転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

[41歳独身女性]地方での転職活動の現実とメンタルを保つヒント

新しいことを始めるのは、一大決心が必要ですよね。

  • 現状に悩んだ末に出た答えが、転職という選択だった
  • 人生を見つめ直した結果、転職をしようと決断した

このような方も多いのではないでしょうか?

筆者は就職超氷河期世代で、20代・30代のころは非正規雇用を繰り返していました。

しかし40代ともなると、将来への不安が底なしで押し寄せてきます…

なんとか非正規雇用人生を脱するべく、正社員求人を探すことにしたのです。

実際に転職活動をしてみると、地方ならではの厳しい現実があり、暗いトンネルの中をさまようような日々でした。

それでも、遠くに見える光を求めるように行動をし続けて、中小企業の事務職員として、41歳で正社員雇用されることができたのです。

この記事では、地方での転職活動の現実と活動中のメンタルの保ち方について、筆者の経験に基づいてお話ししています。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

地方での転職 オススメ記事
目次

▼この記事の執筆者▼

40代女性、静岡県在住。就職超氷河期世代。短大卒業1年後、静岡から東京へ。東日本大震災をきっかけに故郷を想い、生まれ育った静岡へUターン。人生は試行錯誤。七転び八起き。小さな幸せを大切にしながら日々歩み中!!

地方での転職活動の現実とは?

筆者は地方在住の41歳独身女性です。

短大在学中に就職活動をしていましたが、就職超氷河期世代で就職ができませんでした。

卒業後に1年間アルバイトをしながらお金を貯めて、地方で叶わなかった夢を叶えようと上京。

しかし、上京をしても時代の煽りを受け就職ができず、アルバイトとして12年間も同じ企業に勤めました。

2011年に起きた東日本大震災がきっかけで、故郷や家族を想い33歳でUターン。

そこから、地方での転職人生が始まります。

希望と不安が交錯する転職活動でしたが、実際にしてみると、地方ならではの厳しい現実があったのです。

地方では職種の選択肢が少ない

Uターン後の転職活動は、ハローワークと地域密着型の求人誌や求人サイトをおもに活用しました。

経験を活かす仕事をしたい…

このように思って探してみたものの、地方では職種の選択肢が少なく、希望する職種の正社員求人にはなかなか出会えません。

そこで、自分のなかで優先順位を決めて、選択肢の幅を広げてみることにしたのです。

例えば、

  • 残業時間が少ない
  • 賞与あり
  • 土日祝日休み

まずこのような“安定を重視した条件”で求人を探し、そのかわり“希望の勤務地以外”でも視野にいれることにしました。

その結果として、多くを望まなければ、応募をしたいと思える求人が増えたのです。

地方で働くなら「運転免許」があるほうが有利

地方での正社員求人の多くは、普通自動車免許の資格が必須となっています

一見すると必要がなさそうな、事務職の求人であっても、運転免許が必要な場合がほとんどです。

地方では都会と違って、公共交通機関が都会ほど整備されていないため、車での移動の方が便利な場合が多くなります。

そのため事務職の場合でも、銀行へ入金に行くなどの用事があるときに、車を運転する必要があるので、運転免許が必須となっているのです。

筆者は運転免許を所持していないため、応募できる求人が少なくて、思うように転職活動が進みませんでした…

地方では、普通自動車免許を所持しているほうが、職種の幅も広がり有利になる

ということを、筆者は身を持って知ることになったのです。

運転免許がないときはどうする?

運転免許を持っていないことで、応募ができる求人が減ってしまうという現実。

免許さえあれば応募ができたのに…

このような胸の内を、ハローワークの相談員さんへ伝えてみることにしました。

運転免許の所持が必須となっていても、電話で必要の有無を改めて確認しています

会社によっては、応募ができる可能性がありますよ!

「ないものはない…」で諦めるのではなく、確認をしてもらいましょう。

もしくは自ら確認をすることで、“会社側の希望条件を緩和できる可能性がある”ことを知り、希望を感じることができました。

転職活動中の不安定なメンタルの保ち方

希望と不安が交錯する転職活動ですから、転職活動中はメンタルが不安定になりがちです

不採用通知が来た際には、すべてを否定されたような気持ちになって、自己肯定感が下がってしまい、立ち上がる力すらなくなることもありました。

求人との出会いは、ご縁とタイミングであると思いながらも、先が見えない不安と僅かな希望が日常をいったりきたり…。

まるでトンネルの中を彷徨っているかのようでした。

ただ、トンネルのはるか先に見える光を掴むためには、日々の小さな行動がゆいいつの道筋だったのです。

転職活動中の暗いトンネル期の過ごし方

求職活動中は、時間だけはたくさんあります。

転職活動をしていても、終日ずっと活動をしているわけではないので、時間があると不安な気持ちが大きくなって、ネガティブになりがちなものです。

このままではいけないという気持ちで、

なんとかして、有り余る時間を有効に使えないものか…

このように悩んでいました。

そこで、実家暮らしをしていた筆者は、家族の食事作りや掃除などの家事を、積極的にやることにしたのです。

その結果、家族に喜んでもらえて、家事スキルもあがりました。

人に喜ばれることで、人に必要とされている喜びを実感できましたし、気持ちが安定して、前向きになることができたのです。

ときには、いままでは行けなかった図書館へ行って、たくさんの本を借りて読書の時間を存分に楽しんだり、近所をゆっくりと散歩して季節を感じたり…

なかなか片づけられなかった押入れの物を整理して、必要がなくなった服飾雑貨を、支援団体へ寄付をしたり、フリマアプリで販売して収入を得たりもしました。

物が少なくなると、新しい風を受け入れる準備が整う気がします。

また、あまり会えなかった友人に会いに行ったり、ずっと行きたかったお店へ行ってみたり、時には木々が生茂る神社でお参りをして、新鮮な空気を満喫してみたり。

このような何気ないことでも、頭がすっきりとして、エネルギーが満ちてくることに気付きました。

小さな行動の数々が気持ちを前向きに整えて、転職活動を継続できる活力になったのです。

今までとやり方を変えてみよう

今までは、ハローワークや地元求人誌・求人サイトで転職活動をしていた筆者。

しかし、自身に新たな流れを生み出そうと思い、地元企業が120社以上参加している転職フェアへ、初めて参加してみることにしました。

会場を見渡すと、20代・30代の若さ溢れる世代ばかりです…

でもここで怯むわけにはいかない!

40代転職者の強みは「経験値」です

その「経験値」を背中にまとい、勇気を出して企業ブースへ向かいました。

その日は1日がかりで7社と面談を実施。

年齢が不利になって相手にされないのでは?

このように思っていたのですが、予想を裏切って、ほとんどの企業が筆者の「経験値」に興味をもってくれたのです。

今までのやり方を変えてみると、新しい流れが生まれて、知らなかった自分の強みが明るみになることがある

このような学びを得ることができました。

自分の得意を知ろう

あなたはどんなことが得意でしょうか?

筆者自身は、非正規雇用ばかりで職を転々としていたために、キャリアにはまったく自信がありませんでした。

書類選考にはめっぽう弱く、不採用通知が届くことがほとんどです。

しかし、履歴書持参で面接をする場合は、選考を通過できるケースが多いことに気付きました。

筆者の得意は、“フェイストゥフェイスで思いをこめて経験を伝える”ことだったのです。

転職を考える際には、経験を活かす職種を目指す方や、未経験の職種に挑戦する方もいるでしょう。

いずれにしても、

今までの経験を次の会社でどう活かせるか?

このことをよく考える必要があります。

私たち40代転職者の強みは、「経験値」に他なりません。

たとえ未経験職種への転職であっても、今までの経験は必ずどこかで活きてくるはずです。

  • 職務経歴書を書くとき
  • 面接にのぞむとき
  • 志望動機を伝えるとき

このようなときに、今までの経験を次の職場でどう活かしていけるのかを伝えることが、チャンスを掴むきっかけとなるでしょう。

まとめ:転職活動は、次の道へのステップアップ

筆者は41歳の時に、ハローワークで募集していた求人で正社員になることができました。

しかし、それは当初に希望していた職種ではなかったのです。

選択肢を増やして行動した結果、その企業に出会うことができて、履歴書を持参して面接にのぞみ、思いを込めて経験を伝えた会社でした。

40代女性の転職は厳しいです。

けれど、今までの経験と厳しい転職活動を通じて学んできたことは、次の道で必ず役に立ちます。

諦めなければ少しずつ道が開けてきます。

もし道のりの途中で疲れたら、少し休んでください。

少し元気のある日は、早朝の美味しい空気を吸って、エネルギーをチャージしてみてましょう。

小さな行動が新しい風になるかもしれません。

いま頑張っていることも、過去に頑張ってきたことも、必ず役に立つときがきます。

だから、前を向いて1歩ずつ歩んでいってくださいね。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

40代女性、静岡県在住。就職超氷河期世代。短大卒業1年後、静岡から東京へ。東日本大震災をきっかけに故郷を想い、生まれ育った静岡へUターン。人生は試行錯誤。七転び八起き。小さな幸せを大切にしながら日々歩み中!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

転職エージェントはどれがいい?

40代の転職者が支持している転職エージェントは?

40代の転職者233人が回答した、「実際に使ってよかった」転職エージェントをご紹介します。

  • おすすめの転職エージェントと利用者の口コミ評価
  • 失敗しない転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントを120%活用する方法

上記についてわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント|圧倒的な求人数と支援実績。総合力はNo.1

リクルートエージェント
40代に支持される理由
  • 国内最大規模の求人数を保有
    大手企業から地方の中小企業まで、くまなく開拓できる高い営業力で業界1位を独走。もちろん40代向け求人の保有数もNo.1
  • 日本全国を網羅した求人とサービス拠点
    全国に16ヶ所の拠点を有し地方の転職にも強い。現地企業との調整も代行してもらえる。
  • 圧倒的な転職実績に裏付けされる充実のサポート
    これまでの転職支援実績は40万人以上。アドバイザーの提案力はもちろん、転職活動をトータルにサポートしてくれるサービスが充実。

ビズリーチ|企業やヘッドハンターからのスカウトが期待できる

ビズリーチ
40代に支持される理由
  • 年収600万以上の優良案件が豊富
    ハイクラス求人が豊富で、年収600万円以上の転職者における満足度は第1位
  • 自分のキャリアを直接アピールできる
    同社には約4,600名のヘッドハンターが在籍。まるでプロ野球のフリーエージェントのように、企業の採用担当者やヘッドハンターにあなたの経歴をアピールできます。
  • 内定確度の高いスカウトメールが届く
    企業の採用担当者やヘッドハンターから本気度の高いオファーが届くので、待遇の交渉がしやすく内定確度も高い

doda|親身で手厚いサポートが得られる。地方の求人は大手No.1

dodaエージェント
40代に支持される理由
  • 求人数は業界最大級。幅広い業種・職種を網羅
    全国各地の幅広い求人を網羅しており、地域を熟知した専任担当が求人紹介をしてくれるので、地方の転職にも強い。
  • 丁寧なヒアリングと親身なアドバイスに定評がある
    サービス品質へのこだわりが強く、利用者の声にもとづいた、親身できめ細かいサービスを受けられる。
  • ひとつのアカウントで、転職サイトとエージェントを利用できる
    転職サイトでの求人検索とキャリアアドバイザーの求人紹介を、ひとつのサイト上で確認できるので、煩わしさがなく便利。
目次
閉じる