転職の体験談

43歳自営業者が再就職!職業訓練校に通ったら一番の近道だった

私は26歳で印刷会社を退職して、自営業を17年間営んできました。

しかし結婚して子供も授かり、妻とも話し合いをした結果、会社員として再スタートすることにしたのです。

自営業を辞める一番の理由は不安定なこと。そして将来が見通せないことでした。

国民年金だけで老後を暮らしていくのは困難ですし、愛する子供たちに迷惑を掛けてしまうかもしれません…。

所得税、市県民税、国民健康保険が高すぎるのも、家計を圧迫する原因となっていました。

会社員になって、社会保険と厚生年金に加入したい
退職金だって欲しい

しかしこのような思いを持っていても、自営業の仕事が忙しくて、なかなか就職活動する暇がありませんでした。

そんな時に、ネットで知ったのが職業訓練校だったのです。

わらにもすがる思いで職業訓練校に入校して5ヶ月、私は訓練終了を待たずに、無事に再就職することができました。

私のように、自営業者やフリーランスの方が再就職をするのなら、職業訓練に通うのが一番の近道かもしれません。

今回の記事では、40代の自営業者やフリーランスの方が、職業訓練校を利用して再就職する方法について、私の体験談に基づいて詳しくお話しします。

40代の自営業者やフリーランスの再就職が困難な理由

会社員と違って、自営業者やフリーランスは仕事のやり方次第で、自分の時間を自由に使えます。

しかしそれが逆に、再就職への道を阻むのです。

また、長らくひとりで仕事し続けている人ほど、会社という組織に再び馴染むのが難しくなります。

40代の場合は、それらにプラスして年齢の壁もあり、再就職はとても険しい道なのです。

会社という組織に馴染めるか不安がある

自営業者やフリーランスの人が再就職するのに、不安を感じるのが人間関係についてでしょう。

いちど一人の気楽さに慣れてしまうと、組織で仕事をするのは息苦しさを感じるものです。

年下の上司に使われるのも、気を使って嫌になることが多いでしょう。

満足な月収の求人が少ない

自営業者やフリーランスを長年続けている方であれば、同年代の会社員の月収を上回っていることが多いものです。

社会保険や厚生年金など、会社員であるメリットを考えて就職活動をするものの、満足いく月収の求人に出会えることは稀でしょう。

仕事を辞める(廃業)するきっかけがない

会社員の人が退職をする場合は、仕事の引継ぎをおこないます。

いま手がけている仕事が途中であっても、決められた退職日が来れば、それ以降に出社が求められるようなケースはまずあり得ません。

しかし、自営業者やフリーランスの人が仕事を辞めるのは、その事業を廃業するということです。

思い切って廃業することができずに、ズルズルと仕事をしてしまう場合もあります。

就職活動している暇がない

自営業者やフリーランスの人には、もちろん有給休暇などはありませんし、仕事をする気になれば土日祝だって休みではありません。

お客様から頼まれれば、休日返上でやる。

そんな生活をしていれば、再就職したくとも就職活動をしている暇が、そう簡単には取れないのです。

再就職へのモチベーションを保つのが難しい

いちど手にした自由を失ってしまうのか…

このような気持ちにもなってしまいますし、思うように再就職が果たせないことで、モチベーションを保てなくなる方が多いのも現実です。

自営業者やフリーランスが職業訓練校に通うメリット

手に入れた自由や収入よりも、社会保険や厚生年金で安定した生活を送りたい…

上記のように考えて、自営業者やフリーランスの方が再就職を目指すのであれば、職業訓練校に通うのが一番の近道といえます。

ここでは、実際に私自身が通って感じた、職業訓練校を利用するメリットについてお話します。

就職活動をするしかない環境である

職業訓練校では、月曜から金曜まで授業(訓練)があり、就職活動以外の休みが多いと退校になってしまいます。

就職活動しなければならない環境となるのが、いちばん大きなメリットです。

再就職へのプレッシャーをモチベーションにできる

自営業者やフリーランスの方は、廃業して職業訓練校に通うことになります。

一切の仕事をなくして、退路を断ってから入校するのです。

失業手当もないですから、早く就職しなければなりません。再就職へのプレッシャーが、そのままモチベーションとなります。

同年代の仲間と出会える

職業訓練に通う年代はさまざまです。

下は10代から上は60代まで、みなで一緒に訓練を受けることになります。

私が通った職業訓練では30~40代が多く、再就職を目指している同年代の仲間と出会うことができました。

自分と同じように頑張っている仲間がいる

それだけでモチベーションは上がりますし、安心もします。

集団活動をおこなう機会になる

職業訓練はクラス単位で授業を行います。私が通ったクラスは20人くらいでした。

自営業者やフリーランスの方は、一人で仕事していることが多いので、職業訓練は会社に就職する前に、集団活動をおこなうよい機会になるのです。

職業訓練後の就職率が非常に高い

職業訓練校は最短で3ヶ月ほど、長いコースなら1年くらい授業に通います。

私が受けたクラスでは、期間は6ヶ月でしたが就職率は90%以上ありました。

10人いれば9人は就職しているのです。

6ヶ月通えば9割の人が再就職できる

このように考えれば頑張ることができました。

就職活動のための書類コストが無料

職業訓練のための書籍は実費購入が必要ですが、履歴書や職務経歴書を印刷するのは、無料でおこなえます。

公的な職業訓練校なら求人票も印刷できますし、就職アドバイザーもいますので、困った時はいつでも相談することができるのです。

今までの仕事と違ったスキルや資格を取得できる

職業訓練のなかには、資格取得することができるコースもあります。

私の場合は、国家資格である「ITパスポート」を職業訓練中に取得しました。

またその他にも、訓練の空き時間に勉強して、同じく国家資格である「危険物取扱者乙4類」にも合格しています。

たった6ヶ月ですが、勉強すれば取得できる資格はたくさんあるのです。

職業訓練では、もちろん資格だけでなく、実務のためのスキルも取得できます。

職業訓練に通う前に注意すべきこと

たくさんのメリットがある職業訓練ですが、自営業者やフリーランスだからこそ、訓練に通う前に注意すべきことがあります。

再就職のために、覚悟を持って通いましょう。

入校する前に税務署に廃業届を提出する必要がある

自営業者やフリーランスであれば、仕事をするために税務署へ開業届を提出しているはずです。

また、その際記入した屋号で確定申告を行っているでしょう。

職業訓練校は、離職した人でないと通うことができませんので、自営業者やフリーランスの場合は、税務署へ廃業届を提出しなければなりません

私の場合は、職業訓練校の説明会の時に廃業届のコピーを提出しました。

そこまで厳しくない場合もありますが、もし廃業届を提出していないことが発覚した場合は、職業訓練校を退校させられる可能性もあります。

職業訓練の期間中は収入が途絶える

職業訓練を受講できる前提として、「失業中であること」とされていますので、訓練の受講期間中は仕事をすることができません

雇用保険に加入しない短時間のアルバイトであれば、労働をすることは可能ですが、職業訓練と両立させることは容易ではありません。

また、自営業者やフリーランスは、会社員のように雇用保険がありませんから、失業保険の支給もないのです

職業訓練中は、一切の収入が途絶えるものとして認識しておきましょう。

まとめ:職業訓練は自営業者とフリーランスの再就職に活用できる

今回は私の経験をもとに、40代の自営業者やフリーランスの方が、職業訓練校を利用して再就職する方法を詳しくお話ししました。

私は家族と老後のために、43歳で自営業を廃業して職業訓練校に通い、無事に再就職を果たしています。

実はいちど就職した会社選びで失敗して、1年後に転職することになったのですが、もし職業訓練校に通っていなければ、就職はできていなかったでしょう。

40代で自営業やフリーランスをしている方でも、私のように正社員として再就職できます。

そのために職業訓練校を活用しましょう。

そして社会保険厚生年金雇用保険を手に入れてください。

大丈夫です。きっと就職できます。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Frontward W
40代男性、福島県在住。17年ほど自営業をしていたが、家族と老後のために会社員に戻ることを決意。職業訓練に通って再就職に成功するも、パワハラで1年で退職。すぐに再就職して、現在は広告代理店で働いています。