40代女性の転職

大学職員へ転職するのに年齢は関係ない!40代主婦が入職できた方法とは

子育てがひと段落したので、社会に出て働いてみたい

40代の主婦の方で、このように考えている方は多いのではないでしょうか?

ただ、働くにしてもどこでも良いわけではありませんし、ワークライフバランスも意識した上で、安心して働きたいものですよね。

筆者もそんなふうに考えていた40代主婦ですが、いまは大学職員として働いています。

高校までの期間と社会人とをつなぎ、モラトリアム(猶予)期間といわれる大学時代は、自由な時間が多いもの。

通っている学生たちは希望に満ち溢れており、

大学職員として働きたい

筆者はこのように考えていたのです。

ただ、経験もない40代主婦が大学職員として働くことは、はたして実現可能なのでしょうか?

何のスキルもない状態では、不安は尽きませんし、

年齢も年齢だし、そもそも大学なんて縁がない業界だ…

このようにあきらめている方も多いでしょう。

あまり知られていない業界なので、情報量も少なく、どうやって接点を持てばよいかわからないですよね。

しかし、ご安心ください。

一歩前に踏み出して、適切な手段を踏んでいくことで世界は広がります。

そして、自分自身の良さも再発見することができて、実際に大学職員に就職することは充分に可能なんです。

この記事では、勤務経験もない40代主婦の方が、大学職員になるにはどうすればいいのか、筆者の経験も交えて解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

大学職員になるための基礎知識

大学職員は詳しい情報が少なくて、どのような職業なのか、わかりづらい面が多いです。

ここでは、大学職員に関する基本的な情報についてお伝えします。

大学職員は隠れた人気がある

大学職員の仕事については、世の中にあまり知られていないのですが、隠れた人気を誇っている仕事です。

その理由として、例えば以下の4つが挙げられます。

  1. 公務員に準拠した福利厚生
  2. 民間企業のようなノルマに振り回されることがない
  3. メインの顧客は大学生。一般消費者のクレーマーなど変なお客対応などが少ない
  4. 大学生へのサポートとなり、人材貢献・社会貢献ができる

このように、大学職員になるメリットは大きいのですが、一方で存在をあまり知られていないのも事実です。

大学職員の種類について

もう少し深掘りをしていきますと、そもそも大学は国公立大学私立大学に分かれます。

国公立大学の職員になるには、公務員試験に受かる必要がある

国公立大学は国立大学法人(国家公務員)となります。

全国一律に職員の募集が始まり、受験者は特別な勉強を要する「公務員試験」を受けなければなりません。

私立大学なら職員になれるチャンスがある

一方で、私立大学は独自に採用活動を行って、独自に職員の採用者を選んでいます。

私立大学で勤務する人は、教員と職員に分けることができますが、教員になるには特別な専門的なスキルが必要です。

したがって、この記事では「私立大学職員」に絞ってお話しします。

また、私立大学職員のなかでも、

  • 専任職員
    無期雇用で安定して働ける
  • 契約職員
    大学独自の採用だが、働ける期間に定めがある
  • 派遣職員
    派遣会社から派遣されて勤務。働ける期間に定めがある

上記のように勤務形態を分けることができますが、今回は無期雇用として安定して働ける、専任職員を目指す方法について説明します。

大学職員に求められる素養とは

大学職員といっても、具体的なイメージを持っている方は少ないですよね。

なかには、小学校や中学校の用務員さんをイメージされる方もいるのではないでしょうか?

しかし、大学職員は用務員さんとは全く異なる仕事です。

大学は教員と職員に分かれており、教員は教育と研究がメインの仕事となります。

一方で、大学職員はおもに大学の運営を担当する仕事です。

ただ、大学運営といっても、そんなに身構える必要はありません。

人事・経理・総務などの間接部門や、教員の研究を支援する部門もありますが、ほとんどの職員のメイン業務は、教務部署や学生支援などの学生対応となります。

学生対応とは具体的にいうと、

  • アルバイトの斡旋
  • 就職の支援
  • ボランティアや奨学金申請などへの対応

上記のようなことが挙げられます。

これらの対応で最も求められるものは、事務職員というよりも、サービス業的な役割です。

学生さんに向き合うなかで、「学生に寄り添う力」や「カウンセリング力」などが必要となるでしょう。

主婦でもなれる方法①:派遣職員から専任職員を目指す

それでは、40代主婦が大学職員になる方法として、2つの方法をご紹介します。

ひとつ目は、派遣職員から専任職員を目指す方法です。

筆者はこのパターンで、大学の専任職員になることができました。

まずは派遣職員として働こう

いま現在で働いている大学職員が、みんなカウンセリング力があったり、学生に寄り添う力があるというわけではありません。

適材適所で配属が決まっていきますし、人事異動で学生と接する部署に移ったり、体当たりで学んでいくことが常となります。

じつはそこに、40代主婦の方が大学職員になるための道が隠されているのです。

いまの大学は、就職率などのサポート体制力が、その大学の力量であるといっても過言ではありません。

教育研究を司る教員の充実だけではなく、大学職員の力量が問われる時代に入っています。

学生支援部署が大きく拡大していくなかで、学生支援のための労働力が求められているのです。

しかし、専任職員は人件費も高く、そう簡単に補充できないなかで、派遣社員で賄おうとする大学が増えています。

40代主婦の方は、まずはそういった派遣職員の求人を狙いましょう。

例えば、ハローワークや転職サイトなどに登録をしておいて、そこで大学職員の求人を探して、まずは派遣職員として働くのです。

大学職員という職種自体が、一般的ではないのであまり知られていません。

  • どんな仕事をするのか?
  • どんなスキルが求められているのか?

このようなこともわからず不安になるなかで、大学職員よりも自分の知っている職種へ、応募する方が多いのでしょう。

皆さんが思っているよりも、大学職員への応募は意外と少ないのです。

筆者の場合も、応募した大学職員の求人に他の申込者がおらず、1名の申込枠に入ることができました。

派遣職員から専任職員を目指そう

大学の専任職員になるためには、派遣職員になってからが本当の勝負となります。

自ら率先して動いたり、電話にも積極的に出るなど、自分にできることをアピールしていきましょう。

そして何よりも、学生との接点を増やして、現在の学生のマインドを掴むことに注力するべきです。

もちろん、わからないことだらけですから、専任職員にアドバイスを乞う姿勢が重要となります。

そういった働き方を続けていくことで、あなたの信頼感は増していくでしょう。

大学職員は隠れた人気がある職種ですが、隠れているので、なかなか専任職員の求人がありません。

その理由として、広く公募してよく知らない人を選考で決めるよりも、派遣職員や契約職員などから、専任職員に登用することが多いためです。

とくに女性職員に関しては、このパターンが多くなっています。

大学からしても、これまでの働きぶりを知っている人であれば、専任職員になってからも、安心して働いてもらうことができるわけです。

主婦でもなれる方法②:キャリアコンサルタントの資格を取得する

ここまでご覧になって、

自分は派遣職員になれるのだろうか…
学生ときちんと向き合えるのだろうか…

このような不安を持たれる方もいるでしょう。

主婦をしていると、ずっと社会から離れていたわけですし、40代という年齢に対しても、不安になるのは当然です。

筆者も実際そうでしたし、

  • 自分に自信が持てない
  • 自分の魅力を発見できていない

このような主婦の方は多いのです。

しかし、大学職員は学生対応がメインとなるため、自信満々の方はあまり好まれません。

むしろ、学生に寄り添って理解すること、その上で自分自身の成長を語れる人の方が、学生との親和性が高く好まれる傾向にあります。

そこで筆者がおすすめしたいのが、「キャリアコンサルタント」という国家資格を取得することです。

国家資格「キャリアコンサルタント」とは

キャリアコンサルトというのは、2016年4月から国家資格に格上げされた、コンサルタントの資格です。

キャリアコンサルタントとは、学生、求職者、在職者等を対象に職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門職である。

2016年4月に職業能力開発促進法にキャリアコンサルタントが規定され、国家資格となる。

キャリアコンサルタントは名称独占資格であり、キャリアコンサルタントでない者は「キャリアコンサルタント」又はこれに紛らわしい名称を用いることができない。

Wikipediaより

「コンサルタント」や「国家資格」という言葉に、びっくりされた方もいるかもしれませんね。

でも、そこはご安心ください。

半年かけて1週間に1回だけ、養成学校に通いながら試験に合格すれば、「国家資格」という武器を手に入れることができます。

また現在は、政府がキャリアコンサルタントを10万人養成する計画を展開しています。

合格率も60~70%と高く推移しており、資格取得のメリットはとても大きいものとなるでしょう。

◆国家資格キャリアコンサルタント 過去の合格率

学科合格率実技合格率
第13回71.1%61.3%
第12回75.5%65.5%
第11回62.6%74.7%
第10回64.2%70.1%
第9回30.5%67.8%
LEC東京リーガルマインドより

筆者の場合は大学職員になってからですが、養成学校に通って、キャリアコンサルタントの資格を取得しました。

資格の養成学校に通うメリット

キャリアコンサルタントの養成学校には、50代後半の定年間際の方や、大学職員・情報媒体会社の方など、さまざまな方が参加しています。

もちろん主婦の方もいますので、安心して参加することができますし、そのなかで学ぶだけではなく、多くの方から情報を得ることができるのです。

ここだけの話し、そのなかで大学の専任職員の募集情報を、聞くチャンスがあるかもしれません。

筆者自身も、養成学校に通っていた主婦の方に、専任職員の求人を紹介したことがありました。

そしてその方は、求人に応募されて、今は大学の専任職員として働かれています。

ここまで聞くと良いことばかりに思えますが、養成学校に通うには、もちろん費用がかかります

筆者も半年間通うのに、30万円くらい支払いましたので、

資格の勉強にそんなに支払うのは無理かも…

このように思う方もいるかもしれませんが、じつは費用に関しても、安心の制度が用意されているのです。

こちらもあまり知られていないのですが、国家資格「キャリアコンサルタント」の養成講座は、「専門実践教育訓練給付金」の対象となっています。

ハローワークで申請すると、養成学校を修了するだけで受講料の5割が返還され、また合格した場合は受講料の7割が返還されるのです。

実質3割ほどの負担で、国家資格を手に入れることができますし、何より自分自身の自己肯定感にもつながります。

国家資格ホルダーとして、家族からも尊敬されることになりますよ。

養成学校自体も、同じような不安を抱えたなかで参加される方も多くいらっしゃるので、筆者も安心して通うことができました。

そして、定期的に勉強会や情報交換の場を設けたり、切磋琢磨する新たな友人もできたのです。

LECキャリアコンサルタント養成講座(給付金対象)はこちら

まとめ:適切な手段を踏めば、40代主婦でも大学職員になれます!

今回は、勤務経験もない40代主婦だった筆者が、実際に大学の専任職員になれた方法を、経験にもとづいて詳しくお話ししました。

大学職員は、特別なスキルなどが求められる仕事ではありません。

適切な手段を踏めば、年齢に関係なく40代の主婦でも、充分に大学職員になれることがご理解いただけたはずです。

かりに大学職員にならないとしても、キャリアコンサルタントの養成学校に通うことで、自己肯定感が向上していきます。

自分自身の世界が広がりますし、本当にさまざまな情報が集まるようになるでしょう。

もしかしすると、そのなかで他の職種で働くなど、新たな道の発見につながるかもしれませんよ。

まずは、一歩前に踏み出してみましょう!!

お話しした内容が、あなたの道しるべになれば幸いです。

▼キャリアコンサルタント養成講座▼

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ベネチアパスタ
40代女性、愛知県在住。四大卒業後、学生時代より付き合っていた方とすぐに結婚し、主婦をしていました。子育てが落ち着いた40代のタイミングで職探しをして、現在は大学職員として働いています。趣味は海外旅行(イタリア大好き!)です。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ