40代から保育士に転職したい!新人なら派遣やパートで働くべき理由

自身の子育ての経験も活かせるので、

保育士として働いてみようかな?

このように考えている40代の方も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、保育士は40代からでも働ける仕事です

ただ、いきなり保育士の正社員として働くのは、40代の方にはあまりおすすめできません

体力的に厳しい面や職場選びの問題もあるので、まずはパート派遣で働いて、必要であれば正社員を目指すという流れがおすすめです。

この記事は、40代から保育士として働きたいと考えている方に向けて、

上記について解説しています。

子育てをしながら保育士の資格を取得し、これまで保育園や院内保育園、病児保育施設などで働いてきた、筆者の経験にもとづいてお話ししていますので、ぜひ参考にしてください。

目次

正社員の保育士が40代におすすめできない理由

筆者は子育てをしながら保育士の資格を取得して、これまで保育園や院内保育園、病児保育施設などで働いてきました。

自身で経験してみて思うことは、

40代から正社員の保育士で働くのは、なかなか厳しいな…

ということです。

正社員の保育士として働くとなると、体力面や環境面で厳しくなることが多いので、40代にはあまりおすすめできません。

仕事量が増えるので体力的に厳しい

保育士の仕事は人手不足なので、職員の数にまったく余裕がありません

職員の数が足りていないのに、子どもたちが事故やケガに遭うことがないよう、注意を払いながら仕事をする必要があるのです。

もちろん、子どもたちはお構いなしに遊びまわりますし、

  • 園庭での追いかけっこ
  • 炎天下の中でのプール遊びなど

上記のような環境は、40代になると体力的にかなりキツいです。

また、ぐずって泣いている赤ちゃんをおんぶし続けて、腰を痛めてしまう人もいます。

正社員になると、こういった子どもの面倒を見る仕事以外にも、

  • クラスのリーダー業務
  • 書類・製作物の管理
  • 行事の企画
  • 保護者の対応など

上記のような業務も増えるので、いっそう体力を消耗することになるのです。

人間関係がよくない職場が多い

保育園というと、

元気な子どもたちが楽しそうに遊びまわり、優しい先生たちがそれを見守っている

このようなイメージを持たれている方が多いかもしれませんね。

しかし、実際に保育園で働いている筆者の経験でいうと、人間関係がよくない職場も多いです。

東京都福祉保健局が平成30年度に実施した調査によると、保育士の退職理由で最も多い回答が「職場の人間関係」でした。

◆保育士を辞めた理由(複数回答)上位10項目

職場の人間関係33.5%
給料が安い29.2%
仕事量が多い27.7%
労働時間が長い24.9%
妊娠・出産22.3%
健康上の理由20.6%
結婚18.4%
他業種への興味15.2%
子育て・家事13.5%
転居11.3%
引用:平成30年度東京都保育士実態調査結果

保育園の人間関係がよくない原因としては、

  • 人手不足で業務過多のため、心に余裕がない
  • 女性ばかりの集団である
  • 閉鎖的な環境のため

上記など、さまざまにあります。

保育士の仕事は、チームプレーのように連携して成り立つものなので、人間関係がよくないと仕事はやりづらいでしょう。

正社員となると、たとえ人間関係の悪い職場でも、何とかやりくりしていく必要があるのです。

問題を抱えている保育園も多い

実際に働き出してみると、

こんな問題を抱えているとは思わなかった…

上記のように感じる保育園も少なくありません。

問題のある職場なら、早々に辞めたほうがよいのですが、正社員で入社してしまうと、辞めるときのハードルも高くなってしまうのです。

保育園側で抱えている問題とは?

保育園側で抱えている問題として、委託費の弾力化についての問題が挙げられます。

私立の認可保育園が受け取る運営費である「委託費」。その大部分を占めるのが人件費だが、保育士に全額を支払うことなく、他に流用しても良いとされている。そのため、事業者側のなかには「人件費を満額支払わなくてもいいものだ」という認識が浸透してしまい、保育士が低賃金になる温床になっている。

引用:公然と消える「保育士給与」ありえないカラクリ|東洋経済オンライン

簡単にいうと、国から認可保育園に支給されている委託費を、保育園側が適切に使っていないため、

保育士の給料が増えない

ということです。

しかし、保育園が委託費を適切に使っているかどうかを、入社する前に見きわめるのは難しいでしょう。

保育士側で抱えている問題とは?

働いている保育士たちのなかでも、子どもの扱いに関する問題を抱えている場合があります。

たとえば、

  • 子どもを差別する
  • 食の細い子どもに無理に食べさせる
  • 寝つきの悪い子を押さえつける

上記などは、残念ながら保育園でよく見かける行為です。

お昼寝しない子どもがいれば、

○○ちゃんが寝付けないので見ていなきゃ…

となるので、そばで見守る保育士が必要になります。

しかし、子どものお昼寝時間は、通常は事務仕事や休憩を回す時間のため、保育士が一人抜けてしまうと仕事が回りません

保育士の業務に余裕がないことで起こる問題ですが、

目を背けて問題を放置している

という保育園も多いのです。

正社員になったところで、それほど給料が良くない

前述した委託費の弾力化問題とも関連することですが、

保育士は正社員になったところで待遇がよくない

という現実があります。

厚生労働省の資料によると、保育士の給与水準は全職種の平均と比べても、男性で15.5万円女性で4.3万円低いのです。

◆保育士の平均賃金(月収換算)

全職種平均保育士
男性45.8万円30.3万円
女性31.4万円27.1万円
男女計40.8万円27.2万円
出典:厚生労働省「保育士の平均賃金」

上記の数字は、ボーナスも含めて月収換算した数字なので、実際の手取り額はもっと低い額になります。

その一方で、派遣の保育士であれば時給1,300円、パートで1,100円くらいはもらえますし、他の職種の派遣やパートと比べても悪くない水準です。

他の職種と比べても、正社員との収入差は少ないですし、正社員のように残業や責任に悩む心配もないので、保育士はパートや派遣で働く方がメリットが大きいでしょう。

パートや派遣の保育士で働くメリットとは?

正社員ではなく、パートや派遣で保育士として働く場合、以下のようなメリットがあります。

他の職種と比べても時給水準は悪くない

正社員として働く場合、保育士の給与は他の職種と比べて低いものでしたが、パートや派遣で働く場合の時給は、他の職種と比べてもそん色ありません

◆一般派遣での平均時給

保育士1,392円
オフィスワーク系1,440円
工場・軽作業系1,240円
販売・飲食・サービス系1,414円
はたらこねっと調べ

保育士の資格がないと、保育補助になるので時給は低めになりますが、保育士の資格を持っていれば、もう少し高めの時給で働くことも可能です。

正社員より業務量が少ない

じつは保育の仕事では、事務仕事の書類もたくさんあります

正社員であれば、そういった事務仕事はもちろん、リーダーとしての業務や行事の準備など、やるべきことが多々あるのです。

しかしパートや派遣であれば、補助的な仕事がメインであり、事務的な仕事も少ないでしょう。

残業がないので家庭との両立も可能

パートや派遣で働く場合は、持ち帰りの仕事や残業はほとんどありません

残業をした場合でも、きちんとタイムカードに付けてくれます。

人間関係のよくない職場、問題のある保育園でも距離を置ける

たとえ問題がある職場だったとしても、正社員の保育士で働いている場合は、

あなたには、パートや派遣を引っ張ってもらわないと!

このような立場ですから、職場と距離を置くことは難しいでしょう。

しかし、パートや派遣なら少し距離を置いて、割り切って仕事をすることも可能ですし、別の職場へ移ることも容易です。

正社員として働く場合に押さえておきたいポイント

ここまで、40代から保育士として働くなら、

正社員より派遣やパートがおすすめである

とお話ししてきました。

ただ、そうはいっても、

それでも正社員の保育士で働きたい!

という方もいるでしょう。

もし、40代から保育士の正社員で働くのであれば、求人選びの際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

なるべく小規模の保育園を選ぶ

小規模な保育園であれば、

預かる子どもの年齢が0歳~3歳まで

というところが多いです。

家庭的保育を取り入れている園もあり、子どものペースに合わせて保育しやすく、大規模保育園よりも保育の流れがゆったりしています

とくに医師や看護師の子どもを預かる院内保育園であれば、小規模で行事も少ない傾向なので狙い目でしょう。

ただ、新しく0歳児の赤ちゃんが入ってくる4月の時期は、泣いている子がたくさんいるので、毎日おんぶをする日が続く可能性も…。

1ヶ月くらい経つと慣れてきて、泣いている子は少なくなりますますが、それまでは少し大変かもしれません。

さまざまな年代の保育士がいるかどうか

保育士は若い人が多いですが、さまざまな年代の保育士がいると、職場の雰囲気がよい傾向があります

40代になると、

若い人の会話について行けない…

ということもありますが、働く人たちの年代の幅が広いと会話もしやすいので、仕事での連携も取りやすくなるのです。

また、女性だけでなく男性の保育士がいるほうが、職場の雰囲気がよい場合もあります。

待遇などをきちんと教えてくれること

給料や資格手当などについて聞いたときに、

はっきりと教えてくれる職場を選ぶ

というのも重要なポイント。

しっかり確認しないまま決めてしまい、働き始めてから、

ウチでは資格手当は支給していません

このように言われてしまうと、もはや手遅れです。

面接などで待遇に関する質問をしたときに、

  • 担当者が急に不機嫌になる
  • 話をはぐらかそうとする

上記に当てはまる職場では、何かしらの問題を抱えている可能性があるので、応募を辞退することも検討しましょう。

まとめ:40代から保育士を目指すなら、まずはパートや派遣で働こう

今回は、40代から保育士として働きたいと考えている方に向けて、

  • 正社員の保育士が40代におすすめできない理由
  • パートや派遣で働くメリットとは?
  • 正社員として働くなら、押さえておきたいポイント

上記についてお話ししてきました。

保育士は、40代からでも正社員になれる仕事です

しかし、体力的な面や職場選びの問題もあるので、いきなり正社員を目指すのは、あまりおすすめできません。

まずはパートや派遣で働いてみて、

本当に自分に合っている職場なのか?

ということを見極めましょう。

保育の職場は人手不足ですから、本当にその職場が自分に合っているのなら、必ず正社員になるチャンスはやってくるはずです。

教育訓練給付金の詳細はこちら

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

40代女性の転職体験談について、以下の記事でご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代女性の転職体験談はこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代女性、千葉県在住。子育てをしながら保育士資格を取得し、保育園や院内保育園などで働いていました。現在はベビーシッターとして勤務。保育士転職についてのブログを運営しています。

目次
閉じる