転職活動のモチベーションは下がるもの!維持するための対処法10選

転職活動のモチベーション、うまく維持できていますか?

面接結果に落ち込む毎日で、とにかくつらい…

家族や周囲からのプレッシャーに負けそう…

もし、あなたがこのような状況にあるなら、ぜひ手を止めて本記事をお読みください。

転職活動とは「時間」と「気力」の“消耗戦”です

期間が長引くほど、モチベーションが低下するのは仕方がありません。

であれば、このつらい時期をいかに切り抜けるか?

この記事では、

上記について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

転職活動は長いほどリスクが高まる

転職活動では、仕事探しの期間が延びれば延びるほど、さまざまなリスクが高まります。

ブランクが空いてしまうと面接で理由を尋ねられたり、

採用担当

計画性がないのでは…

このように、マイナスなイメージを持たれたりするのです。

また、長期に渡る転職活動で焦りが出てしまい、慌てて行動した結果、

会社選びに失敗してしまった…

という話もよく耳にします。

転職を繰り返してしまうと、年収はますます下がり、負の連鎖に陥ってしまうのです。

高いモチベーションを維持しながら、早期転職へ向けての取り組みを行うことが、活動期間の長期化を防ぐポイントとなります。

転職活動のモチベーションが下がってしまう理由とは

最初はやる気に満ち溢れていたはずなのに、なぜ仕事探しのモチベーションは下がってしまうのでしょうか?

その理由を確認してみましょう。

慣れない転職活動に疲れてしまう

転職活動を続けるなかで、

  • 初対面の面接官との受け答え
  • 知らない職場で働く人達の視線など…

上記のような緊張する場面はよくあること。

こういった慣れないことの繰り返しが、心身に負担をかけてしまうのです。

とくに在職中の場合は、スケジュール調整や引継ぎなども同時進行で行うので、疲労はピークに達するでしょう。

会社に内緒で転職活動するのであれば、

周囲にバレないようにしなくては…

とヒヤヒヤしながら行動することになります。

誰かにグチや悩みを聞いてもらうこともできず、一人で苦悩する場面も少なくありません。

家族や周囲からのプレッシャーがきつい

収入面の心配や世間の目など、周りからは「期待」という形で、大きな重圧を受けることになります。

転職期間が延びるほど、プレッシャーは大きくなっていき、精神的な苦痛となるでしょう。

本来はいちばんの理解者であるはずの家族から、プレッシャーを感じるようになってしまうと、

家にいるときすら落ち着かない…

という状態になってしまうのです。

書類選考や面接結果に落ち込んでしまう

しっかりキャリアを積んできたのに、思うように内定がもらえないなんて…

このように書類選考すら通過できない状態が続くと、どうしても落ち込んでしまいますよね。

もはや自分という人材が、

君は社会に不必要な存在なんだよ

このように言われているような気がして、ネガティブな気持ちになってしまうのです。

自身が抱くイメージと現実のギャップから、自信を喪失してしまい、転職に対するモチベーションは著しく下がってしまうでしょう。

仕事とプライベートの境界線がなくなる

在職中に転職活動をするのであれば、仕事探しや資格を取るための勉強などに、プライベートの時間を割かざるを得ません。

スポーツやショッピングなど、好きなことに時間を取れないストレスは、一時的とはいえ、結構しんどいものです。

家族とかかわる時間が減ることで、家庭内がギクシャクすることも、モチベーション低下につながります。

孤独な転職活動に心が折れる

新卒の就職活動であれば、同じ状況の仲間と情報共有したり、苦労をねぎらったりできますよね。

しかし中途採用の転職活動では、スケジュール作成から面接対策まで、すべてを一人でこなさなくてはなりません。

転職サイトを見たり、ハローワークで仕事を探したり…

人と会話する時間が減ってくると、気分が滅入ってしまいます。

周囲も忙しく仕事に追われて、なかなか相談できない状況となると、なおさら辛い気持ちになるでしょう。

他人と比べて自信喪失をする

仕事の選択」や「働き方」といったものは、本来は個々の価値観に準ずるものであって、比較するべきものではありません。

しかし、転職活動が上手くいかずに悩んでいると、自分と他人を比較するようになります。

自分には自慢できる資格や経験がない

同年代と比べて給料水準もずっと低いし…

このような思考が続いてしまうと、自信喪失は避けれらません。

転職活動をするうえで、情報収集することは大切です。

しかし、他人の給料や待遇ばかりが気になる方は、不要な劣等感に縛られていないかを自問自答する必要があります。

転職への興味が低下する

ハローワークに通ったり、面接先で採用担当者と話したりするうちに、

  • 転職への熱が冷めてしまう

というケースです。

仕事や生活を変えることへの興味が徐々になくなり、やがて現職に残る選択が頭をよぎります。

  • イヤな上司が異動していなくなった
  • 現職で自分が評価されるようになった

こういったことが重なれば、気持ちはさらに揺れるでしょう。

転職活動を続けるか、今の会社に残留するかは、早めに決断しなければなりません。

転職のモチベーションを上げる具体的な対策10選

ここでは、転職活動のやる気を維持するための、具体的な方法についてご紹介します。

モチベーション低下は「誰もが経験すること」だと認識する

転職活動が長引けば、誰しも一度や二度はモチベーションが下がるものです

転職活動を始めて1ヶ月くらいは、応募書類の作成や面接対策など、何かと苦労はあるものの、充実した毎日となるでしょう。

しかし、2~3ヶ月目くらいから焦りが出始めて、新鮮な感覚や充実した気持ちは、確実に薄れていきます。

精神的につらい時期は必ず訪れるものであり、

辛いのはみんな同じ。自分だけではない

という認識すれば、前を向いて活動できるはずです。

早期の転職をイメージしていた方ほど、ギャップに悩む傾向にあるので、まずは現実を受け入れることから始めてみましょう。

ポジティブ思考で「やる気」につなげる

転職活動のモチベーションを上げるには、

やる気につながるポジティブな思考

上記を持ち続けることが重要です。

なお、転職活動におけるポジティブな思考とは、不採用の現状を“楽観視”するといった考え方ではありません。

悔しさを原動力にして、次へつなげるために意欲的な状態を指します

ポイントは、うまくいかない原因を自分の能力や資質のせいにせず、

うまくいかないのは努力が足りないからだ

と考えるクセをつけることです。

ポジティブな思考を保つことで、面接に落ちた際も落ち込まず、また引きずることもなくなります。

転職回数が多いことも、ネガティブに考える必要はありません。

人手不足の現状や、中途採用が当たり前となった昨今では、企業が転職回数の多い求職者を、批判的な視点で見る企業が少なくなりました。

自分の可能性に対して否定的にならず、転職歴をプラス要素としてアピールできるよう、ポジティブな理由を考えておきましょう。

転職を決意したいちばんの理由を思い出す

そもそも、自分はなぜ転職しようと思ったのか?

この理由をノートに書き出してみましょう。

書き出したなかに、あなたが転職を決意した“一番の理由(原因)”があるはずです。

現状のつらい気持ちと、転職を決意した時の気持ちを天秤にかければ、もう一度必死に行動することができるでしょう。

転職には「適齢期」というものが存在しますので、手遅れになってからでは後悔しか残りません。

一時的な感情よりも、将来を見据えた行動を選択するべきです。

転職活動を振り返って自己評価する

つらいままでやみくもに行動するより、いちど足を止めて、自身の行動を省みることをおすすめします。

転職が長引くのには、何かしらの原因があるはずです。

応募書類について

書類選考で落ちてしまうという人は、

  • 職務経歴書は正しく書けているか?
  • 履歴書の志望動機はキチンと書けているか?

上記のような点について、もう一度ノウハウをよく調べるか、第三者にチェックしてもらうことをおすすめします。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

面接について

企業が知りたいのは、会社への適正があるか、つまり即戦力になるか否かです。

にもかかわらず、

  • 給与や休日といった待遇面ばかりを質問する人
  • 自己アピールが足りていない人

このような人には、やはり厳しい結果をもたらされるでしょう。

転職活動を振り返って、足りなかった部分に気付いたり、新たな知識を得たりすれば、自信とやる気は再び戻ってきます。

▼面接で注意すべきポイントはこちら▼

相談できる相手を確保する

転職活動のモチベーションを保つためには、メンターの存在が必要不可欠です

とはいえ、誰にでも相談できるわけではありません。

家族や恋人の意見は客観的ではあるものの、その立場ゆえに、

リスクは避けたほうがいいよ…

といった助言になりがちですし、最新の転職事情に詳しいわけではないため、転職市場に即した意見とも限りません。

上司や同僚に相談するのも、転職妨害される可能性も少なからずあるため、避けておくべきでしょう。

転職活動の相談におすすめの相手

転職活動の悩みを相談するなら、以下の3つがおすすめです。

転職相談におすすめの相手

おしごとアドバイザーは、厚生労働省が提供する公的な転職相談窓口です。

転職エージェントについては、詳しくは後述しますが、いずれも転職のプロとなるので、悩みを聞くだけでなく、転職活動のアドバイスもしてくれます。

お金と時間の投資を拡大する

転職活動に対する投資を拡大することも、モチベーションを上げるうえで有効です。

転職活動への投資の例
  • スーツやカバンを新調してやる気が戻るなら、お金を惜しまず手に入れる
  • 資格の必要性を感じたら、時間と費用を工面して講座に通う
  • 転職活動をする時間が足りないなら、退職するかアルバイトに切り替える
  • 自宅で仕事探しが捗らないなら、カフェなど外に飛び出してみる

不自由に感じているものは、積極的に補いましょう。

必要な投資をすること、投資を拡大することで、転職活動の流れが変わるはずです。

別の職種・業種への応募を検討する

いちど視野を広げて、ほかの職種や業種への転職も考えてみましょう。

特定の業種に絞って転職活動をしていると、閲覧済みの求人情報ばかりになってしまって、どうしても新鮮味が薄れてしまいます。

これまで検討してこなかった、キャリアとは無関係の業種なら、新たな気持ちで仕事探しに没頭できるはずです。

人手不足が続く状況のなか、「未経験者歓迎」や「未経験可」といった求人情報は増えていますから、いちど検討してみましょう。

完全休養日を設ける

在職中でも、休日であれば仕事探しに専念することができます。

しかし、余暇の大半を費やしてしまったり、プライベートとの境界線をあいまいにすることは、絶対に避けましょう

心身が疲労して面接時の表情が乏しくなり、マイナスな印象を与えてしまっては意味がありません。

最低でも週に1〜2日は休みを取り、平日であっても、決めた時間内での転職活動を心がけることが大切です。

一定の完全休養期間を設けることも、メリハリがつくのでおすすめ。

転職活動と距離を置く時間を設けることで、見えてくるものあるはずです。

複数の転職サイトで求人情報を網羅する

ハローワークや一つの転職サイトだけで転職活動をしていると、仕事選びの幅が少なくなり、求人の更新頻度にも限界があります。

より早期に転職するためには、各転職サイトの特徴を掴んで、複数に登録することがおすすめです

自分に合った求人が見つけやすくなるメリット以外にも、

一般に出回っていない、独自の「非公開求人」が掲載される

というケースが多々あるためです。

現時点で自分から求人情報を探しているだけなら、dodaリクナビNEXTといった転職サイトにある、「スカウト機能」もぜひ活用しましょう。

また専門スキルや一定のキャリアがあるなら、ビズリーチなどのハイクラス転職サイトの利用もおすすめです。

転職サイトの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

関連記事【40代向け】おすすめの転職サイト11選!5つのタイプ別に解説します

40代におすすめの「転職エージェント」を活用する

中途採用の切り札ともいえる、「転職エージェント」への登録は欠かせません。

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

働きながら、あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

孤独になりがちな転職活動を、力強くサポートしてくれるので、やる気アップにつながることは間違いありません。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|179人の口コミ評価でランキング

転職→退職を繰り返さないために

苦労してせっかく再就職したのに、入社できた途端に気が抜けてしまい、そのままダラダラと就業することは絶対に避けたいところです。

転職直後はキャリアもないので、目の前のあなたの“仕事ぶり”しか、評価基準がありません。

  1. 会社から評価されない
  2. 社内で孤立してしまったり、酷評される
  3. 職場が嫌いになる
  4. 再び退職して転職活動へ…

こういったサイクルにならないように気をつけましょう。

以下のような特徴がある方は、とくに注意が必要です。

転職を繰り返す人の特徴
  • 自身を過大評価する傾向がある
  • 他責の傾向が強い
  • 新たなことを学ぶのが面倒くさい
  • 変化に対応するのが苦手

このようなタイプに当てはまる方は、

  • 自分なりの目標設定をする
  • 周囲とコミュニケーションを深める

といった対策をとって、仕事に対するモチベーションを維持しましょう。

まとめ:モチベーションを維持して転職を成功させよう!

今回は、転職活動のモチベーションを維持するための具体的な方法について、10通りの対策をご紹介しました。

期間が長引くほど、転職活動のモチベーションを保つことは難しくなります。

慣れない仕事探しに疲れてしまった…

なかなか思うような結果が出せない…

そんなときは、本記事でご紹介した方法をぜひ実践してみてください。

せっかくのあなたの決意や、これまでの苦労や行動を無駄にしないよう、今いちど意識高く、転職活動に邁進していきましょう。

あなたが理想の仕事に出会えることを願っています!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる