転職する勇気が持てない…行動できない7つの理由と対処法とは

転職する勇気が持てない…行動できない7つの理由と対処法とは

現状の仕事内容や人間関係に不満があるものの、

転職する勇気が持てない…

このように悩んではいませんか?

生涯において一度や二度の転職は、今では当たり前の時代になりました。

しかし若い頃ならともかく、ある程度キャリアを重ねてきた年代にとっては、転職はそんなに手軽な行為ではないですよね。

たとえ現状に不満があったとしても、即行動とならないのは、

  • 転職におけるリスク
  • 不安な気持ち

こういったものがあるからです。

ですから、まずは転職に関連する不安要素と向き合ってみましょう。

この記事では、転職する勇気が持てないと悩む方に向けて、

上記の内容について解説しています。

転職をためらってツラい毎日を過ごしていても、先々には後悔しか残りません。

ぜひ最後までご覧いただいて、あなたの悩みを解決するヒントにしてください。

目次

転職に踏み出せない7つの理由とは

人は経験したことのないことに対して、不安な気持ちを抱きます。

それは転職に対しても同様であり、一歩前に進めない要因となっているのです。

踏み出す勇気を阻む「未知への不安」を取り除くには、不安要素を一つ一つ紐解いていくほかありません

ここでは、転職に対する不安要素について、具体的に7つの項目を取りあげてみます。

転職活動をうまく進められるのか?

転職活動の流れを知らないために、

転職するのは初めてだし、ちゃんとできるのかな…

こういった「漠然とした不安」を感じている人もいます。

たしかに、転職活動を始めてから新しい仕事に就くまでには、さまざまな手続きや段取りが必要です。

しかし、転職活動に関わる情報は、当サイト(セカンドゴング)で調べれば、まったく問題ありません。

把握さえすれば100%解決できるのが、「転職活動に対する不安」なのです。

▼転職活動の完全ガイドはこちら▼

家族からの理解が得られるのか?

自己都合による転職(退職)を、家族が受け入れてくれるかは、正直いって微妙なところでしょう。

というのも、家族の反対を押し切って退職したものの、思うような転職ができずに、

転職に失敗してしまった…

というケースは、よくあることなのです。

転職を家族に賛同してもらうためには、事前に行動計画を伝えておくなど、不安にさせない配慮が欠かせません

もし退職してから仕事探しをする場合は、

収入が途絶えて生活できるのかしら…

こういった不安に対する家族の理解が必要となります。

とくに既婚者の転職は、家族にとっては一大事です。

あなたが考えている以上に、家族は転職をシビアな視点で捉えているでしょう。

ちゃんと次の仕事が見つかるのか?

転職を考えていたとしても、

本当に次の仕事が見つかるのかな…

このような不安を感じる人もいるでしょう。

年齢が上がるほど、企業が求める能力のレベルは高くなりますし、30代以降の求職者については、

即戦力になれるかどうか

上記が採用の可否を分けることになります。

40代~50代であれば、求人数も減ってくるので、転職のハードルはより高く感じるはずです。

自分の強みを把握していない人は、自身の市場価値がわからないため、どうしても消極的になりやすい傾向にあります。

また、自己評価が低い人も、自分に自信が持てないので、転職する勇気を持てません。

現職より給料が下がってしまうのではないか?

給料が下がってしまったらどうしよう…

生活していけるのかな…

経済的な理由により、転職に踏み切れない人もいます。

厚生省の調べによると、40代転職者で年収ダウンしたと回答している人の割合は、以下のとおりです。

◆40代の転職者で年収ダウンした人の割合

40~44歳24.3%
45~49歳29.5%
厚生労働省「平成30年雇用動向調査結果の概要」より

じつに25%以上の人が年収ダウンの現実に直面しています。

しかし、住宅ローンや教育費、老後の貯金以外の要素に関しては、見直しすることは十分に可能です。

副業という手段もありますし、あまり極端な年収ダウンでなければ、節約と工夫次第で不安は解消できるでしょう。

会社に退職を切り出せるのか?

退職代行」というサービスが世に出回るほど、転職者にとって“退職”は大きな壁となっています。

退職を切り出したら会社(上司)は、どんな反応をするだろう…

引き留められたらどうしよう…

このような不安で、転職をできずにいるという方は多いでしょう。

確かに一時的な気まずさはあるかもしれませんが、会社があなたの人生を保証してくれる訳ではありません。

新しい会社で通用するのか、職場環境に馴染めるのか?

次の会社で自分の能力が通用するだろうか…

職場環境に馴染めなかったらどうしよう…

上記のような理由も、よく聞かれます。

年齢を問わず、新たな環境に身を投じるには勇気がいるものです。

いまの会社を退職をしてしまうと、これまで築いてきた人間関係はリセットされてしまいます。

  • 気心が知れた同僚
  • 親しくなった得意先

こういった人たちと疎遠になることは、やはり寂しく感じるものです。

キャリアを重ねて一定の評価をもらえている人や、人脈づくりに力を入れてきた人ならば、

退職で「手放すもの」も大きいな…

と感じることもあるでしょう。

不安を払拭するためには、どこでもやっていける自信をつけるしかありません。

  • 自己啓発に励む
  • 資格の取得やスキルを磨く

このようなことに、積極的にチャレンジしましょう。

ただ、職場環境については、過度に不安視する必要はありません

会社の人間関係は、よほどコミュニケーション不全の職場でもない限り、3ヶ月〜半年もすれば十分に馴染めるはずです。

新人として、丁寧なコミュニケーションを掛けましょう。

転職することで悩みや不満が解決するのか?

転職を考えるとき、

  • 上司や取引先との相性がよくない
  • 苦手な仕事が多い

上記のような仕事に関する不満や悩みは、さまざまにあるでしょう。

しかし、転職して新しい職場に移ったとしても、問題が根本解決できなければ、

同じような悩みを繰り返してしまう

という可能性もあるのです。

収入条件や福利厚生に関しては、求人情報に記載がありますから、事前にある程度は知ることができるでしょう。

ただ、人間関係や仕事内容の詳細などは、入社してみるまでわかりません。

ネットの口コミでネガティブなコメントを見かけてしまい、

ダメな会社に決めちゃったのでは…

このような不安に悩まされることは、よくあることなのです。

転職する勇気が持てないときに考えておきたいこと

前述のとおり、転職には不安や不確定な要素がつきものです。

そのなかで、転職する勇気が持てないという人には、以下の特徴がよく見られます。

転職する勇気が持てない人の特徴
  • 転職を短期的な視点で捉えている
  • 転職に関してよく調べていない

転職を短期的な視点で捉えていると、環境の変化や一時的な年収ダウンに対して、ネガティブな感情を持ってしまいがち。

また、転職に関する知識が乏しいばかりに、自分の可能性に蓋をしてしまっている可能性も…。

転職を長期的な視点で捉えることができれば、

転職することで得られるメリットも多いよな…

こういった考え方ができるようになります。

理想の暮らしのために、「いま何をするべきか?」についてよく考えてみましょう。

時代とともに、転職に対する考え方は変わっている

時代とともに、ネガティブだった転職イメージは、ポジティブなものへと変わってきました。

いまでは、

転職はキャリアアップ・成長の機会である

このように捉えるのが一般的です。

一度や二度の転職は当たり前で、後ろめたさを感じる必要はありません

厚生労働省の調査では、社員として働く人の約12%にあたる人が、その年に転職を経験しているのです。

◆正社員と転職者の人数

年度常用労働者数
(万人)
入職者数
(万人)
入職率
2019年3647.4434.811.9%
2018年3660.7424.311.6%
2017年3776.9457.812.1%
2016年3661.1424.311.6%
引用:厚生労働省「雇用動向調査」

また、リストラや希望退職による人員整理は、規模の大小にかかわらず、多くの企業で実施されています。

人員整理の対象になる可能性は、誰にでもあります。

ある日突然に窮地に追い込まれるよりも、自らの意思で行動した方が、圧倒的に余裕を持つことができるはずです。

転職に対してのイメージが変われば、必然的にネガティブな感情を持つことはなくなるでしょう。

転職をためらった先にあるものとは?

転職は35歳までが限界だよ

上記のような一般論に惑わされてしまうと、

退職しづらいから、今のままで我慢するか…

このような考えで転職をためらってしまいます。

しかし、そうしている間に、あなたの転職における”市場価値”はどんどん低下していくのです。

「我慢する」という気持ちで、仕事に取り組んでいる状態では、職場で高い評価は得られません。

時間が経てば経つほど、転職の難易度はさらに高まってしまうでしょう。

生涯における総労働時間は、「約10万時間」にものぼると言われています。

この膨大な時間を「我慢してしのぐ」という努力より、環境を変えることに注力すべきなのは、いうまでもありません。

迷いがあるときは、現状の環境に留まる方向性も模索しよう

仕事内容や働き方についての悩みは、いまの職場でも改善できる可能性があります。

どうしても迷いがあるときは、「現状の環境に留まる」という方向性も探っておきましょう。

現状でできる改善例
  • 特定の業務が苦手
    ⇒得意な人に依頼する
  • 人間関係の悩み
    ⇒相手と距離を置く、接し方を変える
  • 通勤時間が長い
    ⇒会社の近くに引越しする

人間関係に悩んでいるのなら、関係をリセットするために、部署異動を申し出るという方法もあります

「会社が遠い」という理由であれば、異動願いが受理されることは難しいかもしれませんが、身軽な単身世帯であれば、自ら会社の近くに引っ越すことで問題を解決できます。

また、いまの会社の給料に不満を抱いている人でも、実際に転職サイトをチェックしてみたら、

他社の給料もあんまり変わらないもんだな…

頼れる仲間もいるし、いまの会社のままがいいのかも…

このように感じることもあるでしょう。

焦って転職したことで、キャリアダウンになってしまっては意味がありません。

現状でやれることは、すべてやり切りましょう

それで改善できなかったときは、「納得感」を持って転職活動に踏み切れるはずです。

転職する勇気を持つための5つの対処法

転職活動に踏み切る覚悟ができずに、

転職という判断は、本当に間違っていないだろうか…

という不安な気持ちが残るのであれば、以下の対処法を実践してみましょう。

自分の長所や仕事上の強みを明確にする

性格的な長所や仕事上の強みは、誰にでもあるものですが、自身の強みを自覚できていますか?

転職する勇気を持つために、転職市場で戦える武器となる要素を見つけておきましょう。

  • 協調性がある
  • 責任感がある
  • ユーモアがある
  • 負けず嫌い
  • 素直
  • 誠実
  • 好奇心が旺盛
  • 周囲に配慮できる
  • 人を喜ばせるのが上手
  • 周囲に流されず意見がいえる
  • 先を見据えて行動できる

何も思い浮かばないときは、過去の成功体験のなかから、「うまくいった要素」を探り出してみてください。

長所や強みは、言語化しておくことが大切です

転職で得られるメリットを可視化する

視覚からのアプローチは効果絶大です。

転職することで、あなたが得られるメリットを可視化してみましょう

転職するメリットの例
  • 休日数が増える
  • 給料・年収がアップする
  • 残業が減って帰宅が早くなる
  • 得意分野の仕事ができる
  • 人間関係がリセットできる
  • キャリアアップにつながる
  • 生活リズムが安定する

メリットが明確になれば、自分の判断が「正当なもの」だと認識できます。

多少のリスクがあろうとも、行動に移す価値があるとわかれば、自然と勇気が持てるものです。

親しい友人や知人に悩みを相談する

親しい友人や知人に相談して、

背中を押してもらう

というのも、転職に一歩踏み出す有効な対処法となります。

あなたのよい部分を知っているからこそ、勇気が出る言葉をかけてくれるはず。

仕事上の付き合いがない関係だからこそ、あなたの主張や置かれた現状について、冷静に意見してくれるメリットもあります。

もし、あなたに原因があり、転職が好ましくないと判断すれば、

そんな悩みはよくあることだよ

転職するより○○したほうがいいんじゃない?

このようなアドバイスを受けるかもしれません。

問題解決の方法を一緒に模索してくれる人たちに、いちど相談してみましょう。

気負わずに転職サイトに登録してみる

40代が転職サイトを活用する方法

先入観を持たずにできる行動をしながら、徐々に転職活動を本格化させていくこともよい対処法です。

あまり気負わずに、転職サイトを覗いてみるだけでも、

応募できそうな求人が意外とあるな…

といった気づきがあるでしょう。

doda」や「マイナビ転職」などにはスカウト機能があり、あなたの経歴やスキルを見た企業が、向こうからスカウトメールを送ってきます。

スカウトメールの量やオファーの質を見ることで、自身の市場価値を知ることも可能です。

転職サイトの利用は無料ですし、登録するだけでさまざまな情報を得ることができます。

いい企業があれば応募してみよう

という気軽な気持ちで考えていれば、最初の一歩を踏みだせるはずです。

転職サイトの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

関連記事40代向けのおすすめ転職サイト11選!5つのタイプ別に解説します

転職エージェントにアドバイスをもらう

転職エージェントは40代に必須のサービス

近年はハローワークだけでなく、「転職エージェント」という新たな就業支援サービスが定着しました。

転職アドバイザーやキャリアコンサルタントといった「転職のプロ」に相談すれば、より客観的で心強いアドバイスがもらえます。

転職エージェントを利用することで、以下のメリットが得られることもポイントです。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

転職エージェントは、心理面だけでなく、情報面からもあなたの転職を応援してくれます。

しかも、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、求職者のサービス利用は完全無料です。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|205人の口コミ評価でランキング

転職を決意したらはじめるべきこと

「善は急げ」という言葉どおり、転職にはスピード感が必要です。

テンポよく次の仕事に就くためにも、以下のポイントを心がけましょう。

転職活動は在職中・退職後のどちらで進めるかを決める

まずは最初に、在職しながら転職活動するのか、それとも退職して無職の状態で転職活動をするのかを決めましょう。

どちらの場合でも、メリットとデメリットが存在していますので、

自分と家族にとって、ベストな選択はどちらか?

ということを考える必要があります。

転職活動を在職中にする場合

在職中の転職活動であれば、気持ちの焦りがなく、希望の求人を納得するまで探せます。

収入も安定していて、経済的な心配もありません。

ただし、日常業務と転職活動が重なって、「二足のわらじ」状態になってしまうので、時間の余裕がなく、精神的なストレスを感じる場合もあるでしょう。

退職後に転職活動をする場合

退職後に転職活動をする場合は、

  • 心身ともにリセットできる
  • 面接日程が調整しやすい

上記のようなメリットがあります。

ただ、一番のデメリットは収入が途絶えてしまうこと

不採用が続くとモチベーションも下がりますし、気持ちの焦りから、満足な転職ができなくなってしまう可能性もあります。

なお、自己都合による退職の場合は、

失業保険がもらえるまでに、約3ヶ月の期間を要する

ということも認識しておいてください。

転職時期を見極める

転職時期を見極めて活動することも、転職を成功させるためのポイントです。

2~3月は新卒採用のタイミングとなる一方で、中途採用も活発化する傾向にあります。

また、多くの企業が下半期に入る9月においても、求人が増えて転職しやすい時期といえるでしょう。

業種によっても閑散期や繁忙時期は異なりますので、ベストなタイミングで入社できるように、転職する時期を考慮しましょう。

円満退職を心掛ける

転職を決意したら、現職の会社へは退職する意向をできるだけ早めに伝えて、十分な引継ぎ期間をもって退職手続きを進めましょう。

基本的には円満退社を心掛けてください。

もし話しを切り出しづらい状況なら、まずは上司に“相談”というスタンスで、話を持ちかけてみることをおすすめします。

▼退職手続きのポイントはこちら▼

退職理由をもとに、新たな会社に求める要素や優先順位を決める

転職を考えるとき、

給与面・土日祝休・残業時間・人間関係・業務内容など…

上記のように、きっかけとなる理由はさまざまにあるでしょう。

ただ、転職理由(退職理由)と次の仕事に求める要素は、イコールの関係でなければ問題解決にはなりません

優先順位を整理することで、希望の職種(会社)を絞り込めるようになり、ムダな時間の削減にも繋がります。

スキルやキャリアの棚卸しをする

転職するうえでは、

自分の長所や強みを自覚しておく

ということはとても重要です。

転職活動を自信を持って進めるためにも必要ですが、応募企業へのアピール材料となります。

職務経歴書の作成時はもちろん、面接での受け答えでも欠かせないため、過去のキャリアをもれなく振り返りましょう。

スキルやキャリアの棚卸しは、職務経験に実績や評価を加えながら、簡潔にすべて書き出します。

棚卸しが終わったら、応募先企業との関連性を見ながら、アピールポイントを絞っていきましょう。

自己分析の具体的な方法については、以下の記事もぜひ参考にしてください。

転職活動を乗り切るコツを上手に取り入れる

転職活動をしっかり乗り切るには、

転職に至った経緯や理由にもとづいて、ブレなく行動する

ということが重要です。

ただし、転職活動は一定期間を要するものなので、長期化すると当初の転職理由を忘れてしまい、モチベーションは確実に低下していきます。

転職に妥協や失敗をしないためにも、客観的な情報を積極的に取り入れましょう。

まとめ:転職する勇気を持って後悔しない人生にしよう

今回は、転職する勇気が持てないと悩む方に向けて、

  • 転職に踏み出せない7つの理由とは?
  • 勇気が持てないときに考えておきたいこと
  • 転職する勇気を持つための5つの対処法
  • 転職を決意したらはじめるべきこと

上記の内容でお話ししてきました。

転職する勇気が持てないときは、

不安に思う要素が何なのか?

ということを明らかにして、その不安要素を受け入れてみることから始めてください。

それでもまだ勇気が持てないときは、知人や友人にも背中を押してもらいましょう。

転職エージェントを利用して、プロにサポートしてもらうこともきわめて有効です。

あなたの市場価値を見極めて、客観的な視点で適切なアドバイスをしてくれますよ。

人生は一度きり。すべてはあなたの選択にかかっています。

決意が固まったら、スピード感を持っていざ行動に移していきましょう。

必ず道は拓けるはずです!

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

転職する勇気が持てない…行動できない7つの理由と対処法とは

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!

目次
閉じる