転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら
4.0 ( 1 )

42歳システムエンジニアの起業体験談。パソコン修理業で独立を決意!

会社を辞めたいけれど、転職先を探そうと求人情報を見ても、「40歳まで」という求人がほとんど。

転職するのは厳しいのかな…

このような思いの40代の方は多いでしょう。

かくいう筆者もその一人だったのですが、

しかもサラリーマンに向いてないし…

という思いが強く、かりに転職できても、また辞めたくなるのが目に見えています。

そんな状況のなかで決意したのが、ずっと夢に見ていた「起業する」という道でした。

この記事では、筆者が起業するために、退職に踏み切って開業するまでの体験談をお話ししています。

起業に迷って立ち止まっているあなたが、これを読み終わったあとに、前に一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

目次
この記事の執筆者
FANG

FANG

40代男性、広島県在住。システムエンジニアとして11年務めていたが、総務部へ強制異動。事務処理ばかりの業務に耐え切れず退職。「収入は自分の努力次第」にやりがいを感じて独立開業を選択。現在パソコン修理事業で起業するべく奮闘中です。

会社を退職したいと考えるようになったきっかけ

情報システム室に所属して、システムエンジニアとして働いていた筆者。

なぜ会社を辞めたいと思うようになったのか、その経緯についてお話しします。

他部署への異動を通達される

筆者が39歳のとき、とつぜん会社から、

君には総務部に異動してもらうから

このような通達を受けました。

総務部で二人がいちどに辞めてしまい、即戦力が必要になったため、隣の部署で中堅どころだった筆者に、白羽の矢が立ったのです……

それから3年間、総務部で働いたのですが、エンジニア気質の筆者はずっと物足りなさを感じていて、

自分の専門分野で頑張っていきたい…

情報処理のスキルアップをしていきたい…

上記のような思いから、退職を考えるようになりました。

サラリーマンは自分には向いていない

サラリーマンという職業に対して、

  • 業務と関係のないことまでやらされる
  • 人事評価が納得できない
  • 上司が尊敬できない

このような不満を抱いている人は多いのではないでしょうか?

筆者も労働組合の代表や新入社員研修の講師、ときには社長の運転手まで、自分の業務外のことをたくさん押し付けられてきました。

人事評価についても、5段階評価されるのですが、各評価の人数割合が決まっています。

上司からは、

上司

君は100点満点でいえば、90点以上の評価だ!

このようなことを言われても、効果の5段階評価では「真ん中の3」だったことも……

まったく意味のない人事評価ですよね。

また、数年にいちどは、昇給試験の面接があります。

とはいっても、取締役と話しをするだけなのですが。

普段の仕事ぶりを見ていない取締役と面談しただけで、いったい何が分かるのでしょうか?

はなはだ疑問です……

会社の愚痴のような話になってしまいましたが、

どれだけ頑張っても、給料は変わらない

これがサラリーマンに向いていないと思う、いちばんの理由です。

よくいえば安定しているということですが、いくら頑張っても変わりません。

しかし起業すれば、頑張れば頑張った分だけ返ってきます。

もちろん、頑張らなければ収入が減ってしまうのですが……

筆者はこのような環境で働きたいと考えていました。

再就職ではなく、独立開業したいと考えるように

社会人になって2年目の頃から、

何かのお店を自分でやりたいな…

このような思いを筆者は持っていました。

ただ、具体的にやりたいことがあったわけではなく、ずっと“何か”のままだったのです。

しかし20年たった今、やっとそれが具体的になりました。

オレはこれがやりたい!

と思えるようになった仕事は、数年前からやっている「パソコンの修理・サポート」です。

会社の同僚や近所の人、趣味でつながった人など、自分の周りの人たちから、パソコンの修理を請け負うようになっていました。

問題を解決できたときに、感謝されることがとても嬉しい!

1件1件に貢献している感覚を実感できるので、「これを仕事にしたい」と、やればやるほど強く思うようになっていたのです。

起業するために準備したこと

多くの人は、

退職金もそれなりに出そうだし、独立開業は退職してから動こう

このように考えるかもしれません。

しかし、それでは時間がもったいないです

筆者は、退職までにできることを、しっかりと準備しておくことにしました。

人脈づくり

筆者の趣味は、ゴルフとお酒を飲むことなので、人脈づくりにはそれほど苦労しませんでした。

ゴルフをしていると、たくさんの新しい出会いがあります。

お酒が好きなことに関しても、お酒が入れば打ち解ける時間も短くなり、初めて呑む人でもすぐに仲良くなれるのです。

飲み屋にひとりで行けば、全く知らない人とも知り合いになれます。

ときには、共通の知り合いの名前が話題になって、

世間は意外と狭いよね!

このような出会いを経験したことも……

新たな出会いは、仕事につながる第一歩にもなるので、筆者は趣味からどんどん人脈を広げていきました。

どんな趣味でも構いません。

趣味は人脈づくりに欠かせない要素のひとつです。

今できることをやってみる(模擬開業)

筆者は前述したとおり、実際に起業する前に、自分の周囲の人からの依頼でパソコン修理をやっていました。

起業することを考えるなら、こういった開業前でもできることを、何でもいいので事前にやっておくのがおすすめです。

何かをやっているかいないかで、事業に対する不安と自信の量に大きな差が出てきます。

起業するうえで不安なことを、

事前にどれだけ自信に変えることができるか?

というのは、とても重要なことなのです。

退職が近づくに連れて、

本当に自分にできるかな?

お客さんは来てくれるだろうか…

このような不安にかられます。

しかし、事前に模擬開業といえる取り組みをやっていれば、不安におちいることも圧倒的に少なくなるでしょう。

資格を取る

パソコン修理業を開業するために、資格は絶対に必要というわけではありません。

しかし、取っておいた方がお客さんへのアピールにもなるものに、「パソコン整備士」という資格があります。

パソコン整備士検定とは|パソコン整備士協会

パソコン整備士の試験は、会場に行って、パソコンを使って選択問題を解く形式です。

全国各地に試験会場があり、場所によっては毎日やっている所もあります。

1級~3級の資格がありますが、飛び級での受験はできず、必ず3級から受けなければなりません。

筆者の場合は、3級と2級は一発合格できたのですが、

1級に合格できない…

という結果が続き、4回目でやっと取得できました。

パソコン整備士の資格は、パソコン整備士協会が担っており、テキストや問題集も出しています。

2級、3級はテキスト・問題集の両方が出されていますが、1級に関してはテキストしか出版されておらず、問題集がありません。

インターネットで調べても、

模擬テストも過去問も見つからない…

という状態なので、これが合格に向けての障害となっているのです。

試験が終わると点数と合否しか分からず、答え合わせもできないため、間違えた箇所がまったく分かりません。

筆者は、試験問題の記憶とテキストと照らし合わせて、間違えた箇所を思い出しながら、メモを重ねていきました。

正直なところ、途中で諦めそうにもなりましたが、名刺に「2級」と記載するのと、「1級」と記載するのでは印象が全然違います。

絶対に名刺には「パソコン整備士1級」と記載するぞ!

この気持ちをモチベーションにして、合格するまで受け続けました。

開業までに立ちはだかる壁とは?

実際に起業してからが大変なことは百も承知ですが、開業するまでも簡単に行くわけではありません。

筆者が感じた起業の壁をご紹介します。

いまの職場の人たちにかける多大な負担

自分がやっていた仕事量が多ければ多いほど、引き継ぎが大変です

引き継ぎを受ける人たちに負担がかかることは、容易に想像がつくことでしょう。

とくに自分がやりやすいようにアレンジした仕事は、他の人がやるには非常に分かりにくいもの。

誰でもできるようにしてあげなければなりません。

人に教えるより、自分でやったほうが楽だよ…

こんなふうに抱えこんできた仕事が、引き継ぎをするときに一番やっかいです。

筆者の場合は、いつでも退職できるように、全ての仕事をマニュアル化していました。

自分はもう辞めるから適当でいいや…

このように考えるのではなく、お世話になった方たちに、可能な限り丁寧に引き継ぎしたいものです。

「有終の美」「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、最後まで全力で職務を全うしましょう

親は必ず反対するものと思っておくこと

私たち40代の親といえば、70~80歳くらいではないでしょうか。

この年代の方々は、今と違って職業も限られており、物も少ない時代でした。

ですから、やはり安定した収入というのをすごく大事に考えておられます。

だからこそ、手を離れているとはいえ、我が子が今から起業することに対しては、心配でしょうがないはずです。

筆者の場合は、過去に起業未遂が2回あります。

過去の2回は親の反対に負けたのと、自分も十分な準備がなく、不安になったことで諦めました。

しかし今回は、開業に対する思いと、やっていけるという安心材料になる根拠を言えたことで、親に反対されなかったのです。

親には別に事後報告でいいんじゃない?

という考えもありますが、説得材料をしっかり準備して、事前に話しておくべきだと筆者は考えます。

「親に話せる」ということが、自信にもつながりますよ。

家族からの心配

筆者は結婚して子どもが2人いますが、家族に心配をかけないように注意を払いました。

同じように家族がいる方は、独断で勝手に突き進むべきではありません

しっかりと奥さんと、そしてお子さんが中学生以上であれば、お子さんとも話し合いをしましょう。

自分ではできると思っていても、奥さんからすれば、

本当に大丈夫なのかしら…

と不安な気持ちでいっぱいです。

不安要素の大部分が収入面ですが、できるだけ取り除いてあげるためにも、数字を使って具体的に収入イメージを話してあげましょう

また、模擬開業をおこなっていれば、結果を話したり、楽しくやっている様子を見せてあげることもできます。

家庭を壊すわけにはいきません。家庭あってこその自分です

開業すれば、必ず家族の力を借りることにもなります。

決して勝手にやるのではなく、家族の理解を得たうえで起業しましょう。

まとめ:再就職だけが転職ではない。起業する道もある

今回は、筆者が独立開業するために、退職に踏み切るまでのお話しをご紹介しました。

人生は一度きりです。

60歳、70歳になって振り返ったときに、後悔することはしたくありません。

働き盛りの40代を全力で走るには、どうしたらいいかをしっかりと考えた結果、筆者は「起業する」という道を選びました。

きっとサラリーマンの何倍も大変でしょう。

でもその分、やりがいや達成感はさらに何倍もあると想像しています。

自分がいちばん輝けると思う道で、この40代を突っ走りましょう!

▼この記事の満足度をお聞かせください▼

4.0 ( 1 )

この記事を書いた人

40代男性、広島県在住。システムエンジニアとして11年務めていたが、総務部へ強制異動。事務処理ばかりの業務に耐え切れず退職。「収入は自分の努力次第」にやりがいを感じて独立開業を選択。現在パソコン修理事業で起業するべく奮闘中です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次