職業選び

40代でベンチャー企業への転職はあり?経験してわかったその特徴とは

40代で転職を考えるときに、

定年まで安定した企業に勤めたい

このように考える方も多いのではないでしょうか。

ですが安定した老舗企業は、離職率が低いので求人案件が少ないのが現実…。

それに比べて、求人案件が多いのがベンチャー企業です。

ベンチャー企業では、新規に会社を立ち上げたり、新しい事業に取り組んだりするので、中途採用を募集する機会が多くなっています。

ベンチャー企業は比較的小規模な会社も多いですが、設立して間もないことも多く、経験豊富な業界経験者を求めていることも。

もちろんリスクもあるのですが、業績の急成長を期待できるのがベンチャー企業の魅力といえるでしょう。

今回の記事では、筆者がベンチャー企業で働いた経験にもとづいて、ベンチャー企業のよいところやリスク、生き残っていくための心構えについてご紹介しています。

ベンチャー企業の定義とは?

ベンチャー企業とよく耳にしますが、とくにこれといった明確な定義はありません。

  • 立ち上げたばかりで成長中の若い企業
  • ベンチャーキャピタルなどの投資機関から投資されている企業
  • 新しいビジネスを手掛けている企業

一般的には上記のような企業のことを、ベンチャー企業と呼んでいます。

ベンチャー企業には、よいところとよくないところが混在しており、それが面白いところです。

もしあなたがベンチャー企業の特徴を、

この会社は面白そうだ
興味深い仕事だな

こんなふうに思える方であれば、ベンチャー企業への転職を検討してもいいかもしれません。

ベンチャー企業のよいところ

筆者が働いた経験をふまえて、ベンチャー企業のよいところをご紹介します。

年功序列に関係なく重要なポジションに就ける

ベンチャー企業は設立が浅いことが大半で、社長も従業員も若いことが多いです。

そのため年功序列という概念がありませんから、結果を出せば年齢に関係なく、経営陣に抜擢されることも少なくありません。

筆者が在籍していたベンチャー企業では、課長級から一気に執行役員に格上げされた社員もいました。

もちろん社長のお気に入り社員でしたが、結果を出していたので、周りも納得していたようです。

業界に精通していれば高収入も期待できる

新規事業を立ち上げたベンチャー企業の場合、経験者が少なく、業界の知識やノウハウが足りていないことが多いです。

そのため、経験豊富な人材を募集する機会も多いのです。

ベンチャー企業には、「人を育てる」という概念はほとんどなく、

デキる奴を引き抜いてくればいい

このような発想の会社が多くなっています。

企業の成長スピードが早く、人材が育つのを待っているヒマはないので、今すぐ使える人材を他から調達する方が効率がよいのです。

したがって、知識やノウハウ、人材・流通ルートなどを持っている方なら、ベンチャー企業に自分を高く買ってもらえる可能性があります

儲かっているベンチャー企業であれば、

お金で済むことはお金でカタをつけよう

このような発想を持っていたりします。

ただし軌道に乗る前のベンチャー企業は、決して高収入とはいえないので、その点は留意しておきましょう。

ベンチャー企業に転職するリスク

ベンチャー企業で働くことのリスクもあります。事前にこの点を理解したうえで、転職を考えるべきです。

企業として成熟していない

ベンチャー企業は設立して間もないため、企業としての体はなしていても、会社組織としてしっかりしていない部分も多々あります

例えばなにか問題が起こった時に、責任の所在がはっきりしておらず、社長にしか判断できないというケースもあるでしょう。

組織として融通が利いて、小回りが利くのがベンチャー企業のいいところなのですが、組織としては未熟な部分も多いです。

大企業など組織がしっかりした会社で長く働いてきた人は、違和感を覚えることも少なくありません。

また、ワンマン社長である企業も多いので、社長の方針と合わなくなると居づらくなります。

ベンチャー企業特有の雰囲気もあったりしますので、ハマらない時は働き続けるのが辛くなるでしょう。

社内のシステムがしっかりしていない

ベンチャー企業は創業して間もないこともあり、人事・総務などの機能が、まだしっかりしていないケースがあります。

福利厚生も、大手に比べて整っていないことが少なくありません。

組織の担当業務がはっきりしていないことも多く、よくいえば幅広い仕事を任されますが、悪くいうと「なんでも屋」のように働かされます。

また、ベンチャー企業の人間関係や上下関係も、大企業の風土とは異なります。

大手企業出身の人なら、「きちんとした会社」と思えないようなことも多いでしょう。

企業の将来が保証されていない

ベンチャー企業は大手でも老舗企業でもないので、言ってしまえば、いつまで会社が維持できるかはわかりません。

このご時世ですから、大手企業ですら明日はどうなるかわかりませんが、ベンチャー企業であればそのリスクは高くなるでしょう。

たとえ一発当てたベンチャー企業であっても、会社を何十年と持続させるのはとても難しいことなのです。

うまくいけばストックオプションなどで、一財産を築ける可能性もありますし、業績が低迷して倒産する可能性もあります。

ベンチャー企業とは、「両刃の剣」といえるでしょう。

筆者は比較的好条件で、ベンチャー企業へ転職したことがありますが、業績が悪くなった時点でその会社を辞めました。

筆者の退職後、わずか1年ほどでその会社は倒産しています。

このように、ベンチャー企業への転職は「ハイリスク・ハイリターン」という性質があるものなのです。

ベンチャー企業で生き残るためには?

ベンチャー企業には、ちょっとした「クセ」のようなものが存在しています。

ここでは、ベンチャー企業に転職して生き残っていくためのポイントについてお話しします。

ベンチャー企業に「待ち」はない。行動あるのみ!

ベンチャー企業では、すぐに結果を出すことを求められます。

しばらく様子を見ましょう

このようなことは少なく、「テコ入れ」か「撤退」の二択しかありません。

なによりもスピード感が重視されますから、

改善案を提案して即実行する

このようなフットワークの軽さが必要となるでしょう。

臨機応変に対応する

ベンチャー企業には、新しいことや今まで誰もやっていないことに、積極的に取り組もうとする傾向があります。

ですから、今までの経験値をベースに考えるというよりも、新しい戦略や方法を取り入れようという考え方が主流となるのです。

過去の事例にとらわれることなく、

目の前の問題に、臨機応変に対応する能力

このようなものが求められます。

場合によっては、とんでもなく常識外れな作戦を取る場合もあります。

今までの常識にとらわれないことも、ベンチャーで生き残っていく心構えのひとつでしょう。

まとめ:ベンチャー企業への転職は「挑戦」の気持ちが必要

今回は、ベンチャー企業へ転職を考えている方に向けて、ベンチャー企業のよいところやリスク、生き残っていくための心構えについてお話ししました。

ベンチャー企業といえば、成長する期待値も高いですが、将来性が不透明な企業も存在しています。

またベンチャー企業には、ベンチャーならではの独特の文化がありますので、大企業出身の方は馴染めない場合もあるでしょう。

安定を求めたい」という方には、ベンチャー企業への転職はおすすめできません。

しかし反対に、

新しいことにチャレンジしてみたい!

このように考えている方なら、ベンチャー企業への転職を視野に入れてみるのもありかもしれませんね。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ