ハローワーク・就労支援

失業保険をもらいながら、職業訓練でスキルアップしよう!

今回の記事では、職業訓練について興味がある方に向けて、

  • 職業訓練は「学んでスキルアップ」を考えている人にとってお得すぎる制度である
  • 職業訓練制度の中身を知って有効活用しよう!

このようなお話をしたいと思います。

失業保険を受給しながら受講できる、職業訓練という制度について、

何となく聞いたことはあるけど、詳しくはよく知らない…

このような認識の方も多いのではないでしょうか?

筆者もそうだったのですが、実際に自分が失業保険をもらうことになって、はじめてこの制度に興味を持ち、いろいろと調べてみました。

調べた結果、あまりにもメリットが多いお得な制度だと感じたので、メリットやデメリット、受講するための注意点などを詳しくご紹介します!

公共職業訓練の制度と仕組み

公共職業訓練とはハローワークで求職申込みした人を対象に、再就職に役立つスキルや知識などを、所定の訓練学校で学習することができる制度です。

訓練科目は金属や機械、建築といったものづくりに関するものから、WebやIT、事務・経理・介護などのオフィスワーク系まで、様々なコースが用意されています。

訓練期間は3ヶ月~2年と様々に設定されており、要件を満たせば5千~1万円程度の受講テキスト代負担のみで、無料で訓練を受講することができるのです。

同等の訓練講座を民間学校で受講すると、数十万円レベルの費用になる場合もあるので、これだけでも相当お得な制度であるといえるでしょう。

しかも、失業保険の受給資格を持つ者であれば、職業訓練の受講自体が求職活動とみなされるので、失業給付をもらいながら無料でスキルアップに専念することができます

職業訓練制度を利用できる対象者とは?

失業保険の受給資格を持っているのであれば、誰でも利用が可能です。

前回の職業訓練受講終了から1年未満であったり、過去に職業訓練で中途退校している場合など例外措置もあります。

どんな講座が用意されている?

都道府県によっても異なりますが、おもなコースは以下の通りです。

公共職業訓練のおもな講座内容
  • パソコン事務(WordやExcelなど)
  • 簿記、経理
  • 医療事務
  • 介護
  • 宅建・ファイナンシャルプランナー
  • CADオペレーター
  • Webデザイン・プログラミング
  • 機械・電気・建築などものづくり系

他にも貿易事務やインテリアコーディネーターなど、それ以外の講座が開催されている場合もあります。

用意されているコースは地域によっても異なるので、管轄のハローワークで確認してみましょう。

▼最寄りのハローワークを確認する▼

ハローワークで「受講指示」を受けよう

失業保険をもらいながら職業訓練を受講する場合は、ハローワークより「受講指示」の指定を受けることで、以下のようなメリットが発生します。

受講指示を受けるメリット
  • 失業保険の給付が職業訓練終了時まで延長される
  • 失業保険の認定日や求職活動が免除になる
  • 交通費(通所手当)が支給される
  • 受講手当(最大2万円)が支給される

受講指示の指定は失業保険の給付残日数で決まる

受講指示の指定を受けるためには、職業訓練入校日の時点で、

失業保険の支給日数があと何日残っているか?

上記が重要となります。

退職理由と失業給付の残日数によって、受講指示が受けられるかどうかが決まるのです。

自己都合退職など給付制限がある場合の要件

失業保険の給付制限がある方は、対象講座の訓練入校日時点で、給付の残日数が以下の要件を満たしていれば、受講指示を受けることができます。

所定給付日数給付の残日数
90日31日以上
120日41日以上
150日51日以上

会社都合退職など給付制限なしの場合

失業保険に給付制限がない方の場合は、対象講座の受講開始日時点で以下の要件を満たしていれば、受講指示を受けることができます。

所定給付日数給付の残日数
90日1日以上
120日1日以上
150日31日以上
180日61日以上
210日71日以上
240日91日以上
270日121日以上
300日151日以上
330日181日以上

公共職業訓練を受講するメリット

失業保険をもらいながら職業訓練を受講するメリットとして、以下のようなものがあげられます。

受講費無料で専門講座が受けられる

数ヶ月以上の専門的な講座を受講する場合は、もし民間の専門学校などに通うのであれば、数十万円レベルの受講費が必要となります。

しかし職業訓練であれば、受講費用負担が免除されて、無料で受講することができるのです。

失業保険と別に手当が支給される

ハローワークから受講指示を受けた場合、職業訓練を受講することで交通費や受講手当を、失業保険とは別に受け取ることができます。

失業保険の給付制限の短縮や受給期間延長ができる

自己都合退職などで失業保険の給付制限がある人でも、職業訓練を受講する場合は給付制限が解除されますので、職業訓練入校日より失業保険を受給することができます。

またハローワークより受講指示を受けていれば、失業保険の給付期間より職業訓練の受講期間の方が長い場合には、失業保険の給付期間が職業訓練修了日まで延長されます。

職業訓練の講座内容に沿った求人紹介や就職指導を受けられる

講座を受け持つ職業訓練学校を通じて、受講講座に関連する分野の求人紹介をもらえたり、職業相談を受けることができます。

共通の目的を持つ人脈ができる

講座を受け持つ講師はその分野で実績を持つ方であり、訓練終了後もその分野の先輩として、相談相手になってくれるかもしれません。

講座を共に受講するクラスメイトは、共通の目的を持って学ぶ仲間として、受講期間終了後も、交流して切磋琢磨することができます。

公共職業訓練を受講するデメリット

失業保険をもらいながら職業訓練を受講するデメリットとして、以下のようなものがあげられます。

用意されているコースが限られている

職業訓練として用意されているコースには限りがあり、自分が希望する分野の訓練が存在しない場合もあります。

講座の開始時期が決まっている

職業訓練の講座は年度の中である程度決まっており、講座によっては年間で数回しか募集がないという場合もあります。

長期間にわたる講座の場合は、4月など年度の早い時期に集中しています。

希望講座に合わせて退職時期を調整しておかないと、失業保険の受給期間に希望の講座が開催されていないというような事態もあり得るのです。

選考があり落選する可能性がある

希望の職業訓練を受講するためには、選考試験に合格する必要があります。

選考試験では筆記試験と面接があり、受講に対する意欲を計られるのはもちろん、受講することが再就職につながるかどうかも考慮されるのです。

講座ごとに定員が設けられていますので、人気の講座では選考倍率が高くなり、受講が難しい場合があります。

ぽけご
ぽけご
私はWeb系のコースで、選考倍率2.4倍で落ちてしまいました…。

失業保険をもらいながら職業訓練を受講するための注意点

失業保険をもらいながら職業訓練を受講するための注意点として、以下を確認しておきましょう。

講座の開始時期と要件を失業前から確認しておく

失業保険をもらいながら職業訓練を受講するために、失業前の早い段階から、以下の2点について確認しておくことをおすすめします。

  • 希望する職業訓練講座が、自身の失業保険受給期間中に実施されること
  • 職業訓練の受講指示の要件を満たしていること

自身のエリアで希望の職業訓練講座がいつ頃開催される予定なのか、事前に情報収集を行って確認しておきましょう。

地域によっては、管轄のハローワークのホームページなどで、年間スケジュール等が掲載されている場合もあります。

▼職業訓練のコースをネットで確認する▼

筆者もいろいろ調べてみたのですが、ネット検索の情報だけでは登録されていない講座もあり、内容が不十分なところがあります。

ハローワークに足を運んで、直接確認することをオススメします。

受講開始日から逆算して退職日を設定する

職業訓練の受講指示を得るためには、職業訓練入校日時点で失業保険の残日数要件を満たしている必要があります。

要件を満たすために、職業訓練入校日から失業保険の受給資格決定日を逆算して、ハローワークに求職申込みをしましょう。

失業保険の受給申請には、退職した会社から発行される離職票が必要となりますが、発行には退職日から10日ほどかかるといわれています。

失業保険をもらいながら職業訓練を受講するために、これらをすべて加味した上で退職日を設定するようにしましょう。

▼失業保険の利用と手続きについてはこちら▼
失業保険は申請に行く日で認定日が決まる!手続きの流れや必要書類を解説します失業保険の手続きをするときは、申請に行く日で認定日が決まるので注意しましょう。カレンダーで仕組みを説明します。筆者が実際に体験したことに基づいて、失業保険の申請手続きの流れや注意点などについても解説します。...

職業訓練を受講することが、どう再就職につながるのか整理しておく

職業訓練の選考試験では、筆記試験と面接が実施されます。

面接ではその訓練を受けることで、本当に再就職支援につながるかどうかが判定されます。

一般の就職面接のように、その人の優秀さを見ているわけではなく、訓練講座と希望者のマッチ度合いや必要性を見られているのです。

なんとなくで選考に行ってもまず受かりません。

なぜ筆者がこの職業訓練を受講する必要があるのか?

このような動機の部分をしっかり整理して、面接にのぞむようにしましょう。

まとめ:失業保険をもらいながら職業訓練でスキルアップしよう!

ぽけご
ぽけご
おさらいをしておきましょう
公共職業訓練を受講するメリット
  • 受講費無料で専門講座が受けられる
  • 失業保険と別に手当が支給される
  • 失業保険の給付制限の短縮や受給期間延長ができる
  • 職業訓練の講座内容に沿った求人紹介や就職指導を受けられる
  • 共通の目的を持つ人脈ができる
公共職業訓練を受講するデメリット
  • 用意されているコースが限られている
  • 講座の開始時期が決まっている
  • 選考があり落選する可能性がある
失業保険をもらいながら職業訓練を受講するための注意点
  • 講座の開始時期と要件を失業前から確認しておく
  • 受講開始日から逆算して退職日を設定する
  • 職業訓練を受講することがどう再就職につながるのか整理しておく

失業保険とは、退職者の無収入状態をサポートしてくれる、とてもありがたい制度です。

その期間に職業訓練制度を利用することで、失業保険をもらいながら職業訓練を受講して、自身のスキルアップに励むことができます。

収入面の不安がない状態で、安心して勉強に集中できるというのは、社会人にとって本当にありがたいことですね。

かなりお得な制度なので、認知も広まって競争率が高くなってきているようですが、この制度をうまく活用して、スキルアップ&再就職につなげていきましょう!

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。

関連コンテンツ