コラム

40代のキャリアプランを考える|大切にするべき軸と構築のヒントとは?

私たちがはじめて仕事についた頃に比べると、近ごろでは、仕事への価値観や多様性も大きく変わってきました。

人口の減少や年金などの事情を考慮しても、人生の晩年まで仕事をする必要があると感じている方も、少なくないのではないでしょうか。

このような背景をふまえると、時代やご自身のライフプランに合わせた「キャリアプラン」の構築こそが、人生をより豊かにする時代となってきたのかもしれません。

これから先の20年・30年後を見据えながら、キャリアプランを構築したり、見直したりするうえで、40代の転職はベストなタイミングともいえるでしょう。

しかし、いざキャリアプランを考えようと思っても、選択肢がわからず、具体的なキャリアプランを考えるうえで、その糸口が掴めない方も多いかもしれません。

今回の記事では、長く人材業界に関わってきた筆者の経験にもとづいて、キャリアプランニングの指標と、キャリア構築のヒントとなる具体例をご紹介します。

キャリアプランの「軸」を設定する

40代の転職を考える場合、まずはキャリアプラン構築の「軸」となる、

  • 仕事を通しての目的
  • ご自身が大切にしたいこと

上記を考えてみることがとても重要です。

転職先とマッチするかは、相性やタイミングもあり、絶対的なものではありません。合わない場合も、現実的に致し方ないこともあります。

しかし、万が一マッチしなかった場合でも、キャリアプラン構築の「軸」があれば、また原点に戻ることができます。

また、転職がうまくいった場合も、働くなかで薄れがちな「働くことの意味や目的」を見失うことなく、熱量の高い仕事を継続することができるでしょう。

役職を上げる、収入の増加

転職の王道ともいえるのが、キャリアアップ・収入アップを目的としたキャリアプランではないでしょうか?

自分が経験してきた道で、さらに上を目指していくことも、人生の楽しみ方のひとつです。

組織や社会に影響する自己成長を実感できるのも、やりがいとなるでしょう。

ネクストキャリアに向けての経験を積む

目指すキャリアや就きたい役職が明確になっている場合は、将来のキャリアに向けた経験を積むために、転職をするというのも有益です。

40代以上で次のキャリアなんて…

このように思われる方もいるかもしれませんが、管理職不足の現状もあるなかで、とくにマネジメント能力を磨くことで、必要とされる場面はまだまだあると感じます。

注意が必要な点としては、目的の達成を将来に置いているため、企業のネームバリューや、業界の将来性などの考察が必要なこと。

ご自身のキャリアプランと合わせて、イメージしてみると失敗も少ないでしょう。

仕事と生活の比重を変えたい

キャリアの多様性も見られる昨今では、ライフプラン中心のキャリアプランを考えることも、珍しいことではありません。

「ライフワークバランス」や 「ライフアズワーク」など、人生のなかで仕事をどの位置に置くかは、自分でデザインできる時代となりました。

筆者自身も、充実した実生活が送れることを、キャリアプランの軸に置いています。

30代までハードワークしてきた方や、家族やお子さんなど守るものが増えた方なら、選択肢のひとつとして、覚えておきたいキャリアイメージです。

現職の環境から脱出したい

適切な評価が受けられない職場であったり、不要なストレスが多い環境から、脱却を目的とする場合もあるかもしれません。

1日の半分以上を占める労働時間のなかで、不満にとらわれて過ごしていくのは、時間の無駄使いともいえるでしょう。

まずは脱却。それも正しい選択です。

ただ一方で、環境には自らも関与しているもの。

周囲だけがすべて悪いなんてありえませんので、ご自身の改善点を整理しておくとよいでしょう。

また脱却した後の、キャリアプランやライフプランをイメージしておくこともオススメです。

どんなキャリアにしたいか?

このようなことをイメージしておくと、前向きに仕事に取り組める活力になり得ます。

40代におけるキャリアアップの例

企業規模や役職、収入の向上を伴う転職のことを、一般的にはキャリアアップといいます。

自身の経験やスキルを活用して、分かり易い結果がでるのも、キャリアアップのだいご味です。

ここでは、キャリアアップの例や注意点などをお伝えしていきます。

経験や実績を活用し、役職を上げる

一般社員から管理職へキャリアアップしたい
管理職から経営層へキャリアアップしたい

筆者が見てきたなかでも、

  • 中小企業の管理職から大手管理職へ
  • 大手のトップ営業から、中小企業の経営幹部へ

上記のパターンなど、さまざまなキャリアアップのケースに出会いました。

そのなかで率直に実感するのが、採用の指標においては、以下の公式で判断される場合が多いということです。

個人のスキル・特性や役職 + 所属企業の知名度 + 転職先で活用できる価値

たとえ個人のスキルが突出していなくても、有名企業出身の方であれば、スムーズにキャリアアップできることが多いのも事実です。

逆に中小企業出身でも、個人スキルや活用できる価値が非常に高いのなら、出身企業の知名度が著しく低くても、キャリアアップできるケースもあります。

あくまでも筆者の個人的な指標ですが、企業選定の際に目安としていただくと、目指すべき企業を絞りやすいかもしれません。

企業規模をアップ、有名企業へ転職する

業務のスケールを大きくしたい
高度なスキルや経験を積みたい

このような意識がある方であれば、より大きな企業へ転職することも有益です。

筆者が見てきた40代以上のケースでは、役職を少し落として、有名企業へ転職するケースが大半でした。

しかしなかには、スキルや転職先での経験活用値が高く、中小企業の管理職から大手管理職へというケースも、少なからず存在していたのも事実です。

一般社員から大手企業へキャリアアップをはかる場合であれば、人材の少ない部署や、経験を重視する部署に狙いを絞ると、比較的転職が成功しやすいでしょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

40代におけるキャリアチェンジの例

生活の比重を変える場合や、労働環境を変えたい場合は、今までの業界・職種から、別のカテゴリーへキャリアチェンジすることもおすすめです。

長年経験してきたカテゴリーから別の分野に飛び込むのは、非常に恐怖心もあるでしょう。

ただ、長く経験してきた別分野の知識が、まったく別の業界でも、大きな強みになる場合もあるものなのです。

いままでの経験を活用して異業種へ

業種はまったく別であっても、活かせる能力は大いにあるものです。

販売・サービス業から営業へ

例えば上記のような転職は、一般的なものとなっています。

私たちのような昭和の人間であるほど、異業種に飛び込むのには抵抗があるかもしれません。

しかしよく考えてみると、有能な社員や経営者ほど、業種を飛び越えて活躍しているのが一般的ではないでしょうか。

もちろん、有能であることが必須要件なわけではありません。

自分の持っているスキルや経験、好奇心や意欲を活かすことで、十分に新しいキャリアを創っていけるはずです。

実績・経験を活かして、フリーランスや独立の道も

個人の実績や経験、興味をもとに、独立して個人で働く方も増えてきました。

独立して自身で経営していくのは恐怖もありますが、しかしその分、すべてが自分次第です。

自由度の高さと、達成感の高さも独立の魅力といえるでしょう。

じつは筆者も、会社員として広告関連の営業やライティングの経験を経て、現在はフリーランスとして仕事を進めています。

  • ライフスタイルとキャリアを融合させる働き方ができる
  • ゼロから自分で創り上げて社会貢献できる

上記のようなニーズをお持ちなのであれば、フリーで働くことは有効な道となるかもしれません。

自分自身で責任を負うことを覚悟してしまえば、じつは転職とさほど変わらないのです。

まとめ:自身の「軸」を定めてキャリアプランを描こう

今回は、人材業界に関わってきた筆者の経験にもとづいて、キャリアプランニングの軸となる指標と、キャリアアップとキャリアチェンジの具体例をご紹介しました。

もちろん、今回ご紹介したキャリアプラン例だけではなく、他にも多くのケースがあります。

結論を言ってしまえば、キャリアプランの正解は誰にも分からないですし、逆にすべてが正解といえるのかもしれません。

筆者自身の人生を振り返っても、他人の人生を見ていても、失敗も成功も含めて、結局すべてが無駄なことではないのです。

ご自身が大切にしていきたい「軸」や「目標」を明確にすれば、より多くの経験が未来へとつながるものになっていくでしょう。

筆者自身もまだまだ道半ばです。

お互いにより豊かな人生にできるように、まずは自分の腹にスッと落ちるような、キャリアプランを構築していこうではないですか。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
スペイン商事
40代男性、大阪在住。フリーライター。大手人材系企業での経験と、自身の転職経験から、真実だけを、ゆるくあたたかくお届けします。