40代から社会福祉士へ転職!資格取得のコツや未経験で正社員になる方法

40代ともなると、

転職するにも、年齢的にそろそろ限界ではないか…

このように考えている人も多いのではないでしょうか?

かといって、転職を有利にするために資格を取るにしても、実務経験ゼロでは転職できるか不安ですよね…

そんな方におすすめしたいのが、「社会福祉士」という仕事です。

日本社会の高齢化や生活弱者の多様化にともなって、援助支援を必要とする人は増えており、福祉施設や病院などで幅広く求人があります。

しかも、社会福祉士であれば、

  • これまでの自分の人生経験を、人の助けに使うことができる
  • 資格が取れれば、40代からでも未経験で正社員に転職できる

上記のようなメリットがあるので、40代という年齢が不利になることはありません。

社会福祉士になるためには、国家試験に合格して資格を取得する必要がありますが、働きながらでも取得することは可能です。

実際に40代の主婦だった筆者も、離婚を機に働きながら社会福祉士の勉強をして、資格取得後は正社員に転職できました。

この記事では、40代から社会福祉士として働きたいと考えている方に向けて、

上記の内容について解説しています。

筆者の転職体験談を交えながら、わかりやすくお話していますので、ぜひ最後までご覧いただいて参考にしてください。

目次

私が社会福祉士の資格を取って転職しようと考えたきっかけ

まずはじめに、筆者がなぜ社会福祉士として転職しようと考えたのか、その経緯についてお話しします。

転職相談をするなかで「社会福祉士」という資格を知る

筆者は子どもができるまで、正社員で事務職として働いていました。

出産と同時に仕事を辞めたのですが、子どもが4歳のときに夫と離婚をすることに。

子どもを育てるために働かなきゃ…

このように決意したものの、事務職としてのスキルを証明する資格もなく、40代で正社員で転職できる自信はありませんでした…

そんなときに親身に相談に乗ってくれたのが、市役所の相談員さんだったのです。

福祉制度もよく知らずに、不安のなかにいた筆者にとって、とても救いになりました。

そしてその相談員さんに、

私も手に職をつけて、あなたのように正社員で働けないでしょうか?

このように相談してみたところ、「社会福祉士」という資格があることを教えてもらったのです。

40代からでも正社員として転職しやすい

そうはいっても、これまで「社会福祉士」という仕事についてまったく知らなかったので、

資格を取ってみたらと言われたけど、自分にできるのだろうか…

という不安な気持ちもありました。

本当に転職できるのか心配でしたし、社会福祉士の資格を取っても、

経験者じゃないと雇えませんね…

このように言われてしまっては意味がありません。

ですから、まずは社会福祉士という仕事について、いろいろと調べてみました。

そして実際に調べてみると、昨今の高齢化や生活弱者の多様化に伴って、

社会福祉士の活躍の場は増えている

ということを知ったのです。

次に求人について調べてみると、年齢制限がない求人がほとんどでした。

何よりもこれまでの人生経験が役立ちますし、そのうえで「社会福祉士」としてのスキルが、自分自身に付加されていきます。

これなら、年齢を重ねてからでも転職できそう!

ということを知って、社会福祉士として転職したいと考えるようになったのです。

社会福祉士とはどんな仕事なのか?

ひと言で「社会福祉士」といっても、活躍する場所は幅広く、働く場所によっても仕事内容が違います。

社会福祉士が活躍する場所とは

社会福祉士は「ソーシャルワーカー(SW)」と呼ばれる、社会福祉専門の国家資格です。

社会福祉士(しゃかいふくしし、英: Certified Social Worker)とは、福祉系では、精神保健福祉士、介護福祉士と並ぶ、名称独占資格の国家資格である。社会福祉士及び介護福祉士法を用い、医療・福祉・教育・行政機関等にて日常生活を営むのに問題がある人からの相談に対して助言や指導、援助を行なう専門職である。

引用:Wikipedia

仕事の内容は、経済的・精神的・身体的にハンディキャップを持った方への支援となりますが、具体的な支援方法は働く場所によって異なります。

勤務先としては、

児童福祉施設 / 高齢者福祉施設 / 障害者支援施設 / 地方自治体の福祉事務所 / 地域包括支援センター / 学校施設 / 病院関連施設など

上記のようにさまざまです。

支援対象者の生活に密着した施設であれば、社会福祉士の仕事は相談援助業務だけにとどまりません。

日常生活支援員として、介護などの仕事がメインとなる場合もあります。

勤務先で取り扱う福祉分野によって、より深い専門知識が身につく

社会福祉士に必要な知識は、

  • 高齢者福祉分野
  • 障がい者福祉分野
  • 子どもや家庭の福祉分野
  • 医療福祉分野
  • 低所得者福祉分野
  • 地域福祉分野

上記のような、さまざまな制度に分かれています。

ひとくくりに社会福祉士といっても、

働く場所でどのような福祉分野を取り扱っているのか?

ということによって、学ぶべき専門知識の内容が変わるのです。

たとえば、働く場所が高齢者福祉施設であれば、おもに高齢者福祉分野の知識が深くなっていくでしょう。

筆者の場合は、病院勤務の社会福祉士なので、メディカルソーシャルワーカー(MSW)という分類です。

勤務している病院では、患者様のほとんど高齢者なので、

  • 医療福祉分野
  • 高齢者福祉分野

上記の専門知識が必要となります。

その他でいうと、低所得者福祉分野や障害者福祉分野などが、少し関わりがあるような状況ですね…

医療の知識は全くなかったので、病院で勤務するようになってから、医療専門用語について学びました。

社会福祉士への転職が40代におすすめな理由

社会福祉士の資格を取得して転職することが、40代におすすめだといえるのは、以下のような理由が挙げられます。

これまでの人生経験が活かせる仕事

筆者自身が転職しようと考えたきっかけでもありますが、社会福祉士の仕事は、

  • これまでの人生経験が仕事に役立つ
  • 違う職種からの転職経験なども活かせる

こういった面で40代に有利にはたらきます

筆者の場合でいうと、結婚をして子どもを出産しており、離婚も経験しています。

そうすると、

  • 結婚時の新婚支援制度
  • 子ども出産時の出産一時金制度
  • 離婚時の子育て支制度
  • ひとり親支援制度 など

上記のような様々な支援制度について、これまでの人生経験のなかで身をもって学んでいるわけです。

親の介護を経験した方であれば、高齢者福祉制度を知っていますよね。

これまで自分が生きてなかで積み重ねてきた経験は、さまざまな形で社会福祉士の仕事に役立つのです。

また、社会福祉士は

他人の人生を理解しなければいけない

という場面が多くあるので、違う職種からの転職であっても、その経験は役に立ちます。

相談者に近しい経験を自分が経験している場合と、まったく経験していないのでは、相談支援の内容も大きく変わってくるのです。

社会福祉士の仕事であれば、自分がこれまで過ごしてきた人生経験が、無駄になることはありません。

社会福祉士として働いたスキルは次の転職にも活かせる

社会福祉士として働いて得たスキルは、転職するときに経験値としてプラスされるので、次の転職にも有利にはたらきます

筆者は今の病院に勤める前に、障がい者福祉施設で働いた経験がありました。

障がい者福祉分野を経験して、その分野の知識は深まっていたので、

採用担当

障がい者福祉分野の経験は、当病院でも活かせるだろうな…

このように判断されて、転職活動を有利に進めることができたのです。

働きながら社会福祉士の資格を取得するには?

働きながら資格取得を目指すには、

  • 資格取得までどのような行程となるのか?
  • 勉強する時間をどうやって確保するか?

上記を見極めておく必要があります。

実際に資格の勉強を始めてから、

働きながら勉強するのは無理だったかも…

と後悔することが無いように、あらかじめ詳細を確認しておきましょう。

社会福祉士は名称独占の国家資格

社会福祉士は名称独占の国家資格です。

国家試験を受けて合格し、社会福祉士として登録することで、はじめて社会福祉士と名乗ることができます。

名称独占資格と業務独占資格
  • 名称独占資格
    資格を持っている人だけが、その名称を名乗ることができる資格。
    社会福祉士の他に、栄養士、保育士、介護福祉士など
  • 業務独占資格
    資格を持っている人だけが、専門的に扱える仕事のこと。
    例)医師、看護師、放射線技師など

国家試験には受験資格というものがあり、資格を取るために受験したくても、誰でも国家試験を受けられるわけではありません。

受験する資格を持っていない場合は、まず受験資格を得るために学習する必要があります

受験資格を得るための学習ルートは?

社会福祉士の国家試験を受験するための学習ルートは以下のとおり。

◆社会福祉士国家試験の資格取得ルート図

引用:公益財団法人社会福祉振興・試験センター

要するに、自分の最終学歴がどこに当てはまるのかによって、学習ルートが変わってくるということです。

たとえば、福祉系4年生大学を卒業していれば、いきなり国家試験を受験できる資格があります。

しかし筆者の場合は、最終学歴は一般の短期大学卒だったので、

まずは相談援助実務の職業に就いて、実務を2年経験する
 ↓ ↓
そのうえで、一般養成施設等へ1年以上通う

このような手順をふまないと、社会福祉士の国家試験を受験する資格が取得できないのです…

社会福祉士の資格を持っていなくても、運よく相談援助業務に就くことができる人もいます。

しかし、福祉の知識が全くないうえに、年齢が40歳を超えている筆者では、いきなり相談支援業務に就くのは非正規雇用でも厳しいです。

これでは、実務経験が積めないな…

このように感じた筆者は、もう一度よく考えて、実務経験なしでも国家試験資格を得ることができる、

福祉系4年生大学へ入り直す

という選択をしました。

卒業した短大で取得した科目の単位を、福祉系の通信大学へ提出して、まずは3年次に編入。

そこから2年間の勉強を経て、社会福祉士の資格取得に必要な指定科目の履修をして、大学を卒業したのです。

ちなみに、履修科目の単位をきちんと取得して卒業すれば、社会福祉士の国家試験に合格できなくても、社会福祉主事任用資格は取得できます。

社会福祉主事とは、地方自治体などの福祉事務所に勤務し、サポートをおこなう職員のこと。その職員に任用されるための資格が「社会福祉主事任用資格」です。

社会福祉主事任用資格を持っていれば、求人探しの幅が広がりますから、少しお得だといえますね。

資格取得までの時間は、40代であれば少しでも短い方がいいです。

ですから、しっかりと計画を立てたうえで、一度で合格できるように準備を進めましょう。

通信教育でも、実習は平日に実施される場合が多いので要注意

前述したように、筆者は福祉系大学の通信教育を受けて卒業することで、国家資格受験に必要な要件を満たしました。

通信教育ですから、ほとんどの授業は、

  1. オンラインで収録された講義を見て、課題を提出する
  2. テストを受けて単位を取得する

このような流れで進みます。

ただ、すべてがオンラインというわけではなく、なかには「スクーリング」や「実習」といって、実際に足を運ばなければいけない授業もありました。

スクーリングでは、指定された会場へ足を運び、普通の大学講義のように一日中授業を受けます。

通信教育ですから、基本的に働きながら授業を受ける人が多いので、スクーリングは土日や祝日に設定されていることが多いです。

ただ、実習はそうはいきません

実習を指導してくれる施設へ行って、直接そこで働く体験をするのわけですから、平日に設定されることがほとんどです

働きながら通信教育を受けている場合は、実習のスケジュール調整に苦労するでしょう。

筆者の場合は、働いている職場に事情を話していたのですが、やはり平日に何日も休めないので、

土日にも稼働している施設はないだろうか?

と実習先を探し回りました。

さらに実習施設側へ、

できるだけ土日で実習日程を組んでもらえないでしょうか?

このようにお願いをして、できる限り平日に休む日数を減らし、なんとか仕事と実習を両立することができたのです。

筆者はうまく調整できましたが、一緒に通信教育を受けた人のなかには、

職場の理解が得られないので断念します…

実習期間前に仕事を辞めるしかない…

といった選択をしている人もいました。

働きながら資格の取得を目指す場合は、

実習科目をどのように対応するのか?

上記について、あらかじめ考えておく必要があります。

40代から未経験で社会福祉士へ転職する方法

社会福祉士の資格を取ることができれば、未経験で応募できる求人も多いです。

ただ、事前に福祉の知識を身に付けておくに越したことはありません。

ここでは、筆者自身が実践した、社会福祉士の勉強を兼ねたおすすめの転職方法をご紹介します。

どうせなら、福祉に関連する仕事で働いてみよう

筆者の場合は、福祉制度自体を知らなかったので、

働きながら勉強するにはどうしたらいいのかな?

ということをまず考えました。

勉強もあまり得意ではなかったし、記憶力にも自信がありません。

ですから、どうせ新しく仕事に着くならと、

福祉制度に携わることができる、市役所で仕事をしよう!

このように考えたのです。

最近の市役所では、昔のように公務員だけが働いているわけではありません。

派遣や委託業務を取り扱う会社が、現地募集で働き手を募っている

というケースも多くなっているのです。

筆者は、市役所の求人を取り扱っている企業に応募して、晴れて市役所でパートとして働けることに。

そして2年間で、

市民課 / 介護保険課 / 障害福祉課 / 子育て支援課

これらの窓口業務を経験をしました。

窓口業務を通じて、福祉制度を利用するための申請手続きに直接ふれることができ、効率よく知識を学ぶことができたのです。

そしてこれらの職歴が、社会福祉士の資格を取得後に転職する際に、採用へのPR効果を発揮してくれました。

経験が足りないのなら、社会福祉士として活かせる人間力をアピールしよう

転職する際に、まったくの未経験だとしても、

  • これまで生きてきたなかで培われたコミュニケーション能力
  • 人の話に耳を傾ける傾聴の姿勢
  • 学生時代に携わったボランティア活動、社会貢献活動など

上記のような、自分の人間力をアピールすることを心がけましょう。

社会福祉士は人に携わる仕事ですから、見られているのは能力や経験値だけではありません。

採用担当

対人スキルや話し方はどうだろうか?

こういった点も重視している施設や病院も多いのです。

総合的な人間力を見てくれる募集先も多いですから、経験値が足りないのであれば、人間力をアピールすることで採用へ近づくことができます。

まとめ:社会福祉士は40代からでも転職できる!

今回は、40代から社会福祉士として働きたいと考えている方に向けて、

  • 社会福祉士とはどんな仕事なのか?
  • 社会福祉士への転職が40代におすすめな理由
  • 働きながら社会福祉士の資格を取得するには?
  • 40代から未経験で社会福祉士へ転職する方法

上記について、筆者の転職体験談を交えながらお話ししました。

「社会福祉士」の資格は40代からでも取得可能ですし、転職する際にも有利に働きます。

実習の問題をクリアすれば、働きながらでも資格取得できることも魅力です。

そして何より、手に職をつけて自分の知識を磨いていけば、ステップアップの転職も目指せます

社会福祉士とは、

これまでの自分の人生経験を、人の助けに使うことができる

このような、とてもやりがいのある仕事です。

ぜひあなたもチャレンジしてみませんか?

教育訓練給付金が利用できる資格講座

教育訓練給付金の詳細はこちら

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代女性、大阪府在住。離婚を機に正社員を目指し、フルタイムパートで働きながら社会福祉士の資格を取得。正社員として転職に成功しました。未経験から病院のソーシャルワーカーとして頑張ってます!

目次
閉じる