転職前の悩み

仕事を「やりがい」か「お金」で選ぶなら、まずはお金を優先しよう!

転職を考えるときに、

やりがい」と「お金(給料)」のどちらの仕事を選ぶのか?

このような話はよく議論される内容です。

長く働いていくためには、もちろんどちらも重要なファクターなのですが、筆者としては、まずは「お金」を優先することをおすすめします。

では、なぜお金を優先するべきなのか、筆者なりの見解をこの記事で詳しくご説明していきます。

仕事のやりがいとは、いったい何なのか?

やりがいのある仕事に就きたいです

このような言葉をよく聞きますが、仕事における「やりがい」とは、いったい何なのでしょうか?

まずはこちらを考えていきましょう。

やりがいのある仕事とは、どんなもの?

「やりがいのある仕事」とはいっても、ざっくりした言葉なので、発する人によっていろんな意味を持っています。

  • 自分で満足できる仕事のこと
  • 他人に感謝される仕事のこと

上記のどちらの場合でもやりがいを感じるでしょう。

とくにひとさまからの評価や感謝を「やりがい」と感じる方は多いでしょうし、好きな仕事楽しい仕事というニュアンスの場合もあるでしょう。

確かに「好きなこと」や「楽しいこと」でないと、仕事を長く続けていくことは難しいですし、モチベーションが上がらないというのもひとつの事実です。

やりがいの定義について

もう少しピントを絞って、やりがいの定義について考えてみましょう。

「やりがい」を辞書で調べてみると、以下のようにあらわされています。

やりがい(やり甲斐)

事に当たる際の充足感や手応え、張り合い。過去に行った事について評価する場合は「やり甲斐があった」の他に「やった甲斐があった」とも表現する。

weblio辞書より

つまり、言葉の意味から考えると、

  • 充足感のある仕事
  • 手ごたえのある仕事
  • 張り合いのある仕事

上記のようなものが、やりがいのある仕事ということになるのでしょう。

しかしこれでも、個人個人の感じ方にやはり幅がありますね…。

言い換えると、仕事をしたときに、

この仕事はやり甲斐があった

このように思える仕事が、やりがいのある仕事ということになります。

仕事における「やりがい」と「お金」の関係性

では、仕事の「やりがい」と「お金」について、仕事との関係性にもとづいて考えてみましょう。

並べてみると、実際にはシンプルな問題であることがわかります。

「やりがい」と「お金」の相関関係。悩むパターンは決まっている

やりがいとお金(給料)の関係を、やりがいを軸にして考えてみると、

  1. やりがいがあって、給料が高い
  2. やりがいがあって、給料が安い
  3. やりがいがなくて、給料が高い
  4. やりがいがなくて、給料が安い

上記の4つのパターンになります。

こうやって並べてみると、やりがいもお金も手にできる❶のパターンが、ベストな仕事であるのは一目瞭然です。

そして、やりがいとお金のどちらにも満足できない❹が最悪のパターンになりますので、これを積極的に選択する人はまずいないでしょう。

つまり❶と❹の場合は、とくに悩む必要がありません。

  • やりがいがあるけど、給料が安い
  • やりがいはないけど、給料が高い

上記のどちらを優先するかというのが、このテーマに関する悩みのポイントとなるのです。

仕事のやりがいはお金で変わることもある

筆者の経験としては、やりがいがある仕事というのは、やった分だけ収入に反映される仕事でした。

それは例えば残業代であったり、能力給であったり、職責ランクアップによる収入のアップだったり…

仕事としてはやりがいがあっても、報酬に反映されなければモチベーションは落ちていきます。

そのうち仕事としては、

やりがいがないな…

このように感じるようになってしまうもの。

したがって、やりがいというのは結局は「お金」のこと、もしくはお金で代替できるものだというのが、筆者が感じているところです。

仕事をはじめた当初は、やりがいのなかには「まわりからの評価」だとか「同僚や顧客からの感謝」も含まれていました。

しかし、お金に反映されなくなると、やはりお金以外のやりがいの順位は下がっていくのです。

この悩みを極論すると、

  • ものすごくやりがいがあるけれど、年収が100万円の仕事
  • 嫌な仕事でやりがいはないけれど、年収2,000万円の仕事

上記のどちらを選びますかという話になります。

低くても「年収100万円」に設定した意味は、やりがいだけを求めて、

やりがいさえあれば、お金はいりません

このような人はいないであろうことと、もし無報酬であれば、それは仕事ではなくて「ボランティア」だからです。

たとえ「やりがい」がなくても、人から感謝されなくても、年収の高い仕事を選ぶことを筆者はおすすめします。

仕事では「お金」があれば、「やりがい」はなくてもよい

仕事にやりがいがあったほうがいいのはもちろんですが、やりがいよりはお金を優先させた方がよいと筆者は考えています。

その理由としては以下のとおりです。

やりがいは仕事以外でも得ることができる

人生における「やりがい」は、仕事でないところでも得られます。

例えば、お金がかからないところではボランティア活動であったり、PTAであったり。

人の役に立つことで、やりがいを感じることができるでしょう。

またお金を使うのであれば、

  • 後輩の成長のために資金を使う
  • 企業に投資して社会に役に立つ事業を支援する

このような形で、社会貢献というやりがいを感じることも可能です。

しかし、逆にお金は仕事でないと得られません。

これが「やりがいよりもお金を優先すべき」という最大の理由です。

やりがいは仕事以外のことでも得られますが、お金は仕事でしか稼ぐことができないもの。

たとえ「やりがいがあるから」といっても、生活できないほどの収入であれば、働くことに満足できる人は少ないでしょう。

そして給料が高ければ、私生活でもやれることは増えますし自由度も高くなります。

やりがいは、プライベートな活動や趣味からでも得ることができるのです。

転職では「やりがい」よりも「お金」が役に立つ

もうひとつ、やりがいよりもお金を優先した方がいい理由があります。

それは転職するときに、

「やりがい」よりも「給料(お金)」の方が役に立つ

ということです。

給料というのは、社会人としてのあなたの値段であり、世間からの客観的評価を表しています。

年収、つまりお金が、転職市場におけるあなたの市場価値であり、

年収が高いほうが、転職における市場価値が高い

これはいうまでもない事実なのです。

これまで、やりがいのある仕事をしてきました

このような発言をしても、転職先ではその価値を評価のしようがありません。

やりがいというのは個人的な感情に近いものなので、他人には伝わりにくいものなのです。

仮にあなたが年間100億円の経済効果がある仕事をしていて、その仕事にやりがいを感じていたとしましょう。

でもその仕事の給与が毎月20万円だとしたら、

この人は100億円の経済効果に関わる仕事をしてきたのか!

このような評価がされることよりも、

月給が20万円の仕事をしてきた人ですね

上記のような認識をされてしまう場合がほとんどなのです。

この先に転職を見据えているのであれば、やはり「やりがい」よりもお金を優先した方が有利になるでしょう。

まとめ:仕事で優先すべきは、「やりがい」よりもまずは「お金」

今回は、仕事の「やりがい」と「お金」について、筆者なりの見解を詳しくお話ししました。

仕事はやりがいで選ぶべきか、お金で選ぶべきかという議論がありますが、まずはやりがいよりもお金を優先すべきでしょう。

なぜかというと、やりがいを求めることよりも、お金を稼ぐことが仕事の第一義だからです。

極端な話をすれば、やりがいという目的はお金という報酬で達成されますが、やりがいだけを求めてもお金には反映されません。

筆者の経験としては、やりがいがある仕事とはやった分だけ収入になる仕事でした。

仕事としてはやりがいがあっても、報酬に反映されなければモチベーションは落ちていきますし、そのうち「やりがいがない」と感じるようになってしまいます。

やはり仕事はやりがいが一番だよ

このような思いで仕事をしている方を、もちろん否定するつもりはありません。

やりがいのある仕事で、満足のいく収入も得られているのであれば、それが最高だからです。

ただ、あなたが転職を考えるなかで、

「やりがい」なのか「お金」なのか?

もしこのように迷うことがあるのなら、今回お話ししたことを参考としていただけると幸いです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ