転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

40代の転職で書類選考に通過するための履歴書・職務経歴書の書き方

応募書類の記事一覧へ

40代の転職活動において、最初の関門となるのが、書類選考に合格することでしょう。

特別なスキルや人脈をアピールできる人は別として、40代の平均的な書類通過率は2割ほど

10社応募して、3社に通過できる応募書類を作成できたなら、まずまず順調といえるでしょう。

転職活動の際に求められる一般的な応募書類は、以下の2点です。

人事担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません

その時間のなかで、

私は貴社が求める人物です!

ということを証明する必要があるのです。

ここでは、狭き門の中で少しでも通過率をあげるために、どのような工夫をすればよいのかをご説明しています。

しっかり読み込んで、応募書類の質を高めましょう。

転職活動の流れと40代の転職を攻略するコツは、40代の転職を成功させる完全ガイドでご紹介していますので、あわせてご確認ください。

目次

▼この記事の執筆者▼

40代女性、北海道在住。大手転職エージェントに8年半勤務し、現在はフリーで30~40代の方の転職支援業務に従事しております。3000名以上の転職相談(カウンセリング)した経験をもとに、役立つ情報を提供致します。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント

履歴書の書き方

履歴書の書き方

履歴書を手書きをする場合は、市販の履歴書を購入して記入する必要があります。

ただし、とくに指定がなければ、パソコンで作成したもので問題ありません

ネット上には、無料でダウンロードできるフォーマットがたくさんありますので、それらを利用しましょう。

【ニーズ別】履歴書テンプレート|doda

なお、転職サイトや転職エージェント経由で応募する場合は、入力した個人情報がキャリアシートという形で出力されます。

キャリアシートが履歴書の代わりになるので、応募先から提出を指定された場合を除いては、新たに履歴書を用意する必要はありません。

履歴書でチェックされるポイントは、以下の3点です。

1.学歴と職歴

学校名や会社名はもちろんのこと、

  • どこの会社に何年間在籍していたか?
  • 不自然なブランクの期間はないか?

といったことを確認されます。

いまさら事実を変えられない部分ですので、年月を正確に書くことのみに集中しましょう。

万一間違って記載した場合は、それがケアレスミスであったとしても、経歴詐称と受け取る企業も存在します

細心の注意を払って作成してください。

2.志望動機

履歴書のフォーマットには、数行ほど記載できる志望動機の欄があります。

志望動機は、選考の合否に影響を及ぼす極めて重大な要素ですが、履歴書には最大で書きこめても3~4行程度です。

無理に全てを書かずに、要約した内容を記載して、詳細は面接で伝えるようにしてください。

質の高い志望動機を作成するには?

3.証明写真

選考における第一印象は、履歴書に添付する「証明写真」から始まっています

履歴書の証明写真には、以下の選考要素がありますので、しっかりクリアできる写真を準備しましょう。

証明写真における選考要素とは
  • 清潔感があるか?
  • ビジネスマナーがありそうか?
  • 好感がもてるか?
  • 仕事ができそうか?

履歴書の書き方や証明写真のポイントについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

職務経歴書には、履歴書だけでは分からない、職務内容とスキルを詳しく記載していきます。

職務経歴書は必ずパソコンで作成してください

ネット上に、無料でダウンロードできるフォーマットがたくさんありますので、それらを利用しましょう。

【ニーズ別】職務経歴書のフォーマット・テンプレート|doda

1社経験であれば2~3枚、複数社を経験している場合は3枚~4枚程度の分量で書類を作成します。

40代の職務経歴書で見られるポイントは?

人事担当者が職務経歴書を読むのにかける時間は、わずか1~3分程度しかありません

その数分の間に人事担当者がチェックしているのは、おもに以下の部分となります。

  • レイアウト
    ビジネス文書として読みやすいか、プレゼンスキルがあるか
  • 記載内容
    自社の求める人物像と、どれくらい合致しているか

転職の準備」の段階で実施した自己分析の結果を参考にしながら、企業側が興味を持ちそうな経験や実績を意識して、詳細に記載していきましょう。

レイアウトを工夫する

40代ともなると、職務経歴書に盛り込むボリュームも、それなりの量になるはずです。

自身の経歴を整理して、職務経歴書にわかりやすく記載することで、

採用担当

この職務経歴書は見やすいな…

採用担当

この人の資料作成スキルは高そうだ!

上記のような見られ方をされますので、職務経歴書が見やすいレイアウトになるように工夫しましょう。

レイアウトの工夫に関しては、以下の記事が参考になりますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

職務経歴書に記載する内容について

職務経歴書の内容として、以下の2つを漏れなく盛り込みましょう。

  • 過去の職歴を通じて得た能力・スキル
  • 応募先企業で今後活かせる能力・スキル

転職の準備」の段階で棚卸したスキルを、職務経歴書の随所に埋め込んでいくイメージです。

採用担当者がとりわけ注目する箇所は、数値データと自己PRの2つです

数値データを盛り込む

数値データとは、営業職であれば販売実績や前年比など、ITエンジニアであれば開発規模などのこと。

業務に関する数字データは、採用担当者はかなり高い興味を持って目を通しています。

できるだけ積極的に盛り込みましょう。

自己PRを盛り込む

自己PRでは、100~300文字程度を目安に、具体的なエピソードを3~4つ盛り込んでください。

粘り強く取り組みました

好奇心が旺盛です

上記のような、性格についての記載ではなく、業務で工夫したこと課題解決したことなど、ビジネス上のエピソードを記載したほうが好まれます

職務経歴書の作成に関しては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

質の高い志望動機を量産するためには?

質の高い志望動機を量産するためには?

求人に応募する際には、志望動機を考える必要があります。

志望動機は、面接でも必ず聞かれる質問でもあるため、しっかりとした内容を用意したいですよね。

とはいえ、なかなかよい志望動機が思い浮かばずに、時間だけが過ぎて焦りを覚える方も多いのではないでしょうか?

志望動機とは、思いつくものではなく、調べて作るものです。

ただし調べるといっても、

貴社の企業理念に共感しました

こういったレベルの内容を、40代転職者が書いてしまうと、間違いなく不採用となってしまいます。

志望動機には、オリジナリティのある、自分にしか言えない内容を盛り込まなくてはなりません。

どんな企業に応募する場合でも、

  • 応募する企業の魅力
  • 自分が仕事で貢献できること

上記の2つの要素を盛り込んで志望動機を作成すれば、他の応募者と被らない、あなただけの志望動機を作成することは可能です。

作成するための具体的ノウハウや例文については、以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

応募書類を郵送する際の注意点

応募書類の提出方法は、以下の3つのパターンがあります。

応募書類の提出方法
  1. eメールに添付して送付する(PC作成の場合のみ)
  2. 企業の採用サイトページからアップロードする(PC作成の場合のみ)
  3. 郵送にて原本を提出する(PC・手書き)

最近ではメール送付やアップロードする形式が主流ですが、地方の企業などでは、郵送することも多いです。

ここでは、応募書類を郵送する場合の注意点についてご紹介します。

封筒はA4サイズのものを使う

応募書類は、履歴書とA4サイズの職務経歴書を、一緒に提出することがほとんどです。

できるだけ折らずに送付できるように、封筒はA4サイズのものを選びましょう

履歴書の原本は、サイズに関係なく、左右の真ん中で一度だけ折って封入します。

何度も折って小さく畳むのはNGです。

広げたときに、シワだらけになってしまいます……

送り状・添え状を必ずつけよう(テンプレートあり)

応募書類を郵送する際は、送り状(添え状)を添付するのがマナー

ポストイットやメモ帳などを貼りつけて、

よろしくお願いします

といったコメントを書いて送付する人がいますが、これはNGです。

あまりに軽いコミュニケーションで、

  • 採用担当者に対して礼節を欠いている

と言わざるを得ません。

必ずA4一枚の添え状をつけましょう。

送り状は手書きである必要はなく、パソコン作成ものでOKです。

Wordファイルのテンプレートを以下においていますので、必要な方はダウンロードしてご使用ください。

ダウンロードはこちらから

送り状に記載する内容は?

送り状に記載する内容は、

  • 挨拶文
  • 自分の名前と連絡先
  • 送付内容

上記の3点が盛り込んであれば問題ありません。

ネット上には様々なテンプレがあり、なかには

添え状にも自己PRや志望動機を書くべし!

と指南しているものもあります。

しかし、履歴書と職務経歴書に自己PRや志望動機は記載するので、添え状に改めて記入する必要はないでしょう。

志望度が高い応募先なので、

送り状にも志望動機を書いておきたい!

ということであれば、以下のサイトから、志望動機を記載できるテンプレートを選びましょう。

レターパックなどの追跡可能な郵送方法を選ぶ

応募書類の発送は普通郵便ではなく、レターパックライトなどの追跡可能な郵送方法を選ぶことをおすすめします。

その理由は以下の2点です。

  • 履歴書や職務経歴書は個人情報がつまった重要書類。随時、配達状況を確認できるから安心
  • 提出期限内に企業側に到着したか、確認がとれる

レターパックはA4サイズで全国一律料金で送れます。

ポストに投函可能なので、安さと手軽さが魅力です。

レターパックは2種類存在しますが、それぞれの違いは以下のとおりです。

◆レターパックの種類

スクロールできます
料金配達方法
レターパックプラス520円対面でお届けして、受領印をいただく
レターパックライト370円郵便受けへお届けする
出典:郵便局ホームページ

企業の人に確実に手渡ししてほしいという場合は、プラスをおすすめします。

ただ、どちらにも追跡サービスがついていますので、基本はライトで問題ないでしょう。

まとめ:書類選考の通過率を上げるためのコツ

40代の転職で、応募書類の通過率を高めるためには、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

応募書類作成のポイント
  • 履歴書の記載事項は、虚偽なく正確に記載する
  • 選考要素をクリアした証明写真を添付する
  • 職務経歴書には、企業が求める人物像とマッチする自身の強みを記載する
  • 自身の経歴に合った、最適なレイアウトで職務経歴書を仕上げる
  • 志望動機には、オリジナリティのある「自分にしか言えない内容」を盛り込む

40代の転職活動では、選考通過が難しく、長期戦になる可能性もあります。

質の高い応募書類を効率的に仕上げられるように、書類選考で見られるポイントをしっかり押さえましょう。

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

「応募書類作成」の記事一覧

目次
トップへ
目次
閉じる