職業選び

40代でも大丈夫?派遣社員になるメリットと採用されるコツを解説します

働き方を自由に決めることができる派遣社員
いまでは働き方の選択肢のひとつとして、すっかり定着しています。

そんな派遣社員ですが、

40代でも派遣社員として働けるの?

このような不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

知り合いが派遣社員で働いていたり、ご自身で派遣会社を経験していたりしないと、なかなか現状がわからないものですよね。

今回の記事では、派遣会社の営業社員を経験してきた筆者が、

  • 派遣業界の現状
  • 40代でも派遣社員に向いている人
  • 派遣社員に採用されるコツ

このようなことを詳しく解説します。

わかりやすくお話ししていきますので、派遣会社に登録しようか迷っている方は、ぜひご覧になってください。

派遣業務の基本を知ろう

まずは派遣業務の仕組みや派遣会社に登録する方法など、基本的なことを確認していきましょう。

派遣業務とは?

派遣業務とは、派遣元企業(派遣会社)と雇用契約を結んでいる派遣社員が、派遣先企業で仕事の指示を受けて働く形態のことです。

2018年の派遣労働者数は139万人で、全労働者の2.5%となっています。

派遣会社へ登録する方法

派遣社員として働くためには、まずは派遣会社への登録が必要です。

派遣会社への登録は以下のような流れとなります。

派遣会社への登録から就業までの流れ
  1. Webサイトからエントリー(Web登録)
    派遣会社のWebサイトに簡易登録して、仕事情報を検索・閲覧することが可能になります
  2. 登録会に参加する
    派遣会社の拠点や登録会場に出向いて、登録シートの記入、スキルチェックなどを実施します
  3. 面談・仕事紹介
    面談によるヒアリングで希望条件などを確認し、希望に沿う仕事の紹介を受けます
  4. 仕事決定・顔合わせ(職場見学)
    気に入った仕事が見つかれば、派遣先企業で顔合わせ・職場見学が実施されます。面接とは違って、派遣会社の担当者も同席なので安心です
  5. 雇用契約・就業開始
    派遣会社と雇用契約を結んで、派遣先企業での就業が開始となります

なお派遣業務は、労働者の生活にとって重大な「雇用」に関わる仕事ですので、労働者派遣法という法律でさまざまなルールが定められています。

もしあなたが派遣社員として働く場合は、以下のリーフレット(PDF)を参考にして、適正な仕事紹介がされているか確認してみましょう。

40代でも派遣会社に登録できる?

派遣会社が派遣社員を募集する際に「年齢制限」を設けることは、労働者派遣法で禁止されています。

したがって、もちろん40代以上の方でも派遣会社に応募して登録できます

ただし、筆者が以前40代の派遣スタッフさんに聞いたところ、

登録時に、露骨にイヤな顔をされることがありますよ

このような派遣会社もあるようです。

おそらく、40代の方に紹介できる仕事がなかったので、

登録されてもなあ…

このような気持ちだったのでしょう。

なかにはこのような「ハズレ」の派遣会社もありますが、もちろんすべてではありません。

笑顔で対応してくれる、もっとよい派遣会社を探しましょう。

派遣社員の現状とは

CMなどの影響もあり、「派遣社員=20代女性がオフィスでPC入力」といったイメージがあるかもしれませんね。

では実際は、どんな年代でどんな仕事をしている方が多いのでしょうか。

筆者のこれまでの経験と実際のデータから、派遣社員の現状についてお話しします。

年齢が上がると紹介できる職種は減ります

派遣先企業が、年齢や性別を制限して派遣社員を依頼することは禁止されています。

しかし実際には、

できれば20代の女性で

このようなリクエストはあり、派遣会社はそのリクエストに応えようとします。

従わないと、仕事依頼がなくなってしまいますからね。

特別なスキル(通訳や速記など)や、専門的な知識(法務や財務など)を持った方なら、希望した職種で働ける可能性は高いです。

しかし特別なスキルを必要としない、「事務用機器操作」や「受付・案内」などの職種では、やはり若い女性をリクエストするケースが多くなります。

とくに女性の場合は、40代だと紹介される職種が減ることは間違いありません。

ただまったく紹介されないわけではありませんので、後述する「40代でも派遣社員に採用されるコツ」を試してみてください。

派遣社員の平均年齢は41.9歳

(社)日本人材派遣協会が行った調査によると、派遣社員として働く方の平均年齢は41.9歳です。

◆派遣社員の年齢分布

(社)日本人材派遣協会「派遣社員WEBアンケート調査」より

最も多い年齢層は「45~50歳」で、20.9%となっています。

またこの調査では、2013年の平均年齢は37.9歳でしたので、この5年間で平均年齢が4歳ほど上昇しています。

◆派遣社員の平均年齢

(社)日本人材派遣協会「派遣社員WEBアンケート調査」より

いかがでしょうか、もっと若い年代をイメージしていた方が多いかもしれませんね。

このような現状を知れば、40代の方であっても、派遣社員への登録に躊躇する必要がないことがわかります。

男女ともに製造業への派遣がもっとも多い

今度は厚生労働省の調査結果から見えてくるデータをご紹介します。

派遣社員が働く業種と業務の傾向
  • 派遣社員が働いている事業所の業種は、男女ともに「製造業」が最も多い
  • 製造業で働く派遣労働者の割合は、男性が41.4%女性が26.6%
  • 男性の派遣社員が行う業務は、1位は「物の製造」29.2%、2位が「倉庫・搬送関連事務」13.3%
  • 女性の派遣社員が行う業務は、1位は「一般事務」39%、2位が「物の製造」13.3%

厚生労働省「平成29年派遣労働者実態調査の概況」より

この結果をみると、工場での派遣業務に就いている方がとても多いことがわかります。

じつはこの動きは、2004年に「製造業への派遣業務が解禁」されてから、急激に広まったものなんです。

ですので、「派遣社員で製造業」というイメージがなかった方も多いかもしれませんね。

40代で派遣社員になるメリット

データから、40代の派遣社員が多いことはわかりました。

しかし、いざ自分が働くとなると、

40代で派遣はどうなんだろう…

このように考えてしまうものですよね。

ここでは、40代で派遣社員として働くメリットを確認しましょう。

自分の時間を優先できる

働き方を考えるうえで、

会社での地位よりも、自分の時間を大切にしたい

このように考える方もいらっしゃいます。

ある程度の収入は必要だけれど、会社に時間を縛られたくないという方には、派遣社員の仕事はぴったりです。

正社員(常時雇用)につなげることができる

いきなり正社員に登用されるのは、厳しいかもしれない…

このように感じる方でも、以下のような派遣社員から正社員(常時雇用)になれる方法で、正社員での雇用を目指すことができます。

  • 未経験職やブランクのある方でも、派遣社員として業務の実績を積むことで、アピールができるようになる
  • 紹介予定派遣や期間満了後の直接雇用など、正社員を目指せる制度を活用できる

未経験可の仕事がたくさんある

派遣会社で紹介される仕事には、未経験でもすぐに働ける仕事もあります。

病気で働けなかった期間が長いなど、何らかの理由で特別なスキルをもっていない方でも、仕事の紹介を受けることが可能です。

パートよりも時給が高い

子育てがひと段落して、主婦の方が働き始める場合など、パートで同じような仕事をするよりも、派遣社員のほうが時給は高くなります。

派遣社員の仕事は、40代のこんな人に向いています

以下のような40代の方であれば、派遣社員のメリットが活かせるので、派遣社員の仕事が向いています。

副業や趣味の優先順位が高く、自由にできる時間がほしい人

  • 副業である程度は稼いでいる
  • 趣味の時間が何より大切だ

上記のように、自由な時間を優先したい人には、派遣社員の仕事が向いています。

正社員になるための「足がかり」を探している人

正社員の求人だけで就職活動をしていた場合、採用されずに失業期間が長引いてしまうと、再就職には不利になってしまいます。

また、無収入では生活も苦しくなります。

正社員になる「足がかり」として、まずは派遣社員で働くことも、選択肢に入れてみましょう。

特別なスキルはないが、とりあえず働ける場がほしい人

派遣社員の業務には、製造業務や倉庫内作業など、

未経験者でもいいから、大勢の人が必要だ

このような仕事が多くあります。

派遣とパートで、どちらの仕事をするか迷っている人

過去の仕事で得た何らかのスキルがあるのなら、派遣社員として働くことで、パートよりも高い時給を得られる可能性があります。



40代でも派遣社員に採用されるコツ

40代以上の方で派遣社員として働いている方も多いですが、20代より40代の方のほうが、仕事を紹介されにくいのは事実です。

40代の方が仕事の紹介を受けて、派遣社員に採用されるコツをご紹介します。

複数の派遣会社に登録する

とにかく複数の派遣会社に登録しましょう。
登録は無料ですし、たいした時間もかかりません。

派遣会社Aでは紹介できないけれど、派遣会社Bでなら紹介できる

このようなケースが普通にあります。

筆者がオススメしたいのは、全国規模の大手派遣会社地元の派遣会社、それぞれに登録しておくことです。

特別なスキルを持っている方であれば、そのスキルを活かせる「専門特化型の派遣会社」も探してみましょう。

いろいろな派遣会社に行ってみると、雰囲気の違いなどがよくわかります。

1社だけにしか登録していないと、例えばひどい扱いをされても、

紹介してもらうために耐えるしかない…

こんなふうに我慢するしかありません。

しかし、いくつかの派遣会社に登録しておけば、

もっといい雰囲気で、仕事を紹介してくれるところを探そう

このように思えるようになるのです。

▼40代におすすめの派遣会社はこちら▼

製造現場(工場)での仕事を希望する

もし希望した職種で派遣会社から紹介されないなら、職種を変えて相談してみましょう。

たとえば派遣社員の業務で、男性1位、女性2位の「製造現場(工場)」での仕事を希望してみるのです。

「オフィスでのパソコン入力」といった仕事の場合、紹介する派遣社員は1人というケースがほとんど。

そのため20代と40代の方がいたら、20代の方だけを紹介するケースが多くなるのです。

ところが工場での仕事は、まとまった人数を必要とすることが多く、さらに未経験でもできる仕事も多いです。

そのため、年齢に関わらず仕事を紹介してもえる可能性は高くなります。

スキルが不要な仕事なので、時給は安くなるかもしれませんが、働ける確率は大いに上がります。

とりあえず早く働きたいということなら、ぜひ求人チラシの派遣会社の欄や、ホームページなどで工場の仕事を探してみて下さい。

謙虚さを心がける

40代で派遣社員として働く場合は、派遣会社の営業社員や派遣先企業の同僚など、周囲の人間のほとんどが年下ということもありえます。

そういったなかでも、

周囲に教えを乞うことができる謙虚さ

このような姿勢が大切です。

筆者が経験したなかでも、とくに男性で多いのが、

なんであんな若造に言われなきゃいけないんだ

このような発言をしてしまう方ですね。

派遣先企業の社員でも、派遣社員の先輩でも、

こうしたほうが良いですよ

年下の人から上記のようなアドバイスをもらっても、それで不機嫌になってしまう。

しかし女性はとても謙虚な方が多いので、

ゴメンナサイ、これ教えてもらえますか?

このように自然に言えるんですね。

派遣会社の営業だって人間ですから、すぐ不機嫌になる人とは一緒に働きたいとは思いません。

謙虚さが足りない方は、スキルがどうこう言う前に、「人間性」で紹介されづらくなっているかもしれません。

ぜひ謙虚さを意識してください。

専門スキルを磨く

もしも過去に通訳や速記などの実務についていたり、法務や財務部門で働いて専門的な知識を持っているのであれば、専門スキルをさらに磨いてみましょう。

ただし、専門スキルを必要とする仕事自体がそれほど多くないですし、当てはまらない方の方が多いのかもしれません。

自分には専門スキルがない…

このように落ち込むのではなく、まずは派遣社員として自分でもできる仕事を探してみましょう。

派遣社員から正社員になるには

派遣社員として働きながら、正社員になることも可能です。

ここでは3つの方法をご紹介します。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、最長6ヶ月の派遣期間後に、派遣先企業に直接雇用されることを予定して行う派遣のことです。

派遣されている期間の間に、

  • 派遣社員:正社員として働きたい環境かどうか?
  • 派遣先企業:その人のスキルや特性などが十分か?

上記のようなことを確認できるので、相互にメリットがある制度となっています。

派遣期間終了後に、派遣社員と派遣先企業の両方が希望すれば、直接雇用に切り替わるのです。

ただし、紹介予定派遣には以下のようなデメリットもあります。

  • 派遣会社が紹介できる案件が少ない
  • 直接雇用でも正社員とは限らない(契約社員など)
  • 直接雇用になると給料が下がることがある

紹介予定派遣を希望する場合には、派遣会社の登録時に希望する旨を伝えましょう。

そうすると派遣会社では、紹介予定派遣の案件を中心に紹介してくれるようになります。

無期雇用派遣

無期雇用派遣は「常用型派遣」とも呼ばれ、派遣社員が派遣会社と「無期雇用契約」を結び、派遣先企業で仕事を行う派遣のことです。

一般的な派遣(登録型派遣)では、派遣先企業で働く期間のみ、派遣会社と雇用契約を結んで給料が支払われます。

したがって、派遣先企業の仕事が期間満了となり、次の派遣先が見つかるまで待機している期間には、給料は支払われないのです。

それに対して無期雇用派遣では、派遣社員と派遣会社で無期雇用契約を結んでいる状態ですから、待機している期間にも給料が支払われます。

ただし、待機期間中は働かなくてもよいわけではなく、実際には派遣会社で資料整理といった業務を行うのが一般的です。

つまり、派遣会社の正社員になるようなものですね。

派遣先企業での同一部署の仕事は最長3年まで」、このような派遣の3年ルールの気にしなくてよくなるので、同じ部署で長く働くことも可能です。

ただし、やはりデメリットも存在します。

  • まず派遣元企業に採用される必要がある(書類選考、面接など)
  • 仕事や就業形態(曜日、時間)を選べない

派遣社員ならではの「自由さ」が、無期雇用派遣になるとなくなってしまうのです。

無期雇用派遣に興味のある方は、派遣会社に確認してみましょう。

派遣先企業で直接雇用してもらう

派遣社員が同一の部署で派遣業務を行う場合は、原則3年という期間が最長です

派遣会社は3年が経った時点で、

派遣先企業へ直接雇用を依頼する

上記のような義務が発生します。

派遣されている人がとても優秀で、

もはや我が社に欠かせない存在だ

このような判断がされた場合は、直接雇用される可能性があります。

これから先も、この会社でずっと働きたい

あなたがこのように思っているのならば、派遣会社の営業担当だけでなく、派遣先企業の上司にも相談してみましょう。

そのうえで仕事をよりいっそう頑張れば、熱意も伝わるはずです。

もちろん全ての派遣先企業で、必ず直接雇用をしてくれるわけではありません。

しかし現在は人手不足が進んでおり、どの業界でも人材確保に必死です。直接雇用の可能性は、これからさらに高まっていくと筆者は考えています。

また、派遣社員として一定のスキルを積み、その経験をアピールして転職活動を進めて、正社員へ転職する方法も有効です。

請負社員は派遣社員とどう違う?

派遣社員と似た働き方で、「請負社員」という選択肢があります。

請負(うけおい)とは、請負会社と雇用契約を結んだ請負社員が、請負会社からの指示を受けて作業を行う形態のことです。

派遣社員の場合は、派遣先企業から指示を受けて仕事をしますが、請負社員の場合は、業務の依頼元からの指示を受けることはありません。

◆派遣と請負の違い

茨城労働局「派遣と請負の違いは」より

発注者は、工場のラインなどひとつの業務を請負会社へまるごと依頼しますので、請負社員が働く場所には、請負会社の社員だけが在籍して働くことになります。

一つの請負会社の社員だけで働くので、とてもなじみやすい雰囲気になるでしょう。

ただし、現在では請負の仕事はあまり多くありません。

派遣先企業で、派遣社員ひとりだけで働くのはイヤ

このような思いがあるのであれば、いちど請負の仕事を探してみましょう。

まとめ:40代でも大丈夫!まずは複数の派遣会社に登録しよう

今回は、過去に派遣会社の営業社員だった筆者が、派遣業務の現状や40代でも派遣に向いている人、派遣社員に採用されるコツなどをご紹介しました。

派遣社員がどういうものかよく知らなかったり、いちど行った派遣会社の登録会でよくない印象だったりして、派遣で働くことを躊躇している方もいるかもしれません。

しかし、派遣労働者の平均年齢は41.9歳。
多くの同年代が働いていると知って、安心された方も多いのではないでしょうか。

もちろん40代でも大丈夫です!

派遣社員としての働き方にメリットを感じるのであれば、さっそく複数の派遣会社に登録して、いい仕事を紹介してもらいましょう。

お話しした内容が、あなたの仕事探しの参考となれば幸いです。

▼40代におすすめの派遣会社はこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
五島 アツシ
40代男性、山形県在住。4度の転職を経験し、現在の会社は40歳で入社。法務部・人事部での勤務経験を活かし、「転職者側」と「採用する側」の両方の視点を持って、皆さんの役に立つ情報を発信します。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ