事探しする場合は、非常に魅力的な転職サイトといえるでしょう。

typeの特徴として、ただ単に転職したいというより、とくにキャリアアップしたい時に利用するのがオススメです。

typeの登録はこちら

typeで転職する

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
2010start
40代男性、埼玉県在住。Webコンテンツ制作業務を経験し、IT業界での転職回数は3回。時には年下の上司と働いたことも。現在はフリーで活動し、30代、40代向け転職コラムも執筆しています。