求人探し・応募

仕事が見つからない40代の方へ。焦らずにできることから取り組もう

40代ってバリバリと働けて、脂の乗り切った世代ですよね。

青臭さも取れて、かといってまだまだ枯れるわけではなく、正直なところ一番仕事のできる時期ではないかと思っています。

しかし、40代での転職はなかなかデリケートな問題です。

20代30代に比べて、なかなか仕事が見つからないこともありますが、定年までできる仕事に就きたい年代でもあります。

次の仕事が見つからないと不安になりますが、焦ったところで見つかるものでもありません。

筆者も40代の転職活動で、1年間近く仕事が見つからない時期を経験したことがあります。

その時は、やはり先行き不安で焦りました…

今回の記事では、

40代の転職活動で仕事がなかなか見つからないとき、どうすればいいのか?

このようなテーマについて、筆者の体験談も交えてお話ししていきます。

じつは40代の転職は難しくない

ちょっと前までは、

40代の転職は、かなりハードルが高い

このように言われていましたが、今ではそんなに珍しいことではありません。

50代になってみてわかる転職の難しさ

筆者は40代のときに、何回か転職を経験しています。

すぐに転職できたこともありましたし、1年くらい無職の時期もありました。

現在は50代ですが、この年になってわかったことがあります。

それは、

40代での転職は、それほど難しいことではない

ということです。

筆者は50代になってから、ある転職エージェントに新規登録してみました。

しかし、速攻で、

今はご紹介できる案件がありません

このようなお断りのメッセージが届いたのです…

転職サイトからくるメールも、知名度が低く年収の低い案件ばかりになってきます。

50代になると、転職はかなり難しい

上記を実感せざるを得ませんでした。

それに比べて、40代の転職ではまだまだいい案件がたくさんあります

人手不足や高齢化が進んだことにより、いまの40代は、昔でいう30代くらいの感覚ではないでしょうか?

40代でも前半であれば、チャンスはさらに広がるでしょう。

40代は仕事人生の分かれ目になる

50代で転職するとなると、

  • ハイクラスの転職
  • ハローワークにあるような、比較的年収の低い案件

応募できる求人が、上記のように二極化してしまいます。

ハイクラス転職のエージェントに登録して、引っ張りだこになるキャリアやスキルがあれば何も問題ないでしょう。

しかし、スキルやキャリアがない場合は、急にハイクラス転職ができるはずもなく、よい案件に巡り合うことが相当に難しくなるのです。

もちろんこの傾向は、40代の転職でも当てはまります。

マネジメント経験があれば、好条件の転職案件が増えてきますが、マネジメント経験がない方の場合は、応募できる案件が減ってくるのです。

現場を走り回る仕事であれば、

若くて体力があり、コストが安く済む人のほうがいい

このように採用側が考えるのは、自然なことですよね。

40代の転職はある意味で、

これから先の人生を左右する選択

であるといえます。

ここから先の仕事人生において、

  • マネジメントクラスへステップアップするのか?
  • まだ現場を続けるのか?

こういった道筋がつくといっても過言ではありません。

40代ならまだ時間はあります。

ですが時間はあっても、やり直している時間はないのです。

とりあえず目先の仕事に転職しなければ…

こういった状況の場合もあるかもしれませんが、安易に妥協することなく、50代60代を見据えた転職を考えましょう。

名より実を取る転職も考える

知名度の高い会社にいると、どうしても有名企業にこだわりがちです。

もちろん、「寄らば大樹の陰」ということはありますが、

名より実を取る

ということも、考えてみてはいかがでしょうか?

世間的に知名度はなくても、将来的にも安心できる会社もありますし、収入も悪くないところもあったりします。

また、自分のキャリアやスキルを十分に発揮できる会社であれば、小さくてもやりがいのある仕事はあるものです。

自分を評価してくれ、自分を買ってくれるところで働くことが、幸せにつながるかもしれませんよ。

仕事が見つからなければ、正社員にこだわりすぎる必要はない

やはり正社員での転職にこだわりたい

これが本音のところだと思います。

ただ、正社員なら雇用が保障されているかというと、実際にはそんなこともありません。

正社員だって、リストラされることは珍しくないのです。

よさそうな会社であれば、契約社員という選択肢を選ぶのも、個人的にはありだと感じています。

筆者の経験でいうと、小さなオーナーカンパニーの正社員であった時よりも、大手企業の関連会社で、契約社員をしていた時のほうが収入もよかったです。

人間関係もよく、安定して働くことができました。

「正社員よりも契約社員がおすすめ」ということではないのですが、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

仕事が見つからない!でも必要以上に落ち込まないで

仕事が見つからないとき、落ち込まないようにしてください

そうはいっても、落ち込むときは落ち込んでしまいますよね…

でも落ち込んでみたところで、とくにいいことはないのです。

ここでは、仕事が見つからないときに、落ち込まないようにする考え方をご紹介していきます。

転職とは、恋愛みたいなもの

就職や転職とは、恋愛みたいなものではないでしょうか。

こちらがどんなに相手のことが好きでも、好きになってもらうように一生懸命に努力しても、なかなか相思相愛にはなれないものです。

同じように転職でも、どんなに入社したいと思っても、フラれちゃうことは多々あります。

そして人材を募集していなければ、応募することもできません。

転職も恋愛と同じで、出会いというかタイミングがあります。

転職するために努力する必要はありますが、

努力だけでは何ともならない

こういった要素も存在しているのです。

うまくいかないのは、自分だけのせいではありません

必要以上に落ち込んだところで誰も得をしませんから、たとえ思うようにならなくても、気持ちを切り替えていきましょう。

自己否定をしない

たとえ仕事が見つからなくても、とにかく自己否定をしないことです。

仕事が見つからないのは、あなたのせいではありません。

たまたま「その時期に」、あなたの「条件に合う案件がない」だけのことなのです。

自分は間違っているのではないか…
もう社会に必要とされていないのか…

こんなふうに考えて、どんどん泥沼にハマってしまうことがあります。

しかし、自己否定したところで、いいことなんかありません。

そんなことを考える時間があったら、テレビでニュースでも見ていたほうがまだマシです。

やっかいなことに、一人でいると落ち込みやすいですし、かといって家族といると、お互いに何かと気を使ってピリピリしてしまうもの。

とりあえず時間があるときには、趣味など好きなことに没頭することをオススメします

ただ落ち込んでいても、メンタルにいいことはありませんし、モチベーションが落ちるだけ。

貴重な時間のムダ遣いでしょう。

過去の仕事の失敗を振り返らない

仕事が見つからない時は、過去の仕事で失敗したことを、持ち出してしまいがちです。

あの時にこうしておけばよかった…
あそこで失敗したのがマズかった…

こんなふうに過去の失敗を持ち出して、くよくよ考えてしまうことがあります。

ですが過去を振り返ったところで、取り返しはつきませんし、その時に戻れるわけでもありません。

そして今さら反省したって、何の役にも立たないのです。

失敗したことを思い出すよりも、いい仕事をした時のイメージを思い出したり、職務経歴書に書けそうな成功談を思い出しましょう。

人間って悪いことはすぐに思い出せるのですが、良かったことは、意外と忘れてしまうものなのです。

自信をなくしている時は、いいことだけを思い出すようにしましょう

焦りは禁物!仕事が見つからない期間は、友人や知人と積極的に交流しよう

仕事が見つからないときは、

もう仕事がないのかも…
何でもいいから転職しなくちゃ

こんなふうに焦ってしまいがちです。

誰でもなりがちなことなのですが、焦ったところで、いい案件が急にやってくるわけではありません。

ひとりで考え込むよりも、誰かと会って話をすることをオススメします。

孤独を避けて、ひとりよがりの考え方を回避する

ひとりで家にいることが多くなると、気分が滅入ってしまいがちです。

趣味に打ち込むどころか、転職活動すらやる気がなくなることもあります。

そんな時には、昔からの友人や前の会社で仲がよい同僚など、誰かに会って交流してみましょう。

たわいもない飲み会でも、合コンでもいいのです。転職活動と関係ない人でも大丈夫。

誰かと会って話をすると気もまぎれますし、他人とのつながりを感じることで、孤独感が減ります。

無職のときには、あまり人に会いたくなかったりもしますが、孤独を感じると発想が歪んでしまいがち。

ひとりよがりの考えになって、世間とは違う方向を向いたり、内向的になったりしてしまうものなのです。

誰かと会話をすることで、メンタルのバランスを保ちましょう。

情報収集が世界を広げる

また、以前の仕事仲間とか、仕事関係で仲の良かった人と会える機会があれば、違う会社の人でも会っておきましょう。

もし同業界への転職を考えているのであれば、なにかしらの情報収集ができます。

いま業界は○○になっているよ
新規参入でこんな会社が出てきたよ

上記のような感じで、業界の現状を知ることができるでしょう。

たとえ転職したい業界の情報でなくても、

こんな仕事もあるよ
いっそ起業してみたらどうかな?

こんなふうに会話のなかで、今まで考えもしなかった新しい世界に、気がつく場合もあります。

自分だけでは見えていない世界を、見せてくれるのが他人だったりします。

ひとりで考えていたら思いつかないことや、知らないことを教えてくれるのは、やはり人との交流なのです。



仕事が見つからない期間こそ、スキルを磨くチャンス

仕事が見つからない時は、収入はないかもしれませんが時間はあります。

じつはこの期間は、スキルを磨くチャンスでもあるのです。

実際には、よほどの資格でなければ、転職に有利になるとは限りません。

ただ資格とは、「他人に分かりやすい客観的な評価」ですから、取っておいて損はないものです。

パソコンやエクセルを勉強する

パソコンが苦手な方は、パソコン、とくにエクセルの初歩の関数くらいは、マスターしておくことをおすすめします。

営業職であっても、若い人が多いベンチャー企業や少人数の企業だと、ほとんどの事務処理を自分でやらなければなりません。

40代であれば、

今まで数字のまとめや表計算は、営業事務の人にまかせていた

こういった方も少なくないと思いますが、ある程度のことは自分でできるようにしておいた方がいいです。

英会話もおすすめです

英会話もおすすめしたいところですが、実際に仕事で使う予定がなければ、優先順位は低いかもしれません。

40を過ぎてから勉強をして、

外資系で英語を使ってバリバリ働きたい

というのはあまり現実的ではないでしょう。

かりにTOEICでいい点を取れるようになっても、実務で英語を使ったことがなければ、仕事ではあまり役に立ちません。

英語を使えれば、今の仕事の幅が広がるのに…

上記のような方であれば、逆に仕事が見つからない期間は、英語力を磨くのチャンスだといえるでしょう。

仕事が見つからない間も、社会との関係性を保っておく

仕事が見つからなくて家にこもりがちになると、社会とのつながりが希薄になってきます。

するとどうしても、社会から取り残された感が出てしまうもの。

社会とつながっておくことで、不安や焦りを減らすことができるでしょう。

アルバイトなどの「働いている」状況が不安を軽くする

長期的なアルバイトをすると、転職活動に支障が出てしまいますが、短期のアルバイトを探してみることはオススメします。

アルバイトでも働くことで、社会とつながっていることを実感できますし、少しでも収入があると、不安も和らぐものです。

じつは筆者も、無職のときに短期のアルバイトをしていましたが、アルバイトがある日は、「仕事に行ける」という喜びを感じました

また、アルバイト先でのちょっとした会話のなかでも、気晴らしになったり、仕事についての考え方を、勉強させられることがあるものです。

クラウドソーシングなどで収入を得る

長い間ずっとサラリーマンをしていると、

仕事 = 会社員

こういった概念にとらわれがちです。

実際にサラリーマンは安定していますし、定期収入も得られるので、ありがたい商売ですが、仕事は会社員だけではありません。

例えば何かしらのスキルがある方なら、ランサーズなどのクラウドソーシングを始めてみてはいかがでしょうか?

クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、仕事を依頼したい企業と仕事を受けたい個人をオンライン上でマッチングするウェブサービスです。

ランサーズより

会社の看板なしに、自分の腕だけで収入を得られると、自信にもつながります。

筆者も仕事が見つからない時期に、クラウドソーシングを始めました。

自分の腕だけでお金を稼ぐ手段があるんだと発見して、

サラリーマンじゃなくても収入は得られるんだ!

こんなふうに、とても気が楽になりました。

しかし、クラウドソーシングで給料並みに稼ぐことはとても大変です

副業としては良いのですが、筆者にはやはりサラリーマンが合っていると痛感しました。

起業を視野に入れてみる

商売っ気のある方なら、起業を視野に入れてみるのもいいかもしれません。

40代のうちに起業して稼げれば、定年を気にせずに働き続けることもできます。

実際には、起業は簡単なものではありません。

しかし、会社員と副業の両建てで稼ぐなど、収入を得る手段をサラリーマン以外で知っておくと、気が楽になるものです。

もちろん、転職活動にも積極的に取り組もう

これはあえて言うまでもないですが、仕事が見つからないときこそ、転職活動にも一生懸命取り組みましょう。

そんなのやってるよ!

このような方がほとんどだと思いますが、転職サイトをチェックするだけが、転職活動ではありません。

転職エージェントに登録してみる

今までは登録していなかった、転職エージェントなどにも登録しましょう。

転職エージェントでは、たいていのところは面談(ヒアリング)がありますが、仕事が見つからなくて時間がある時なら、面談の時間も取れますよね。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

企業研究に取り組んでみる

転職したい企業があるのなら、その企業のことをよく調べておきましょう。

筆者の友人は、転職したいけれど募集をしていない企業に、直接手紙を書いて、入社したい旨をアプローチしていました。

中途採用をオープンにしていない企業もありますから、直接企業にアプローチするという作戦も有効です。

転職とはある意味「出会い」ですから、出会いがない時期もありますし、中途採用していても、お互いの思惑が合わないこともあります。

いいポジションであればあるほど、「空き待ち」の状態であったりするわけです。

こればっかりは焦っても仕方がないので、

今は待ちの時間だ

このように割り切ってしまうことも、不安を解消する作戦のひとつです。

まとめ:仕事が見つからないからこそ、できることをやろう

長いあいだ仕事が見つからないと、不安というよりも、

いつまでもこの状態が続いたらどうしよう…

このような恐怖との闘いになってしまいます。

ですが、うまくいかないことを悩み続けてもいいことはありません。

不安を感じながら焦ったところで、急にいい転職案件がやってくるわけではないのです。

それならいっそ割り切って、自分の好きなことをやったり、人と会って交流したり、勉強するなどして、時間を有効に使いましょう。

筆者も転職活動で1年ほど、仕事が見つからない時期がありましたが、

転職活動以外のことはしてはいけない

上記のように思い込んでしまい、結局なにもしないで、ムダな時間を過ごすことが多かったです。

あとで考えると、どうせ時間があるのだったら、なんでも好きなことをしておけばよかったと後悔しました。

仕事をしていようが、仕事してなかろうが、あなたの人生における貴重な時間です。

時間はあっという間に過ぎてしまいますので、せっかくの時間を精いっぱい有意義に使いましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
絶対に失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ