同業他社への転職で失敗しないために。競業避止義務があっても大丈夫?

(執筆:なげ四万三十

転職するときにまず考えるのは、今までのキャリアもスキルも活かせる、「同業他社」への転職ではないでしょうか。

とくに40代であれば、転職先の企業からも、

採用担当

あなたには即戦力として期待しています

上記のようなケースが多いですから、異業種への転職は容易ではありません。

ただし、同業他社への転職だからといって、油断をすることは禁物です。

同業他社への転職だからこそ、注意しておくべき点もあります

この記事では、同業他社への転職を考える40代が知っておきたい、

上記について詳しく解説しています。

同業他社への転職を何度も経験してきた、筆者自身の経験談にもとづいてお話ししますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

同業他社に転職したことはバレるのか?

同業他社へ転職することは、実際にはバレるものなのでしょうか?

筆者の経験談から申し上げると、やはり隠しておくことは難しいです

同業他社でのウワサは早い

基本的に仕事として、同業他社つまり競合会社の動きは、チェックしていることが多いでしょう。

したがって、業務内容のみならず、人事についてもウワサは比較的早く飛ぶものです

「誰が辞めた」とか、「誰それがどこかへ転職した」という話も、かなり速いスピードで出回ったりします。

あそこから転職した○○さんは、既存社員と合わずに総スカンを食ってるらしいよ

このようなウワサも、すぐに聞こえてきたりするのです。

同業他社への転職はすぐにわかってしまうので、転職前にバレないようにするためには、内密に活動することが重要となります

取引先がかぶっている場合には即バレする

とくに営業職であれば、取引先にあいさつに言った時点で、転職したことはすぐにバレてしまうでしょう。

内勤業務であっても、取引業者が前職とかぶっていれば、そこからわかってしまいます。

このように同業他社への転職は、

基本的には、隠しておくことが難しい

と考えておいたほうがよいのかもしれません。

実際に同業他社に転職した自身の経験談

筆者の場合は、業界でいうと製造業にいました。

同業他社への転職は、周りで普通にある出来事だったので、それほど珍しいことではなかったです。

製造業の営業では問題にならなかった

筆者は製造業、わかりやすくいうと「メーカーの営業」をしておりました。

「営業」という職種のせいもあるかもしれませんが、筆者自身も何回か同業他社へ転職しています。

しかし、前職でも転職先でも、これまでとくに問題となったことはありません。

たとえば研究職や、製造に関する機密事項を熟知したポジションであれば、また状況は違っていた可能性はあります。

しかし筆者の知る限りでは、同業他社への転職をしたことで、なにか問題になった人はいませんでした。

外資系企業では同業他社への転職は一般的なもの

筆者は、外資系企業での転職を数社経験していますが、同業他社への転職は、外資系企業ではよくあることです

外資系企業の場合は、新卒採用よりも中途採用が多いですし、逆にいうと「転職入社が当たり前」ともいえます。

  • 社長・役員
  • マネージャークラス
  • 一般職

上記のように、役職に関係なく転職するのが一般的です。

以前は外資系の会社で転職を繰り返す人を、「外資ゴロ」とあまりよろしくない表現をする人もいましたが、今はそんなことはありません。

同じ取引先でも問題なし

筆者のいた業界では、

  • クライアント
  • 問屋さん
  • 小売店

といった取引先に、何社ものメーカーが集まる仕組みでした。

ですから、同業他社の営業さんとも、必然的に顔見知りになるのです

同業他社へ転職したときも、否応なしに同じクライアントへ行くことになりますので、

今度こちらの会社に移りました

そうか、その会社へ行ったんだね

とか、

退職することになりました

そうなんだ。次はどこに行くの?

このようなやり取りは珍しいものではなく、同業他社への転職することで、問題になったケースはありませんでした。

同業他社への転職で気になる「競業避止義務」とは

同業他社へ転職するときに気になるのが、「競業避止義務」についてですよね。

もしバレたりしたときに、どのような問題があるのでしょうか。

競業避止義務とは?

競業避止義務というと少し大げさな感じがしますが、簡単にいうと、入社時に署名する「入社承諾書」などに書かれている、

退職後○年間は、同業他社への転職はしないこと

このような項目のことです。

競業避止義務とは、

  • 在職中に同業他社との兼業をしないこと
  • 退職後に同業他社への転職を禁止すること

上記などを定めた契約のことを指しています。

同業他社へ転職した際に、転職者が転職先で情報漏洩することを禁止し、以前在職していた企業が、不利益を被らないようにする義務があるということです。

競業避止義務があっても、同業他社への転職が問題ない理由

競業避止義務があるから、同業他社への転職が不可能というわけではありません。

転職することはもちろん可能です。

その理由としては、転職先を自由に選ぶことが憲法によって保障されているから

職業選択の自由

日本国憲法(昭和21年憲法)第22条第1項においては、「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。」と規定されており、これは、職業選択の自由を保障しているものである。

この「職業選択の自由」は、自己の従事する職業を決定する自由を意味しており、これには、自己の選択した職業を遂行する自由、すなわち「営業の自由」も含まれるものと考えられている。

厚生労働省資料より

かりに競業避止義務があったとしても、憲法で「職業選択の自由」が保障されていますので、同業他社への転職は当然ながら可能です

競業避止義務とは、会社と雇用者の契約の一部でしかなく、これにより職業選択の自由が制限されるということではありません。

同業他社へ転職する際に、競業避止義務はどの程度意識するべき?

職業選択の自由がありますので、同業他社でも転職することは可能です。

ただそうはいっても、実際に競業避止義務があるわけですから、同業他社へ転職する際は、気を付けておくべき点があります。

会社の機密情報を知っている場合は慎重に

全社員が知っているような情報であれば、情報漏洩として問題になることは、ほとんどありません。

しかし、あなたが企業機密ともいえる情報を知る立場にいた場合は、慎重に行動するべきです。

知っている情報を転職先に渡した場合は、競業避止義務違反に問われる可能性があります。

現職の企業も、機密情報を持っている社員が同業他社に転職することには、いい顔はしないでしょう。

退職する際に誓約書を書かされる可能性もある

同業他社への転職に厳しい企業であれば、退職する時に誓約書を書かされる可能性もあります。

退職時に、退職に関する誓約書に署名するよう求められたら、競業避止義務に関する項目の有無を確認しておきましょう

誓約書は、秘密保持契約とミックスになっている場合もあります。

退職時に誓約書に署名する義務はありませんので、断ることも可能です。

ただ、円満に退社したい場合は、会社側と妥協点を見つけて話し合う必要が出てくるかもしれません。

退職するからといって、安易にサインせず、慎重に行動しましょう。

誓約書の法的拘束力は高くはありませんが、サインをしてしまっていると、「積極的に合意した」と認識される可能性があります。

就業規則や入社時の契約書類に、転職条件があるかどうかを確認する

競業避止義務のことを、もう少し厳密に押さえておきたい方は、就業規則を確認しておきましょう

退職に関しての特記事項として、競業避止義務が明記されている可能性もあります。

入社時の契約書類の控えを持っている方なら、

退職や転職に関する同意事項があるか?

という点を確認しておくと安心です。

同業他社への転職がばれると、損害賠償請求される可能性はあるのか?

退職者には職業選択の自由がありますので、退職後は競業避止義務は基本的にはないとされています。

ですから転職がバレた程度では、損害賠償を起こされる可能性は低いと考えられます。

とはいえ、特別な技術や営業上の機密を漏洩して、明らかに前職に損害を与えた場合などは、損害賠償を起こされた裁判例も過去にはあるのです。

  • 特殊分野のノウハウを持っており、それを転職先で利用することによって、以前の所属会社に大きな損害を与えた
  • 前職の情報漏洩の代償として、高額な報酬を得ていた

実際は上記のような場合が多く、その因果関係が立証された場合のみ、損害賠償などが請求されています。

一般的には裁判になったとしても、前職の情報漏洩と損害の因果関係を立証するのは、なかなか難しいことです。

裁判にはそれなりの費用と手間もかかりますし、よほど重要な情報でない限りは、訴えられる可能性は低いでしょう。

同業他社の転職でも、私は競業避止義務が問題にならなかった

筆者は外資系・国内企業への転職を何度も経験していますが、転職や退職するにあたって、人事から競業避止義務について話をされたことがありません。

一般的には、

まぁよくあることだし、しょうがないな

上記のように受け止める企業がほとんどでしょう。

競業避止義務を気にするあまり、

同業他社への転職はできないのか…

このように思い込んでしまうのは本末転倒です。

そんなことよりも、転職活動に力を入れることをおすすめします。

同業他社へ転職する際に、注意しておきたい3つのポイント

競業避止義務をふまえて、同業他社へ転職する際に、気を付けておきたいポイントがあります。

よりスムーズに転職を進めるために、以下の3つに注意しておくとよいでしょう。

転職先を言う必要はない

退職するときに、在職している会社に転職先を言う必要はありません

会社側も、それほどしつこく聞いてくることは少ないです。

次は決まってるの?

このような探りはあるかもしれませんが、同業他社へ転職することを、わざわざこちらから明言する必要はありません。

話がややこしくなる場合もありますので、「一身上の都合」という退職理由で通すことをおすすめします。

できるだけ円満に退職する

競業避止義務のトラブルを避けるためにも、できるだけ穏便に、円満に退職することをおすすめします。

とくに同業他社への転職であれば、元の上司や同僚に、またどこかで会う可能性も高いでしょう。

同業他社のトップクラスは、業界の会合などで知り合いであることも多いです。

そんななかで、ゴリゴリに揉めて退職したとなれば、転職先にあらぬウワサを流されてしまうかもしれません。

転職先の会社でも、「同じ業界で生きていくのだ」とわきまえて、トラブルを避け円満に退社するように心がけてください。

転職先にデータを提供しない

同業他社に転職すると、それまで在籍していた会社のことについて、あれこれ聞かれるものです。

とくに40代の転職であれば、業界の知識やキャリア、人脈も含めて、採用されている場合も多いでしょう。

あまり頑なに拒否するわけにもいきません。

しかし、このケースで気を付けておきたいのは、口頭ではある程度の情報は話したとしても、

データとして提供するのは絶対に止めておく

ということです。

うっかり持ち出してしまったり、自分で作成したデータなど、前職で使用していたデータを転職先では使ってはいけません。

エクセルなどは作成者が解ってしまいますし、万が一でもデータの持ち出しがバレたら、それこそ大きな問題になりかねないです。

情報開示は口頭だけにしておきましょう。

「同じ業界・同じ職種への転職だから大丈夫」は甘い

同業他社へ同じ職種で転職するのだからって、

大丈夫。前と同じ業種で経験もあるし、何の問題もないよ

このように安易に考えていませんか?

今までの経験を十分に活かせる、「同業種・同職種」の転職だからといって、安易に考えていると失敗のもとです。

会社文化・風土の違いは想像以上に大きいもの

同業他社に即戦力として採用された場合は、

やることは同じだし、求められる成果も変わらないよ

という場合も多いでしょう。

ですが、会社が変わるわけですから、

  • 仕事の進め方
  • 承認プロセス
  • 評価の基準

こういったことまでまったく同じとは限りません。

会社の規模や組織にもよりますが、プロジェクトにしろ、チームにしろ、業務には様々な人たちが関わります。

前の会社では、こんな社員はいなかったよ…

という人物が、よりにもよって、自分の上司になったりすることがあるのです。

以前の会社では、

こういう作業は、部下がやるのが当たり前だったのに…

上記のような仕事でも、新しい会社では自分のタスクとして、作業することになるかもしれません。

評価の基準が異なれば、仕事の優先順位も変わってきます。

なんでこっちが優先なの??

こういった不思議に思うことが、新しい会社では意外なほど多いものなのです。

同じ仕事のやり方が通用するとは限らない

当たり前ですけれど、

前の会社ではこうだったので、自分のこれまでのやり方で進めますね

上記のような考え方は、合理的かつ正当な理由がなければ、まず受け入れられないでしょう。

郷に入っては郷に従え。これは会社にも当てはまります

もちろん人間関係も、

  • 前職で築いた社内の人間関係
  • 職場のなかでの自分の立ち位置など

こういったことは、すべて「ふりだしに戻る」ことになるのです。

いまの会社で、改めて周囲を見回してみてください。

いつも見ている景色 / 当たり前の人間関係 / 壁の色 / 天井の高さ / キャビネットの中身 / 決裁申請のルール / 給湯室の役割分担

こういったことは体に馴染んで、とくに意識することもないでしょう。

仕事の進め方はもちろんのこと、

  • なにかを判断するときに、どこの誰に確かめればいいのか?
  • 課題やミッションを片付けていくために、必要となる手続きやフローはどうすればいいのか?

上記について深く考えなくても、必要な作戦を頭のなかで構築して、自然に行動ができているはずです。

たとえ同業他社であっても、転職をするということは、

あらゆる仕事について、それぞれのカウンターパートを確認しながら、人間関係を改めて構築していく

こういった営みのスタート地点から再出発することなのです

これまで時間をかけて解決したり、妥協してきた煩わしい問題が、再び目の前に広がってしまう覚悟をする必要があります。

会社の期待はプラスとマイナスの面がある

40代で転職する人のなかには、

転職先の会社からラブコールを受けている

という方もいるでしょう。

あなたのような人材を求めていたんです

我が社の課題を解決するためには、君のようなキャリアを持った人間が必要不可欠なんだ

こんなふうに人に褒められて、求められるのは誰だって心地よいものです。

でもそういった期待が、あなたにとってマイナスになってしまう可能性もあります。

「即戦力」という期待の大きさは、プレッシャーの大きさでもある

当たり前ですが、会社から期待されることは、あなたのモチベーションになるでしょう。

あの人の期待に応えたい!

このような強い思いが、マンネリだった仕事に、新たなやりがいをもたらしてくれるはずです。

でも期待がもたらすものは、モチベーションだけではありません。

期待の大きさに比例して、プレッシャーも大きくなるのです

これだけの経験や経歴があるなら、このくらいはできて当たり前だろう

そんな目であなたは見られているかもしれません。

企業が即戦力を求めているということは、会社の現状に、何かしら問題や課題があるということです。

課題を解決できる人材に困窮しているからこそ、新たな人材の登場に期待しています。

そして、願ってもない経歴の持ち主があらわれました。それがあなたです。

上司や同僚ならば、当然ながら大きな期待を寄せるでしょう。

期待値の大きさとは、ハードルの高さでもあります

あなたが前職の会社で見せていたパフォーマンスや実績では、もしかすると満足してもらえないかもしれません。

同じ結果でも、評価を小さく見られることもあるでしょう。

わたし、この会社に来てから結構がんばりましたよ

いやこの程度なら、わざわざ君に来てもらうまでもなかったよ

このような非情な現実が待っているかもしれないのです…

当然ながら、評価は給与に影響します。

あなたの頑張りが会社の期待値に届かず、評価を小さくつけられてしまえば、翌年の給与が下がってしまう可能性もあるでしょう。

期待値は会社が導き出すものであり、あなたが設定できるものではありません。

即戦力の転職とは、フリーエージェントで他球団に移籍する、プロ野球選手と同じである

このような考えを持っておかなければなりません。

会社の状況や課題を、自分の目で見つけ出そう

あなたが会社の救世主として、期待されている事実にもう少し目を向けてみましょう。

ひとくくりに人材不足といっても、その理由はさまざまです。

  • 大きなプロジェクトを運営するための経験者がいない
  • 業務課題を解決する手段が見いだせない
  • 会社のキーマンが退職してしまった
  • 事業拡大のチャンスをつかみたい

上記のように、会社が人材を募集する裏には、さまざまな理由や思惑があります。

だからこそ、真の理由を探り当てることが重要です

会社でも、人によって言うことが異なることがあります。

あなたの上司に「課長・部長・本部長」の3人がいるとしたら、それぞれがあなたに期待するポイントも異なっているかもしれません。

それぞれに期待するポイントを見極めて、どうするべきかよく考えて、振る舞っていく必要があるのです。

入社してすぐは、あなたの言動は注目を浴びています。

しかし、最初のうちだからこそ、

わからないことがあっても仕方ないよね

このように許される雰囲気があるものです。

だからこそ、入社して日が浅いという立場を利用して、

入社したばかりでよく分かりませんから、詳しく教えてもらえませんか?

こんな感じで、目いっぱいに情報を集めましょう。

そして会社の課題や戦略、上司の思惑をうまく引き出してください。

集めた情報を適切に見極めて、正確に理解し、判断することが重要となります。

周囲にアンテナを張りめぐらせて、カウンターとなる人物の言動から、

自分という存在に対する「真の期待」は何か?

上記を見つけ出しましょう。

「真の期待」に向き合って見せることが、あなたの評価を上げる最良の方法となるはずです

自分のキャリアやスキルに自信を持とう

会社が人材を選ぶ際は、非常に厳しい目で応募者をふるいにかけます。

40代の人材となれば、その目もいっそう厳しくなるでしょう。

とてつもない狭き門をくぐったあなたには、それだけの価値があります。

しかも、あなたの判断ではなく、

他者よりも優れたキャリア、スキルを持っている

会社側がこのように判断したわけですから、自信をもってよいはずです。

  • 前職とは異なる仕事ぶり
  • 会社の文化の違い
  • 社員の意識レベルの違い

こういったことに、戸惑いや不安もあるでしょうし、自信を失う場面がくるかもしれません。

しかし、会社はあなたのキャリア・スキルを公平に審査して、そしてあなたを選んだのです。

この事実を自信にして、そして開き直りましょう。

何があっても、それは自分を選んだ会社の責任だよ

これくらいの気持ちでのぞんだほうが、よい結果につながるものなのです。

初心にかえる勇気と努力が必要

転職とは「新しいスタート」です。

かつて今の会社で、スタートラインに立った日のこと、初めて会社に出社したときのことを、思い出してみましょう。

新しい会社では、過去の実績を忘れること

新しい会社に転職したら、それがたとえ同業他社であっても、

過去の実績はすべて無かったことになる

このように考えて、いったんは自分の胸の中だけにしまいましょう。

新しい会社で働くなかで、

わたしは前職でも○○をしてきましたから、問題ありません

上記のような発言をしたところで、自分の首を締める結果につながるだけです

入社早々に、自分のことを自慢して相手をしらけさせても、メリットは何もありません。

あなたの自慢も過去の栄光も、相手は求めていないということを心に刻んでおきましょう。

過去よりも将来に目を向けよう

転職先の会社があなたに求めているのは、前の会社でどうだったかということではなく、

転職先で実力を発揮して、会社に貢献すること

この点につきるでしょう。

過去の実績の話などは、面接を盛り上げる話のネタでしかありません。

転職を成し遂げたあとは、新しい会社で自分を活かすことだけに集中しましょう。

過去を忘れて、未来だけを見据える

ということが、スタートラインに立つという姿勢です。

40代のメリットとデメリットを知ること

40代であることのメリットとデメリットについて、よく考えておきましょう。

デメリットだって武器になりえますので、自分のことをより深く知っておくことが大切です

もちろん、

若いころは○○ができていたけど、今はもう無理だなぁ…

こういったこともあるかもしれません。

しかし逆に、若いころにできなかったけど、いまの自分にできているということもあるはずです。

メリットとデメリットをしっかりと把握して、「経験」や「学び」を活かしていきましょう。

40代の転職活動で押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

転職に失敗する40代の特徴を知る

転職先がなかなか決まらずに失敗してしまう人は、40代の転職が決まらない理由を把握しておらず、しっかり対策できていないことが多いです。

以下の5つの決まらない理由を押さえて、転職活動を進めるようにしましょう。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

詳細は以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代は転職エージェントの活用が成功への近道

転職エージェントは40代に必須のサービス

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|205人の口コミ評価でランキング

まとめ:同業他社の転職で失敗しないために

今回は、同業他社への転職で失敗しないために知っておきたい、

  • 競合他社への転職がバレても問題ないのか?
  • 競業避止義務について
  • 転職先で心掛けたいこと

上記について、筆者の経験談を交えてお話ししてきました。

同業他社への転職でも、「職業選択の自由」が憲法で保障されているわけですから、問題なく転職することができます。

競業避止義務の心配がありますが、よほどの機密事項を漏洩したり、前職の会社に相当の損害を与えない限り、大きな問題にならないことがほとんどです。

また、同業他社だからといって、今まで経験してきたことが、そのまま通用すると安易に考えてはいけません。

「即戦力」という期待は、あなたにとって、マイナスに作用することだってあり得るのです

お話しした内容を参考にして、円満な転職を果たしてくださいね。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。
7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

目次
閉じる