公的手続き

夫が退職して妻の扶養に入る場合の手続きや要件をまとめてみた

サラリーマンを辞めてしまうと、健康保険や年金の保険料を会社が半額負担してくれなくなるので、個人負担が増えてしまうデメリットがあります。

妻が夫の扶養に入って専業主婦となり、こういった個人負担を無くすことは一般的に知られていますが、じつは「夫が妻の扶養に入る」という逆パターンも可能です。

一定の要件を満たせる場合は、夫が妻の扶養に入ることで、健康保険や年金の保険料負担をすべて無くすことができます。

ただし、いざとなると手続きがよくわからなくて、どうしていいのか戸惑ってしまいますよね…

私は40代の転職活動を続けているのですが、妻の扶養に入って個人負担を削減しています。

そのおかげで、転職活動の長期化を恐れずに、いい転職先を見つけようという気持ちでじっくり取り組めているのです。

今回の記事では、「夫が妻の扶養に入る」という選択について、その要件や手続き方法などについて、実体験にもとづき詳しくご紹介します。

夫が「妻の扶養に入る」ための要件とは?

今回の内容でお話しする「扶養」とは、

  • 健康保険の扶養家族
  • 国民年金の第3号被保険者

上記の2つのことを指しています。

夫が会社員を退職する場合は、それまで会社で加入していた健康保険と厚生年金保険について、切り替える手続きが必要です。

しかし所定の要件を満たす場合は、「妻の扶養に入る」手続きを行うことで、夫の健康保険と国民年金の保険料支払いを無くすことができます

夫が「妻の扶養に入る」ための要件は、以下のとおりとなります。

  • 妻が勤務先で「厚生年金保険」「社会保険」に加入していること
  • 夫の収入見込みが年収130万円未満かつ妻の収入の1/2未満であること(前年の収入で判断する税金とは異なり、これから先の見込み収入で判断します)

考え方としては、会社員である夫の扶養に入って、妻が専業主婦をしている場合と同じです。

妻が働いていて、勤務先で厚生年金保険と社会保険に加入していれば、配偶者である夫が扶養に入ることができます。

なお、退職や転職時の健康保険や年金の手続きに関しては、別の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

夫が妻の扶養に入る場合のメリットとデメリット

夫が妻の扶養に入る場合に、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

妻の扶養に入るメリット

夫が妻の扶養に入るメリットは以下のとおりです。

  • 夫は国民年金の第3号被保険者になるので、保険料支払いが不要になる(保険料の支払いは無いですが、基礎年金の受給資格は保たれます)
  • 夫は妻の社会保険に扶養家族として加入するので、保険料支払いが不要になる(医療費自己負担は会社員時代と同じ3割負担)

年金については、厚生年金から国民年金に切り替わりするものの、保険料の支払いなく受給資格を得ることができます

健康保険に関しては、自身が社会保険に加入していた時と同じく、医療費の自己負担が3割となり、保険料の支払いは不要となるのです。

このように、メリットは非常に大きいものとなりますが、夫が扶養に入ることで、妻の保険料負担が増額されるなどの措置は一切ありません。

妻の扶養に入るデメリット

夫が妻の扶養に入る場合のデメリットは以下となります。

  • 夫が収入を大きく稼ぐことができない(見込み年収が130万円以上か、妻の収入の1/2以上で扶養から外れてしまう)
  • 世間体が気になる、男のプライドが許さないというケースも…

妻の扶養に入っている場合は、主婦がパートなどで働くケースと同じで、「扶養の範囲内」で働くという形となります。

失業中にアルバイトをする場合は注意が必要ですが、会社員として入社が叶えば扶養から外れればいいだけなので、とくに問題はないでしょう。

世間体や男のプライドを気にする方もいるかもしれませんが、得られるメリットと比べるとささいなことでしかありません。

失業保険の受給期間は注意が必要です

失業保険(失業給付)を受給する場合は、注意が必要となります。

基本手当日額が3,612円以上の場合は、見込み年収が130万円以上とみなされるため、失業保険の受給期間は扶養から外れる手続きが必要です。

失業保険の受給期間終了後も収入が無い場合は、もういちど扶養に入る手続きを行いましょう。

手続きについて

「妻の扶養」に関する、手続きについて確認していきましょう。

夫が妻の扶養に入る手続き

夫が妻の扶養に入る手続きは、妻の勤務先で行ってもらいます。

自身の退職日の翌日に、妻の扶養に入る形がベストなので、事前に妻へ相談をしておきましょう。

会社によっては、夫が妻の扶養に入る場合の要件が設定されていたり、必要な書類が違なる場合があります。

妻の扶養に入るための申請に何が必要なのか、事前に確認しておくのがオススメです。

ぽけご
ぽけご
ちなみに私の場合は、妻の会社に私の退職日を知らせるだけで、手続きをしてもらえました

妻の扶養から外れる場合の手続き

失業保険の受給をするために、いったん妻の扶養から外れる場合は、失業保険が支給開始される前日づけで、資格喪失手続きを妻の会社に行ってもらう必要があります。

事前に支給開始される日にちを妻に伝えて、手続きを依頼しておきましょう。

妻の扶養から外れた後は、国民健康保険国民年金への切り替え手続きが必要となります。

こちらは役所の健康保険と年金の窓口に、自身が行って手続きしましょう。

切り替え手続きに必要なもの
  • 運転免許証などの身分証明
  • 印鑑
  • 健康保険資格喪失証明書 ※

健康保険資格喪失証明書」は、依頼すれば妻の会社で発行してもらえるものですが、発行を断られる場合もあるようです。

もし妻の会社で発行してもらえない場合は、自分で年金事務所に行って、手続きすれば発行してもらえます。

「健康保険資格喪失証明書」の発行申請に必要な書類は、以下より入手できます。

▼申請書類の入手はこちら▼

ぽけご
ぽけご
書類発行には、申請手続きしてから1時間くらいかかるみたいなのでご注意を!

なお、失業保険期間終了後に再び妻の扶養に入る場合、最初のときと同じように、妻の会社に手続きを依頼しましょう。

まとめ:妻の扶養に入れるのであれば迷う必要なし!

今回は、「夫が妻の扶養に入る」という選択について、その要件や手続き方法などについて、私の実体験に基づいてお話ししました。

妻が働いていて、「妻の扶養に入る」条件を満たしているのなら、失業期間中の費用負担を軽減することができます。

転職活動が長引いてしまうと、貯金を食いつぶす生活になってしまう場合もあるものです。

妻の扶養に入ることで、健康保険や年金の負担が無くなるのであれば、心の余裕もかなり違うのではないでしょうか。

じっくり仕事探しをすることができますし、扶養の範囲内でアルバイトなどをすることもできます。

迷うことはありません。

しばらくお世話になります!

このように奥さまに頭を下げて、妻の扶養に入ることをおすすめします。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ