40代男性の転職

実体験で証明!「40代の転職は失敗できない」という定説はウソ

最近では40代になってからでも、転職をするチャンスが多くなったように感じます。

しかし40代の転職は、失敗した時にリスクが大きいと考えてしまいがちです。

でもほとんどの場合は、40代の転職で失敗したとしても問題ありません。むしろ40代の転職はメリットも多くあるのです。

筆者は40代で二度の転職を経験しました。

1回目の転職では、転職先のスタッフも筆者自身も、期待を裏切る結果となってしまいました。

しかし、それでもあきらめずに2回目の転職をしたことで、現在は満足のいく結果を得ています。

この記事では、筆者の40代の転職経験について、体験談として詳しくお話ししています。

そして実体験に基づいて、40代で転職することのメリットについても解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者の事例 ①「1回目の転職に失敗」

40代の転職で失敗してもなぜ大丈夫なのか、40代で2度の転職をした、筆者の体験を事例としてご紹介します。

筆者は40代になってから、好待遇のスカウトを受けました。そして迷いもある中で、将来性に期待して転職を決意したのです。

ところが転職先では思いもよらぬ苦戦を強いられて、ついには他の転職先を探さざるを得ない事態になってしまいました。

「三顧の礼」で40代の転職にチャレンジするも大誤算…

筆者はリハビリの専門職として、20代で国家資格を取得しました。

そして20代後半で転職をいちど経験し、その後はある病院で40代になるまで働き続けていました。

働き続ける中で、リハビリ部門の責任者として、病院内でも一定のポジションを獲得し、いずれは経営幹部に昇進するであろうと、ウワサする職員もいたくらいです。

順風満帆な人生でしたが、40歳を越えたときにある転機が訪れました。

以前に筆者が勤務する病院で働いていた医師から、

うちのクリニックを手伝ってくれないか?

このような話をもらったのです。

さっそく筆者は、その医師と食事をすることにしました。

食事をしながらその医師は、私に対して以下のように話したのです。

  • 開業して数年がたって、事業が安定してきた
  • 今のリハビリスタッフでは収益性が頭打ちだ
  • 君にリハビリ室の管理職として入ってもらい、事業の拡大をしたい
  • 給与も現職の水準を保証する

このような話を受けて筆者は考えました。

スカウト話としてはとても良い話だ
しかし現職を続けてもよいのでは…?

確かに現職の待遇に大きな不満はなく、勤務先も自宅から近いため、子育てにも参加しやすい環境といえます。

しかし、現職の待遇は徐々に悪化しており、職員は総じて、仕事に対して後ろ向きになっていました。

仮に現職で経営幹部になっても、苦しい運営を迫られるだけかもしれない

このように考えた筆者は転職を決意して、新天地でのチャレンジが始まったのです。

改革はとん挫。人間関係にひずみが生じる

転職先のクリニックでは、リハビリ専門職としての業務のほか、さまざまな業務が振り分けられました。

例えば、クリニックのホームページをリニューアルすることです。

ホームページ制作会社と協議しながら、さまざまなコンテンツや文章の作成をするというものでした。

当然ですが、リハビリ部門の刷新にも取り組みました。

収益性を高めるために設備の導入や、運営システムの構築を進めていったのです。

しかし既存のスタッフが、リハビリ部門の改革を受け入れようとしませんでした。

さらに運営システムを導入するために、提示した予算を見て、院長が導入を拒否したのです。

そのため筆者は、旧態依然の体制の中で、業務を続けざるを得ませんでした。

そして何も変わらない状況に対して、院長もほかのスタッフも、私にわだかまりを感じ始めていたのです…。

何も改革できないまま降格人事。すぐに転職活動へ

そして転職して1年が過ぎたころ、院長から呼び出された筆者はこう告げられたのです。

管理職を降りてもらい、給与もその分を減額する
リハビリ部門は今までのスタッフが中心になって進めていく

筆者は驚きました。改革のチャンスをあきらめずに踏ん張ってきたのに、何だったのでしょうか…。

さらに院長は話を続けました。

あなたはうちの職場には向いていないのでは?

筆者は唖然とするばかりでした。しかし、

グズグズしないで動くしかないな…

このように気持ちを切り替えて、筆者はすぐに転職活動を始めたのです。

筆者の事例 ②「2度目の転職で再起を図る」

こうして筆者は、40代の転職に失敗してしまいました。

しかしここであきらめずに、自分に合った転職先を探し始めたのです。

不安を抱えながらの転職活動となりましたが、プラス思考で動くことで、良い転職先を見つけることができました。

2度目の転職で目指すのは、キャリアを活かせるポジション

しかし40を過ぎているのに、転職してまたいきなりの転職です。

専門職とはいえ、40歳を越えると入職できるポジションが限られています。本当に転職ができるのか筆者も不安でした。

ところが幸運にも、リハビリ部門の管理職を求めるクリニックが見つかったのです。

勤務地が自宅からさらに遠くなるというデメリットがありましたが、贅沢は言ってられません。

筆者はさっそく職場見学を行い、面接に挑みました。

転職に失敗したことをプラス思考で話す

失敗した転職先について、面接でどのように答えるべきか悩みました。

しかしウソは良くないと考えて、以下のように伝えたのです。

運営体制の刷新のためにスカウトされ、1年ほど試行錯誤しました。しかし、現状維持が良いと院長が判断されたので、院長の許可のもと転職先を探しています

さらに、この1年間で得たキャリアについても言及しました。

クリニックに勤務したことで、病院の患者様とは違った接遇が大切なことを知りました

その結果、なんとか内定を勝ち取ることができ、40代で2度目の転職に成功したのです。

2度目の転職では自分らしい仕事ができるように

2度目の転職先では、メインであるリハビリ専門職業務と、部門の管理が筆者の業務となりました。

そして、院長や他のスタッフとも協議を重ねながら、運営体制を整えていったのです。

今ではリハビリ室の責任者として、信頼を得ることができています。

筆者にとっては、もともとの病院勤務でつちかったキャリアと、1年間のクリニック勤務で得たキャリアが組み合わさることで、結果的に良い転職になったのです。

副業として新たな世界が切り開かれる

2度目の転職では、さらに思いもよらぬ世界が開かれていきました。

体操教室の講師に

病院時代の患者様だった方たちから、「私たちのことを看て欲しい」と要望を受けたのです。

そこで筆者は、地域のスポーツクラブと協業で、体操教室を開くことにしました。

病院時代の患者様が、今や筆者のクライアント様となって、体調管理や転倒予防の手助けになっています。

ホームページ作成の経験からライター業へ

1度目の転職先で、ホームページ作成に携わったときに、ライティングという仕事があることを知りました。

そこでクラウドソーシングに登録して、時間の許す範囲で、このような記事を書く仕事を始めたのです。

筆者が40代になってから、七転び八起きしてきた転職経験をお話しすることで、同世代の方たちに勇気を与えられることができれば…

このように願って今も筆をとっています。

気になる収入は?

ところで気になる収入の話ですが、1度目の転職ではやはり給与は減ってしまいました。

そして2度目の転職でも、病院勤務時の給与に戻ることはありませんでした。

しかし副業を始めたことで、最初の病院時代をしのぐ収入を得られるようになっています。

40代で2度の転職を経験して、紆余曲折があった筆者ですが、いまは多忙にはなったものの、充実した生活を送ることができています。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

40代の転職はキャリアの幅を広げるチャンス

筆者は自身の経験をもとに、40代の転職について以下のように考えています。

  • 40代の転職は機会があればするべき
  • 40代の転職で失敗しても、ゲームオーバーではない
  • 40代だからこそ、自分の生き方や資質に合った職場を探すべき

なぜこのような考え方になったのでしょうか。

ここからは、40代のあなたが転職するべき理由についてお話しします。

同じ会社で働き続けると「自分の市場価値」が分かりにくい

これまでの日本では、ひとつの会社で長く働き続けることが、良いことであると思われてきました。

長く働き続けるからこそ、社内のあらゆることに精通することができ、昇進して皆を引っ張ることができる、このような理屈です。

とくに40代ともなると、社内でのキャリアも十分に積み上げているので、ほかの社員から信頼を得ているという方も多いでしょう。

ところが、同じ会社だけで積み上げたキャリアだけでは、他社ではまったく通用しない場合があります。

その一方で、今までの会社では認められなかった能力が、転職することで花開くこともあるのです。

40代までひとつの会社で勤めあげた方ほど、自分のキャリアが他社で通用するのか、不安になるかもしれません。

しかしいま勤めている会社で、自分の能力が発揮できていないと少しでも感じるのであれば、転職して自分の市場価値を試すべきです。

転職活動を通じて、自分の能力を改めて見直す機会が得られるでしょう。

自分の市場価値が低くても、取り返すどん欲さが重要

そうは言っても、転職に失敗する不安はつきものです。

筆者も1度目の転職は失敗に終わりました。それでも筆者は、失敗が明らかになった時点で、迷わず次の転職活動を始めました。

面接では転職の理由を問われますが、何がダメだったかを正直に答えて、転職先でどのように活かすかを明確にすることで、肯定的な評価を得られることもあるのです。

また辞めた会社でも、信頼関係を築き上げたお客様や同僚がいれば、何かしらの形で、あなたにつながりを求めることがあるかもしれません。

さらに、新しい業務を経験することで、自分の才能がお金になることもあるのです。

転職に失敗にしても、そこから得た経験を武器にして、巻き返す努力をしていけば、新たな未来を切り開くことができるでしょう。

「豊富な人生経験」が40代転職の武器になる

40代になると、年齢が高いから転職は難しいという理由は、本当に正しいのでしょうか?

40代ともなれば、仕事だけでなく人生経験も豊かになります。したがって社会人として、もっとも高い能力を発揮できる年代だといえるのです。

たしかに大企業のように、年功序列のならわしが残っているところでは、40代の転職者に与えるポストは無いのかもしれません。

しかし、小さな企業や新興企業などでは、総合力の高い40代こそが、もっとも欲しい人材なのではないでしょうか。

まとめ:40代で転職できる力を持てば、何があっても生き抜くことができる

今回は筆者の実体験に基づいて、40代の転職についてお話ししてきました。

人生100年時代と言われる中で、40代であれば、まだ20年以上も働くことになります。

このような時代に、ひとつの会社で働き続けることにメリットがあるという方は、どれだけいるのでしょうか?

もし転職の機会があるのなら、ぜひともチャレンジしてください。

チャレンジし続けていれば、筆者のようにチャンスを得られることもあるのです。

仮に一度目の転職に失敗したとしても、諦めずに探し続ければ、あなたの能力を評価してくれる新天地が必ず見つかるでしょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ちゃむ
40代男性、大阪府在住。リハビリ部門のスペシャリストとして19年働いています。高齢化社会の花形に見える職業ですが、過剰な人材供給と社会保障の先細りによる収入の低下が懸念されています。そんな中でも時代を切り開く新しい働き方に取り組んでいます。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ