転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら
4.5 ( 2 )

Webライターはきつい?乗り越える方法を現役ライターが解説

広告の配信について

当サイトでは、以下のインターネット広告を配信しています。

  • アフィリエイト広告
    ユーザーが広告主のサイトを訪れて購入や申込みをした場合に、紹介したサイトに成果報酬が支払われる広告
  • アドセンス広告
    Google社が提供する広告。コンテンツにマッチする広告を自動で配信して、ユーザーがクリックして広告主のサイトを訪れると報酬が支払われる

※広告で得た収益を原資として、セカンドゴングに携わる皆さまへの報酬やサイト運営の費用をねん出しています

Webライターの仕事を始めてみたものの、

イメージしていたよりきついな…

と感じていませんか?

  • うまく文章が書けない
  • 単価が低すぎて稼げない

このような悩みは、初心者ライターの多くが経験することです。

これを乗り越えるためには、精神論ではなく、要点を押さえることのほうが重要です。

この記事では、業界歴4年目の現役ライターが、Webライターの「つらい」「きつい」を解決する方法をわかりやすく解説しています。

いずれも効果実証済みなので、ぜひ最後までお読みになって、Webライターの仕事にお役立てください。

目次
この記事の執筆者
Santiago

Santiago

40代男性、神奈川県在住。運送業界で管理職として奮闘するも、家族との時間を大切にしたいと40歳で転職。本業+副業でワークライフバランスを実現しました。仕事や働き方に関する悩みについて、役立つ情報や考え方をお届けします。

Webライターはきつい? 実際にやってみて分かったこと

Webライターの仕事は「きつい」と言われることがありますが、実際のところどうなのでしょうか?

ここでは、筆者がやってみて体感したことをご紹介します。

半年~1年くらい頑張れば、一気に稼げるようになる

Webライターの仕事は、

正直、思ってたよりきついかも…

誰でも最初はこのように感じます。

その背景には、学歴や資格がいらずに始めやすい反面で、

十分な知識・技術を持たずに仕事を受注できてしまう

という環境が関係しているのです。

いまや当たり前のように利用されるクラウドソーシングでは、Webライタ-と名乗ってしまえば、すぐにプロになれます。

しかし、クライアントの求めるレベルは決して低くなく、多くの人が想定以上の苦戦を強いられることになるでしょう。

筆者

こうした実情があるとはいえ、落胆することも、あきらめる必要もありません

なぜなら、Webライターの仕事を半年~1年間ほど本気で取り組めば、きつい時期を乗り越えて一気に稼げるようになるからです。

実際に、筆者はライター歴2年目以降、文字単価が2円〜4円(時給換算2,000円ほど)までアップし、継続依頼をもらえるようになりました。

大切なのは「自分の意思を貫くこと」

Webライターは副業としても人気があるため、ライバルが多く飽和状態ともいわれます。

多少単価を低く設定しても受注する人がいるので、安く買い叩かれてしまうのです。

このような実態があることから、ブログやTwitterでは、

Webライターはやめといたほうがいいよ!

といった発信が見受けられます。

筆者

しかし、ネガティブな意見に耳を傾ける必要はありません

レベルアップをして初級〜中級層を脱出すれば、驚くほど安定して稼げる世界が待っているのです

結果がついてくるのか不安な人は、

全力で一年間やってみて、結果がでなかったら考えよう…

といった形で、期間を決めて取り組んでも構いません。

周囲を気にせず、集中的に取り組むことが成功につながります。

筆者

大切なのは、自分の意思を貫くことです!

初心者ライターが「きつい」と感じる理由とは

初心者ライターは、どのような壁にぶち当たりくじけてしまうのか。

ここでは、筆者の経験も踏まえながら、Webライターが「きつい」「無理」といわれる理由を整理していきます。

執筆に時間がかかりすぎる

未経験から始めた場合は、1時間で数百文字ほどしか書けないなど、執筆に時間がかかることに悩む傾向があります。

よく知らない分野の執筆だと、

1,000文字書くのに1日かかってしまった…

という話も珍しくありません。

  • 内容がまとまらない
  • そもそも何を書けばよいのか分からない

上記のような悩みもありがちです。

筆者

筆者もWebライティングのイロハが分からずに、メンタルが少し病んでしまいました…

低単価の仕事ばかりで稼げない

近年ではかなり改善されてきたものの、初心者ライターが受注できる案件は、単価が安すぎる傾向にあります

専門知識が必要となる、

  • 美容
  • 金融
  • 不動産
  • 医療
  • IT関連

上記ジャンルのコンテンツ作成は高単価ですが、実績が少ないうちはなかなか仕事を獲得できません

文字単価0.5円の案件を1時間で1,000文字書いたとしても、時給にすれば500円ほど

コンビニでアルバイトをしたほうが稼げるし…

このような現実があるのです。

スケジュール管理に苦労する

Webライターとしての活動は、仕事の段取りや納期の管理を、すべて自分一人で進めなくてはなりません

やりがいと背中あわせの「責任の重さ」を感じることもあるでしょう。

ひとたび体調を崩してしまえば、締め切り間際に慌てて記事を書くことにもなりかねません

「自己管理も仕事のうち」とはいわれますが、実際にやってみると、かなり精神的なプレッシャーを感じるのではないでしょうか。

筆者

筆者もあまりに気持ちが追い込まれて、プライベートの用事も控えてしまうほどでした…

長時間のタイピングに疲れる

長時間座ってひたすらタイピングをしていると、肩が凝り、背中の筋肉もカチカチに固まってしまいます。

手首や親指の付け根に痛みがでるなど、腱鞘炎になるケースも少なくありません

デスクやチェアの高さを調整すれば、ある程度は軽減されますが、デスクワークに慣れていない初めのうちは、

長時間のタイピングはしんどいな…

と感じることもあるはずです。

一人作業で孤独を感じる

在宅ライターをしていると、

誰とも会話をせずに1日が終わってしまった…

このような人も多いのではないでしょうか?

Webライターは「人間関係に悩まなくていい」というメリットがある一方で、

不安や分からないことを一人で抱えやすい

というデメリットがあるのです。

性格にもよりますが、

一人作業はさびしいな…

と感じることはよくあり、仕事のモチベーションを維持するのに苦労する人も……

日々の小さなストレスが積み重なって、やがて大きなリスクになってしまう可能性もあります。

きつい時期を乗り切るおすすめの方法6選【効果は実証済み】

Webライターの悩みを解決するノウハウはたくさん見受けられますが、ここでは筆者が実際に有効だと感じた方法のみをご紹介します。

目標を低めに設定して、精神的な負担をへらす

目標設定については1時間で800~1,000文字など、あえて低めの設定がおすすめです。

目標を低めに設定すると、

  • 仕事のペースをつかめる
  • キャパシティを把握できる
  • 目標を達成して自信がつく

このようなメリットがあり、精神的な負担を減らせます

筆者

案件を抱えすぎて、パンクすることもなくなるでしょう

時間の使い方をかえて、生産性をあげる

時間の使い方を見直すことで、文章作成の効率が上がり、体力・精神的な負担が大きく軽減されます

たとえば、すきま時間で情報収集しておけば、いざ執筆の際にいきなり文章が書けるのでムダがありません。

また、いつも夜にライティングをしているなら、早朝に変えてみることもおすすめです。

慣れないうちは、早起きがつらいと感じるかもしれませんが、

実際にやってみると、「同じ1時間」でも生産性がぜんぜん違う

ということに気づけるでしょう。

筆者

早朝は脳がもっとも効率よく働く時間帯です

なお、文章作成のスピードアップを図るなら、一流ブックライター上坂徹さんの著書「10倍速く書ける 超スピード文章術」が非常に参考になります。

著:上阪 徹
¥1,336 (2024/02/24 19:54時点 | Amazon調べ)

文章の型にそって執筆する

Web記事は、結論ファーストでなければユーザーがページを離脱してしまいます。

論理的な文章を作るためのテンプレートには、いくつかの種類があるものの、とりわけ以下の2つがWebライティングには好相性となります。

PREP法
  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論(まとめ)

PREP法とは、結論・理由・具体例・結論の流れで相手に話を伝える方法です。
4つの流れでわかりやすく伝えられるため、聞き手に説得力を与えたいときに役立ちます。

出典:Chatwork
SDS法
  • Summary:要点
  • Details:詳細
  • Summary:要点(まとめ)

SDS(エスディーエス)法とは、文章や言葉で事実を相手にわかりやすく伝え、理解をうながすことに役立つフレームワークです。
SDSは、それぞれSummary、Details、Summaryの頭文字をとっており、「要点」「詳細」「要点」を意味しています。
相手に伝えたいことの要点を「〇〇についてお話しします」と最初に明示することで、相手は話の概要を把握でき、詳細を理解しやすくなるでしょう。

出典:Chatwork

それぞれの型を使って文章を書くときは、

  1. 項目ごとに必要な情報を箇条書きで並べる
  2. まとまりごとにつなげて文章にする

上記の2ステップでOKです。

文章は頭を使って書くものと思われがちですが、実際には型(テンプレート)にそって情報を並べていくだけなので、慣れてしまえばそれほど難しくありません。

SEOライティングを習得して、文字単価を上げる

Webライターとして稼ぐためには、SEOライティングの習得が不可欠です。

SEOライティングとは

Googleなどの検索エンジンで調べたときに、上位表示を狙う文章作成テクニックのこと

クライアントが求めているのは集客効果に優れた記事であり、SEOライティングのスキルを身につければ、1文字2円~など高単価の案件を受注できます

SEOライティングについては、

ハードルが高いのでは…

と感じて敬遠するライターもいますが、あらためて着目してみると、特別に難しい内容ばかりではないことに気づくはずです。

知識や技術を得るためには、

  • SEO関連の本
  • 動画(YouTube)

上記から情報収集をしましょう。

筆者

自分のブログで運用して、アクセス数の変化を確かめることもおすすめです!

なお、Webライターのスキルアップについては、以下の記事も参考にしてください。

案件エージェントを活用して、高単価の仕事を確保する

近年では、フリーランス向けの案件エージェントが充実してきており、これらを利用すれば効率よく仕事を確保できます。

案件エージェントとは

専属のキャリアコンサルタントが仕事探し(案件探し)をサポートしてくれるサービスです。
マッチングサービスとも呼ばれます。

Webライターにおすすめの案件エージェントは、以下の3つです。

利用にあたっては相応のスキルと実績が必要となるものの、プラットフォーム型の案件と比べて単価が高いことが魅力です。

筆者

ランサーズやクラウドワークスなどで経験を積んだら、ぜひ相談してみましょう!

オンラインサロンやTwitterで、ライター仲間とつながる

オンラインサロンやTwitterで、ライター仲間を作るのもおすすめです。

Webライターの仲間を作ると、

  • 困ったときにアドバイスをもらえる
  • 挫けそうなときに背中を押してもらえる
  • 困っているライターさんを助けて、感謝してもらえる

上記などで、技術的にも精神的にも支え合えるので、Webライターを続けやすくなります

Webライター系のオンラインサロンは、有益な情報源となることはもちろんですが、同じ方向を向いている仲間を獲得できるのは大きなメリットです。

加入する際は、月額料金だけでなく会員数にも着目しましょう

Twitterで信頼性のあるライターをフォローしておくだけでも、モチベーション維持につながります。

筆者

さまざまな人と交流を図れば、自分らしいキャリアパスも見えてくるはずです

まとめ:きついのは最初だけ。半年〜1年間とり組めば必ず乗り越えられる!

Webライターをはじめた最初のころは、

  • 文章作成に時間がかかる
  • 低単価ばかりで苦労する
  • 一人作業で孤独を感じる…

上記のように、きついと感じる場面がよくあります。

しかし、

  • 文章作成を仕組み化する
  • SEOライティングを習得する
  • ライター仲間とつながる

これらの対策をしながら、

半年〜1年間くらい”本気”で取り組めば、必ず乗り切ることができます

筆者

あきらめる必要はまったくありません!

Webライターは、スキルが上がればフリーランスとしても活躍でき、「自由な働き方」を手に入れられる魅力的な職種です。

将来の可能性を広げるためにも、紹介した内容をぜひ取り入れてみてください。

▼この記事の満足度をお聞かせください▼

4.5 ( 2 )

この記事を書いた人

40代男性、神奈川県在住。運送業界で管理職として奮闘するも、家族との時間を大切にしたいと40歳で転職。本業+副業でワークライフバランスを実現しました。仕事や働き方に関する悩みについて、役立つ情報や考え方をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動を攻略するためのコツとして、以下のようなコンテンツをご用意していますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    8つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など
キーワードで記事を検索する

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

目次