公的手続き

失業保険の手続きは申請に行く日が重要!流れや必要書類を解説します

今回の退職ではじめて失業保険(失業給付)の申請をしたので、手続きに関してはわからないことだらけでした。

いろいろネットで調べてからハローワークへ行ったものの、それでも分からなくて戸惑うことも…。

そこで今回の記事では、失業保険の申請手続きについて、自分が学んだことをまとめてみたいと思います。

あれこれ書いてしまうと分かりにくくなるので、今回は申請手続きの流れにしぼって、解説をしていきます。

雇用保険の制度全般を詳しく知りたい場合は、以下の記事でお話ししていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

失業保険の申請手続きの流れ

失業保険を利用するには、まずハローワークで所定の申請手続きを行います。

その後は定期的に設定される認定日に、求職活動実績の報告などの手続きを実施することで、失業給付の手当をもらうことができます。

手続きの流れ

失業保険の申請手続きについての簡単な流れは以下の通りです。

失業保険の申請手続きの流れ
  1. 求職申込みと失業保険の申請手続きを行う
  2. 雇用保険説明会を受講する
  3. 初回認定日に失業認定を受ける
  4. 窓口で求職活動を行う
  5. 4週間ごとの失業認定日に失業認定を受ける(給付期間終了まで)
  6. 失業給付の手当は失業認定の翌日~10日程度で指定口座に振り込まれます

※すべての手続きは所管のハローワークで行います

申請手続きに関する用語解説

失業給付の申請手続きに際して、聞きなれない用語がたくさん登場して戸惑いました。

それぞれについて整理をしておきましょう。

【受給資格決定日】
ハローワークで失業保険の申請手続きを行って受理された日です。
この日を起算して待期満了日や認定日が決まります。

【待期満了日】
受給資格決定日を含んでその7日後が待期満了日となります。
その日までは待期期間となり、失業状態にあっても失業保険を受給することができません。
待期満了日の翌日が失業給付の支給開始日となります。

【給付制限期間】
離職理由が自己都合の場合などは3ヶ月の給付制限期間があります。
例)待期満了日:2月8日
給付制限無し:2月9日から失業給付手当の支給が開始
給付制限あり:3ヶ月後の5月9日から失業給付手当の支給が開始

【失業の認定日】
失業保険の給付を受けるには4週間(28日)ごとに、ハローワークで失業認定の手続きを行う必要があります。
失業の認定日はハローワークによって定められ、その日に失業認定の手続きをしなければ、失業保険の手当を受け取ることができません。
前の認定日以降に所定の求職活動実績がない場合も、失業認定を受けることができません。

【受給期間満了年月日】
失業保険の申請手続きを行ってから失業給付を受け取れる期間です。
通常は離職日から1年間となり、その期間を過ぎると給付日数がまだ残ってたとしても、失業給付を受け取ることができなくなります。

失業の認定日を左右する、受給資格決定日が重要!

失業保険の申請手続きにおいては、受給資格決定日、つまり最初にハローワークへ手続きに行く日が非常に重要です。

上図のカレンダーでは、2月1日に申請手続きを行った例を図解しています。

申請をした2月1日が受給資格決定日となるので、その7日後の2月8日が待機満了日です。

待機満了日の翌日の2月9日が、給付開始日(給付制限がある場合は3ヶ月後)となります。

初回認定日は受給資格決定日の4週間(28日)後の3月1日となり、それ以降の認定日も前の認定日から4週間後となるのです。

つまり最初に手続きを行った曜日で、以降の認定手続きが固定となります。

手続きの受付も、ハローワークに指定された時間で固定となりますので、スケジュールの都合がつきやすい曜日を選び、初回の手続きを行うようにしましょう。

職業訓練の受講を検討している場合は、受講開始日に失業保険の給付日数がどれだけ残っているかが重要となります。

受講したい訓練の開始日がいつになるのかを確認し、その逆算で受給資格決定日を定めて、ハローワークで初回手続きを行うようにしましょう。

▼職業訓練の手続きに関する詳細はこちら▼
失業保険をもらいながら、職業訓練でスキルアップしよう!失業保険は、仕事がなく無収入状態をサポートしてくれるありがたい制度です。この期間に職業訓練制度を利用すると、失業保険をもらいながら職業訓練で自身のスキルアップに励めるのです。かなりお得なこの制度について詳しくお話しします!...

失業保険の申請に必要な書類

失業保険の申請手続きを行う際に、必要となる書類は以下の通りです。

失業保険申請に必要な書類
  • 雇用保険被保険者離職票-1 ※会社から届きます。記入箇所あり
  • 雇用保険被保険者離職票-2 ※会社から届きます。記入箇所あり
  • マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カードなど)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 証明写真(縦3cm×横2.5cm)2枚
  • 印鑑(シヤチハタ不可)
  • 本人名義の預金通帳またはキャッシュカード(ゆうちょ以外推奨)
    ※ゆうちょは失業保険の振込に時間がかかるようです
【雇用保険被保険者離職票-1】
【雇用保険被保険者離職票-2】

失業保険の申請に行く当日の流れ

失業保険の申請手続きは、居住地を所管するハローワークで行います。

私の場合はハローワークに訪問して、以下のような手続きの流れでした。

  1. 受付窓口で求職申込み
  2. 面談カウンターで相談員と職業相談
  3. 申請窓口へ移動して失業保険の申請手続き

ハローワークで求職申込みをする

窓口にある求職申込書に必要事項を記入して提出します。

職歴などを記載する欄がありますので、作成済みであれば職務経歴書を持参しておくと便利です。

▼ハローワークによる説明ページはこちら▼

私が訪問したハローワークでは、求職申込みの後に職業相談員との面談による、簡単なヒアリングがありました。

失業保険の申請手続きをする

窓口で持参した必要書類を提出し、受理された後に「雇用保険の失業等給付受給者のしおり」を受け取ります。

こちらに次回に実施される、雇用保険説明会の日時の記載がありますので確認しておきましょう。

初日の申込み手続きは以上で終了です。

雇用保険説明会の流れ

ハローワークより指定された日時に開催される、雇用保険説明会に参加します。

内容は受給に関する注意点や、どういった場合に不正受給とみなされるかなど、一通りの説明を受けます。

「雇用保険の失業等給付受給者のしおり」とほぼ同じ内容となりますので、事前に目を通しておきましょう。

説明会のあとに「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を受け取って終了です。

【雇用保険受給資格者証】

雇用保険受給資格者証は、失業保険の受給期間中に毎回の手続きで必要となる書類ですので、紛失することが無いように大切に保管してください。

【雇用保険受給資格者証 裏面】

雇用保険受給資格者証の裏面に、初回認定日の日時が記載されていますので確認しておきましょう。

給付制限がある場合は、裏面の赤枠部分に給付制限の期間が記載されており、制限終了日の翌日が失業保険給付の開始日となります。

初回認定日の流れ

ハローワークより指定された日時に失業認定を受けに行きましょう。

「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を所定の窓口に提出します。

【失業認定申告書】

失業認定申告書には期間中にアルバイトや内職で得た収入額や、求職活動の実績についての記載をして、署名と押印のうえ提出してください。

初回認定日までに、1回以上の求職活動実績が必要となりますが、雇用保険説明会の参加も求職活動としてカウントされています。

ですので初回認定日については、求職活動が0回でも失業認定を受けることができます

2回目以降の失業認定日の流れ

初回以降は28日ごとに認定日が設定されますが、基本的な流れは初回認定日と同じです。

「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を所定の窓口に提出します。

あわせて提出する失業認定申告書には、前回の認定日以降に行った、求職活動の実績を記載しましょう。

失業保険の給付を受けるには、前回認定日以降で2回以上の求職活動実績が必要となります。

【求職活動実績の記入箇所】

転職サイトなどへインターネット応募した場合も、もちろん活動実績となりますが、窓口で確認できるものを提示するよう求められることがあります。

私の場合は、転職サイトのメッセージ画面を見せることでOKとなりましたが、事前に準備しておくようにしましょう。

ぽけご
ぽけご
準備していなかったのでバタバタしてしまいました…

まとめ:失業保険の申請手続きは難しくない!

今回は、失業保険の申請手続きについて、自分が経験して学んだことをまとめてみました。

最初の手続きに戸惑ってしまいましたが、分かってしまえばそれ以降の手続きは、それほど難しさはありません。

普通に求職活動を行っていて、ハローワークでも求人を探して応募していれば、失業認定は問題なく手続きされると思います。

もちろん転職サイトや、転職エージェントの求人にエントリーしても、求職活動実績としてカウントされます。

ハローワークの求人はインターネットでも探すことができますので、ネットを活用した転職活動がおすすめです。

私が利用してよかった、おすすめの転職サイトやエージェントなどを、下記でまとめていますのでよかったら参照してみてください。

▼私がおすすめする転職サイトやエージェントはこちら▼
利用して分かった40代におすすめの転職サイトとエージェントとは?40代の転職活動は、20~30代の転職希望者と違う土俵で勝負していくことが重要です。 そのためにも、自身の転職に活用できる転職サイ...

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。Twitter:@enjoymylife40