【専業主婦から正社員へ】41歳主婦が社会復帰できた就活方法とは?

【専業主婦から正社員へ】41歳主婦が社会復帰できた就活方法とは?

40歳を過ぎた専業主婦だと、

正社員で社会復帰するのは難しいのかな…

こんなふうに思っていませんか?

そんなことはありません! 40代の専業主婦でも正社員になることは可能ですよ。

なぜなら41歳の専業主婦だった筆者が、実際に正社員になることができたから。

専業主婦が正社員になるためには、企業が主婦に感じている不安を認識して、その不安を埋める計画を立てて就活することが大切です。

この記事では、41歳で正社員として社会復帰した筆者の実例にもとづき、

といった内容について、わかりやすく具体的にお話ししています。

子どもの教育費の負担が大きくなりがちな40代です。あきらめずに就職活動をして、社会復帰を目指しましょう!

目次

企業に採用されるために、専業主婦を不安視する要因を対策しよう

キャリアのブランクが長い専業主婦だと、

正社員として採用するのは難しいのではないか…

企業からこのように思われることが多いです。

では、どうして企業は専業主婦の採用に、二の足を踏むのでしょうか?

企業で長く働いてきた女性と専業主婦との違いで、企業が不安視している点とは、

  • パソコンなどのビジネススキル
  • 社会経験

上記の2点についてです。

専業主婦でもキャリアのある女性と同じように、スキルがあることを証明できれば、企業も採用を検討してくれます。

キャリアにブランクがあって、

ビジネススキルにあまり自信がない…

という場合は、まずはスキルを身に付けることから初めてみましょう。

正社員に再就職するための計画を立てよう

40歳で専業主婦だった筆者が、社会復帰を決意して、41歳で正社員として働き始めた実例をご紹介します。

筆者には中学生の子どもがいるため、塾の送り迎えなどをこなす必要がありました。

ですので、仕事を選ぶうえで、

残業が少なく時間の管理がしやすい

という面を考慮し、事務職にしぼって求人を探し始めたのです。

「正社員になる」という目標はありますが、

パソコンが使えます

口頭でこのように言うだけでは、あまり説得力がありません…

そこで、まずは派遣会社に登録して、キャリアを積むことにしたのです。

パソコンはある程度使用することができますが、エクセルやパワーポイントなどは、ビジネスで通用するレベルかどうか不安でした。

派遣会社に登録してスキルアップや面接対策をしよう

派遣会社に登録することは、「仕事を探さなくても良い」というメリットだけではありません。

派遣会社の多くでは、ビジネススキルをアップさせる講座を行なっていますので、

無料でパソコンのスキルを身に付けることができる

というメリットもあるのです。

筆者も派遣会社の無料講座で、エクセルのスキルを磨きました。

また、派遣会社で面接対策など就活に関するノウハウも学んだおかげで、3ヶ月ごとに更新する事務職の仕事に採用されたのです。

担当した仕事は営業事務で、パソコン業務はその会社の専用ソフトへ入力するため、ワードやエクセルを使うことはありませんでした。

しかし、履歴書にワードやエクセルが使えることを記入できたことは、アピールポイントになったと感じています。

オフィスワークにおすすめの派遣会社

サービス名特徴公式ページ
テンプスタッフ
テンプスタッフ
女性が働きやすいサポート体制が充実公式ページを見る
スタッフサービス
スタッフサービス
大手企業や高時給の求人が充実公式ページを見る
マンパワーグループ
マンパワーグループ
外資系企業の求人が豊富公式ページを見る
パソナ(ロゴ)
パソナ
未経験OKの求人が多い公式ページを見る
アデコ
アデコ
事務系の求人が幅広い公式ページを見る

ブランクを乗り越える自信がついたら、本格的に仕事探しを始めよう

派遣社員として働きだして半年が経った頃から、次の更新予定日とのバランスを考えながら、正社員へ向けた就職活動をすることに決めました。

半年ほど働くと、

ブランクがあっても働けるじゃない!

このような自信もついてきて、正社員へチャレンジする意欲が湧いていたのを覚えています。

主婦の仕事探しはハローワークがおすすめ

就職活動をするときには、転職エージェント転職サイトなど、さまざまな媒体で求人情報をチェックしますよね。

でも、主婦の方に利用をおすすめしたいのが「ハローワーク」です。

子どもの予定や家事で忙しい主婦にとって、長く快適に働くためには、

会社までの往復時間が短い

というのは、とても重要なポイントでしょう。

ハローワークであれば、地域の企業の求人情報量が圧倒的に多いので、「自宅近くで働きたい」というニーズには、絶大なパワーを発揮するのです。

「マザーズコーナー」を上手に活用しよう!

ハローワークといえば、

待ち時間が長いんだけど…

このようなイメージを持っている方が多いかもしれませんね。

ただ、地域を管轄するハローワークによっては、「マザーズコーナー」という窓口が設けられていることがあります。

マザーズコーナーは名前のとおり、働くママを応援するための窓口です。

子どもの年齢に関係なく、子育てをしている女性であれば、誰でも利用することができます。

利用者はそれほど多くないので、一般窓口よりも待ち時間も短いですよ。

利用するマザーズコーナーによっては、希望条件を伝えておくことで、

希望に合いそうな求人が出ると、FAXや郵送で求人情報を教えてくれる

といった対応をしてくれるところもあります。

筆者もこのサービスをフル活用しました。

じつは正社員として採用された企業も、マザーズコーナーから教えてもらった求人たっだのです。

地域ごとの就職支援サービスもチェックする

エリアによって内容は異なりますが、公共の転職支援を人材紹介会社に委託している場合もあります。

なかには、転職エージェントのような充実したサポートを受けられる地域も…

たとえば東京都では、女性の就職支援プログラムも充実していて、以下のようなサポートを無料で受けることができます。

◆東京都の転職支援サービス(東京しごとセンター)

女性しごと応援テラス
ブランクがある方向けの「再就職はじめの一歩」コースや、事務職(事務・経理・人事・医療系)の専門スキルを学べるコースなどを提供(54歳以下の方が対象)

都内での就職を検討しているのであれば、ぜひ利用したいサービスですよね。

もちろん東京都以外でも、公共の就職支援サービスは、各地のジョブカフェしごとセンターで実施されています。

ジョブカフェは都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設です。

厚生労働省でも、都道府県の要望に応じてジョブカフェにハローワークを併設し、職業紹介等を行うなど、都道府県と連携しながら支援に取り組んでいます。

参照:厚生労働省「ジョブカフェにおける支援」

「若者の就職支援」とありますが、政府の就職氷河期世代に対する支援策と相まって、40代の転職相談をカバーしている場合がほとんどです。

各都道府県のリンク先を以下にご用意していますので、最寄りのセンターにおいて、どのような支援サービスが用意されているかをチェックしてみましょう。

▼各都道府県の情報をネットで調べる▼

ハローワークの求人に応募する際の注意点

ハローワークは一般の求人サイトとは異なり、求人掲載料が無料です。

掲載企業に対して、入念な調査が行われることもありません。

ですから、情報量は圧倒的に多いのですが、求人のなかには、

  • 零細企業
  • 職場環境が整っていないブラック企業

上記のような企業の求人も紛れ込んでいるので注意が必要です。

ハローワークの求人へ応募する際は、事前に口コミサイトなどで、企業の情報をしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

採用されるために、主婦ならではの面接対策をしよう

筆者の場合は、まず派遣会社に登録して、パソコンスキルや面接ノウハウなどを学び、一定期間を派遣社員として働きました。

そこで少なからずキャリアを積んだあとに、派遣社員として働きながら、3社の正社員求人へ応募したのです。

そして、41歳になる頃に正社員として採用されて、現在に至っています。

就業時間や通勤時間、休日なども希望通り、ボーナスもしっかりある

このような現在の仕事は、子どもの教育資金が必要な筆者にとって、本当に最高の職場といっても過言ではありません。

ここでは、40代の専業主婦だった筆者が、採用されるために面接で意識したことについてお話しします。

40代の専業主婦が正社員になるために、企業から求められるものとは?

実際に正社員求人へ応募して分かったことは、

自分の年齢に求められているものを、しっかりアピールすることが重要

ということです。

40代の転職は、

20代や30代よりも厳しいわよ…

このように言われがちです。

とはいえ、

40代には、20代や30代にはないアピールポイントがある

ということも間違いありません。

企業が求めるものは、一定の「ビジネススキル」と「年齢に応じた魅力」です。

とくに40代以降に求められているものは、若い人には備わっていない、人生経験から得た柔軟な対応力だと感じます。

面接でのスムーズな質疑応答は、さまざまな経験をしてきたからこそ、なし得る技だといえるでしょう。

面接官と会話を楽しむつもりで、若い人にはない私たちの対応力をアピールすることが、内定を得る近道につながります。

PTA活動の経験談も自己PRで使える

面接にのぞむといっても、

これまで仕事をしていないし、何をアピールすればいいのだろう…

このように、自信がなくて不安を感じている方もいるでしょう。

しかし、主婦をしていても、働くうえで自己PRにつなげられるエピソードはあります。

たとえばPTAの経験談です。

PTA活動で経験したことは、間違いなく働くうえでも活かせますよ。

  • 学校との折衝
  • 保護者同士で意見が合わなかったときの調整役

こういったことは、ビジネスでも活かせる経験のひとつです。

仕事のキャリア以外でも、主婦の経験から学んだことは、面接でしっかりアピールしておくことをおすすめします。

40代向けの転職エージェントも活用してみよう

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要ですし、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

もし一人でやることに不安を感じているなら、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用してみましょう。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

主婦には縁遠いサービスのように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。

以下の記事で、40代女性におすすめのエージェントや、実際に利用した40代女性の声をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代女性向けの転職エージェント6選|リアルな評価と利用時の注意点を解説

まとめ:40代主婦でも正社員への道はある!

今回は、41歳で正社員として社会復帰した筆者の実例をもとに、専業主婦でも正社員として就職できる方法について、詳しくご紹介しました。

40代の主婦でも、正社員を目指すことはできます

企業が専業主婦に対してどのような不安を感じているのか、考えてまず書き出してみると、正社員として就職するまでの計画が立てやすくなりますよ。

専業主婦としての生活は決して無駄にはなりません。

自信を持って就職活動に挑みましょう!

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

40代女性の転職体験談について、以下の記事でご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代女性の転職体験談はこちら▼

【専業主婦から正社員へ】41歳主婦が社会復帰できた就活方法とは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代女性、奈良県在住。新卒時は大手通販会社に商品企画職として就職。複数回の転職経験あり。現在の職場には自身が41歳で転職。正社員として働きながら副業ライターとして、就活・転職関係を中心に記事を執筆中。

目次
閉じる