転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

未経験・主婦でもOK!「Webライターの始め方」と稼ぐためのコツ

Webライターの始め方|未経験の43歳主婦が稼げるまでにやったこと

(執筆:滝内 あやぽけご

Webライターという職業をご存知ですか?

ネット上に存在する記事の文章を書く職業のことで、じつは筆者もWebライターを仕事にしています。

初心者でまったくの未経験だったのですが、

家族のために、土日祝が休みの仕事がしたい…

このような思いがあり、思い切って始めてみました。

そして今では、家族のための大切な時間を確保できています。

Webライターという仕事は、働く時間や場所を自由に選べますし、40代から始めてもぜんぜん遅くはないですよ

この記事では、知識なしスキルなしの初心者だった43歳主婦の筆者が、Webライターを始めた体験談をお話しています。

また、記事の後半では、当サイト(セカンドゴング)の運営者が、数多くのWebライターから学んだスキルアップのコツをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ぽけご

当サイトの登録ライターさんは100人以上! 皆さんから学んだノウハウをご紹介します

執筆ライターの一覧はこちら

目次

▼この記事の執筆者▼

40代女性、静岡県在住。1人娘のママ。家族との時間、自分の時間を大切にするためにWebライターとして活動中。日々、趣味の筋トレをしながらスキルアップに奮闘中です。

田舎住まいでスキルもない40代主婦は、働く時間や曜日を選べない…

筆者は、11年間スーパーでレジのアルバイトをしていました。

勤めていたスーパーは、土日祝がほぼ出勤の職場です。

夫の単身赴任ですれ違いの生活に

筆者は夫と子ども1人の3人家族ですが、夫は2年前から単身赴任になり、週末にしか自宅へ帰ってこれなくなりました。

土日祝は筆者が出勤ですから、すれ違いの生活が続くようになったのです…

いくら生活のためとはいえ、

土日に家族みんなですごせる時間が持てないなんて…

このような疑問を感じて、転職を考えるようになりました。

転職したい求人が近くで見つからない

転職するといっても、筆者は車の運転ができないため、自宅の近所を中心に求人を探しました。

しかし、筆者が住んでいるのは田舎の住宅地です。

平日勤務の仕事を募集するような企業は、なかなか見つかりません。

求人が見つかっても、年齢制限で40代の筆者には応募する資格がないものばかり…

接客業の募集なら、近所に何件かあったのですが、どれも土日祝勤務が条件の求人でした。

車の運転すらできない田舎住まいの40代主婦は、土日祝を休める仕事はないのかも…

このように、転職を諦めるしかないという気持ちになっていったのです。

Webライターという職業を知ったきっかけ

筆者が転職を諦めかけていたとき、ある友人から、

クラウドソーシングで仕事をしてみたら?

このようなアドバイスをもらいました。

それがWebライターを始めるきっかけとなったのです。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングサイトとは、ネット上でクライアントが募集をして、個人が仕事を受注できる仕事依頼サイトのことです。

クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。

群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。

クラウドソーシングは狭義では、不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。

出典:Wikipedia

クラウドソーシングでの仕事のやりとりは、基本的にすべてがネット上で行われます。

仕事をする = 自宅から出てどこかの企業に雇ってもらう

上記のような固定観念があった筆者には、本当に驚きの仕事でした。

そして同時に、

在宅の仕事なら、家族と一緒に過ごせる時間を確保できるのでは?

クラウドソーシングなら、働く曜日や時間を自分で決められるかも!

このような希望が見えてきたのです。

クラウドソーシングには、在宅で働ける仕事がたくさんある

友人に教えてもらった日に、さっそくクラウドソーシングサイトについて調べました。

クラウドソーシングサイトには、Webライター以外にもいろいろな職業があります。

クラウドソーシングでできる主な仕事
  • プログラミング
  • Webデザイン
  • イラスト制作
  • Webライティング
  • データ入力
  • 翻訳・通訳
  • 写真・画像・動画
  • 音楽・音響

それらの仕事のなかでも、

Webライティングの仕事なら、スキルや経験がなくても始めやすいのか…

ということを知って、筆者もWebライターに挑戦することを決めたのです。

Webライターとは、どんな仕事なのか?

Webライターとは、Webサイトやブログなど記事の執筆者として、パソコンでライティングする仕事のこと。

ウェブライターは主にウェブメディアやキュレーションサイトなどでコラム記事を執筆するお仕事です。

いわゆるライターが雑誌や書籍など紙媒体を中心に原稿を執筆しているのに対して、ウェブライターはウェブ媒体での執筆が中心となります。

最近は、紙やウェブを問わず仕事をしているライターも多いのですが、ウェブライターと呼ぶ場合には、ウェブ媒体のみで活躍する人を指します。

出典:憧れクリエーターのお仕事図鑑

ライターのお仕事は、今まで経験してきたことを執筆に活かせるので、未経験からでも始めやすい仕事のひとつです。

家事や子育てなどに関しても、その経験を必要としている読者がいますので、主婦やシニアの方でもチャレンジできます

在宅でマイペースに働けますから、

  • 通勤時間は不要
  • 急な用事でも欠勤の心配がない
  • 生活スタイルに合わせて働く時間を決められる

上記のように、子育てをしながら働くうえでメリットが多いのです。

また、ライティングスキルは活用の幅が広いので、

手に職を付けられる

という意味でも、おすすめの仕事といえるでしょう。

経験を積めば、フリーランスとして独立することも可能です。

在庫も扱わないため、仕入れなども不要ですし、低リスクで起業できますよ。

Webライターになるには? 初心者の40代主婦が始めたこと

Webライターの仕事は、

  • パソコン
  • インターネット環境

この2つさえあれば、自宅でもすぐに始められます。

しかし、筆者はまったくの未経験だったので、どうやったらなれるのか全くわかりませんでした…

文章を書くこと自体も、学生のときに書いた読書感想文くらいしか経験がありません。

パソコンにも詳しくないですし、

40代主婦でも本当にできるのかな…

と不安な気持ちでいっぱいでした。

そんな筆者が、Webライターになるために、まず始めたことをご紹介します。

現役Webライターのブログを参考にする

まず「Webライター」でネット検索してみると、

現役でWebライターをしています!

こういった方のブログを、たくさん見つけることができます。

Webライターをしている方の年齢は、本当にさまざまで、学生の方もいれば、50代以上の方までいました。

筆者と同じように、40代で子育てをしながら、Webライターをしている方もたくさんいらっしゃいます。

いろんなサイトを見ているうちに、

私も頑張れば、Webライターになれるかもしれない…

このような勇気が湧いてきました。

実際に筆者が参考にさせてもらった、Webライターさんのブログをご紹介しておきます。

どちらも女性の方が運営しているブログです。

本を読んで勉強する

初心者ですから、Webライターとしてどんな文章を書けばよいのか、全くわからない状態です。

ですので、まず最初に、

  • Webライターの基礎知識が学べる
  • 文章について学べる

こういった本を数冊購入して読みました。

これらの本は、仕事を始めた現在でも、何回も読み返しています。

筆者が実際に読んでみて、とても参考になった書籍をご紹介しておきますね。

▼Webライターの参考書籍▼

Webライター関係のオンラインサロンに参加する

筆者は結婚してから10年以上、パソコンにも触れていません…

ですから、まずはPCでのやり取りに慣れるためにも、Webライター関係のオンラインサロンに参加することにしました。

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。

作家、実業家、アスリート、ブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人、又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。

出典:Wikipedia

オンラインサロンには、

  • 筆者と同じような初心者の人
  • すでにWebライターとして活躍されている方

上記のような方たちが、数多く在籍しています。

オンラインサロンに登録すれば、Webライターとしてすでに活躍されている方が、仕事のやり方などを丁寧に教えてくれるのです。

Webライターの知り合いがひとりもいない筆者にとって、これはとても励みになりました。

オンラインサロンは有料ですが、教室に通う手間がなく、自宅で講座を受けられるのでオススメです。

ちなみに筆者が参加しているのは、『ライター組合』というオンラインサロン。

Webライターとして活躍されている、佐々木ゴウさんという方が運営しています。

ライター組合は、おもにライター未経験や初心者の方を対象にしたオンラインサロンですが、現在活躍されているライターさんも多く在籍していますよ。

クラウドソーシングサイトに登録する

クラウドソーシングサイトは数多くありますが、筆者は以下の2つのサイトに絞って登録しました。

どちらも豊富な案件を抱える、大手のクラウドソーシングサイトで、初心者向けの案件も多く扱っており、無料で登録できます。

2つに絞った理由は、仕事をしていくとサイト内の自分のプロフィールに、実績として表示されていくからです。

ひとつのサイトで多くの仕事案件をやったほうが、そのサイトの実績として蓄積されていくので、クライアントへのアピールにつながります

初心者の方は、まずは2つくらいに登録して仕事をやってみて、

自分にはこのサイトが合いそうかも…

というサイトをメインにして、利用していくのがオススメです。

実際にWebライターの仕事をやってみた感想

Webライターの仕事は、ネット上だけのやりとりなので便利ですが、

本当に自分でもできるのかな…

はじめての方なら、上記のような不安も大きいでしょう。

実際にWebライターをやってみると、自分にとっての改善点を発見することが多いです。

筆者も仕事をやりながら、

  • 改善するための勉強
  • スキルアップのための勉強

こういったことを繰り返して、さらなるスキルアップを目指しています。

ここでは、筆者が実際にWebライターの仕事にチャレンジしてみて、実感したことをご紹介します。

始めるのは簡単だが、稼ぐのは容易ではない

Webライターの仕事を実際に始めてみて、正直な感想をいいますと、

Webライターを始めるのは簡単だが、稼ぐのは容易ではない

ということ。

Webライターとして収入を上げるには、いろいろなことに対して、

自分から積極的に学んでいかなければ!

このような姿勢で向き合っていく必要があります。

企業で働いていたときは、勤務時間をちゃんと働いていれば、能力に関係なく給料がもらえました。

しかし、Webライターの場合は、

  • 実績のない初心者の場合は、まず案件を受注することが大変
  • 案件を受注しても、記事を納品しないと報酬はもらえない

こういったことをクリアしていく必要があります。

40代という年齢はプラスになる

40代で企業に転職しようとすると、

採用担当

40代だとちょっと…

こんなふうに敬遠されてしまいますが、Webライターの仕事なら、年齢が問題となることはありません

むしろ今までやってきた、

  • 仕事の経験
  • 育児や家庭生活の経験
  • 恋愛、夫婦、家族の経験

上記のような経験が、案件内容によっては大いに役に立ちます。

あなたが40年間培ってきた経験を、Webライターとして武器にできるのです。

Webライターで稼げるまでのステップ

Webライターを始めるとして、本業レベルの収入を稼ぐようになるためには、どのような手順で進めればよいのでしょうか?

ここでは、具体的なステップや、稼ぐために必要となるスキルについてご紹介します。

始めたばかりの収入はどれくらい?

Webライターとして稼ぐスピードは、人によって違います。

初心者でも、1~2ヶ月ですぐに10万円以上稼げる人もいれば、最初は1万円以下という人もいるのです。

https://twitter.com/blackrai7/status/1259818342598107136

ちなみに筆者の場合は、初月の報酬は5千円ぐらいでした。

ちょっとした小遣い稼ぎであれば、

1ヶ月に5千円もらえたらいいか…

と思えるかもしれませんが、生活費を稼ぐという意味では少なすぎますよね。

ただ、筆者は文章を書くことにも慣れていませんでしたし、PC操作にも不安があったので、最初のころは「勉強」という気持ちで取り組んでいました。

最初は副業から始めるのがおすすめ

ある程度は貯蓄に余裕があり、家族の理解が得られるのであれば、Webライターを本業として始めることも可能です。

しかし40代であれば、いろいろとお金がかかる時期ですよね…

今の仕事を退職して、いきなりWebライターを始めるのは不安も大きいでしょう。

ですから、まずは副業として始めてみることをおすすめします。

副業でも、Webライターで5万円以上稼ぐことは可能ですし、ある程度稼げるスキルが身についていれば、本業として取り組みやすくなるはずです。

実際に、副業でWebライターに取り組みながら、

転職してワークライフバランスを実現できました!

という40代男性の体験談を以下でご紹介しています。

ぜひこちらも参考にしてみてください。

高単価の案件を増やせば、本業にすることも可能

Webライターとしての実績を増やしながら、

  • 案件の単価を上げる
  • 継続的に依頼してくれるクライアントを確保する

上記の2つをクリアすることができれば、本業レベルの収入を得られるようになります。

ただし、そのためには最低でも、以下のようなスキルを身につけておかなければなりません

本業Webライターに必須のスキル
  • ライティングスキル
    読む人にわかりやすい文章を書くスキル、紹介する商品やサービスの申し込みにつながるセールスライティングのスキルなど
  • SEO(検索エンジン最適化)スキル
    執筆した記事がWeb上に公開された時に、検索エンジンの上位に表示されるために必要となる知識やスキル
  • 情報収集スキル
    ネット検索やSNSで情報収集することはもちろん、取材やインタビューなどでオリジナル情報を得るためのスキル

ライター案件をこなして学びながら、必要なスキルを習得していましょう。

ぽけご

当サイトのライターさんでも、最初は初心者だったのに、「いまは本業」という方がたくさんいらっしゃいます!

Webライターの求人を探すには?

ライターとしてのスキルを磨けば、副業やフリーランスとして働くだけではなく、

  • Webメディアの専属ライター
  • 広告のコピーライター
  • 企業のWeb広報担当者

上記のような職種で、正社員・派遣・業務委託など、さまざまな勤務形態で転職することが可能です。

コロナ禍の影響により、インターネット分野に参入する企業が増えています。

そのため、Webコンテンツの制作やWeb広告の需要増が見込まれて、ライター求人の数も増加傾向にあるのです。

ライター求人の年収・時給・給料は?

ある求人サイトの調査によると、ライター求人における収入面の統計データは以下のとおりです。

正社員ライターの平均年収
派遣ライターの平均時給
パート・アルバイトでライターをする場合の平均時給

出典:求人ボックス 給料ナビ(2022年1月24日)

地域別でみると関東エリアの求人が多く、年収も高い傾向にありますが、ライターはリモート勤務もしやすい仕事のため、地域にこだわらず求人探しができます。

また、条件面で見ると、

「SEO」というキーワードを含む求人は、年収が全体比+7%

上記が明らかになっており、SEOに関するスキルを身につけておくことで、より好条件が狙えるでしょう。

ライター求人におすすめの転職サイト

ライターの求人を探す際に、おすすめの転職サイトは以下のとおりです。

Webライターにおすすめの転職サイト

また、一般的な転職サイトでも、ライティングスキルを求める求人は多いので、複数の転職サイトを活用して仕事探しをしてみましょう。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

Webライターとして、効率よくスキルアップするコツ

Webライターとして稼いでいくうえで、もっとも重要なことは、

読者に読まれる記事が書けるかどうか?

ということです。

どれだけ素晴らしい経験を持っていたとしても、読者に読まれない書き方をしていては、ライターとしては稼げません。

稼げるライターになるためには、

  • その記事を読みたいと思うか?
  • その記事は読みやすいか?
  • その記事は読者にとって有益か?

上記のようなことを考えながら、読者に読まれる文章で書きあげる必要があります

読まれる記事を書くためのスキルは、どのようにすれば効率よく学べるのでしょうか?

ここでは、Webメディアの運営を通じて、数多くのWebライターと交流している筆者が、具体的な3つの方法をご紹介します。

通信講座で必要となるスキルを学ぶ

まったくの未経験からチャレンジする場合は、

どうすれば読まれるかなんて、よくわからないよ…

と気後れしてしまう人もいるかもしれませんね。

たしかに、多くの初心者ライターさんとやり取りするなかでも、

ぽけご

うーん、書きたいことばかり書いちゃって、読者のことを考えてないな…

こういった記事を納品されてくる方は意外と多いです。

読者という「第三者」が、あなたの記事を評価するわけですから、やはり自分ひとりの力だけでは、プロライターの思考法を身につけるのは容易ではありません。

ですから、ライターのための通信講座を利用して、

プロ視点での添削を受けながらスキルアップする

という方法が効果的です。

とくにおすすめなのが「あなたのライターキャリア講座」。

記事作成代行会社が運営している講座なので、実践的なノウハウが学べるのはもちろん、稼げるライターに必須となる4つの基礎思考力を習得できます。

講座で学べる4つの基礎思考力とは?
  • Logic(論理の構築)
    情報を構造化し、目的を達成するための論理を定めます
  • Plot(伝える順番の設計)
    目的に応じて最適な構成(伝える順番)を設計します。
  • Reaction(反応の予測)
    読者の感情の動きを予想し、読み進めたくなるよう読者を導きます。
  • Question(疑問の解消)
    読者の疑問を先回りして解消し、誰が読んでもわかりやすい文章に仕上げます。

さらに、「あなたのライターキャリア講座」を受講すると、

  • プロのスタッフによる課題添削が受けられる
  • オンラインで自宅から自由自在に受講できる(参加できない日は録画を視聴可)
  • LINEサポートによる学習支援やお悩み相談が受けられる
  • 今後のキャリアをプランニングできる

上記のような利用メリットが得られます。

受講後もLINEで相談したり、お仕事紹介を受けるなど、ライターとしてのつながりを持てるのも魅力です。

◆実際に受講した人の感想

「あなたのライターキャリア講座」には、

  • スタンダードコース:99,800円(税込)
  • マンツーマンコース:298,800円(税込)
  • セルフコース:49,800円(税込)

上記の3つのコースがあるので、希望する学習スタイルに合うものを選びましょう。

初回の講義から一定期間は、全額返金保証が付いていますので、万一の場合も安心です。

今なら開講予定の講座にもまだ空きがありますので、通信講座でのスキルアップを考えている方は、ぜひいちど検討してみてください。

資料請求や問合せ・相談は、無料で応じてもらえます。

\ 資料請求は無料。Zoomで無料相談もOK /

初回受講から一定期間は全額返金保証つき

クライアントの案件に応募しながらノウハウを学ぶ

ライターを募集している案件のなかには、ライターが記事を仕上げるまでの工程を、マニュアル化して提供しているクライアントもいます。

なかには、サイト運営のなかで得た貴重なノウハウを、ライターに提供してくれるクライアントも…

クライアントによって対応はまちまちなので、見極めは必要となりますが、

サポートが手厚いクライアントと仕事をする

上記を繰り返すことで、ライターとしてのスキルアップにつなげることができますよ!

ハンドメイドチャンネル整理収納チャンネルなどを手掛ける一般社団法人和文化推進協会では、

未経験でも初心者でもOKです!

という形で、「ブログライター体験募集」をおこなっています。

体験をサポートする担当者とライティングを支援する担当者の2名体制で、体験参加者をマンツーマンでサポート

ブログライターとして、記事を書くためのノウハウが詰まったマニュアルも完備されています。

体験プログラムの最終テストに合格して、プロライター認定を受けると、以下のようなメリットが得られます。

「ブログライター体験」を修了するメリット
  • 和文化推進協会のブログライターとして、運営するWebメディアの仕事を高単価(1文字およそ1.5円〜2円)で受けられる  
  • 運営メディア上にライター名が公開されるので、ライター実績としてアピールできる  
  • ライター専用のタレントページを公開できるので、新たな仕事の受注につなげられる  
  • プロライター採用決定で、お祝い金10万円がもらえる

「ブログライター体験」の参加には、体験記事数に応じて費用がかかりますが、

いきなりクラウドソーシングで応募するのはハードルが高い…

という方は、まずは体験参加で手厚いフォローを受けながら、ライター業を始めてみることをオススメします。

\ 未経験者&初心者さん大歓迎 /

プロライター採用で10万円のお祝い金進呈中!

当サイト(セカンドゴング)でもWebライター様を募集しています

じつはセカンドゴングでも、「転職体験談」などでライター様を募集する機会があり、

  • Webライティングにおける基本的な考え方
  • 読者に読まれる記事の作成手順
  • わかりやすい見出しの作り方
  • 記事を仕上げるうえで注意するべきこと

応募いただいた方には、上記のようなノウハウをご提供のうえ、記事を執筆いただいています。

ライターとして記事を書くのが初めてなのですが…

このような方でも、マニュアルに沿って作成することで、検索エンジンで上位を獲得できる記事に仕上げることが可能です。

▼初心者ライターさんによる記事の例▼

不定期の募集とはなりますが、ライターとしてのスキルを磨く貴重な機会になると思います。

興味がある方は、クラウドワークスランサーズにて、「セカンドゴング」と仕事検索して応募してみてくださいね!

自身でブログを運営してみる

Webライターとして必要なスキルを身につけるために、

自身でブログを運営してみる

ということもひとつの方法です。

自分で運営するブログを通して、記事を読むユーザーのリアルな動向を知ることで、読まれて行動につながる記事を書くコツが掴めます。

また、多くのサイトで利用されているWordPressが使えるようになるので、応募できる案件も増えますし、単価アップも可能です。

ブログ運営にはWeb全般の知識が必要なので、難易度はやや高めですが、興味がある方は以下の記事などを参考にして、ぜひチャレンジしてみましょう。

まとめ:働く時間の自由を求めるなら、Webライターという選択肢はあり

今回は、スキルなし43歳の主婦の筆者が、Webライターという職業を知って、仕事を始めた道のりをご紹介しました。

Webライターは始めるのは簡単ですが、けっしてラクな職業ではありません。

ただ、スキルなしの40代から始めても、ぜんぜん遅くはない仕事です

筆者の場合は、希望していた土日祝休みを実現することができ、家族みんなですごせるようになりました。

平日も在宅作業ですから、仕事をしながら子どもと一緒にいられるのです。

働く時間や場所を自由に選べる、「Webライター」という仕事を、一緒に頑張ってみませんか!

おすすめのWebライター講座
ブログライターを体験できる

▼Webライターの参考書籍▼

おすすめのクラウドソーシング会社
  • クラウドワークス
    クライアント60万社を誇る日本最大級サイト
  • ランサーズ
    日本初のサービス!全277の多彩な仕事ジャンル
  • Bizseek
    手数料は業界最安!お得に仕事ができる
  • クラウディア
    会員数100万人以上!Webの案件に強い
  • ココナラ
    あなたの「知識・スキル・経験」を出品販売できる!

この記事を書いた人

40代女性、静岡県在住。1人娘のママ。家族との時間、自分の時間を大切にするためにWebライターとして活動中。日々、趣味の筋トレをしながらスキルアップに奮闘中です。

Webライターの始め方|未経験の43歳主婦が稼げるまでにやったこと

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる